BACK   NEXT   TOP


『077 退魔士試験 04』

 桃源境――。
 陶淵明(とうえんめい)という詩人の書いた『桃花源記』という雑文がその名の由来とされている。
 大陸がまだ晋王朝の頃、武陵という場所に漁夫がいた。彼は渓流で魚を取って日々の糧としていた。
 ある日の事、糧となる魚にめぐり合えず、渓流を遡り遥か上流まで分け入った。
 すると突然川の両岸を埋め尽くす程の桃の木々が目の前に現れた。
 草は緑をなし色鮮やかで、桃の花は風に揺られ、蝶のように美しく舞って水面を彩る。
 彼はその光景を不思議に思い、何かに惹かれるように更に奥へ艪を漕いだ。
 さらに先、船を捨て洞窟に分け入った先に、不思議な異界が広がっていた。
 すばらしいまでの田畑、見るものの心を癒す美しい池、美しい桑畑や竹林が広がり、のどかな雰囲気の中に犬や鶏の鳴き声が響く。
 人々の面持ちは穏やかで、老若男女が実に楽しそうに振舞っていた。
 彼を見た人々は大層珍しがり、ここまで来た経緯を問い、家に案内し酒食をもてなした。
 秦の時代にこの地に来たという人々は、晋の時代どころか漢の時代も知らなかったそうだ。
 彼は数日をそこで過ごし、わが家に戻っていった。
 後に役所の太守を引き連れて、再びその地を訪れたが、二度とその地を探し当てることは出来なかった。
 俺の所感は理想郷というよりは隠れ里。だけど戦乱の世で生きてきた民からすれば、そこはやはりそこは理想郷なのか知れない。
 
 手燭(てしょく)を持ったトウカに案内され屋敷の奥へ。
 当たり前だが桃源境には電気は通っていないらしく、手燭の上で揺らぐ蝋燭の炎だけが唯一の頼り。
 廊下には所々に行灯皿が置かれているものの、火を付けて回る侍女はこの屋敷にいないらしく、トウカが時折足を止めてそれらに火を点していく。
 襖で仕切られた畳の間をいくつも通り過ぎ、それらより少し広い部屋で足を止めた。
 俺はふと湧き起こる違和感を口にする。
「トウカは中国の女仙だろう?」
「ええ、そうですが?」
「どうしてこの屋敷は日本風なんだ? 外の回廊は中国っぽかったぞ?」
 トウカは部屋の行灯に火を点し、両膝をついて部屋の木戸をそっと滑らせて開ける。
「屋敷が老朽化しておりましたもので、邱秋月に建て替えていただいたのです。その時同行してくれました『コウムテン』という方が、日本風の屋敷をお薦めしてくれたのです」
「……工務店ね。ハイハイ」
 道理で使われている材木がそこはかとなく若い気がした。掘りコタツもその時の副産物だろう。
 この屋敷、寺社仏閣かというくらいデカイんだが……、屋敷をそっくり建て替えるにはどれくらいの費用が掛かったんだろう。
 つーか、その前に職人さんや資材はどうやって運んだのか、考えれば考えるほど鳥肌が立ってくる。
「どうぞ、こちらへ」
 案内してくれたのは供物庫らしき大きな部屋。
 宝石、古美術品、刀剣類。それらがきちんとガラスケースに収められている。
 見る人が見れば宝の山に見えるであろうものばかり。ちょっとした美術館のようである。
 トウカはガラスケースを開けて、無造作に日本刀を一振り掴んで投げてよこす。
「カナタの亀裂は一月やそこらで治るものではありません。カオルの世界で三日後には完治しないでしょう」
「貸してくれるのか?」
「対価ですよ。カナタをお預かりする間、私が得るであろう充足感の……」
 トウカはガラスケースを閉めて、俺の横を通り過ぎる。
「トウカはデート行っても絶対割り勘にするタイプだな」
 トウカが部屋を出ると同時に、供物庫は闇に包まれた。
 
 次に案内されたのは他の部屋とは一線を画した板の間。
 くつろぐための調度品もなく、天井も高くて広いため他の部屋より寒々しく感じる。
「ここはもしかして、道場……なのか?」
 武のなんたるかなんて掛け軸も無ければ、木刀が壁に掲げてある訳でもない。
 だがしっかりとした床材や太い柱、襖ではなく雨戸を思わせる木戸で仕切られていて、見た目から道場っぽい。
 トウカは柱の行灯皿に火を移して回り、俺をその部屋の中央に手招いた。
「今日はもう日が暮れてしまいましたので、修行を行うとしたらここしかございません。少し手狭ですが、ここをお使いくださいな」
「いや、学校の教室より広いんだが……」
「それではまた後で……」
「……えっ、トウカが教えてくれるんじゃないのか?」
 やんわりとした口調で突き放すように言う、そんなトウカに慌てて制止をかける。
「安心してください、嫌と言うほどお手伝いをさせていただきますよ。でも今はカオルの夕餉(ゆうげ)をお作りしませんと、いけませんでしょう?」
「夕餉……晩飯か。そういや……」
 腹ぺこというにはまだ早いが、食わずに修行を続けるには心許ない腹加減。
 一、二時間ぶっ通しでやれば動けなくなってしまいそうだ。
「それ……」
 トウカは俺の持つ日本刀に目をやる。
三池光世(みいけみつよ)という刀匠が打った刀だそうです。典太(てんた)と、なにやらかわいらしい名前の……」
「典太っていえば、鎌倉期の古刀じゃないか。それもかなりの名刀……」
「そうなのですか?」
「そうなのですかって……」
 三池光世が打った『大典太』は天下五剣の一つ、豊臣秀吉や前田利家といった武将が所有してたとされる霊刀。現在は国宝に指定されている。
 真贋の目利きは出来ないが、その刀匠が打った刀となれば、それ相応の価値があると考えていい。
「カオルの手のひらには剣を握った時に出来るたこがありました。そんなものが出来るということは修行を始めたばかりとお見受けいたします」
「……目ざといな」
「であれば、何もお持ちでなければ腕が鈍るかと思いまして……」
「助かる。正直守り刀が無くて落ち着かなかった。――といっても、ここじゃ命を狙われる心配はないんだけどな」
 トウカは踵を返しかけ、ピタリと止まった。
「……そうとは限りませんよ。カオルが恐れている敵より、もっと怖ーい妖がこの世にはたくさんいらっしゃいますから」
 いらっしゃいます……か。トウカの感覚ではそういう言い方になるのか。
 彼女にしてみれば人間がいるのと同じで、妖や物の怪がいて当然と思っているのだ。
「夕餉が出来ましたらお呼びいたします」
「あ、うん、頼む」
 ここなら套路をやっても迷惑ではないだろうし、することが何も無いってことはなかろう。
 床に腰を落として靴下を脱ぎ、美苑さんのナイフを抜いて床に置く。
「あ、そうそう……」
 トウカはかわいらしく胸の前で手を叩き、袖に手を入れて俺の鼻先でそっと手のひらを開く。
 手のひらに乗せられていたのは花びらが五枚。それを俺の前に置いて微笑む。
「これは私の気で作った花びらです。少し念じるだけで手を触れずに動かせると思います」
「動かせる……って、本物の花びらにしか見えないけど、本当に念じれば動くのか?」
「ええ」
 そういってトウカは立ち上がり、単衣の裾を手で直して部屋を後にする。
 ひたひたと廊下を遠ざかっていく足音を聞きながら、何気なしに道場を見回す。
「……と、一人にされると不気味だな。ここ」
 カナタはまだあの部屋でミカンを食っているのだろうか。
 フルサイズになったカナタを肩車して回る訳にもいかないし、連れ回して疲れさせても害になるだろうと置いてきた。
「一人になるのは何日ぶりだろう」
 小うるさいのがいなくて集中出来る。そう強がってみたものの、心の中に秋風が吹く。
 俺は床に置かれた花びらの前で胡座を組み、典太とナイフを脇に置く。
「少し念じればって言っていたよな?」
 右手を翳して『動け』と念じる。だが花びらはピクリともしない。
「ちょ、ちょっと待て、俺の霊力はトウカの想定外か?」
 深呼吸をして目を閉じる。そして修行僧がするかの如く、座禅を組んで目を閉じた。
 精神を集中する術は沢山あるが、この場にはこれが一番しっくり来る、……そんな感じがした。
 しばらく瞑想を行い心を静めて、再び右手を翳して『動け』と念じる。
「――っ」
 五枚全部に集中するのは無理。端の一枚にだけ集中して、繰り返し、繰り返し『動け』と念じ続けた。
 すると風に吹かれたかのようにひらりと舞い、ほんの少し浮き上がって力なく落ちた。
「よっしゃあ!」
 ほんの、ほんの少し動かせただけなのに、ゲームのイベント画像をフルコンプリートした時のような満足感がある。
 だけど気を緩めるのは早い、トウカは花びらを五枚置いていったのだ。一枚動かすだけではなく五枚、それも夕飯までに動かしてみよという命題なのだ。
 これはかなり厳しいハードルである。
「放任主義かと思ったら、なかなかの鬼教官じゃないか」
 舞った花びらを元の場所に戻し、もう一度『動け』と念じ始めた。
 
 トウカがこの部屋に案内してから既に二時間以上経過している。
 だがそれだけの時間を要しても、一つの花びらを動かすのが精一杯だった。
「ん……、俺、よく真琴に偉そうなこと言ったよな。無知とは恐ろしい」
 霊気操作とはどういうものか、その難しさが今なら痛いほど分かる。
「真琴だったらこんな課題、あくびをしながら出来るんだろうな」
 彼女は剣を具現化し、霊気を手の延長の如く自由自在に動かせる。
 俺がアレと同等の技を磨こうとすれば、途方もない時間を要することになるだろう。
 乃江さんと美咲さんに武術、剣術の基本をしっかり教わったが、霊気の操作に関することは山科さんに教わった『ぶん殴る』ってことだけ。霊気を一点に集中して放出する方法しか知らない。
 そんな俺が五枚同時に動かすには――。
「時間切れか……」
 かすかな衣擦れの音が遠くの方から聞こえる。
 トウカ――。いや……違う。
 呼びに来てくれたにしては、恐ろしく気配を感じられない。こうやって精神を集中していなければ気付かないであろう、恐ろしく静かな気配だ。
 カミソリに触れて指を動かせば切れる、カラス片を握れば手が血だらけになる、そんな当たり前の脅威が息を殺して近づいてくる。
「次の試しか?」
 扉を見つめながら手探りで典太を引き寄せる。鞘を持って親指で鯉口を切り、柄に手を掛けてジッと待つ。
 扉の向こうにいる。それも息を殺して気配を絶ち、踏み込むタイミングを計っている。
 何分何時間のように感じられる一瞬。本能が攻撃せよと焦れ始める。
 我慢比べならこのまま動かないのがセオリー。だが状況を有利に進めるなら、道場に入れないこと、同じ土俵に上がらないことを優先すべき。
 腰を落としたまますり足、扉の前、切っ先の届く間合いで膝を付き、鞘から刀身を一気に引き抜く。
 目の前で切っ先は弧を描き、木戸に食い込み紙を裂くかのように突き進む。
 柱に食い込む寸前に素早く引き抜いて、鞘を持つ指に峰を滑らせ納刀。皮一枚残した木戸が自重に耐えきれず二つに折れた。
「っ――」
 相手の姿を見定めてやろうと目をこらした瞬間、突風が吹いて行灯の火を揺らす。
 姿を確認するまで待つか、それとももう一度抜くか。逡巡している間にソレは木戸を踏みながら、道場の中に踏み込んでくる。
 廊下の灯りで作り出されたシルエットはトウカのそれとは違う。動きやすそうな功夫服らしき影。
 目の前で構える俺を歯牙にも掛けず近づく。
 刀の間合いに入り込んだ瞬間、後ろに飛んで距離を取る。
 こいつは敵意を発し向かって来るが、刃を向けていい相手かどうかまだ分からない。それを見極めるために退くことを選ぶしかなかった。
「抜くかと思ったが――」
 やはりトウカの声ではない。美しくもあり、同時に寒気がするほど冷めた声。
 俺が抜くことを覚悟して、なお無人の野を進むかのように前に出る胆力。
 しかも首をはねるのに絶好の位置で足を止めるなんて、こいつマジでいかれてる。
 風で消えかけた炎が再び息を吹き返し、目の前を明るく照らし出す。
 艶のある長髪を後ろで束ねた女。トウカより少し若く、それに上背がある。
 身長は164、5センチほど……乃江さんと同じくらい。
 それくらいの背丈ならやりやすいとポジティブに考えたいが、懐に入り込んだ小兵がいかに厄介か痛いほど知っている。
「トウカの手の者か?」
 その問いに対し、言葉ではなく拳を向けることで答える。
 右の拳を前に出し、もう一方の拳を胸の前で引き締めて構える。
 その構えがどの流派なのか分からない。口に突っ込まれた銃身がどこの製造会社かを考えるようなもの。どうでもいい。
 ただ一目見て分かること、こいつは乃江さんと同等……、いやそれ以上の使い手だということだけ。
 俺は気勢を削ぐためにわざと大きなため息を吐く。そして奴に背を向け、典太を柱に立て掛け振り返る。
 ハッタリ――。こいつに背を向けて平然としていられるほど胆力はない。正直いつ背後から攻撃されるかと縮み上がりそうだった。
 だがここは余裕を見せて、相手の出方を探ろうと思ったのだ。
 奴の足下を指差し、さも余裕たっぷりに注意を促す。
「あ、そこ、ナイフとか転がってるから、邪魔にならないように除けちゃって」
 奴は花びらを避け、ナイフをつま先で蹴って道場の端に滑らせる。
 やはりこいつ……。
「さて、と」
 左手を握り込まず前に翳し、右手は堅く拳を握り腰の位置へ。面と向かわず十一時の方角に足を運ぶ。
 足運びは八卦掌の趟泥歩。概念だけ乃江さんにレクチャーされたもので、完全な付け焼き刃である。
 相手にとって不利な場所、受け流しやすい位置、死角に立つことがどうとかこうとか……。ぶっちゃけ余談として聞いた程度なのだ。
 十一時の方角は相手の利き手から最も遠く、逆に俺の右手は敵に近いという反則っぽい立ち位置なのである。
 当然相手はそれに気付いて正面で相手を捉えようと足を運ぶが、こちらは円を描くように動いて有利な位置を確保し続ける。これを走圏という。
 後は覚えていない。というか教わっていない。
 俺が動くと相手も追ってくる。相手が追えば俺はさらに歩を進める。その結果立ち位置を入れ替え、今度は俺が扉を背にする番になった。
 正直付け焼き刃の八卦掌で戦う気は毛頭無い。というか絶対に勝てない自信がある。
 この位置を取るための作戦であり、順調に回り込めただけめっけもなのである。
 深く息を吸い込み、渾身の力を込めて床板を踏み割る勢いで震脚。衝撃と共に霊気を床に伝え、奴の間にある花びらへ念を送る。
「動け!」
 自在に動かすのは一枚が限度。だが大雑把に吹き飛ばす程度なら五枚だろうが十枚だろうが、霊気を込めて念じればよい。
 小さな旋風に翻弄させるが如く、花びらが頭上近くまで舞い飛ぶ。
 そして奴がそれに一瞬気を取られた瞬間を見計らい、踏み込んだ足を蹴って前に、インファイトボクサーのように懐に踏み込む。
 当然拳は飛んでくる。それも的確に俺の顔を目掛けて。
 その拳に左手を添え、肘から手の先にかけて捻り、螺旋の動きを与えてほんの少し方向を反らす。
 ピタリと相手に体を寄せ、掌底を打ち込むと考えていたが、蹴り上げてくる膝を見て作戦変更、やむなく手で受け止める。
 ――衝撃。どういう方法か分からないが、この状況で当て身を食らわせやがった。
 離れ際の一瞬に肘を打ち込むが、奴は左肘を畳んでガード。有効打にならない。
 よろめきながら足を踏ん張る。だがこの立ち位置は打突に最も適した距離。一旦退けと本能が訴える。
 いや攻撃は最大の防御、ここは攻撃に出るべきだ。
 軽く踏み込んで軸足に蹴り。
 だが奴は速やかに体重を移し、狙いを定めた足を浮かせる。
 ローキックは軸足に打ち込んでこそ威力を発揮する。浮かした足だと暖簾に腕押し、衝撃は何十分の一に軽減されてしまう。
 それどころか奴は受け止めた足を巧みに操り、逆に俺の足をはね除ける。
 そして足を置きたいと思った場所に踏み込こんで、腕を引き絞って拳を突き出す。
 破城槌か撞木か、とんでもなく重い衝撃が背中へ突き抜ける。
 道場の端まで吹き飛ばされ、壁にぶち当たりしたたかに背中を打つ。
 吐き切らされた空気を吸い、壁に背中を預けたままゆっくりと立ち上がる。
 そして荒れた呼吸を何とか戻そうと懸命に努めた。
 奴は手ジッと見つめ、少し小首を傾げるかのような素振りを見せる。
「何故、前に出た?」
 鳥がさえずるかのような美しい声。俺は毒気を抜かれて前屈みになり、折れそうな膝を手で支える。
「打点を前にすれば衝撃が緩和できるし、踏ん張って打たれてやる必要はない……」
 どんな形であれ自分自身の体勢を崩せば衝撃は逃げる。
 それは奴がやった蹴りをいなす足の動きと同じ。完璧でなくとも、致命傷は避けられる。
 空手の試技でバットを蹴り折るのがあるが、両端を固定しているから容易く折れるだけ。
 水に浮かべたバットならばどうだろうか。対象物が安定しないから何倍も難易度が跳ね上がる。
 相手に向かっていけばカウンターになるってのは殴られ慣れていない奴の戯言である。
「……理を理解しつつあるということか。だが言うは易く行うは難し、実際に打たれると分かって前に出るのは勇気が必要だ」
「師匠が容赦なくぶん殴るんで、自然と痛くない方向を体が覚えてるっていうか……」
 奴……いや彼女の唇が優しく弧を描く。
「いい師に巡り会えたのだな」
「必ず真に教ふべきことありて師となり、真に学ぶべきことありて師とすべし。友達が教えてくれた言葉」
 ゆっくりと彼女の前に歩み寄り、深く頭を下げる。
「いつから気付いていた?」
「ナイフを蹴る前、あなたはトウカの花びらを避けるように動いた。その時、ああやっぱりって……」
 そんな御託を並べなくとも、顔を見れば一目瞭然。赤の他人ですとか言いやがったら、ぶん殴ってやろうかってくらい似てるんだから……。
「ならばなぜそれを口にせず、争うことを選んだ?」
「手の内を知ってしまう前に一手交えたいと思った。教わってからじゃ答えを知ってしまうのと同じだし、解く式が難解でも、やっぱズルしている気分がする」
 そう言ったものの、心の内と少し違うことに気が付き、改めて本音を吐露する。
「ドキドキ感というか、手に入る経験が全然違う」
 彼女は目を丸くして、屈託無い笑みを浮かべる。
(くれない)――」
「え?」
「武術を指南せよとトウカ姉様に呼ばれた。いつまでもおい、お前ではカッコがつかないだろう?」
 回りくどい言い方だが、自分の名を伝えた訳だ。顔貌(かおかたち)は全然似てないのに、何となく乃江さんに近いものを感じる。
「っと、三室薫。俺もお前じゃなくカオルと呼ばれたい」
 彼女は足下に転がるナイフと典太を拾い上げ、疎ましい物を預けるかのように手渡す。
 そしてトウカの花びらを丁寧に拾い上げ、パクリと口の中に放り込んだ。
「わっ、食べた」
「トウカ姉様の味がする……」
 恍惚とした表情。うーん、かなり変な奴だ。
 やっぱり彼女もトウカと同じ仙女なのだと痛感する。つーか、口をもぐもぐさせるんじゃねぇ。




BACK   NEXT   TOP
ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.