BACK   NEXT   TOP


『078 退魔士試験 05』

 食事が出来るまで待てと紅に案内されたのは掘りごたつ完備の部屋だった。
 見渡せば部屋の隅には爆睡するカナタ。
 トウカが掛けてくれたのであろうブランケットから足を出し、枕代わりの座布団をヨダレまみれにいびきを掻いている。
 現在俺たちの世界はもうすぐ夏休みになろうかという時期、早めに梅雨明けして何度か真夏日を記録している。
 だがここは春先を思わせる肌寒さを感じさせる。迂闊にうたた寝したら風邪をひいてしまいそうだ。
 まあ桃源境というだけあって、桃の開花に適した気候になっているのだろう。
「紅は行っちゃったし、カナタと遊ぼうとしてたんだけど。手持ち無沙汰だな……」
 そう独りごちながら紅に案内されたやり取りを思い出す。

「あと三十日……、正確には二十九日と数時間でモノになりそうか?」
 唐突に切り出した俺の言葉に、ふんと鼻を鳴らして腰に手を当てる紅。
「基礎はしっかり教わっているようだが、技の一つ一つに功夫が足りていない。武を志して日が浅いのか?」
「さすが……。まだ数ヶ月ってところ……」
「攻撃を受けた腕の纏絲は中々いいが、体全体ではまだまだだな。震脚も浅い」
「なるほど……。一回立ち会っただけで、それだけ分かってしまうもんなんだな」
 纏絲というのは陳氏太極拳で重要視される纏絲勁のこと。
 全身に発生しうる捻りのモーメントを連動し、打に必要な引く、力を溜める、打つという三つの動作を補う。極めれば無挙動かつゼロ距離で渾身の一撃を放つことが出来る。
 冗談のように聞こえるが、防御の極意は引っ付いて離れないことにある。常に触れて攻撃力を分散させ、その密着した間合いから相手を打ち倒すことに長けてた拳法といえるだろう。
 俺がインファイトを試みるのは、いわば教えを忠実に守った戦術なのだ。決して玉砕アタックを敢行している訳ではない。
「勝つことより負けて学ぶことの方が多い。経験がないのなら一日百回負ければいい」
「一日百回って、三千回近く負けろってことか?」
「むしろそれくらいでは足りないくらいだ」
 そうこう話し合っている内に、最初に通された掘りごたつの部屋に辿り着く。
「私は姉様の手伝いをしてくる。しばしこの部屋で待っていてくれ」
 紅は踵を返して廊下を二歩進んだところで足を止め、振り返って俺に問い掛けた。
「カオル、最初の走圏は花びらを足下に置く布石か?」
「ええ。花びらは踏まないように足を運んだから、何か思い入れがあるんだろうって思って」
 紅は背を向けたまま得心いったように頷く。
「奇襲と言ってしまえばそれまでだが、ああいう発想は中々面白いと思う。そういう才能は伸ばしていけばいい」
 まさに飴と鞭。貶しまくって最後に褒めるなんて小憎らしい。
 俺は彼女の背中に短髪の師匠を重ね合わせて苦笑する。
「よろしくお願いします。師匠」
 そういって踵を返した。
 
 それからまもなくして目の前に食事が運ばれる。
 やった、今日は中華だと心の中で小躍りしていたのだが、目の前に運ばれてきたのはどう見ても和の趣がする食材だった。
 焼いた石を皿に敷き詰め、その上には見るからに心落ち着く土鍋、ふつふつと蒸気を噴いて鍋ぶたを踊らせる。
「今日は山鶏と山菜の水炊きですよ。ポン酢に薬味は九条ネギともみじおろしでいただきましょう」
 ツッコミたいことが山盛りで的が絞れない。取りあえず整理しながら捌いていくことにする。
「ちょっと待て、トウカは中国の仙女なんだよな?」
「ええ、そうですが?」
 微笑みながら見つめ返すその顔が小憎たらしい。どう考えてもツッコミ待ちにしか見えない。
 取りあえず第一のツッコミポイントであるポン酢を握りしめ、ラベルを見えるようにトウカの鼻先に向けた。
「なんで酉友なんだよ、しかも四百八十円って」
「最寄りのスーパーが酉友なもので……。結構便利なんですよ?」
「もしかして邱秋月所有の壺以外に、ここに来る方法があるのか?」
「ええ、まあ……。色んな場所とつながっていますから……」
 ここに来るために台湾を経由した俺の立場はどうなる。往復すると四千キロの旅なんだぞ。
「対価の中には現在の流通紙幣もありますし、国が転覆すれば紙切れになってしまうでしょう? 使ってしまいませんと……ねえ」
「滅多なこと言うもんじゃない。そこに全額投資している俺はどうなる」
 美咲さんはことあるごとに外貨換金を勧めてくる。ユーロがどうとかドル、ポンドがなんて耳にタコだ。
「ついでに言っておくが、酉友で山鶏は売ってない。これはブロイラーといってな、養鶏の肉だ」
「あら、まあ……」
 白菜や白ネギの脇に切り分けられた鶏肉をマジマジと見つめるトウカ。
 ちなみに山鶏というのは一般的にキジを指す。味は軍鶏に似てコリコリとした肉質で、中々旨いらしいと聞いたことがある。
 まあ鶏もキジ科の鳥だから間違うのも仕方ないといえば仕方ないのだが……。
「というか、トウカさん。ボケるのも大概にして、そろそろ紹介いただけないだろうか?」
 湯気の向こうに並ぶトウカクローン。紅はいいとして、まだ名も聞かされていないトウカシスターズがあと三人並んで座っている。
「――と、そうでした。上から順番に」
「東雲でございます」
 そう促され、静々と頭を下げたのはトウカより少し若く、紅より落ち着いて見える女性だった。
 ほわほわとした口調のトウカと違い、礼儀正しい口調で短く挨拶を済ませた。
「さあ、珊瑚、あなたの番ですよ」
 東雲がそう告げると、今の今まで一番落ち着きの無かった少女が目を輝かせて身を乗り出す。
「はーい。珊瑚だよ! よろしくね、人の子……じゃなかった、カ、カオル、だよね」
「よろしく」
 元気爆発、快活そのものといった少女。
 年の頃は妹の葵と同じくらいに見えるが、この子も仙女ならかなりの年齢なのだろう。
 女性の歳を勘ぐるのはマナー違反らしいし、見た目の年齢で接していくしかない。
 その珊瑚が肘をツンツンと合図し、隣の少女に自己紹介を促す。
「あ、あのう……」
 しんと静まりかえる食卓。珊瑚と双子らしき顔立ちの少女は、顔を真っ赤にしながら俯いて口ごもる。
 普通ならここで助け船を出すタイミングなのだが、宮之阪さんでこういう対応に慣れている。腰を落ち着けて待ってみることにした。
「わ、わたしは……撫子といいます」
 やっとのことで名前を口にする撫子。
「あのね、珊瑚と撫子は双子なの。似てるでしょ?」
 うん、顔だけはと口にしかけて呑み込む。
 どうやら性格は真逆のようで、かなり恥ずかしがり屋さんのようだ。
「東雲に、珊瑚、撫子か。短い間だけど、お世話になります。名前はもう知っているようだけど、三室薫。あっちの世界では普通の学生だったんだけど、傍らで退魔士なんて柄にもない商売に手を染めている」
 そして俺の横で眠い目を擦り、うつらうつらと船を漕ぐカナタを横目に言葉を重ねる。
「んで、これが俺の心強き相棒でカナタ。藤原国助の二尺三寸から生まれた刀の神様だ」
「うむ、よろしくな」
 頭を下げてこたつ台にゴツンと額を打ち付ける。
 いたた、というリアクションがあるのかと思いきや、そのまま寝息を立てて眠ってしまう。
「つーか、こいつさっきから眠ってばっかなんだけど、大丈夫かな?」
 刀の損傷と関係があるのではと気を揉みトウカに尋ねる。
「い、いや、大丈夫だと……思いますよ。少々お疲れのようですね」
「なんでお疲れなんだ? ミカン食って寝てただけだろう?」
「あ、あはは……。そ、そうですね」
 落ち着かない様子のトウカ。何やら額から滝のように汗を掻いている。
 訝しげに睨み付けると、トウカは目を泳がせて誤魔化そうとする。
「まあ、そういうことで……」
 カナタの治療はここで安静にしていることだ。寝るってのは意外と体力を使う行為なので、健康の証だと思っておくことにする。
「紅からは武術、東雲は操気法、珊瑚は使役法を、撫子からは方術、呪術、占術を学んでください」
「……えっと、トウカは?」
「ふふふ、まあ、先は長いですから、あとのお楽しみということで……」
 トウカはにんまりと笑い、ほどよく煮えた鶏や白菜を小皿に盛って俺に手渡す。
 ぶっちゃけ紅の武術だけでもお腹いっぱいなのに、さらに三人教官を付けてくれた。それだけでも有り難いと思わねばならない。
 小さく輪切りにした九条ねぎをまぶし、サッとポン酢を掛けて鶏肉を頬張る。
 ジュッと肉汁が口の中に広がり、えもいえぬ至福に包まれる。
「うほっ、旨っ!」
 美味しんぼに登場する京極さんばりのリアクションである。
 追いかけるように白菜としめじを口にして、ふと我に返った。
「もしかしてこの鍋は無償で振る舞われているものではない……とか?」
「もちろんです。対価はちゃーんといただきます」
 がくっ。俺はこの三十日でどれだけの借金を背負うのだろう。
「鍋の終わりにはちゃんとおじやを作りますからね。楽しみにしていて下さい」
 抗いがたき一言に苦笑し、俺は二杯目の水炊きを口にし始めた。
 
 腹一杯になったところで軽い眠気に襲われたが、横になる前に東雲と目が合ってしまった。
「さて、腹ごなしに一戦交えてみませんか?」
 姉妹の中で一番楚々とした女性だと感じていたが、らしからぬ挑発行為だ。
 ここで逃げては男が廃る。というか、ここに来た目的は自己研鑽、可能な限り経験は積んでおきたい。
「うっす!」
 そう意気込んで道場へと向かった。
 東雲の服装は唐時代を思わせる民族衣装。パッと見た感じ日本の着物によく似ている。
 だがよく見ると違いは一目瞭然。
 上から下まで一繋がりの着物を何枚も羽織るのではなく、赤の単衣の上に短めの羽織を着て、細い紐でそれらを纏めて膝下まで垂らしている。
 日本人の感覚からすれば邪道なのだろうが、これはこれでとても機能的、かつ東雲にとても似合っている。
 彼女は俺の前に立ち、胸元から長い飾り帯の付いた鉄扇を取り出し、花弁を開く花のようにパッと広げる。
 舞うような優雅な物腰、思わず見とれしまう。
「その携えた刀……なんなら徒手でも、どのような方法でも構いません」
「どんなって……。ここで刀を抜いたらどう見ても俺が悪者になっちまう気がするが?」
 東雲はフッと笑い、手に持った鉄扇をひらりと一振りする。
 ――疾風。
 その優雅な手付きとは裏腹に、風が頬を掠め髪の毛をなびかせる。
 刹那、体温を奪われたかのような痛みを感じ、生温かい何かが頬から首へ、そして顎へと伝う。
 ぽたり、そしてもう一滴ぽたりと落ちる。床に落ちたものを一瞥するまでもなく血。なまぐさい鉄香が鼻腔をくすぐった。
「――っ、手加減無用ってことだな」
 親指で唾を押し上げ鯉口を切り、鞘を引き抜いて脇に捨てる。
 目の前の東雲は舞子のようにしなを作り、扇をピタリと喉元に狙いを定めている。
 正眼に構えて切っ先を波のように揺らすが、斬り込む隙などまるで見つからない。
 これは長丁場になると思った瞬間、待ち一辺倒に思われた東雲が床を滑るように前に出る。
 俺は半ば本能で刃を返し、短く引き絞って肩口へ斬り込む。
 だが東雲は鉄扇を軽く振って、あくまで優雅な身のこなしで切っ先を薙ぎ払う。
 そして勢い余って前に出る俺の横に回り込み、ひやりと冷たい手を頬に添えた。
「――はい、おしまい」
 言葉を失ってその場に立ち尽くす。
 一瞬躊躇したとはいえ、それでも確実に捉えたと思っていた。
 それを神速なんてほど遠い身のこなしで懐に入り込むなんて……。
「あの一瞬で刀を持ち替え峰打ちなさろうとするなんて、カオルさんはお優しい方なのですね」
 一瞬の勝負。いや、勝負というにはあまりにも力の差が歴然としすぎている。
 あの鉄扇が短刀ならば殺されていても可笑しくない。圧倒的なまでの実力差を感じさせられた。
「す……」
 東雲はきょとんと首を傾げる。
「すげえ……。なんて言ったらいいのか……、言葉が出ない……」
「はて?」
「東雲凄いって褒めてるんだよ。なあ、もう一回やらない?」
「私が姉様から頼まれたのは操気法を教えることであって、今回は力量を見るだけ――」
「もう一回。というか納得できるまで何度でもやりたい」
「納得出来るまでって……」
「東雲が本気を出すまで」
 一矢報いるまでといいたいが、仙女とはいえ刃をその身に受ければ傷ついてしまうだろう。
 ならばせめて冷や汗の一つでも流すまでやってみたい。
「では、操気法を終えるごとに一回だけ」
「やった!」
 足下に転がった鞘を拾い上げ、鯉口に刀を収めた。
「じゃ、ちゃっちゃと操気法のなんたるかを教えて貰って、もう一戦やろう」
「……もう、仕方ありませんね。では、床に腰を下ろして下さい」
 手本を見せるかのように東雲は床に腰を下ろし、俺を一瞥して座れと促す。
 東雲の真横に座るのは何となく気が咎め、向かい合わせた場所に腰を下ろして彼女の指示を待つ。
「では目を閉じて、ゆっくりと息を吐いて、自然に吸い込みます。左手は膝に、右手はお腹を擦るようにヘソの辺りに……」
「吐いて、吸って、お腹を擦るように……」
 目を閉じ、言われるがまま行動に移す。
 目の前でサラッと衣擦れの音がした。そしていい匂いのする風が頬を撫で、そっと背後に座り込む気配と息づかいが聞こえた。
 そしてあろう事か真後ろから両手首を掴まれる。案の定、背中には何やら未知の感触が伝わってきた。
「右手を置いた場所に意識を集中して――」
「あの、東雲さん?」
「手のひらの温もりを骨盤の中に押し込めるように手を下げ、息は出来るだけ長く吐き続けて――」
「――ねえ、聞いて?」
「今度はゆっくり息を吸い込みながら手を胸の前に――。もう一度最初から、手をヘソの辺りに置いて――」
「ええい。胸が当たっとるちゅうに!」
 などとトウカと同じボケ属性の東雲にジャブを打ちつつ、さりとて抗いがたいリビドーに身を委ねながら、気持ちだけはなんとか平静を保ち吸っては吐いてを繰り返す。
 それらを繰り返すこと数十回、時間にして十分ほど経った頃だろうか。体に微妙な変化が起こり始める。
 手をヘソに当てると、むず痒い痺れが腰から足の先にさざ波のように伝わり、骨盤の中に押し込めるように手を下げると額に汗が噴き出してきた。
 そしてその手を胸に持ってくると、今まで下半身に押し込めていた痺れが腹や背中を伝い、弾けるように頭頂部や両手に抜けていく。今まで味わったことのない感覚だった。
「どうですか?」
「うん……。今、何かビビビって来た」
 異常なまでに体温が上昇し、汗が頭頂部から頭皮を伝って首まで流れてくる。
 だがこれは嫌な汗ではない。運動をして流されるサラサラとした質感の気持ちのいい汗である。
 呼吸は至極平常のままだが、耳の奥で音叉を打ったような高周波が鳴り響く。
「じゃあ、もう少し続けましょう」
「うっす!」
 ヘソに手を置き、骨盤の中に押し込めるように手を擦り下ろし、手を胸の前持ってくる。
 それを何度か繰り返す内に、最初は痺れるような感覚だったのが、今度は落下時などに感じるムズムズ感に変わり、細い針でチクチクと刺されたような痛痒さが足に広がる。
 足が何倍にも浮腫んで膨れあがる錯覚を感じ、未知の感覚に困惑していると、東雲は手をグッと握りしめて動きを制してくれた。
「はい、今日はここまで。――さすが霊力の強い方は飲み込みが早いですね」
 東雲はスッと立ち上がり、手を取って俺を引き起こしてくれる。
 そして少しボーッとしたままの俺を柱の前に立たせて、後ろから優しく背中を擦ってくれた。
「仙道の小周天という呼吸法です。気が足の先から頭まで抜けていったでしょう?」
「うん……、止めてくれなかったらヤバかったかも」
 限界を知らずにアクセルを全開にしているような、快楽を伴うが故に危険域に突入してしまいかねない危うさを感じた。
 まるで自慰を覚えた猿のよう。死ぬまでやり続けたいという誘惑に駆られてしまう。
 あのまま続けていれば恐らく、意識を失うまで繰り返していたに違いない。
「では、手を使わず意識を集中して、先程の呼吸法をやってみて下さい」
「立ったままで?」
「ええ。それから上に抜けると感じた瞬間、この柱に思い切って霊気を流し込んでみて下さい」
「……分かった、やってみる」
 ヘソに意識を集中し、その意識を骨盤に向けて下に押し下げ、解放と共に――。
 カッと目を見開き、柱に向けて掌底を打ち込む。同時にありったけの霊気を腕から放出された。
 衝撃と共に右手から紫電の光を発し、柱に伝播して天井と床に流れていく。
「ちょっ……」
 俺の潜在能力ではあり得ないほどの霊気が流れ出た。当社比二倍なんてショボい倍率じゃない、どう少なく見積もっても、ゆうに十倍は超えている。
 紫電の残滓がパチ、パチリと柱を輝かせる。流れ出た霊気が伝導率を遙かに超え、霊気が行き場を失って乱反射しているのだ。
「まあ、こんなものでしょう。あとはどれだけ短時間で気を蓄積出来るか、時間掛けて詰めていきましょう」
 さも当たり前のように平然と語る東雲。
 手に持ったおもちゃのピストルから実弾が発射されたような驚き。例えてみると陳腐な表現だが、これ以上どう表現していいか言葉が見つからない。
「――で、もう一度やりますか、手合わせ?」
 東雲は床に置いた刀を指差して微笑む。
「いや、ごめん。今日はやめておく」
 教えられたことを処理しうるキャパを超えてしまった。これ以上何かを詰め込んだら取りこぼしてしまうかも知れない。
「最初のうちは見切りが難しいですから、一人で行わないで下さいね」
「続けるとどうなる?」
「……膨らませすぎた風船がどうなるか、お察しいただければ」
  冷笑する東雲。
 俺は彼女を見つめ返し、滅相もないと首を振る。
「汗だくでは風邪をひいてしまいますわ。今日はここまでにして、明日から本格的な鍛錬に入りましょう」
「そう……だな」
 恐らく全身の汗腺が開いたのだろうか、シャツはおろかパンツまでひんやり冷たくなっている。
「お風呂?」  道場の端で見ていた珊瑚がバネ仕掛けのように立ち上がり、猛ダッシュして俺の腕を掴む。
「カオル、一緒に風呂入ろう。撫子も一緒に行こう?」
「ちょ、ちょっと待て、一緒に?」
「珊瑚……、男のひとと一緒にお風呂入っちゃ――」
「何言ってるの、面白そうじゃない!」
 撫子と俺を引っ張り、我が道を突き進む珊瑚。
 東雲が止めてくれると思っていたが、彼女は微笑みを浮かべ妹達を見つめている。
 
 ここで大きな幕間を迎え、このシーンはカットされるかと思っていた。
 だが俺は隠すタオルすら与えられず真っ裸のまま、目の前で展開される姉妹の背中流しっこを見つめている。
 渋々脱衣場で脱いだ服を、東雲が『洗濯いたしますー』なんて持って行きやがり、完全に退路を断たれて開き直ったのだ。
 そう、こそこそ見るのは失礼である。見るならちゃんと見よう――と。
 トウカシスターズ末っ子と四女。双子だから末っ子どもと十把一絡げにしておく。
 東雲の密着から何となく覚悟していたが、奴らにはあまり羞恥心というのものがない。全くもって皆無なのである。
 人並みに拒絶の色を示した撫子も、男子と風呂に入るのは良くないという概念だけが先行しているようで、赤いほっぺたを手で覆い隠し恥ずかしがりながら、アレやアレは隠さなかった。
「うー、アレは妹、アレは妹、アレは妹、アレは妹、アレは妹、アレは妹、アレは妹……。だから見てもモヤモヤっとした気持ちなんかならないっ!」
 男としての本能を妹の葵で打ち消し、末っ子どもを睨み付ける。
 背中はまさに少年のようだが、丸みを帯びた尻や細くて華奢な太ももは未完の美。――って、カナタの時もそんなこと考えていなかったか。
 慎ましくも儚い胸の膨らみは、少女である一瞬にだけ許される神からの授かり物だ。うーむ、眼福眼福。
「カオル、背中洗ったげようか?」
 腰掛けに座りながら手招く珊瑚。足の隙間から見てはならぬモノが見えてるが、かといって目を逸らすのは不自然。
 ここは自然体で接しよう。
「おう、手の届かないとこ、擦ってくれ」
 木の腰掛けを珊瑚の前に置き、ドッカと腰掛けて腕組みをする。
「うぉお」
 背中を擦るもどかしい手付きがたまらない。もっとゴシゴシとやって欲しい気もするが、これはこれで何かムズムズ来るものがある。
 これはもしかすると孔明の罠、もとい東雲の策略。というか、修行の一環なのではないだろうかと思えてきた。
 仙道の極意の一つに『接して漏らさず』という導引術がある。ぶっちゃけるとイッたら負けなのだ。
「はい、交代しよ」
 背中を流し終えた珊瑚は無防備に背中を向けてくる。その向こうには背中を丸めた撫子の姿。このコンボは中々痛烈である。
 石けんタオルに擦りつけて泡立て、小さく華奢な背中を優しく洗い始める。
 そういや昔、妹と風呂に入ってたことを思い出す。二人で湯船に浸かり、百数えるまでといいながら、途中でのぼせて目を回したりなんかしたっけ。
「お風呂から上がったら遊ぼうね」
「おう」
 なんて妹のことを思い出していたんで、何も考えずに生返事をしてしまった。
 もしかすると昔話の浦島太郎は、桃源境に迷い込んだのだのかも知れない。
 鯛やヒラメの舞い踊りはないが、ここはそれ以上に危険な理想郷だ。




BACK   NEXT   TOP
ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.