BACK   NEXT   TOP


『071 心象風景 01』

「カ、……カオルさん! ……ちょっと、まっ……待ってください!」
 乃江さんの手を引き一緒に森を駆けていた時、彼女が手を強く握りかえして制動を掛けた。
 違和感だらけの口調。その必死な様相に急停止せざるをえなかった。
「ど……、どうしたんですか!? 乃江さん!」
 振り返ると息も絶え絶えで、返事も出来ずへたり込んでしまった。
 どんなに激しい運動をしても息一つ切らさないはずなのに、通常の乃江さんにあるまじき状態だ。
「カオルさんの固定概念がズレたままで、普通の女の子並の心肺機能しかないようです」
 胸に手を当て、乙女チックに疲れを表現している乃江さん。
 息が整うのを待って、次の言葉を話し始める。
「いつもの私を強くイメージしていただけませんか? 普段の私、組み手をしている私を思い出して……」
 へたり込んで、上目使いのお願い。
 凶器にも似た危険なかわいさだ。聞かねば男として何かを失う。
「むふっ! やってみます!」
 鬼のように強い乃江さん。ツンツンデレな乃江さん。いつもの彼女、いつもの……。
 深い瞑想にも似たトランス状態に入る。こんなにもすんなり集中出来るのは、心象世界だからなのだろうか?
 囁き――詠唱――祈り――念じろ!
 肩をポンと叩かれ、深い瞑想から呼び覚まされる。
「うむ、ご苦労。なんとか普段の私に戻れたようだ」
 乃江さんは普段の口調、いつものボーイッシュな服装に戻っていた。
 皮のブーツにスリムなジーンズ、Tシャツに皮のライダージャケット。
 俺は脱力した……。
「取り返しの付かないことをしてしまったような……」
 地に突っ伏して、リアルすぎる己のイメージに歯噛みした。
 目から涙がとめどなく流れ落ちるのは、決して心の汗ではないと思う。
「異様に力が溢れているように思えるが、カオルは普段、私を何だと思ってるのだ?」
 そりゃ、素手で自然岩を砕き、踏み込む足で石畳を粉砕する。いつもの乃江さんじゃないか。
 だが乃江さんは釈然としない様子。己の拳を睨み、指を動かして首を傾げている。
「普段の乃江さんのイメージを思ってみたのですが、不自然ですか?」
 聖戦士並に吹き出るオーラ力。
 少しやりすぎた感をひしひしと感じつつ、恐る恐る伺いを立ててみる。
「ふむ。現実の力と比べ、比較にならないほど強まっている気がする。少し試してみようか」
 一歩二歩と俺から離れ、手ごろな岩の前に立つ。
 軽い息吹で呼吸を整え、気が満ちるに従い拳が輝きを増していく。そして五秒ほど溜めを作り、渾身の拳を振り下ろした。
「うおっ!」
 耳を劈く炸裂音が響き、大気が揺れる衝撃波を感じた。
 あまりの衝撃に思わず目を閉じた。
 粉塵立ち込める中に振り下ろした拳の人影。粉塵がおさまっていくにつれ、景色が鮮明になっていく。
 真っ二つに割れた、……いや、木っ端微塵に砕け、岩なんて影も形も見当たらない。
 ただ小さな隕石孔が乃江さんの足元にあるだけだ。
「やはり二割り増しほどパワーアップしている。買いかぶりすぎているようだな。カオル」
 粉塵立ち込める隕石孔をバックに、買いかぶったとか言われてもな。二割引いても隕石孔は作れるだろうに……。
「二割は誤差の範囲として享受するとしておく。より強い自分自身をイメージするのに丁度いい」
 そう言い切って森を見渡す。そして深呼吸を一つしたかと思うと、優しい顔で話し出した。
「この森は対人の窓口、カオルの外面にあたる場所だ。鬱蒼とした森は心を覗かれたくない証。澄んだ空気と綺麗な木々は、カオルの本質を表わしている」
 乃江さんは腕を組み性格判断をし始める。
「ここが、俺の外面?」
 確かに性格は取っ付き難いが、付き合ってみるといい奴だと牧野は言ってくれた。
 しかし、面と向かって性格判断されると恥ずかしいものだ。
「人により、砂漠、永久凍土、花畑と色々とある。実際に入ったのは花畑だけだがな」
「……美咲さんのことか。なんか綺麗なイメージで、ぴったりのような、そうでないような微妙な感じ」
 乃江さんはふと昔を思い出したのか、かげりのある表情を浮かべる。
 悪しき思い出なら聞いてみたい。怖いもの見たさというか、好奇心が頭をもたげてくる。
「国営放送の人形劇みたいに花が歌い踊っていた。ロックンロールフラワーみたいにな」
「ぶっ!」
 思わず噴き出してしまう。ギクシャク踊るアレが一杯のお花畑、やはり美咲さんはそうでないと。
「……らしいというか、面白い外面ですね」
 笑いが止まらない俺を見て、乃江さんも笑い出す。
 お姫さまの時と重なって見える女の子らしい微笑み。やっぱりボーイッシュな彼女も、女らしい一面を持っているのだ。
 強さの中に隠れたそういう一面が、乃江さんの魅力を倍増させているのだろう。
「この森は他人を許容する限界点。この先は防衛本能が働いて、異物を排除しようと動き出す」
「……俺も、ですか?」
 見つめ返す乃江さんの目で、直面する危機を感じ取った。それもかなりヤバイと言いたげな目だ。
「自分にも知られたくない一面があるんだよ。ほら、嫌な思い出は忘れたいと思うだろ。そうやってバランスを取っているのだ」
 嫌なことを蓄積すれば、心は耐えきれずに崩壊する。悪い思い出を良い思い出にすり替え、人は生きている。
 危機感が満ち溢れてきた。俺も戦闘態勢を取るか。
 いつもの俺。カナタと美苑さんのナイフを手に戦う姿イメージする。
 囁き――詠唱――祈り――念じろ!
「ちゃっきーん!」
 詠唱と共にカナタが顕現した。
 くるっと空中で一回転し、颯爽と俺に肩車する。予想しえない重みを感じ、思わずよろけて前のめりに倒れた。
「ちょっ、カナタ、デカ過ぎ」
「うにゅ……」
 倒れる俺に馬乗りになるカナタ。ピョン飛び退いて俺を棒で突っつく。
 黒一色に白のラインフリルが沢山の服。ヒラヒラのレースのワンピース。リボンつき黒ニーソに編み上げの靴。
 誰がどう見ても色白・細身のゴスロリ少女だった。
「ご主人。体が重いです」
 ご主人? ヌシとかカオルとか言っていたカナタだが、コイツも口調が変だ。
「もしかして、またやっちまったか?」
 恐る恐る乃江さんに向き直る。どうせ蛆虫を見るような目を向けているに違いない。
「――カオル!」
 乃江さんの表情を伺う前に、怒声に似た音質の叫び。
「カワイイじゃないか!」
 乃江さんは神速の踏み込みでカナタを抱き抱え、うっとりとした表情で頬擦りする。
 しまった。乃江さんはかわいい子がとっても好きだったりするのだ。
 山科さんが、『乃江は小さい子、プニプニの頬っぺたの女の子とか見るとな、性格変わるねん』と辟易とした表情で語っていた。
 まさにこれがそうなのか。
 対照的に頬擦りされ、とっても嫌がっているカナタが不憫。
「うに〜。いきなり体が重いし、暑苦しい。どうなってるのですか、ご主人っ」
「カオルのセンスは最高だな、カナタ、かわいいよ」
 あまりの修羅場に声が出ない。ここはカナタ、すまんが耐えてくれ。
「うにゅ〜」
 背中を向け、目を閉じて耳を塞いだ。
 
 
 
「はぁはぁはぁ」
 乃江さんの発作がおさまるまで数分間、泣き声と発情する声が森にこだました。
 俺は心が折れそうになり、カナタはぐったりと木にもたれ掛り、乃江さんは荒い息を整えていた。
「ごちゅじん、ひどいです」
 子供泣きして俺をポカポカ殴るカナタ。
 またそんなカワイイ仕草をすると、おっかないお姉さんが頬擦りしてしまうぞ。
「カナタ。泣かないでおくれ。せっかくの美しい顔が台無しだ」
 俺はどこからとも無くハンカチを取り出し、カナタの涙を拭う。
 俺は元々カナタに甘い。違和感無く歯の浮いたセリフを吐いてしまう。あぁ、やだやだ。
「なぜ人間の姿になってるのでしょうかぁ? しかも着衣が洋装のようですし……」
 なみだ目で問いかけてくる。
 それは洋装だけど、日本では『ゴスロリ』というカテゴリーの萌え服だ。
 元々カナタはカワイイ顔をしている。
 小さいからカワイイってのもあるが、顔をよく見ると『将来有望』の美人顔だったりする。
 そのカナタがフリルの服……。似合いすぎて、変身させるのは勿体無い。
「ここは俺の心の中だ。カナタにそうなって欲しいと願望があったかも知れん。すぐ元に戻す」
 断腸の思いで瞑想開始。
 ささやき――えい――。
「えいっ!」
「おわっ!」
 頭部を強かに殴られ、詠唱を中断させられた。
 その衝撃の源に目を向けると、乃江さんは口笛を吹きながら背を向けた。
「カナタ、急性硬膜下血腫になってしまいそうだ。このままでいいか?」
「ご主人の理想なんですよね? だったらこのままでいいですよ」
 スカートの裾を指でつまみ、くるっと一回転して俺に問いかける。
「似合ってますかぁ?」
 萌え死にそうです。カナタさん。
 同じく萌え死にそうな乃江さんと二人、コクコクと頷くしか出来なかった。
 
 
 
 森を一歩出た俺たちに待ち受けていたのは、侵入者を拒むが如くそびえ立つ壁だった。
「まるで万里の長城だな」
 あっけに取られた乃江さん。上を見上げて辺りを見回している。
「ははは……、帰りましょうか、もう……」
 罪人を収監するような建物にありがちな壁。味気なく馬鹿に背の高い壁が、外交の森を取り囲んでいた。
 侵入者を拒むとかそんな生易しいレベルではない。無機質の壁が語りかけてくるのは絶対なる拒絶だった。
「俺ってこんな閉鎖的な性格だっけか」
 そう口にして額をピシャリと叩いた。
 そういえば俺には友達が少ない。退魔士関係者を除くと、友達と呼べる間柄なのは牧野だけだ。
「ぐるりと一周回って入り口が無ければ、諦めるしかなさそうだな」
 乃江さんにそう言わしめるだけの絶望感を感じさせた。
「ご主人っ、あっちの方角にソレっぽい入り口があります」
 門の周辺を探索していたカナタが東の方角を指差す。
「でかしたカナタ! 一流の斥候兵になれるぞ!」
「そんなのになりたくない……」
 カナタは即答で斥候兵の称号を拒否る。
 そのやり取りの中、乃江さんだけが『壁』を見つめ、無言のまま自分の世界に入り込んでいる。
「乃江さん?」
「あ……すまん! ちょっと考え事をしていた」
 俺の呼び掛けを聞き、乃江さんは跳ねるようにこちらへ返事をする。
「門みたいな物があるらしいんで、行って見ましょう!」
「ん、ああ……、行ってみようか」
 一足先にカナタが歩く方角をぼんやりと見つめ、乃江さんが気の無い返事をする。
 一瞬だけ乃江さんに違和感を覚えるが、新たな目標への好奇心がソレを忘れさせた。
「お二人とも、先に行っちゃいますよ」
 遠くのほうで、カナタの声がコダマする。
 俺たちを待てないとは、あいつも結構好奇心旺盛だな。
 足早にカナタを追いかけ、追いつく頃には門に辿り着いていた。
 門……、確かに門なのだけど、予想を遥かに下回っていて、どう感想を述べていいか分からない。
 閂の掛かった分厚い鉄の門を想像していたが、実際の様相を見て脱力してしまっていた。
「いらっしゃいませ」
 まるで遊園地のゲートだ。
 団体用と個人用の入り口、両方の入り口の間にモギリの親父が立っている。
 そのモギリは慇懃な態度と商売用の笑みを浮かべ、こちらに愛想を振り舞いている。
「おじさん、チケットはありませんけど入れますか?」
 カナタのストレートな台詞。
 おいっ、素直すぎるだろう。もうちょっと作戦を練ったほうが良くないか?
 だがしかし、カナタの直球は見事にストライク。モギリはニッコリ笑って手招きする。
「カナタ様ですね? あなた様はVIP待遇ですので、ごゆるりとどうぞ」
 モギリの親父の態度を見て、こちらを見やるカナタ。
 VIP待遇と言う言葉がとっても嬉しかったようで、瞳を潤ませて涙を流している。
「私は?」
 簡潔に問いかける乃江さん。彼女に媚を売るという単語は無い。
「真倉乃江様ですね。貴方様もVIP待遇ですので、ごゆるりとどうぞ」
 また商売っ気たっぷりな笑みで、ゲートの先へ手招く。
 ふむ……、親しい友人レベルだと通れるようだ。意外とこの門のハードルは低いのかも知れん。
「俺はどうです?」
 一応この世界の主。聞くまでもないと思っていたが、念のためにモギリに問い掛けた。
 ゴミでも見るような目で、モギリが俺を睨みつける。
「――お前はダメだ」
 話すのも面倒と言いたげな態度で、短く拒絶の言葉を吐いた。
 カナタや乃江さん達への態度との落差に、恐怖すら感じてしまう。
「なんでだ? 俺の心だろ? なんでダメなんだよ?」
 モギリの理不尽な態度に苛立ちを感じ、食い下がってみる。
 だがモギリは意に介さない態度で、聞こえない素振りをして遠くを見る。まるで俺なんて存在しないと言わんばかりだ。
 そのやり取りを聞き、乃江さんがモギリに問いかける。
「カオルを通す方法は無いのか?」
 またも態度を豹変させるモギリ、慇懃無礼な口調で返事をし始める。
「資格があるか試さないと通せません。通る資格があるか、ココロが強いか弱いか、それだけでございます」
 ニッコリ笑って乃江さんに説明する。
 ポケットから、小さな木の実を取り出し、親指と人差し指で摘んで乃江さんに見せる。
「この実の効果から帰ってこれるか否か。戻ってこられるほどの強いココロの持ち主ならば、通しても問題ありません。ですが、帰れなければ……」
「帰れなければ?」
 実とモギリを交互に見つめ、的確に不確定要素を消しに掛かる乃江さん。
「現実世界へ帰れなくなるかもしれません。いや……、それも彼にとって幸せなのかも知れませんけど」
 モギリは毒の笑みを浮かべ、ニヤリと口角を吊り上げた。
 道化師のように不気味な笑みだ。
 こいつは俺を脅かして楽しんでいる。そう考えると怒りが込み上げて来た。
「とうっ!」
 モギリの目が乃江さんに向いている内に、手に持っていた木の実をひったくってやった。
「カオル、やめろ!」
「……いや、食べませんって。分かってますよ」
 くそ妖しいオヤジの持つ実だ。危ない成分が入ってるに決まってるじゃないか。
 誇らしげに見せびらかすモギリの態度にムカついただけだ。
「誰が、いつ、…………食べ物だと言いました?」
 最上級の毒の笑みを浮かべ、俺の手に握られた木の実を見つめる。
 身の危険を感じ咄嗟に木の実を手放す。
 木の実は地面に落ち、パキリと音を立てて割れた。



BACK   NEXT   TOP
ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.