BACK   NEXT   TOP


『075 退魔士試験 02』

 明らかに柔剣道場の扉とは違う、まるで重厚な鉄の門が閉じられたような音が響く。
 頬を撫でる湿気を含んだ生温かい潮風。遙か遠くで聞こえる喧噪がこの場の静けさを際立たせている。
 ホワイトアウトしていた視界が徐々に回復し、視界にぼんやりと像を結んでいく。
「なんだこれ……」
 ついさっきまで校内の柔剣道場にいた。あの扉から出たのなら雨除けの屋根が付いた渡り廊下にいて、目の前には体育館の森が見えるはず。
 だが目の前は海、視界の果てには水平線、そして眼下には大きな港と海沿いの街が広がっている。
 小高い高台。背後には洋風の瀟洒な屋敷。一見した感想だが、山の手から見下ろした神戸の街を思い出す。
 靴下のまま地面に立っていることに気付き、足下に転がる靴をこねくり回して受けを向け、両足をソールに滑り込ませてつま先を蹴る。
 腰の守り刀に手を触れホッとする。
 荒事に慣れていくにつれ顕著になるこの行動、『荒んだね』と諭されてしまいかねない悪癖である。
「カナタ、いるか?」
「頭の上に乗っておるよ。ほれ」
 ピンピンと髪の毛を引っ張り存在をアピールする。
 一人ではないという安堵と共に平静を取り戻す。
「しかし……、あやつ変わった術を使うのう」
「だよな。どうリアクションしていいか分からん」
「奴に直接聞いてみたらどうじゃ。ほれ、電話をしろと言っておったじゃろう?」
「ん、――だな」
 携帯を取り出しメモリーから牧野の電話番号を呼び出す。
 そしていざ発信しようとして指が止まる。
 液晶に『国際ダイアルアシスト 日本へ発信しますか 発信(はい)中止(いいえ)』と表示されていたからである。
「ちょ……、マジか!」
 見ればアンテナマークの横に『RM』という見慣れない表示が……。
 RM……確かローミングって意味だったと思う。この携帯事業者が圏外だった場合、他の事業者が中継するサービスのことである。
 ぶっちゃけこのまま発信すると国際電話料金になるってことだ。
「どうした? 掛けぬのか?」
「あ、いや、ちょっと小市民的な計算が……」
 急かすカナタに背中を押され、えいとばかりにボタンを押す。もちろん選択したのは発信である。
 発信音が微妙に違い、心臓がバクバクと音を立てる。そして間髪入れず、気の抜けた牧野の声がスピーカーがら聞こえてきた。
「おやおや、早速何かお困りかね?」
「色々ツッコミたいことはあるけど、まず聞かせてくれ。――ここはどこだ?」
「ん――、台湾かな。無事にたどり着いていればの話だけど」
 サラッととんでもないことを告げる牧野。
 確かにまるで真夏の通り雨が一気に乾いたような湿度。この湿気を含んだ風は日本のものではない。
「ちなみに台湾の時差は日本より一時間遅い。な? 得した気分にならないか?」
「それ、ぶっちゃけ詐欺だし!」
「そうかぁ。俺は一時間得したって小躍りするけどな」
「日本に戻ったらご破算になるだろうが!」
「そりゃそうだろ。時間を巻き戻せる能力者なんて聞いたことがない」
 電話の向こうで高笑いする牧野。
 このまま奴のペースにはまったままでは一向に事態は進行しない。
「――で、綾乃さんの師匠ってのはどこに行けば会える? ぶっちゃけ後三日しかないんだ」
「邱秋月だ」
「キュウ=キュウユエ? どんな字を書く?」
「丘の右におおざと。キュウユエは秋の月。日本人には発音しづらいだろうから、キュウ=シュウゲツと呼べばいい。日本ではそう呼ばれているからな」
「で、どこに行けば会える」
「――どこに行く必要もないさ」
 そう電話口で囁かれた瞬間、甘い沈香の香りがした。
 弾かれるように振り返ると、そこに一人の女性が気配もなく立っており、俺と目が合うなり静々とお辞儀をした。
 紺色に銀刺繍の旗袍(チャイナドレス)を身に纏っており、濡れ髪のような艶やかな髪と相反し、白人と見紛うほど肌の色は白い。
 美人ではあるが目が大きく、かわいらしい印象を受ける。
 彼女は表情一つ変えずに俺の目を見つめ、手に持った携帯に目を移して小首を傾げる。
「――な?」
「なっ、じゃねぇ。打ち合わせ済みかよ。びっくりしたじゃないか」
「案内されるがままついて行けばいい。じゃあ、切るぞ?」
「ちょ、ちょっと待て!」
「電話を掛けている限りソレは動かない。そういう風に出来ているんだよ」
「ソレって……、もうちょっと違う呼び方があるだろう?」
 日本語が通じているか分からないが、牧野の代わりに頭を下げる。
 するといえいえとばかりに首を振ってくれるが、相変わらず定まらぬ視点のまま無表情、何を考えているか分からない。
 だが牧野の言うとおりなのだろうか、放っておけば何時間でもジッとしていそうな佇まいである。
「もしもし?」
 携帯から通話中独特のスピーカー音が聞こえない。液晶表示は通話時間を表示し、時間の経過と共に通常画面に戻った。
「――切りやがった」
 もう一度かけ直そうかと思ったが思い止まり、ポケットに携帯を放り込んでこめかみを押さえる。
「知恵熱か?」
「ああ……。俺は朝飯のメニューを聞いて妹のパンツの色まで察することは出来ないらしい」
「パ……、パンツ? 何を言っておるか」
「例え話だよ」
 人間色々なことが立て続けに起こると、状況処理を放棄してしまう。今の俺がそうなりつつある。
 有り体に言うと『どうにでもなれ』って気分になっている。
「えっと、電話終わりました」
 恐らく通じていないであろう日本語で女性に話しかけると、彼女は踵を返して歩き出した。
 どうして良いか分からずに立ち尽くしていると、彼女は振り返って小首を傾げ俺の方をジッと見つめる。
「付いて来いと?」
 そう問いかけるとコクンと頷く。
「どうやら言葉は通じているらしいのう」
「日本語の聞き取りは出来るが話せないといったところじゃないか」
「気を許すでないぞ。あ奴――」
「ああ、気配の殺し方がただ者じゃない。かなりの使い手だと思う」
「いや、そうではなく…………。まあいい、今は付いて行くしかなかろう」
 カナタは奥歯に物が挟まったかのように言葉を濁し、髪を引っ張り目の前で佇む女に手綱を向ける。
 女は俺が歩き出すと何も言わずに歩き出し、屋敷の門を開いてこちらに来いと目で訴える。
 門をくぐり抜けたのを見計らい、閉じるだけではなく閂を掛け、頑丈な鎖を二重に巻き付けて南京錠を掛ける。
「えっと……」
 ダメ元で女に話しかける。
「俺を迎えに来る時もそうやって鍵を?」
 女は手に持った南京錠を見つめ、どうでもいいと言いたげな態度で手を払う。
 俺がいくらパニくっていたからといって、あんな大きな音を聞き逃すはずがない。どうやら何か特別な力を使ったに違いない。
 懐疑的な視線を向けてみたものの、彼女は相変わらず無言のまま俺の前を静々と歩き出す。
 この屋敷は見た目は洋風であるが、どこか東洋風の意匠が凝らしてある。屋敷の間近には池があり錦鯉を泳がせているし、並木道の木は盆栽を思わせる枝振りだった。
 そしてそれらは恐らく風水に則って配置してあるだろう、調和がとれていて妙に落ち着ける。
 そうこう考えているうちに屋敷の入り口に辿り着いた。
 女は玄関の扉を開いて俺を招き入れ、先ほど門の施錠をした時と同じ、何か儀式的な振る舞いで扉を閉め鍵を掛ける。
 そしてまた先を歩くのかと思えば、俺の頭の上、恐らくカナタを見つめ猫のように目を細めて笑い、俺の腰の辺りをチョイチョイと指差す。
「――腰? もしかして?」
 守り刀とナイフを鞘ごと腰から抜き取り、二つ揃えて差し出す。
 彼女は目を細めたままその二振りを受け取ると、大事そうに胸の前で抱きかかえて歩き出す。
「こ、こら。誰とも分からぬものに渡すとは!」
「礼儀……だよ。敵意がない証を見せないと案内は出来ないって、そう言いたげな表情だったからな」
「おぬし、よくアレの気持ちが分かるな」
「ああ、よく見ると表情豊かだ。乃江さんよりよっぽど分かりやすい」
 彼女はくるりと踵を返し、静々と歩き出す。
 付いて来るなという拒絶も感じないので、彼女の案内に従うことにする。
 緞帳を思わせる柔らかいカーペットが暗い廊下の先まで敷き詰められている。
 左手にある灯り取りの窓が夕闇を届け、その光に照らされた扉が意味ありげに浮かび上がっている。
 彼女はそれらを三つ通り過ぎ、光の届かない奥の扉のノブに手を掛けてこちらを振り返る。
「――どうぞ」
 彼女の口は動かず表情は変わらなくとも、そう告げてくれたような気がした。
 部屋は思っていたより大きくない、むしろ小さな部屋だった。たった四本のろうそくでも必要十分な灯り取れるほどだ。
 部屋の中央に一人敷の布。その上に正座をして、硯で墨を溶いている小さな背中が見える。
「――よう来たの。久しぶり、と言うべきか?」
 その声にどこか聞き覚えがあった。いやこのフォルム、総白髪でありながら、都条例とアグネスにがっちり保護されていそうな……。
 振り返って微笑むその顔を見て、思わず叫んだ。
「霞ヶ関のロリ婆!」
「人をロリだのババアだの……。失礼な奴じゃのう」
「あっ、いや。その……、お久しぶりです。邱秋月……さん」
 深々と頭を下げる。
「まあ座らんか。今日は良い朝露と黄帝を祀った線香の灰が手に入ったのでな、孫のために霊符を書いてやろうかと思うておる」
「孫?」
「貴重な霊符をバカスカ使いおってな。ただ紙に墨で書けば良いというものではないと口を酸っぱく言っておるのに……」
「孫ってまさか……牧野?」
「出来が悪い子ほどかわいいというじゃろう?」
 彼女の前に回り込み、腰を下ろして正座をしようと試みるが、靴を履いたままなので膝を下ろすのが精一杯だった。
「靴、脱ぎましょうか?」
「そのままでよい。すぐ済むから見ておれ」
 彼女――、邱秋月は硯の上で墨を馴染ませ、封書より一回り小さい紙に筆を置いた。
 あっという間に難読文字が紙に埋め尽くされる。
「霊符というのはな、書き始めてから終えるまで息をしてはならぬものもあるし、雨水で墨を溶かねばならぬ物もある。黄帝の霊符は朝露で墨を溶かねばならぬし、百年経った煉瓦を粉末にした物、祀り灰を混ぜれば効果が増す。この地を離れられぬのは、日本では手に入らぬ物が多すぎるからじゃ」
「やっぱ、牧野のお婆ちゃん……なんだ」
「仲良くしてくれて感謝しておるぞ」
 高飛車な物言いだが、ちゃんと孫を思うお婆ちゃんの気持ちが伝わってくる。
 静かに筆を走らせて数分。数枚の霊符を書き上げたところで、硯の墨が無くなってしまった。
 邱秋月は案内してくれた旗袍(チャイナドレス)の女の人に目を向けると、彼女は楚々と歩み寄って、抱きかかえていた守り刀をナイフを邱秋月に手渡し、硯と筆を手に部屋を出て行ってしまった。
「おぬし……三室薫といったな」
「はい」
「化生に好かれる体質のようじゃな。アレがあのような表情をするなど初めてのことじゃ」
「あ、アレ?」
「アレは人の姿をしておるが、人にあらざるもの。鬼を使役する法術じゃよ。抱朴子(ほうぼくし)にも書かれておるし、日本にも伝わっておろう?」
「鬼……なんですか、彼女?」
「美しき鬼といったところかのう。命令して一方的に従わせることも出来るが、ワシはそのようなやり方は好かぬ」
「と……いいますと?」
「百の願いを叶えるまで言葉を発してはならぬ……が、それが成就したあかつきには、アレは願いを叶えることが出来る。そういう約定を交わしておる」
「願いって……もしかして命……とか」
 西洋に伝わる悪魔召喚の儀式には命を対価するものが多いが――。
「このように枯れた命など一文の価値もないわ。『名』じゃよ。アレは名を欲しがっておる」
「名前ですか……、確かに……」
 名前は自分の運命だけでなく、存在そのものを左右する強い力があるとされる。
 古代ヨーロッパでは洗礼を行うまで子の名前は他言してはいけない不文律がある。名前を知られることはその人の全てを掌握されてしまうと信じられてきたからだ。
 カナディアンイヌイットは死者の名を、新生児に名付けるまで口にしてはならない。名前の持つ呪術的な力が損なわれると考えているからである。
 知ったかぶりで言ったものの、これは宮之阪さんの本に書かれていたことである。
「さて――」
 邱秋月は生乾きの霊符をそのままに、スッと立ち上がって窓辺にある一人掛けの椅子に腰を掛ける。
「年寄りに正座はキツイからのう。椅子に腰掛けさせてもらう」
「嘘っぽっ!」
 俺の即ツッコミに喉を鳴らして笑う。
 話口調がお婆ちゃんっぽいが、見た目はロリ垂涎の幼女そのままなのだ。たとえ目上の人でもこのツッコミは外せない。
「孫は話してくれたか?」
 突然の閑話休題。どの本題に戻されたのか戸惑う。
「な、なにをですか?」
「ワシが真倉綾乃をお前の試験官に推挙したこと。またその意味を、じゃ」
「あ、あんたがこの一件の黒幕か!」
「ほっほっほっ、左様――」
 あっさりと吐露しやがった。それも悪びれる様子もなく。
「なんでまたあんな凄腕を俺にぶつける必要がある? ついこないだ退魔士ランクCと力を測ったのは貴女でしょう?」
「いいや、あれは東と西の爺さんらが決めたこと。ワシはランクAをやっても良いと思っておった」
「……マジっすか?」
「あの時おぬしと問答したのを覚えておるか?」
 あの時……、確か、我ら三人を制圧するのにどれくらいの時間を要するか問われた。
 俺の出した答えは『無理』。降伏すると手を上げてその場は終わったはず。
 あの問答でランクAをくれる判断をしたのなら、この人の眼力ってのは大したことはない。ただ口八丁でその場をしのいだだけである。
「……あの問答がどうかしましたか。お手上げって降伏してランクAって、変じゃないですか?」
「いいや、別に変ではない。ワシの見た未来と違っておったからのう」
「邱秋月さんの……見た……未来?」
「孫に言伝(ことづて)をしてやったことがあるがのう。今日出歩けば死神と出会う、家でおとなしゅうしておれとな」
 死神事件に遭遇する日、牧野が言ってくれた占いのことだ。
 あれは邱秋月さんが占ったものだったのか。
「ワシは死神と出会い、おぬしは妹御を亡くし、命からがら助かってしまう未来を見た。だが蓋を開けてみれば、そのようになっておらぬ。どうしてかのう?」
「どうしてって……、逃げおおせたからじゃないでしょうか? 実際二人とも無事だったし……」
 貴女の占いが外れただけ。そう喉元まで出掛かったが、立場を考えて呑み込んでおく。
「おぬしはどうやら勘違いをしておる。ワシの見立ては占いなどという儀式めいたものではない。未来予知と言えば分かってもらえるかのう?」
「予知……能力」
「そう、的中率がどうのなどという不安定なものではない。的中して当たり前の能力であったはずなのじゃ」
 そう断言されてしまうと言葉はない。というか、少し思い当たる節がある。
「妹は蚊柱に巻き込まれて死んだ――。俺が武器を探しに店に入った時……。そうですね?」
 夢に何度も見た葵が死ぬ映像。何故あんな夢を見るのか疑問に思っていた。
 葵の藻掻き苦しむ姿や断末魔は想像しうるものではない。見て来たかのように生々しかった。
「左様……。妹御を亡くしたおぬしは違う人生を歩んでいた……はずじゃった」
「だが、予想に反してのうのうと生きている。今もこうしてここまでやって来た」
「であろう? だから最大限警戒をしておる。――と、同時に興味を惹かれておるというのも本音じゃがな」
「その口ぶりだと、俺が何かをした……と思っているんですね?」
「思っているからランクAをやろうと思っていた。いや今でも、欲しいと言うのならくれてやらんでも無い」
 その言葉に偽りなし。そう思えるほど確信を持った口ぶりだった。
「――いえ、誤解で高評価を貰っても、後で苦労するは自分だから……。ちゃんと試験を受けて、万人に認められてそう名乗りたい……っす」
「この邱秋月が――、誤解をしておる――、そう申すのじゃな?」
「いや、その凄まないでください。ほんとに怖いんで……」
 冗談ではなく……さっきからこの人に気に圧され、何度もちびりそうになっている。
 霞ヶ関の時もそうだが、強いとか弱いとか、凄いとか凄くないとか、そういう次元の低い尺度で測れない気を感じる。
「今日は試験に合格すべく、綾乃さんを教えた師がいると紹介されてここに来ました。それは間違いないのでしょう?」
「ん――、真倉綾乃のことじゃな。教えたとも言えるし、そうでないともいえる。元々あやつは未熟なりに技を身につけておったし、別の誰かに教わる目的でこの地にやって来たのじゃから」
「別の……誰か?」
杜毓沢(といくたく)系の陳氏太極拳を修めた者じゃろうな。腕は悪くないが教え方がちと不味かったようじゃ」
 邱秋月は少し優しい表情で遠い目になり、いつの間にやら手に持った茶を啜る。
「あやつが小学生の頃かのう。病弱な妹に教えたい技があるとこの地にやって来たのは……」
「妹……乃江さんに?」
「育ちの良い子じゃろうに、みすぼらしい茶屋の二階に間借りして、昼は学校、それが終われば武術を習う、といった生活を送っていた。まあ、これは後から知ったことじゃがな」
 確かに真倉家は良家というだけでなく相応に財力もある家柄である。自ら足を運ばなくても教えを請う方法はいくらでもある。
 だけど綾乃さんの気持ちもよく分かる。妹のことを本当に大事に思っているからこそ、自ら足を運ぶんで学んだものを伝えたかったのだろう。
「あやつと最初に出会ったのは二二八記念公園を通りがかった時じゃったな。深夜だというのにドスンドスンと震脚を踏むいい音を耳にして、こっそり覗きにいったら、まだ毛も生え揃っておらん女童が、勇ましく套路を舞っておった」
「陳氏太極拳の老架式……ですか?」
「いや、その時あやつは老架式だけでなく、既に砲捶と忽雷架を修めておった。まあ、そこで――」
「思わず教えたくなったんでしょう?」
「まあのう。間違った解釈をしてしまいそうじゃったし、せっかく光るものを持っておるのに勿体ないと思ってな」
「結果オーライなんでしょうね。彼女の技はどうか知りませんが、その妹のは嫌と言うほど見てきましたし……」
「まあそう言ってくれるならば教えた甲斐もあったんじゃろうな。――で、あやつの前にひょっこりと姿を現し、陳氏の套路を少しやって見せた。するとあやつはどうしたと思う?」
「どうしたって……想像つきませんが……?」
「ふむ。あやつはそれらを見るなり、誰とも分からぬワシに頭を下げた。たどたどしい華語(台湾国語)で『貴重な技を見せていただき、ありがとうございます』とな」
 邱秋月は少し照れくさそうに笑い、俺から視線を逸らして頬を赤らめる。
「礼儀を弁えた良い娘じゃったし、頭も良いのであろう。だがそういう上っ面ではなく、強い目……信念に惹かれたのであろうな。でなければ見ず知らずの者に教えるなど、あり得ぬことじゃ……」
 そう言うなり邱秋月は椅子から腰を上げ、俺の前に来てしゃがみ込む。
 そして細い腕をそっと伸ばし、俺の髪を優しく撫でる。
「その戯れの結果がこれか。あの時にはそこまで見えなかったが……、なかなか良い暇つぶしが釣れたものじゃな」
「つ、釣れた? 俺は魚じゃ……な……」
 彼女は髪を両手で掻き上げ、端正な顔をそっと近づける。まるでキスするかのように目を閉じてだ。
「な、なななな……何を……」
「何をとは異な事を。分かっておるじゃろう? それともワシでは嫌か?」
「嫌とか……、え、あっ、ちょっ!」
 唇と唇が触れあう……と思った刹那、邱秋月は顎をスッと引いて額を重ね合わせる。
「ワシも満更ではない……ということかのう。暖が取れそうなほど顔が赤らんでおるぞ」
(たばか)ったな。ロリ婆」
 スッと顔を遠ざけ、少し寄り目のまま怪訝そうな表情をする。
「おぬし、変わった(しゅ)が施されおるのう――。幾重にも壁があって先が読めぬ」
「呪って……」
 乃江さんの案内で心象風景を見に行ったことを思い出す。
 確かあの時も壁があって自分の心が見えなかった。もしかしてアレのことを言っているのだろうか。
「――読んだと思えば、それがかき消えて別の何かに変わる。まるで映し鏡のようじゃ……って、こら」
 いつの間にか鬼の女が邱秋月の背後に立ち、彼女を乱暴に掴んで引き剥がす。
 俺はグッジョブと親指を立てると、彼女はコクコクと頷き邱秋月を椅子に放り投げて座らせる。
「な、なんじゃ。おぬし焼きもちでも焼いておるのか?」
 鬼の女は俺と目が合うなり顔を赤らめ、俯いたまま足早に部屋を逃げ出した。
 パタパタパタ、ギィ、バタン。廊下をパタパタと二三歩歩いて、ステンと転ぶ音がした。
「おぬし、やはり化生に好かれる才能があるようじゃな……」
「全然嬉しくねぇ!」
 邱秋月はフムフムと何やら思案し、意味ありげな目で俺を見つめニヤリと笑う。
「何やら嫌な予感が……」
「ちと待っておれ」
 邱秋月はそう言うなり部屋を後にし、あっという間に木箱を抱えて戻ってくる。
 一見すると小さい子がおもちゃ箱を抱えているように見えるが、アレは恐らくニヤリと笑ったモトネタだろう。
 彼女はハアハアと息を切らし、木箱を目の前に置いて目を輝かせる。
 そして封紐を解いて中から小さな壺を取りだした。
「壺に描かれているのは紅梅……? 梅にしては色が優しい」
「桃じゃな。桃花行と言っても分からんじゃろうかな」
 彼女はそう言ってそっと壺を手渡す。
「おぬし、万人に認められてランクAを名乗りたいと申したな」
「ええ、その気持ちは変わっていません」
「ワシは真倉綾乃と手合わせをして、そこから何か学ぶのではないかと彼女を試験官に推したのじゃ」
「そ……そうだったんですか?」
「じゃが気が変わった。人と同じ道を歩んでも面白くなかろう? 目指すなら最高のものを――、そうじゃな……取りあえずはランクA++を目指さんか?」
「ら、ランクA++。俺が?」
「真倉綾乃の驚く顔が見てみたいと、ふと、な。教え子を驚かすのがこの老いぼれの唯一の楽しみだからのう」
 クスリとも笑わず真顔。どうやらこの人真剣にそう言っているようだ。
 強くなるためにここに来た。俺と彼女の利害はある意味一致していると言える。
「強くなれるなら……」
「強くなるだけならそう苦労もせんじゃろう。何回か死ぬ思いはするだろうが……な」
「え?」
 邱秋月は抱えていた壺に手を入れ始め、肘まで入れたところでふと違和感を感じる。
 一輪挿しとは言わないまでも、両手で軽く抱えられるほどの小さな壺なのだ。どう考えても肘まで手が入るはずがない。
 壺から引き抜いた手は、明らかに壺の深さを遙かに超えている。
「えっと……?」
「おぬし、壺中天というのを知っておるか」
「壺の中に俗世間とはかけ離れた別世界があるって奴ですよね。別名一壺天とも言ったりする……」
「左様」
「左様って……、なんだか凄く嫌な予感がするんですが……」
 邱秋月は手元に置いてあったナイフと守り刀を壺の中に放り込む。それもカランとも音を立てずに。
「その読み、あながち外れておらぬと思うぞ」
「あーっ、守り刀! 美苑さんに貰ったナイフが!」
 慌てて壺を逆さにしてみるが、それらが中から落ちてくる様子はない。……というか埃すら落ちてこない。
 これが手品ならば笑ってタネ明かしを待つのだが、牧野の婆ちゃんだし、これはマジでヤバイ状況に追い込まれたのではないだろうか。
「大切なものなら、取りに行かねばならぬな」
「鬼っ!」
 言っていて思い出したが、この人は鬼すら使役してしまう人であった。
 鬼って言葉すら生ぬるい。もっとこうしっくり来る言葉は無いだろうか。ええい、自分の語彙の少なさが腹立たしい。
「さっさと行かぬか」
「あっ、押すな、押すんじゃないっ!」
 自分の体が水か砂にでもなったかのような錯覚。拳一個分しかない壺の口に顔が半分入り込んでいる。
 右目には邱秋月、左目には別の景色が映る、不思議な感覚。
「ていっ、とどめじゃ!」
 後頭部に肘打ちらしき衝撃。
 その言葉を最後に、俺の体は砂時計の粒のようにサラサラと溶けていった。




BACK   NEXT   TOP
ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.