BACK   NEXT   TOP


『073 退魔士試験 00』

 心象世界で心の壁を取り払った翌日、屋上で待っていたのは美咲さんだった。
 もう見限られてしまったと思っていたから、この不意打ちは涙が出るほど嬉しかった。
「美咲さん……、どうして……?」
「どうしてって……、カオるんの剣技を受け持っているのは私でしょう?」
 美咲さんは軽く柔軟体操を行い、木刀を一本投げてよこす。
 そして意地悪げな笑みを浮かべ、生温かい目を俺に向けた。
「乃江って抱き枕にぴったりでしょ?」
「ええ、こう……、なんていうか、すっぽり収まる感じで……って、何を言わせるんですか!」
 ヒュンと剣先で風を切り、手を木刀に馴染ませる。
 今日は体調がすごぶる良い。手に木刀が吸い付くような錯覚に陥るくらいだ。
 そんな調子に水を差すように、美咲さんはジト目で睨み付けて頬を膨らませる。
「カオるんのエッチ」
「まだ言ってるんすか!」
「だって、乃江の心象風景でしょ? どうやれば発動するか知ってるもん」
「……もん、って。あのね、ちゃんと水着でしたよ」
「マ……、マニアックな……」
 マニアックかどうかは別として、確かにレアな体験だったと思う。
 今、恋人や夫婦の関係にある人で、一体何人が相手と水着で抱き合ったことがあるだろうか。
 それも布団の中、決して真夏の海岸などではない。
 相手は潔癖症の乃江さん。そういうことは今後、二度とないだろうと言い切れるほどだ。
「カオるんに変化が無ければ、本当に怒っちゃいますからね?」
「……分かってますよ」
 不意に心象世界での乃江さんの嗚咽が聞こえたような気がした。
 実のところ体を重ね合わせた時から、現実ではないのではないかと気が付いていた。
 だがあまりの心地よさに抗えず、自分を偽って彼女との時間を過ごしてしまった。
 その心の奥底には恋慕の情、そして彼女への憐憫があったのだと思う。
 だけど一時の情は相手をより深く傷つけてしまう。
 過ごす時間が長ければ長いほど、彼女自体を軽んじ、もてあそんでいるのだと気づかされた。
 それは美咲さんにも言えることだ。
 分不相応の情けを掛け、剣先が鈍ったのは間違いない。
 彼女が真剣に教えようと思えば思うほど、俺のそういった部分が歯痒く思えたに違いない。
 この勝負、絶対に手を抜くことは出来ない。
 もう彼女に失望させるわけにはいかない。
「マジで行きます。怪我をさせたらすいません」
「十年早いですよ」
 美咲さんは中段に構え、切っ先を目の前に突き付ける。
 俺はその先にある彼女の目を見つめ、脇に構えて足の裏を擦る。
 目の前の切っ先が動く。素早く木刀を引き付け足を踏み込む。首元を薙ごうとしている。
 剣道なら一本にはならないであろう振りも、霊気の通った木刀ならば有効打。研ぎ澄まされた刀ならは致命傷に値する。
 木刀を振り上げて首を守り、弾き返して手首を返す。
 狙いは眉間。俺は渾身の力を込めて振り抜いた。
 だが僅かに手応えを感じるものの、木刀は足元の芝に食い込んで腐葉土を飛ばした。
 半間ほど飛びのいた彼女の胸元には、木刀の擦れた痕が見て取れる。
 仰け反って頭部を守る代わりに、胸元に届いてしまうリスクを負ったのだ。
「くっ……」
 手に届きそうで届かない距離、それが俺と美咲さんの実力差。指先が触れそうな距離なのに、掴むには遠すぎる絶望感を感じる。
 そう昨日までは諦めていたが、いつまでも下ばかり向いてはいられない。
 彼女が構えを整えるまでに、素早く距離をつめて袈裟懸けに斬り込み、脇に引き絞って突きを放つ。
 彼女は半身を逸らして一撃目を回避、クルリと木刀を回して突きを絡め取る。
 握りと握りがぶつかり合う鍔迫り合い。俺は拳を固めて何度も小突き、脇を甘くして下に潜り込んだ。
 目の前にはがら空きの胴。いけると思った瞬間木刀の柄を肩口に落とされ、切り込む動作に鈍りが生じた。
 肉を叩く衝撃が手に伝わる。横に薙いだ木刀は彼女の体を後方に弾き飛ばした。
 彼女の手には逆手に持ち替えた木刀がある。振り下ろされたのは柄ではなく、切っ先だった証である。
 真剣ならば振り切る前に息の根を止められていた。この勝負、木刀だから相打ちに持ち込めたのだ。
「大丈夫っすか?」
 フェンスの寄り掛かって腰砕けた彼女に手を貸し、参りましたと頭を下げる。
 彼女は脇腹に手を当てて治癒し、大きく息を吸い込んで微笑んだ。
「合格。剣技は及第点ギリギリだけど、迷いが無くて好印象。これなら本気を出しても大丈夫かな」
「……は?」
「本気を出しても死なないよね、きっと」
「マジっすか?」
「嫌ですね、大マジですよ」
 ヒュンと風切る音が右耳を通り抜け、次の瞬間切っ先は喉元でピタリと止まる。
 拳の届くほどの近接距離なのに、今まで見せたどの技より速い。
 目の前に見えていたゴールが遠退く。疲労困憊の状態でフルマラソンを走れと言われたようなものだ。
「ちなみに美咲さんから見て、俺はランク的にどれくらいでしょうか?」
「ん――、ギリギリBーーか、辛く採点するとC++かなぁ」
「全然ダメじゃないですか。あと三日で退魔士試験ですよ?」
「あはは……、近接って地味ですからね。採点は辛くなると思いますよ」
「地味って……」
 膝から崩れ落ちて突っ伏し、芝を掴んで脱力する。
 美咲さんは膝を折って肩に手を置き、仕方ないなと苦笑してみせる。
「近接でも頂点に登りつめることが出来ます。カオるんはその生き証人に会ってますよ?」
 顔を上げて美咲さんを見つめと、彼女は少し照れたようにはにかんだ。
「私の兄、キョウ兄さんはA++。現ランクシステムの最上位、綾乃さんは昇級を辞退されますが、それでもA+ですからね」
「ちなみに美咲さんは?」
「ランクA、プラスマイナスなしのAですね。私と乃江が同時に勝負を挑んでも、素手の綾乃さんに勝てません」
「恐竜殺しの乃江さんと、歌えるギタリストの美咲さんが?」
「その称号はどうかと思いますけど……、ちなみに綾乃さんの称号ってなんだと思います?」
「きょ……巨乳が関係しますか?」
「関係ありませんっ! 戦いになると手が付けられなくなるから、バーサーカーと呼ばれてるんですよ」
 バーサーカー、凶戦士。
 何気無く聞かされた通り名。それが未来への暗示だったと気づくのは数時間後の話だった。
 
 
 
 放課後、美咲さんの呼び出されて、文化棟の作法室に向かった。
 教室の扉を開けると既に全員が集合しており、いつもと少し違う空気が漂っていた。
 靴を脱いで一礼し、座布団に座って宮之阪さんから茶を受け取る。
 見れば全員が憐憫の目を向けている。
「みんなしてなんです? かわいそうな人を見る目で見ちゃって……」
 彼女らは一堂に顔を見合わせ、引き攣る頬に手を当てて苦笑いを浮かべた。
 一人山科さんだけが懐からハンカチを出し、よよよとわざとらしい泣き真似をした。
「残念なお知らせや、ランクAの試験官が発表されたらしいで?」
「試験官発表がなんで残念なんですか?」
 その場がしんと静まり返る。
 異常なまでのリアクションだ。変を通り越して不気味に感じる。
 乃江さんが正座のままにじり寄り、俺の顔を見上げてため息を吐いた。
「試験官は私の姉、真倉綾乃だ」
「あ、綾乃さんってA+の化けも……もとい巨……いやいや違った……あれ?」
 いきなり名を告げられ、これまでに無いくらいパニックになった。
 なにせ美咲さんと乃江さんが二人係りで勝てない能力者。バーサーカーという禍々しい名前に呑まれてしまった。
「うちらから選抜されるんちゃうかと思ってたんやけど、あないな雲上人が出張ってきたら出る幕ないわ」
「残念……です」
 山科さんはカラカラを笑いながら額を叩き、宮之阪さんは真剣に悔しがった。
 二人とも試験官になってどうするつもりだったのだろうか。小一時間問い詰めたい気分だ。
「私に太極拳や空手を仕込んでくれたのは、何を隠そう綾乃姉さんなのだ」
「師匠の師匠ってこと?」
「本来はランクA+に依頼される仕事ではないのだが、今年は試験官に任命された退魔士が辞退してな。省庁側もやむなく、姉に白羽の矢を立てたらしい」
「……なんで辞退するかな。空気を読めよ」
 そこへ美咲さんがにじり寄り、ポンと肩を叩いて微笑みかける。
「保険に入っておくなら早急に……。今ならかなり高確率で補償を受け取れますよ」
「だぁ、傷口に塩を塗りこむか!」
「真剣に相手されても嫌やし、名前を汚して根にもたれんのもなぁ。うちなら菓子折り持参で挨拶行くけどな」
「めっちゃネガティブなことばかり言うし」
 その中で一人冷静な真琴は、咳払いを一つして周りを黙らせる。
 しかる後鞄から封書を取り出し、声を上げて読み上げる。
「今週末の日曜午前十時から開始。会場は米海軍岩国航空基地だそうです」
 ここからだと新幹線で数時間か。朝岩国に着こうとすれば早めの新幹線に乗らないと間に合わない。かなり大変な旅になりそうだ。
「カオル先生も同じ日に試験ですよね? 昨日郵便届いてませんでしたか?」
「昨日は色々あって、郵便物を確認してない」
 試験を三日後に控えていながら、内容すら把握していないとは。この試験もしかするとダメかも知れない。
「私は郵便局に、山科先輩宅へ転送依頼出してますから、先生のところより一日遅れで届いていると思うんです」
「そういや葵が……」
 封書を抱えて俺の部屋に来て、机の上に置い出て行ったような。
 妹が話を切り出す前に、ケーキが冷蔵庫に入ってると教えたのがマズかったか。
 アイツは典型的な鳥頭だから、一つ情報を与えると大切なことを一つ忘れるからな。
「あ……、でも内容だけなら、メールでも連絡来てるはずですよ?」
 俺のPDAは携帯のように自動的でメールを受信してくれない。
 サーバにログインしないとメールが見れないのだ。この辺りちと不便に感じるところだ。
 カバンからPDAを取り出し、サーバへログインしてメールを確認してみる。
「三日前に来てた。真琴と同じ岩国基地だ」
 元々人手不足の退魔士業界だ。場所を分ける理由などないのだ。
「とにかく今回は試験だから、勝つか負けるかなんて考えなくていいんです。胸を借りる気でがんばりましょうね」
「おうっ、がんばろうぜ!」
 微笑む真琴が天使に見える。
 この面子に囲まれているから、より一層際立って見えるのだと思う。
「真琴、当日始発で新幹線なんて辛いから、前日から泊り掛けで移動するか?」
「瀬戸内グルメの旅!?」
 真琴なかなかノリのいい返事をし、手を上げて大喜びした。
 そうだよな、試験ばかり考えていたら気が滅入る。こういうのは楽しまないと。
「うちも行く! ダメといっても行く! 応援ついでにグルメ旅や」
 言ったもん勝ちとばかりに山科さんは挙手する。
 山科さんはこういう時の判断は誰よりも早い、いつもながら感心させられる。
 グルメ旅がメインで、応援はついでのような気がしないでもないが、一緒に来てくれるのは心強い。
「誰かがお留守番なんて無理ですよね。また非常勤の方を派遣してもらわなくてはなりませんね」
 美咲さんは頭の痛そうに呟く。
 そういえば美咲さんの実家へ帰った時、非常勤の退魔士に依頼していたと後から聞かされた。
 この場合美咲小隊から雇い入れる形になるので、お給料が減る弊害が生じる。
 だがそれほど困った顔をしていない。美咲さんはむしろ行く気満々なのである。
「そうと決まれば、温泉とお魚は外せませんね!」
 温泉やお魚より、重要なのは退魔士試験だと言うことを忘れないで欲しい。
 
 
 
 みんなと別れ、水飲み場で顔を洗う。
 さっきまでは平静を装っていたが、試験への不安が抑えきれなくなっていた。
 戦ったことの無い相手なのに、ネームバリューを耳にしただけで呑まれている。
 能力者同士の戦闘はメンタルが肝要。このままでは実力の半分も出し切れずに終わってしまう。
 流しっぱなしの水で右手を濡らし、空を見上げてため息を吐いた。
「上を向いていては座り心地が悪いぞ。下を向いてばかりでも困るがのう」
 カナタが目の前に顔を出し、軽く舌打ちをして肩に乗り換える。
 流れ行く雲を眺めながら、そんなカナタに話しかけた。
「なあ、どうすればいいのかなぁ?」
「なんじゃ、漠然とした物言いをしおって」
「強くなるにはどうしたらいいんだろう……ってね」
 カナタはフッと鼻で笑い、さも当たり前だといわんばかりに口調で叱責する。
「強者との戦いに勝るものは無いわ。気づいておらぬかも知れぬが、魂喰いとの戦いを経て、カオルの力量は見違えるほど上がっておるのじゃぞ?」
「――魂喰い」
 あの時は無我夢中で戦っていたが、触れることはおろか、奴を捉えることはすら出来なかった。
 風弾が無ければ今頃ここにはいないだろう。
 それでもカナタがそう言うのなら自信をもっていい。
 コイツは歯に衣を着せない奴だが、気休めなど口にしない正直者だ。
「試験の相手も申し分ない強者らしいではないか。逃げでもせぬ限り、勝っても負けても良い経験が出来ると思わぬか?」
「綾乃さんははぐれメタルかよ」
「そのはぐれなんとかは理解出来ぬが、おぬしも退魔士ならば、狩りをして経験を積むなり、まだ出来ることは多いと思うがのう」
 狩りか。その方法を考えなかった訳ではない。
 だが案件情報はランクC向けの難易度までしか表示されない。
 そんな安全牌ばかり狙っていても、体力を消耗するばかりで身にならないと諦めたのだ。
「霊気を使い切ったら、せっかくの修行に差し障るだろ? そう都合良く強敵に出会えない――」
 そう口にした時、ふと一人の人物の顔が過ぎった。
「思い当たるのはアイツしかいない」
 水道を閉じ、塗れた手のまま鞄を持つ。
 そして彼がいるであろう柔剣道場へと走った。
 
 
 
 部活動は休みらしく、柔剣道場はシンと静まり返っていた。
 そもそも合気道部は幽霊部員の巣窟らしく、真っ当に励んでいるのは牧野だけだと聞いたことがある。
 広い道場の中に一人、牧野は目を閉じて佇んでいる。
 まるで能楽師のように幽玄、指先ひとつまで意味のある動作のように思える。
 牧野は不意に姿勢を崩し、柔剣道場の入り口に立つ俺を見定める。
「おやおや? カオルが道場とは珍しいねぇ。二年のこの時期に入部か?」
「まさか。最近電車で尻がむずむずするもんで、痴漢の撃退方法を教えてもらおうと思ってね」
 靴と靴下を脱いで道場に上がり、腹を抱えて笑う牧野に近づいた。
 こうして対峙してみると、こいつがかなりの使い手であるのが肌にビンビン感じる。
 美咲さんや乃江さんと比べても遜色ない。むしろその上を行っているかも知れない。
「屁でもかましてやればいい話だ」
「そんな都合良く屁が出るかよ」
 さり気なく会話を試みながら間合いに入り込んで、牧野の胸元に掌打を打ち込む。
 だが一瞬の後、俺は畳の上に叩きつけられ、天井を見つめていた。
 牧野は押さえていた俺の腕を放し、軽く舌打ちをして臍を噛む。
「いつから気が付いていた?」
「後ろ姿に見覚えがあった。それにスリーサイズの受け答え。あんなのお前にしか出来ないよ」
「そっか……」
「占いとか言いながら身を案じてくれたり、図書館に行けとヒントをくれたりしたよな?」
「ああ、俺は占い好きだからな」
 牧野はドスンと床に腰を下ろし、あぐらを掻いて腕を組んだ。
「あの子達はこのことを知っているのか?」
 牧野が気にしているのは美咲さん達のことだろう。
 同業者にして商売敵。省庁のデータベースを改竄してまで隠したかった素性だ。なにか訳があって知られたくないのだろう。
「いや、このことに気が付いたのは俺だけだ」
「……なぜ隠している。彼女らの仲間だろ?」
 俺は牧野の顔を見つめ返しながら、自分の気持ちを包み隠さず口にした。
「だって……、お前とは友達だろ?」
 牧野はピクリと眉を上げ、目を見開いて驚きの表情を作る。
 そしてプッと吹き出して、腹を抱えて床を転げ回った。
「友達だろとか……、恥ずかしくねぇのかよ」
「うるせぇよ。恥ずかしくて、口にするのは躊躇ったんだ」
「俺が女なら恋愛フラグが立ってるぞ。カオルちゃん萌えって」
「女は萌えとか言わない」
 牧野は緩みきった顔を掌で覆い、もう一度あぐらを掻いて座り直した。
「退魔士試験、真倉綾乃……か」
「さすがだな。ファントム」
「女を口説くテクニックを聞きに来たとは思えない。どうしたいんだ?」
 射貫くような鋭い目は、もう牧野のものではなかった。
 俺がファントムと口にした瞬間、牧野健太郎の仮面を剥がしたのだ。
「――力を貸して貰えないだろうか」
 床に手を付いて頭を下げ、出来る限りの礼を尽くして願い出た。



BACK   NEXT   TOP
ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.