BACK   NEXT   TOP


『072 心象風景 02』

 心象世界から戻り飛び起きた姿を見て、乃江さんが食器を取り落としそうになった。
 朝餉のいい匂いが立ち込めるリビング。
 布団と俺だけがリビングの違和感を作り出している。
 まるで教室で俺だけが寝間着を着ているくらい恥ずかしい状況だった。
「映画、エクソシストのワンシーンみたいだ。カオル……、大丈夫か?」
 脊髄反射のように飛び起きたのを見て、目を丸くして驚いている。
 乃江さんは一足先に起き上がり、俺のために朝ご飯の用意をしてくれていたのだ。
「ご、ごめん、驚かせた?」
 乃江さんは持ち前の反射神経でお盆を水平に保つ。
 俺が眠りこけている間に、朝ごはんの用意をしてくれていたのだ。
「いいや、起きると分かっていながら、驚いた私が未熟なのだ」
 微笑みながら茶碗を配膳を終え、踵を返してエプロンの紐を揺らす。
 白の靴下に制服のスカート、大きく開襟された半袖のブラウス。それらを隠すエプロン姿がかわいらしい。
「記憶がぶっ飛んじゃいましたけど、心象風景ってどうなったんですか?」
 まず浮かぶ疑問を乃江さんにぶつけて見る。
 姫から普通の乃江さんになって、岩を粉砕。カナタがゴスロリで萌え死にそうになった。その辺りまでしか覚えてない。
 夢を見た後は、大抵こうだ。頭がはっきりするにつれ、夢の詳細な内容を忘れてしまう。
「あの時私がカオルを殴り、『夢』から覚めてしまったようだ。すまん」
 申し訳なさそうに、乃江さんが頭を下げる。
 配膳の済ませたお盆を脇に置き、掛け布団の上に膝を揃えて座る。
 大きな瞳が俺の目を見つめて離さない。細い腕がゆっくりと伸び、俺の頬をそっと撫でる。
「痛く……、なかったか?」
 身を起こしたまま両手で掛け布団を持ち上げ、無防備なままその冷たい手に撫で続けられる。
 記憶が曖昧になりつつあるが、盛大にぶっ叩かれたことを思い出して苦笑する。
「乃江さん、やりすぎですよ。手から煙がでていましたもん」
 殴られた時の衝撃を思い出し、俺の耐久性能を褒めてやりたい気分になる。
 ただ心配そうな乃江さんを見ると、それ以上何も言えない。
 それどころか、撫でてくれている心地よさに、なすがまま、されるがままだったりする。
「ごめん……」
 乃江さんの熱を帯びた指先に、扇情的な気持ちが湧き上がってくる。
 彼女の髪の毛を一本一本、いとおしげに触る指先が何かを伝えてくる。
「どうしたんですか? らしくない……」
 髪を弄られながら、それでも不快な気分になれない。むしろもっと触って欲しい気分で一杯だ。
 大きな瞳、桜桃のような唇が息の掛かる距離まで近づいてくる。
「カオルのココロを同調したのだ。そうならない方がおかしい」
 その言葉に体の芯が熱くなる。
 えもいえぬ色気を感じさせる笑みを浮かべ、何かを期待する目を向ける。
 そう、俺はとんでもない事をしてしまった。
 乃江さんを抱きしめ、肌と肌を触れ合わせ、心と心を重ねてしまったのだ。
「まだカオルの温もりを覚えている」
 十人が十人ともに卒倒しそうな言葉。それを助長する扇情的な表情と瞳。
 彼女がどういう気分で接しているのか、朴念仁の俺にも分かってしまう。
 潤んだ目と形のよい唇、少し上気した表情、全てがいとおしく感じてしまう。
 髪を撫ぜる手を掴み、グイッ引き寄せて細い体を抱きしめた。
「あっ……ダメ……、せっかく用意したご飯が冷めてしまう」
 俺の顔を近づけないように、必死に抵抗する。
 だが彼女が本気ならば、即死級のパワーを発揮する。これは本気で嫌がっている拒絶ではない。
 抵抗する彼女をねじ伏せ、布団に押さえつけて唇を重ねる。
 触れた唇をそっと離し、恥ずかしげに目を閉じる乃江さんを見つめる。
 触れるだけのキスでは物足りず、続けざまに舌を絡めあう大人のキス。
 固く閉じられた唇をこじ開け、口中を陵辱する。
 戸惑いながら押し返そうとする舌を俺の中に導き、粘膜と粘膜を擦り合わせながら、長いキスを貪りあった。
 彼女は弱々しい手で俺を突き放す。
 拒絶……、いや、細い指は俺の体を痛いくらいに掴んでいる。
「ダメ……」
「……なんでダメなの?」
 俺はさしたる抵抗を見せない乃江さんの頬にキスをする。
 彼女はそれを受け止めようと軽く仰け反り、俺の首に腕を回してきた。
「まだ、大事な言葉を聞いていない」
 そう言いつつも、俺の顔を引き寄せ、唇を軽く開けてキスをせがむ。
「大事な……って、乃江さんを好きだってこと?」
「いいや、カオルを好きって言った時、どういう返事をくれるのか……」
 この言葉で二人の気持ちが加速する。
 ブラウスのボタンを外され、赤面する顔を両手で覆う。
 
 
 
 ――カオル!
 どこか遠くで叫ぶ、乃江さんの声を聞いたような気がした。
 
 
 
 彼女は背を向けて服を手早く整え、乱れた髪を手で整える。
「お味噌汁が冷めてしまったではないか……」
 真っ赤な顔で乱れた布団を手で直し、テーブルの上で湯気さえ立たぬ味噌汁を見つめる。
 目を合わすのが恥ずかしいのだろうか、その仕草がとても可愛く思える。
「乃江さんが、とっても女の子らしく見える」
「むっ!」
 頭蓋骨が軽く軋む。
 痴話喧嘩も相手が相手だと命がけ、軽くじゃれあう手も、その一発が致死のダメージだ。
「カオル……、シャワーを浴びて来い」
 背中を押すように、お風呂場へと送り出す。
 俺は言われるがまま風呂場に向かい、二人分の汗を洗い流す。
 爪を立てられた肩の痛みが、熱い湯に刺激を受け心地よい。
 
 
 
 ――俺の体を抱きかかえ、叫ぶ声が遠くから聞こえる。
 
 
 
 玄関で靴を履き、、大慌てで支度をする乃江さんを振り返る。
「意地悪だな。少しくらい待っていてくれてもいいじゃないか!」
 外したエプロンを椅子に掛け、鞄を手に玄関に小走りする姿。こういう姿が見たかったんだよね。
 白のソックスに細い脚、膝上のスカートが揺れ、肩からカバンを背負う。
「慌てる乃江さんを見るのもいいもんだ」
 片足立ちで革靴を履き、無防備になった彼女の頬にキスをして、扉を開けて一足先に玄関を出る。
「不意打ちなんて卑怯だぞ、カオル」
 赤面した顔で軽く睨み、ポケットから鍵を出して玄関を施錠する。
 
 
 
 ――声にならない叫びが体を震わせる。
 
 
 
「なぁ、カオル? お前って真倉さんと付き合ってんの?」
 二限目の中休みにコッソリ教室に入る。
 静かにフェードインしようとする気遣いを無にするように、牧野が駆け寄ってそんな大声を上げた。
 軽くヘッドロックを掛け、意外そうに目を丸くして食い下がる。
「なんだ……いきなり?」
 秘密主義ってわけじゃないが、こういうのは自分で言ってしまうとイタイ奴だ。
 それに乃江さんは下級生女子にカリスマ的人気がある。大騒ぎになるのは避けたい所だ。
「だってよ? 窓から登校してくる二人がチラッと見えたんだ。二人揃って重役出勤だ。こりゃ何かあったなと……」
「見た目に惑わされるなんて牧野らしくないぞ……」
 訳のわからない論理で非難の目を向ける。
 牧野はちょっと混乱気味。言葉の意味も分からず、頭を下げて詫た。
「すまん……、見た目に惑わされた」
 騙され一応は納得してくれた牧野だか、ごまかしの言葉も四限目終わりまでしか通用しなかった。
「カ・オ・ル……」
 教室の扉を少し開け、乃江さんが小声で俺の名を呼ぶ。
 恥ずかしそうに頬を真っ赤に染め、手にはお弁当を大事そうに抱えている。
 だが窓際の俺に声が届くってことは、クラス全員にその声が聞こえているってこと。
 当然のことながら好奇の目に晒される羽目に陥った。
 クラスメイトが乃江さんを、そして手に持ったお弁当を見つめる。一拍置いて俺を睨み付ける。
 同時に牧野は涙目で俺を非難する。
 見た目に惑わされるなと言っただけで、本当か嘘かなんて言ってない。
 だが、そんな言い訳なんて通じるわけもなく。
 牧野の殺意とクラスメートの好奇の目をかいくぐり、廊下に出て乃江さんの元へ足早に歩み寄る。
「ん……、一緒にお昼と食べようと思って」
 少し大き目のお弁当箱。
 天まで登ってしまえそうな至福の気分に包まれる。
「屋上の緑化庭園へ行かないか?」
 そう言って制服の裾を引っ張る。
 俺は牧野にブロックサインで素早く合図を送る。
『スマヌ! 行ってくる!』
 いつも昼を一緒にする彼への義理を立てだが、親指で首を掻き切るポーズで送り出してくれた。
『とっとと逝け!』
 俺は苦笑しながら教室に背を向けた。
 
 
 
 ――叫び、嗚咽。魂を揺さぶる何か。
 
 
 
「美咲さん達に断りを入れて来た?」
 いつもお昼を食べている仲間だ。彼女らのリアクションも気になるところだ。
 仲間にも周知の事実なのだろうか?
「カオルと一緒にいたかったのだ。カオルはいつもパンを食べていて、栄養が偏ってそうだし」
 膝の上で広げたのは、色とりどりのおかずと形の良いオニギリのお弁当だった。
 親に弁当を作ってもらったことが無い俺にとって、人生何回目かのお弁当に涙した。
「む? なんで泣いているのだ? 変だぞ」
「いや、感涙しているだけっす」
 なんとなく釈然としない表情だが、無理に納得してフォークを手にした。
 そしてタコさんウインナーを刺し、涙する俺の口元へ運ぶ。
「あーん」
 客観的に見るともの凄く恥ずかしい。だが、同時に至福の瞬間でもある。
 迷いもなく旨みが凝縮したウインナーをパクリと食らいついた。
「うまっ!」
 普通のあら挽きウインナーなのに、乃江さんが焼いたウインナーは格別の味だった。
 これは愛のなせる奇跡だろう。
「ちゃんと噛まないと駄目だぞ?」
 そう言いながらもオニギリを突き刺し、次の一手を用意してくれている。
 そう。オカズ→ご飯→オカズ→ご飯が最高のコラボレーションなのだ。
 俺はご飯を食わないと焼き肉が食えないお米の国の人だ。
 もぐもぐもぐ。オニギリもいい塩梅で美味い。
 米の甘みとウインナーの後味のコラボレーション。至福の時を過ごす。
「カオル……。今日、一緒に帰らないか? 夕食を一緒に食べて……、今朝の続きも……」
 言い慣れない言葉に赤面しながら、やっとの思いで言葉を搾り出す。
 そんな消え入りそうな声を聞いて、今朝の生々しい記憶が呼び覚まされる。
「もちろん! 一緒に帰ろう。………………帰る? どこに……帰るべきなのだろうか」
 不意に湧き上がる疑問。
 星の瞬きほど儚く、針の穴ほどの小さなナニか。
 それらを掻き消すかのように、乃江さんは腕を掴む。
「カ……カオル! どうした!?」
 慌てて注意をそらすかのように、袖を引きながら見上げる目。
 一瞬だけ見せた裏の表情。
 
 
 
 ――カオル!
 
 
 
 頭の中で乃江さんの叫び声が聞こえた。
 その瞬間何かが弾け、全てを悟った。
「ごめん、乃江さん……、やっぱり一緒に帰れない」
 戸惑う彼女に背を向けて、本当に帰るべき場所を思い浮かべる。
「どうして!」
 悲痛な叫び。屋上にいた他の生徒が一斉に振り返る。
 見たこともない顔の生徒、個性のない同じ顔をした学生。書き割りのように薄っぺらい存在だ。
「ごめん、乃江さんが待っている。帰らないと……」
 腰に差した守り刀に手を掛ける。
「あの人も乃江だけど、私も乃江! どっちも本当の乃江なんだ。……それでも?」
 乃江さんは俺の手を引きながら叫ぶ。
 俺を止めるためにじゃなく、すがりつくように震えていた。
「行かないで……」
 悲痛な叫びが、心を容赦なく痛めつける。
 乃江さんの気持ちを思うと、本当にこれで正しいのかと何度も問答してしまう。
 だが――。
「決心は変わらない」
 きっぱりとした口調で言い切ったが、本当は折れそうなほど弱い。
 短い時間だったけれど、俺はこの乃江さんに惹かれている。
「もし……」
 言葉に何かの期待を持たせてしまったか。涙を流す乃江さんの目が見開かれる。
「帰る方法を知っていたら教えてくれないか?」
 愛しい人の目を見てしまった。それだけで心がぐらついた。
 乃江さんは襟元を強引に引き寄せ、触れるだけのキスをした。
 学校の生徒が見ている前で、公然のキス。……決別の味がした。
「強い意志……。強い意思で空を斬れ!」
 突き飛ばすように離れ、座り込んで嗚咽する。
 やっぱり彼女も乃江さんなのだ。俺が思い描く可能性の一つなのかも知れない。
 俺は目を閉じて、息を整える。
 柄に手を掛けた手のひらに力を込めて叫ぶ!
「カナタ!」
 叫びと共に、刀を引き抜く。
 手から大量の霊力が流れ、刀の記憶と結びついて二尺三寸の刀身が具現化する。
 俺は最後に乃江さんの姿を一瞥し、忘れられない深い傷を刻みつけた。
 
 
 
「……オル、……カオル!」
 首と胴がさよならしてしまいそうな衝撃で目を覚ます。
 乃江さんの張り手は致死級の衝撃だった。
「ただいま……」
 泣く乃江の顔を見て、もう一人の乃江さんと重ね合わせて心が痛む。
「帰っていらっしゃいましたか……」
 モギリはニヤリと笑って、薄い髭を擦り上げた。
 その軽口に怒りが込み上げる。
 乃江さんの涙、その代償を払わせないと気が済まない。
 握る拳に力を込めたその瞬間、それを察知したかのようにモギリが口を開く。
「よう成長されましたな、薫様」
 従順な執事の様に頭を下げ、まるで殴れといわんばかりに無防備な姿を晒す。
「もう会うことは無いかもしれませんが、私の名はギュンター・Gと申し上げます」
 ギュンター・Gは手を高々と上げ、親指と中指を重ねてパチンと小気味良い音を立てる。
 その音が心象世界に響いたのが手に取るように分かる。
 そして取り囲む塀や門が消え、目の前には緑の草原が広がった。
「今の薫様にはこの辺りが限界かとお察しいたします。今日の所はここまでになされるのがよろしいかと……」
 頭を下げたまま、ギュンター・Gは率直な意見を述べる。
 ――限界。……確かにそうかも知れない。
 乃江さんの声が無ければ、絶対に帰ってこれなかった。
 これ以上の障害があるのなら今の俺では力不足。
 まだまだ修行が足りないということか。
「ギュンター・G……。心を鍛えてまた来るよ」
「お待ちいたしております」
 ニヤリと含みのある笑みを浮かべ、ギュンター・Gは慇懃な態度で礼をする。
 そして手を高々と上げ、親指と中指で小気味良い音を立て、俺たちを深い眠りに誘う。
 
 
 
 
 
 精神世界の眠りは現実での覚醒。
 布団で一つになる俺と乃江さんは同時に目を開ける。
 大きな瞳が俺を一瞬見つめ、恥ずかしげに逸らされる。
「ドタバタしてただけだが、なにかの役に立ったか?」
 あの時の朝を思い出す静かな声。心象世界の乃江さんを思い涙が溢れる。
「ギュンター・Gが言ったように、今の俺ではあそこまでが限界だ。乃江さんの声が無ければ帰ってこれなかった」
 身を持って味わう自分の現在位置。未熟の極地。
 女を泣かせるなんて最低だ。
「でも……何が必要なのか、少し分かった気がします」
「泣きじゃくるカオルを間近で見て、私にも母性があったのだと思い知らされた」
 乃江さんは涙を掬い上げるように頬を撫でる。
「こういう時は一人で泣くのがいい」
 そう言って布団から起き上がり、部屋の照明に手を掛ける。
 ちょっと待った! 乃江さん忘れてないか? パジャマを脱いだままだってこと。
 だが期待半分で声が出ず、明るい部屋に目を細めた。
「……」
 俺を見つめ、したり顔で笑い、布団の上のパジャマを拾い上げる。
「詐欺だ……、水着じゃないか……」
 彼女が身に着けていたのは白のビキニ。だがこれはこれで眼福なのだが……。
「そういう顔を見れただけでも、能力をつかった甲斐があるってものだな」
 乃江さんはそう言ってリビングを離れる。
 今彼女を追い掛けて、強引にキスをしたらどうなるだろう。
 きっと窓を突き破るほどの当て身を食らい、パンツ一丁のままマンション下まで落とされてしまうに違いない。
「あれも現実に起こりうる可能性の一つなのだろうか」
 唇を指で撫でながらあの時を思い浮かべ、不意に涙がこぼれ落ちた。



BACK   NEXT   TOP
ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.