BACK   NEXT   TOP


『074 退魔士試験 01』

 そもそも今回は試験。受験者の能力を測るのが目的である。
 試験官と戦わねばならないとはいえ、言ってしまえばただの模擬戦なのだ。魂喰いとやり合った時のように危ない橋を渡る必要はない。
 美咲さん達が茶化すような素振りを見せたのは、綾乃さんが受験者を潰してしまうことはないと考えているからであろう。
 まあ常識で考えればそういう結論に至る。常識で考えれば……。
 だが俺は常日頃から『もし自分が相手ならばどう動くか』と考えるようにしている。そう考えた結果、彼女らとは別の結論に至ったのだ。

「なあ……牧野。もしお前に弟子が出来たとして、さらに実力を測る立場になったとする。お前は厳正な判定を下せるか?」
「――お前が悩んでる理由……ちっとばっか分かった気がするわ」
「マジ?」
「俺の調べた情報によると真倉乃江は姉の綾乃に体術を教わったらしい。んでもって、カオルはその真倉さんに教わっている。間接的な弟子……いわゆる孫弟子って間柄だよな」
「ま、まあ……そういうことになる」
 さすが牧野、一を聞いて十を知る察しの良さ。朝飯のメニューを口にするだけで妹のパンツの色まで言い当ててしまう勢いである。
「そこまで先を読んでいるのなら皆まで言うまい。……で、どうだ?」
「そういう謎掛けしてくるってことは、まだ何か一含みあるってことだな。彼女の家柄を加味する必要がありそうだな」
 そう口にしてふんふんと頷いてみせる。
「彼女は真倉家の次代筆頭候補。今回に関わらず、いついかなる時も『真倉の娘』だと見られて来た。……まあ、しがらみは分からんでも無い」
「…………」
「仮にもこの業界で飯食っていこうって奴なら、戦闘中に彼女とカオルの共通点に気付くだろう。答えはノーかな。そもそもギリギリのラインなら試験なんて受けさせない」
「やっぱりそうなるか……」
「だってそうだろう? 自分の弟子が不合格になるなんてありえねぇし。俺の背負っている看板はそういう汚点を許さないんだよ」
 さすが牧野。もう妹のパンツの色どころの話ではない察しの良さだ。
「――で、直近の立ち会いで俺の実力、『ギリギリBーーか、辛く採点するとC++』って言われてるんですけど」
 そう言うなり牧野は盛大にずっこけた。
「全然ダメじゃんよ。ランクAの試験受けるんだろう?」
「うん……、このままじゃ不合格確実……」
「どうせお前のことだから、綾乃さんに恥をかかせてしまうとか考えてるんだろう?」
「……図星」
「そんなことねぇ……なんて言ってやりたいけど……ぷぷぷ」
 涙目になり口元を押さえる。
「身の程をわきまえずにランクAの試験を受け、そりゃそうなるわってくらい無様を晒して不合格……。手の掛かる孫弟子だな。あはは」
「さらりと言いやがった。しかも爆笑してるし……」
「そんでもって何とかならないかと俺を頼って来たってところだろう?」
「おう」
 牧野は涙を指で拭い、少し真剣な面持ちで俺を見つめる。
「だけどカオルに教えてやることは出来ない」
 そう言い切り、話し続ける。
「孟子の言葉に『妄りに人の師となるべからず、又妄りに人を師とすべからず』という言葉がある。知ってっか?」
「い、いや……」
 そうだ、こいつは台湾系のクオーターだった。
 日本人が諺を用いるのと同じ感覚で、大陸由来の故事成語がポンポン出てくるのだ。
「きちんとした理由もないのに人の師となってはいけない。そして誰かを師としてもいけない。物を教え、教わるのはそれだけの責任が生じるし、義務が生じるってこと」
「むう……」
「お前は真倉や天野に教わっているんだろう? 彼女らの経歴から察すると初めての弟子……いわゆる開門弟子ってことになる」
「開門……弟子?」
「最初に取った弟子のことを開門弟子、生涯最後に取った弟子を関門弟子という。それらを明確に区分けしているのは何故か分かるか?」
「……いや、全く」
「一般的に開門弟子は純粋に師から受け継いだものを伝授する。教える立場になってから日が浅いから必然的にそうなるだろう?」
「ふむ、……だな」
「逆に関門弟子を育てる頃には年を取って、師から受け継いだものに自分が練ってきた技がプラスされる。必然的に伝統からかけ離れた風格を持つ」
「確かに……そういうことになるが……」
「真倉乃江は姉から教わったものを教えてくれている。天野も同じくな。そこに俺が介入する余地なんて無えよ」
 牧野の言っていることは抽象的だが、伝承する……またはされることについて諭してくれているのだと思う。
 乃江さんや美咲さんが教えてくれていることは、綾乃さんやキョウさんが妹達に伝えた技そのものだということ。
 受け継がれた技を正しく伝えてもらい、その技を次代の誰かに伝える義務がある。妄りに人を師とすべからず――って言葉につながるのだ。
「まあ、これが武林に生きるものの心構えって奴だ」
「牧野のいうこと、凄く分かる。俺の考えが甘かったってことも分かるよ……、でもな……」
 しかしこのままでは八方ふさがりのこの状況は変わりはしない。
 牧野は俺の顔を覗き込み、ニッと笑って口を開く。
「必ず真に教ふべきことありて師となり、真に学ぶべきことありて師とすべし。さっきの言葉に続く言葉だ。お前が俺のところに来たのは偶然だけど、同時に必然だったのかも知れないな」
「どういうことだ?」
「学ぶべき必要性があれば師は自然と現れる。お前が困っている時に天野や真倉が教えてくれたろ? そういう風に自然と師は現れるってことだ」
「いや、そうじゃなく。必然って言わなかったか?」
「真倉綾乃に武術のなんたるかを教えた人がいるだろう。その人なら教えを請うても問題ないはずだ。しかも俺はその人を知っていて、紹介できる立場にある」
「綾乃さんに武術を教えた人……か。確かに……」
 牧野はスッと立ち上がり、道場の端に用意していたタオルを首に掛け、その下から護符の束を手に戻ってくる。
 そして尻餅を付く勢いで俺の前に座り、床の上に護符の置いて熟練の手品師の如く弓なりに広げて見せた。
「それには九天玄女(きゅうてんげんにょ)の霊符と西王母(せいおうぼ)の霊符が必要になる」
「霊符? 護符じゃないんだ」
「道教の霊符。神様の力をほんのちょっと借してくださいとお願いする嘆願書みたいなもんだ」
 ミミズがのたくったような難読文字が書かれた霊符を目の前に十枚、俺の前に差し出した。
 ふと山科さんから神道の護符を買った時のことを思い出し、慌てて財布の中にいくら入っていたか思い出す。
「えっと……、こういうの高いんじゃないのか?」
「霊符の値段か?」
「そ、そう。一枚うん十万とか……」
 牧野は頭をポリポリ掻きながら唸り、ポンと柏手を打って顔を寄せる。
「紹介料三百万。霊符はサービス」
「高っ! しかもそれ、今思いついた値段だろ?」
「ついでに切羽詰まったカオル君のために、時間を一時間巻き戻してやろう」
 不敵に笑う牧野。
 今、時間を巻き戻すとかいいやがったような気がする。
「時間を操れるのか?」
「まあ、俺様にかかれば造作もない」
 嘘くさい笑いを浮かべているが、彼は宮之阪さんを翻弄するほどの実力を持っている。あり無い話ではない。
「三百万でいいのか? 即金は無理だから後日払いになるが……」
「今月中でいいよ」
 牧野は差し出した十枚の霊符を押しつけ、広げた残りを懐にしまう。
「これが九天玄女の霊符、これを中心に縦横に月老神君(げつろうしんくん)の霊符を四枚を使う。修行を終えたら西王母の霊符を中心に雷公(らいこう)の霊符を使って戻ってくる」
「使うって……」
「場所と場所を区切るものなら何でもいいんだが、そうだな……扉とか門とかそういうところがいい。そこに貼り付ければいいだけだ」
「貼り付けるとどうなる?」
「これを貼り付けるとだな……。論より証拠、ちょっとこっちに来てみろ」
 説明を打ち切って道場の扉を指差す。
 目の前に置かれた霊符を掻き集め、扉の前に向かう牧野の後を追う。
「ほれ、霊符を貸してみな」
 かろうじて九天玄女と読めなくもない霊符をつまみ上げると、何かに反応したかのように淡い光を放ち始め、まるでアイロンを掛けたかのようにピンと角が立った。
「ほんの少し霊気を通せば意のままに操れる。どのように扱いたいか念じるだけで鉄のように硬くも出来るし、矢のように遠くへ飛ばすことも出来る」
 そういって牧野はその霊符をドアに貼り付ける。
「貼り付いて当たり前だと思えば、何の苦もなくぺったりと――」
「おおっ……」
 牧野は俺の手から霊符をひったくる。
 そしてそこから四枚選り分けると、残りを二つ折りにして俺の胸ポケットにねじ込んだ。
「さっき貼ったのは九天玄女って女仙。これに月老神君の霊符を縦横に貼り付けて補助させる――、するとだな」
 何が起こるのかと思えば、何の変化も無い。そこに扉があり、霊符が十字に五枚貼り付けられているだけだ。
「えっと?」
「ふむ、何か言い忘れたことがあったかな。まあいいや」
 牧野はめんどくさそうにそう言って、勢い良く扉を開いた。
 目の前でフラッシュを焚かれたかのような閃光。目を閉じても、手で翳しても突き抜けて網膜を焼く。
「なんか困ったら携帯で電話しろ。じゃあな」
 そういって俺の背をドンと押す。
「えっ、紹介するって……。お前も来るんじゃないのか!」
「めんどい」
 蹈鞴を踏みながら扉の向こうによろめき歩む。
 その刹那扉が閉じられ、耳をつんざくような大きな音が耳の奥で鳴り響いた。




BACK   NEXT   TOP
ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.