BACK   NEXT   TOP


『076 退魔士試験 03』

 身を守ろうと本能的に膝を折り曲げて半回転、両手両足を付いて猫のようにしなやかに着地。
 我ながら見事と気を抜いた瞬間、頭上から大きなものが降って来て、俺の背中で盛大に尻餅を付いた。
 その物体はキャンとかわいらしく一鳴きして、かすかなうめき声を上げて尻を撫でる。
 尻の大きさから誰が落ちてきたのか想像が付くが……。
「邱秋月っ、ロリ体型の癖に重いぞ……」
 背中に乗った物体は髪の毛を鷲掴みにしてグイグイと引っ張る。
 そしてひとしきり髪をいじくり倒した後、何も言わずに俺という馬から下りて、玉砂利を踏みしめながら目の前に歩み寄る。
 丈の短い着物の裾から見える細い脚は、幼き者だけに許された自然の造形美。両腿の隙間から向こうの景色がばっちり見えてしまうほどである。
 女の子らしく少し丸みを帯びた腰つき、帯を巻いているに関わらずくびれて見える腰。
 そして『無い』に等しい慎ましやかな双丘の上には、はにかんで微笑む見慣れた顔があった。
「カ……、カナタ?」
「うむ、我の体に異変が起きておるようじゃ」
「1/1リアルサイズのカナタ。しかも和服バージョン!」
「な、何を高ぶっておる」
「これが高ぶらずにいられるかっ!」
 心象風景でリアルサイズカナタと出会ったが、アレは反則気味のゴスロリ服だった。カナタの持ち味を最大限生かしているかと言えば疑問が残る。
 うんうん、やっぱカナタはお子ちゃま体型で寸胴だし、和服が似合う。それも裾パッツンの和服ゴスが最高である。
「今、何かいかがわしいことを考えなかったか?」
「イエ、ナニモ」
 しかし今は刀を手放しているのだから霊力補給は完全に絶たれているはず。大きくなったというのに霊気を吸われている感覚は無い。
 恐らく原因はここに漂う濃密な気にあると思う。
 学校の近くにある例の神社。あそこの神気を数倍に濃くしたような……。
「これか――」
 俺達を上から見下ろす大きな桃の木。
 大人三人が手をつないでも囲いきれないほどの太い幹。一番枝だって胴回りより太くて立派に見える。
 何より目を惹くのは枝いっぱいに付けた桃の花。開ききる寸前の一番いい花を咲かせている。
「言葉を失ってしまう美しさじゃのう」
 カナタはポカンと口を開けてその花々を見上げる。俺も恐らくそんな風に見上げているのだろう。
 そんな些事どうでいいと思えるほど美しかった。
「大口を開けて池の鯉か、おぬしらは」
 刹那、見上げていた枝がガサガサと揺れ、上から邱秋月が降って来る。
 目の前で颯爽と着地する姿にさすがと感心したが、先ほど食らった肘打ちを思い出して尊敬の念を捨てる。
「まだ来てくれるだけ、牧野よりマシと思うしか……」
 彼女の姿を見てふと我に返る。ダストシュートにゴミを捨てるが如く、壺に入れられた守り刀とナイフ、アレを回収せねば。
 見回すと木の根もとの草むらにナイフと守り刀が顔を出している。
「ちっくしょう……」
 鞘に付いた泥を手で撫で落とし、刀身を確認して定位置である腰に差す。
 恨めく見つめる視線などお構いなし、邱秋月は何のリアクションも無く歩き出した。
 俺はカナタの手を取り、彼女の後を追い掛ける。
「どこへ行くんですか?」
「おぬしを預ける者の住まう場所じゃ。礼儀を欠かしては願いは通らんからのう、顔の一つでも出しておかんと……」
 やっと邱秋月は俺を見た。それも不思議そうな顔をしてだ。
「何か?」
「ここに来ても動じておらんなと思うてのう。あまり体験出来ることではないじゃろうに」
「いや、悪友が台湾に飛ばしてくれましたし、あれから比べると。……二回目ですから」
「そうか。ならばよい。桃源境に来て平然としておるのはおぬしが初めてではないか?」
 そう言うと踵を返して玉砂利を踏む。
「今、桃源境とか?」
「些事じゃ。先を急ぐぞ」
 取り付く島もないとはこのことである。
 冷静になって周りを見回せば、ここは何か風情のある庭園のよう。
 玉砂利の道が果てしなくまっすぐ続き、右手には大きな蓮の葉が浮く池がある。
 そしてしばらく歩くと雨除けの東屋が一つあり、玉砂利の道の代わりに回廊が行く先を指し示してくれている。
 朱塗りの柱、瓦葺きの屋根、足下は石畳。時折行き交い合うための逃げ場があり、中央の屋敷へと向かうくぐり戸が目に入った。
「こっちじゃ」
 さっさとくぐり戸を通り抜け、屋敷に向かう邱秋月。
 ふと耳に届いた懐かしさを感じさせる笛の音。神楽笛のように慎ましやかで耳に優しい。
 目を閉じて聞き入りそうになったが、怒声にかき消されて我に返る。
桃花(トウカ)! 桃花仙女(トウカせんにょ)はおるか!」
 ピタリと笛の音が止んだ。
 せっかくの笛の音を台無しにした大声は、もちろん邱秋月のものである。
 ふと彼女の呼んだ名が気になって袖を引く。
「えっと、今、トウカセンニョと呼ばれました?」
「うむ。ここは桃源境じゃからな。主は桃花仙女、桃の花の女仙じゃ。西王母の蟠桃園は知っておるか?」
「西遊記の主人公、孫悟空が斉天大聖を拝命して最初に任された桃の園ですよね」
「おぬし、つまらんところで博識じゃな」
「ほっといてください」
「そこにある桃の木は数千年に一度不老不死になれる実を付ける。まあここの主もそういう力を持った女仙じゃ。気難しいが、慣れてくると扱いやすい」
「あ……今、酷いことを言った」
 ガタゴトと音を立て、玄関と思われる引き戸が少し開かれる。
 そしてその隙間から目だけが覗き、カナタと俺、そして邱秋月を見つめ、ピシャリと扉は閉ざされた。
「あっ、閉めおった!」
 邱秋月は借金の取り立てでもするかのように、扉をドンドンと叩き足蹴にする。
「桃花仙女、ワシじゃ。邱秋月じゃ」
 すると再び指二本分ほど扉が開き、そこから目だけが覗く。そしてシクシクと嘘泣きくさい悲しげな声で訴えかける。
「――対価が滞っておる。紙に使う麻が必要じゃと山ほど切って持ち帰ったのに、対価を持たず手ぶらで来るとは嘆かわしい……」
 邱秋月は俺を引っ張って扉の前から距離を取り、十分離れたところでこそこそと耳打ちをする。
「あやつは手を貸すたびに法外な対価を要求する、狡っ辛い守銭奴のような奴でのう。紙を漉くための麻を譲って貰ったんじゃが、その時の報酬を要求しておるのじゃ」
 そう言って彼女はどこからともなく一升瓶を二本出し、玄関前にソッと置いて隙間に向かい叫ぶ。
「価値のある芋焼酎じゃったな。村尾と赤兎馬で良いか?」
「つーか、今どこから出した! ソレ!」
 ハリセンで後頭部にツッコミを入れる。このお約束だけはどうしても外せない。
 すると現金にもサッと扉が開かれ、中から妙齢の女性が顔を出した。
「おお、これは邱秋月ではないですか。わざわざ対価を手に足を運んでくれるとは……、まあ、上がってくださいな」
 ほくほく顔で焼酎を抱きかかえる桃花仙女。思わずハリセンを持つ手がウズッと来る。
 彼女はその名の通り桃色の単衣を着て、霞を彷彿させる薄絹を羽織っている。
 思い描いていた仙女の姿とは少し違うが、世俗とかけ離れた独特の雰囲気を感じさせる。
 笑っているように見える細い目、人の良さそうな眉、紅色の口紅、過分のない形の良い鼻。理想的な東洋美人の顔立ちである。
「おい、入るぞ」
「くうっ、ツッコミ入れてぇ……」
 招きに応じて玄関で靴を脱ぎ、すぐ近くの応接間らしき部屋に通された。
 部屋の中央に掘りごたつ、しかもちゃんとこたつ布団をかけてあるし、籠にいれたミカンまで完備している。
 この部屋全体がもう既にツッコミ待ちである。俺の右手が再び疼いた。
 悶々としたまま布団を上げて感心する。こたつの熱源は練炭式で、かなり本気仕様である。
 カナタは嬉しそうにこたつに足を入れ、横に吸われと布団をたくし上げてくれる。
 カナタと並んで入ったが、邱秋月は平然と上座を陣取る。厚かましさ全開である。
 しばらくして桃花仙女が急須と湯飲みを乗せた盆を抱えて戻ってくる。仙女というより気の利くお姉さんって雰囲気である。
 てきぱきと湯飲みに茶を注いでそっと差し出す。その手慣れた動きは、やはり仙女とは思えない。
「ありがとうございます」
「いえいえ」
 にっこりと微笑む。
 超が付くほど気さくである。機嫌がいい時の美咲さんとどっこいのフレンドリーっぷりである。
 俺の中で桃花仙女の株がぐんぐん上がっていく。
 邱秋月はその茶で口を湿らせ、単刀直入に用件を切り出す。
「こやつらの面倒を見て欲しい、と思ってな」
 彼女は膝の上にこたつ布団を軽く掛け、俺達を見つめて訳知ったりに頷いて見せる。
「そのようですね。人の子はいざ知らず、少なくとも彼女はここに逗留したほうがいいでしょう――」
 桃花仙女はジッとカナタの顔を見つめる。
「カナタが?」
 俺の要件より重要だと言わんばかりの口調だったが、思わず声を出してしまったのは腹立たしさではなく驚きからである。
 桃花仙女は単衣の袖から白く細い手を出し、儀式的なまじないを思わせる動きで手の甲を上に、そして手のひらを上に向けてもう一方の手で円を描く。
 すると手の上に淡い光球が現れ、カナタの本体である守り刀を形取った。
 反射的に腰に手をやるが、予想したとおりあるべき守り刀はそこには無い。どうやらアレはそういう仙術なのだろう。
「見てみなさい」
 鞘を抜き去ると、守り刀は桃花仙女の霊気を吸収し始める。
 俺なんかと段違いに違う濃い霊気。刀身が見たこともないくらい光を放ち輝き始めた。
「そ、それっ……」
 桃花仙女に説明されるまでもなく、彼女が何を言いたかったのか一目瞭然だった。
 切っ先から五センチほど下のあたり、刃から峰までうっすらと亀裂が入っているのがはっきりと見える。
「命の宿りし器物には、ある程度の元の状態に戻ろうとする力があります。ですが、この子はその復元力以上に働いていたのでしょう」
 美咲さんの家でキョウさんが守り刀を見て怒りを露わにし、同様に美苑さんがナイフを与えてくれたことを思い出した。
 彼らにはソレが見えていた。そう考えると彼らの行動に合点がいく。
「逗留すれば――と仰りましたが、治るんでしょうか……その亀裂……?」
「彼女は霊気や瘴気を力に変えているようですから、このままここに逗留すれば治るでしょう」
 カナタをフルスケールで具現化出来る濃密な気。確かにここ以上治療に向く場所は無いだろう。
 治ると言われてホッと胸を撫で下ろしたが、その心根を読まれたか、厳しい叱責の言葉が飛んできた。
「これは古傷ではありませんよ。ここ最近出来た傷……、それがどういうことか分かりますか?」
 胸を抉るような言葉。もしかするとそうではないかと思っていた最悪の予想を口にする。
「俺の霊気が乏しいから……ですね。カナタの持つに値しないくらい……」
 桃花仙女はコクリと頷く。
 そうだと分かっていたが、ほんの少し『違う』という言葉を期待してしまっていた。
 こたつ台に額をぶつけ、自己嫌悪に陥る。
「馬鹿じゃ、馬鹿じゃと思うておったが、本当にカオルは馬鹿じゃのう」
 鈴を鳴らしたかのように心地よいカナタの声。
 俺の後頭部をペシリと叩き、籠にあったミカンを鷲掴みして剥き始める。
「カオルと契約した時からこうなるであろうと覚悟しておった。じゃがな、見込みがあるから取り憑いておるのじゃ。わからぬか、この馬鹿者め」
「――っ。今、馬鹿って何回言った?」
「カオル以外に使われてやる気はない」
 赤面してプイッとそっぽを向く。
 くぅ……愛い奴。惚れてしまうじゃないか、このプチ神様め。
「ん――、ナイスフォロー。立ち直った」
 桃花仙女は微笑みながらカナタを見つめ、間を取り持つ邱秋月に目を向ける。
「――で、人の子はどのように?」
 邱秋月は喉を鳴らして茶を飲み干し、さも当たり前のように大風呂敷を広げる。
「ワシら世界で三日後、そこそこ鳴らした術者とやり合う。時間は十分とは言わぬが、桃花仙ならば出来るじゃろう?」
 綾乃さんをそこそこと言える能力者はそういるもんじゃない。
「ええ、今日は運良く朔月(さくつき)ですから、一番遠い『明日』は(つごもり)の深夜。一月ほどでどこまで育てられるでしょうか……」
 理解の範疇を超えた二人の話。というか何を言っているのか全く分からない。
「えっと――。分かるように説明願えますか?」
 剥いていたミカンをカナタに手渡し、そっと手を上げて質問する。
 邱秋月は舌打ちして目を細めるが、こればっかりは勘弁して欲しい。
「朔月って知っておるか?」
「ええ、新月のことですよね?」
「では晦とは?」
「月が陰っていって全くなくなる時、一般的にはどちらも新月って言います」
「我ら仙道を志すものは月を読む。朔月は始まり、晦月は終わり。ではいつまで晦でいつになれば朔になる?」
「いや朔はいわば晦で……、あれ?」
 何となく霊気を言い表すのに使う五行を思い出す。
 水、木、火、土、金、そして水……あの循環の輪に少し似ている。
「もしかしてある朔月と晦月の合間にだけ、元の時間軸……いや違うな、過去に戻れるチャンスがあるってことですか?」
「時計の零時に似ておるな。アレは歯車を一つ戻せば零時が十一時五十九分になる、それと同時に日付が一日前日に戻る」
「ううっ、知恵熱が出そうです」
「月を読まぬ現代人はこれじゃから……。浜に打ち寄せる波を思い浮かべれば分かりよい」
 どういう仙術か知らないが、この際それは深く考えないでおこう。むしろ三十日という期間を修行に費やせるだけでも有り難い。
「三十日っすか……」
「おぬし嬉しそうにしておるが、わかっておるのか?」
「ほえ?」
「朔、晦の端境を抜けて元の世界に戻れば、三十日寿命が縮まったのと同じじゃということ……」
「がはっ」
 言われてみればその通りである。悪魔に寿命を売り渡し、願いを成就させるのと変わりはない。
「さて……、ワシは帰るかの」
 そう言うなり邱秋月は立ち上がり、カナタの頭を撫で、俺にデコピンを一発くれる。
 接してきた時間は短いが、がんばれという彼女なりの合図。
 この人は自分自身の常識で動いているが、一般人には理解不能なだけなのだ。一見して無茶苦茶なことでも、何か意味があると考えていい。
 カナタの亀裂や俺の育成だけでなく、もっと先を見据えての行動ではないだろうか。
 サッと顔色を変えたのは桃花仙女、形相を変えて邱秋月の行く手を遮った。
「――で、対価は?」
 ズッこけた。
 そして俺の中で急上昇していた桃花仙女の株がストップ安まで下落した。
「そやつから貰え。育て方次第で稼ぐようになるじゃろうからな」
「ちょっ――」
「そうですか。邱秋月のお墨付きとあらば、それはもう稼ぐのでしょうね」
「勝手に話を――」
「今でも小銭は稼いでおるようじゃしな。生きていく上での日銭は困らぬよ」
「おい――」
「それは、まあ……頼もしい」
「聞けよ!」
 俺そっちのけで話が進んでいく。
 そんな中カナタは三個目のミカンに手を伸ばし、ほくほく顔で皮をむき始めている。
 カナタを治療しなければならないし、彼女を使いこなせるほど霊気を高めなければならない。
 恐らくその結果、当初の目的である試験対策もクリア出来る。それらに三十日という期間を費やせるのは有り難い。
 だが修行の対価が芋焼酎二本で済むはずがない。そんな嫌な予感で一杯だ。
「ちなみに、その、対価というのはどのくらいに?」
 そこで邱秋月はニヤリと嫌な笑いを浮かべてこう告げる。
「報酬と対価は寸分違わず同じ。おぬしがカナタを何の価値もないと思うおったら、それと同等の対価を支払えばよい。まあ、何の価値もないと思っておったらの話じゃがの」
「もし、もしもですよ。値段なんか付けられないと思っていたら?」
 邱秋月はふふふと不吉な笑いをうかべ、部屋を出てピシャリと扉を閉めた。
 俺は桃花仙女を涙目で見つめ恩赦を願い出るが、告げられたのは死刑宣告と同様の言葉だった。
「それはもう大変な対価を背負い込むことになりますね。ほほほ」
 守銭奴然とした高笑い。それも一切の容赦をしないといわんばかりの。
 俺はその場に突っ伏し、ミカンで頬を膨らませたカナタを見上げる。
「まあ、しゃーねぇか……」
 守り刀が折れるということはカナタが消滅すること意味する。
 それを分かっていて、こいつは俺を所有者として選んでくれた。
 ならば俺はその気概に報いるべく上を目指すだけ。カナタだけではなく仲間達と肩を並べ、彼女らを守れるくらいになればいい。
 それが叶うなら、相応の対価を背負い込むなんて何てこと無い話だ。
「桃花仙女、悪いけど俺にはあまり時間がない。早速で悪いけど始めてくれないか――、修行」
「私は主従のような呪に縛られるのはまっぴらです。トウカと呼んでください、私もカオルと呼びますので。対等の言葉使いでなければ返事してあげませんよ」
「変なところにこだわりがあるんだな。トウカ」
「せっかくの関係を壊したくありませんから」
 トウカの言い分も何となく分かる。
 同じ人、分け隔て無い友人だとしても、施してやったと思ったら対等の立場で無くなってしまう。
 『してやった』『して貰った』という二つの言葉が呪いのように関係に亀裂を生じさせる。
「そういや、あいつもそういうの、うるさかったっけ」
 自転車を二人乗りして化け物退治に行ったあの時を思い出す。心強き相棒、八瀬春菜は元気だろうか。
 そんなことを思い出したのは、あいつに大きな借りがあるからである。
 いじめられていた俺を庇い、独りだった俺にいつも話しかけてくれた。それに――――。
 何かとてつもない借りがあるはずなのに、そこだけいつも霞が掛かったように思い出せない。




BACK   NEXT   TOP
ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.