BACK   NEXT   TOP


『070 心象風景 00』

 退魔士試験を週末に控え、美咲さんとの修行も熾烈を極めた。
 ようやく木刀が手に馴染んだと実感し始め、剣の立ち会いもサマになってきた。
 だが美咲さんの表情は険しいまま。どうやら俺が思うほど、彼女は評価してくれていないらしい。
 そして今日、とうとう美咲さんに見限られてしまった。
 
 美咲さんは足元に転がる木刀を掴み上げ、彼女からは想像出来ないほどの憤怒の表情を見せた。
「…………なぜ、木刀を捨てるの?」
 表情と相反する静かな声。思わず総毛立ち、後退りしてしまった。
 ただ木刀を捨てた訳ではない。それと引き替えに懐に滑り込み、ようやく一撃を加えることが出来たのだ。
 肩口に掌打。霊気も存分に流し込んだ。だが彼女はその戦い方が気に入らなかったのだ。
「美咲さんに一撃入れたんだ。そう悪くない戦い方だと思うけど……」
「一撃というのは撫でるような掌打のことですか? あんなのが実戦で有効打になるとでも?」
 そう言い切られてしまうと、ぐうの音も出ない。だが持てる技量の全てを注ぎ込んだつもりだった。
「恐らくだけど、カオるんはメンタルブロックにかかっている」
「メンタル……ブロック?」
「そう……心の壁。無意識に武器を手放してしまうのも、有効打を打ち切れないのも、相手が女だからじゃないかしら?」
 美咲さんは木刀を俺に手渡し、背を向けて屋上を後にする。
「心の問題は自分で解決するしかないです。それまで朝の訓練は中止しましょう。時間の無駄ですから」
 屋上の扉は閉ざされ、唇を嚙みながらその場に立ち尽くした。
 
 
 
 朝食の時間になっても乃江さんの部屋には行かず、屋上に残ったまま一心不乱に木刀を振り続けた。
 もう学校の始まっている時間だろう。だが答えが見つかるまで、ここで振り続けようと決めたのだ。
 心の壁。美咲さんに言われるまでもなく、気が付いていたことだった。
 いち早くそれを知らせてくれたのは乃江さんだ。
 葵を助け出すため夜の校舎に潜入した時、彼女は俺と戦ってまでも、心の壁に気付かせようとしてくれた。
 操られた妹と戦えば死ぬと断言された通り、実際俺は妹に何一つ手出し出来なかった。
 あれは妹だったから、人質に取られるといった特別な状況だからだと思っていた。
 そして魂喰い事件と共に忘れかけていたことだった。
 だが美咲さんと手合わせして、再び同じような呪縛に囚われた。
 つい先日も木刀を捨てて懐に潜り込んだが、本気で美咲さんに打ち込むことが出来なかった。
 その時美咲さんは諭すように叱責してくれたが、彼女もまた、その時に心の呪縛に気が付いたのだろう。
「決して驕りではないと思う。だけど体が思うように動かなくなってしまう」
 思えば剣道姉妹との時もそう。木刀を使わないように理由を付け、素手で戦うように自分自身を騙した。
 そして案の定、武具の上から掌打を打ち込むのが精一杯だった。
 綾音が冷静に戦ってさえいれば、打ち据えられていたのは俺だったはずだ。
「――その理由を知りたいか?」
 不意に背後で乃江さんの声。振り返ると部屋着のまま目を細める彼女の姿があった。
 もう学校ではホームルームが始まっている時刻。
 なかなか屋上から降りてこない俺のために、彼女は登校せずに待っていてくれたのだろう。
「知りたい。その方法を知っているなら教えて欲しい」
 乃江さんは空を見上げ嘆息する。
「お前の全てを曝け出す事になるが、それでも構わんのか?」
 隠したいことも、内緒にしたいことも全て。そう言うと、目を閉じて俺の返答を待つ。
「お願いします」
 俺は乃江さんに頭を下げ、心の底から懇願した。



 乃江さんの部屋に戻るなり、彼女に促され風呂へ入る。
 相変わらず心地よい温度を熟知している。熱くもなく温くもなく、いつもと同じ湯を張ってくれていた。
「石鹸で念入りに体を洗って、これで体を清めろ」
 乃江さんは壷に入った塩を手渡し、脱衣場の扉を閉めた。
「この傷だらけの体に塩を擦り込め……と?」
 神事の際には塩で体を清めるというが、傷だらけの体に塩を擦り込む苦行ではない。
 だが師匠の言ったことは絶対だ。思い切って塩を握り、歯を食いしばって体に擦り込んだ。
 激痛と叫びが風呂場にこだまする。体が真っ赤になり、嫌になるほどホカホカしている。
 水気を吸うバスタオルの刺激でも声が出そうになる。こ、これはキツイ、ドMの真骨頂だ。
「お風呂上りました」
 ぎこちなく体を動かしてリビングへ戻ると、布団を敷く乃江さんと目が合った。
 布団が二組、隙間なく敷かれている。これは一体……。
 乃江さんは文句言うなとばかりに、眼光鋭く俺を睨みつける。
 俺は文句どころか、口をパクパクさせるのが精一杯。それ以上の言葉が出ない。
「塩で口を漱いだか?」
 お母さんのような優しいセリフにコクコクと頷くしか出来ない。
「私も身を清めて来るから、電気を消して待っていろ」
 コクコク……って、えっ?
 スタスタとお風呂場へ向かう乃江さんの背中を見つつ、まだ声が出ない。
 布団にへたり込み。寝転ぶでもなく待つ。
 布団が二組敷いてあるということは、間違いなくアレだよな。一緒に寝るってことだろう。
 仙術の中には男女の交わる儀式も存在する。確か房中術っていう妖しい儀式。接して漏らさずなどという、無茶なことを要求するアレだ。
 乃江さんの風呂上りまで三十分、とんでもない妄想を思い浮かべながら、悶々と血走った眼で座り込んでいた。
 ガタン!
 ふと脱衣場の辺りで物音がして我に返る。
「電気を消さねばっ!」
 一足飛びで壁のスイッチを切り、取って返し再び布団の上で正座する。
 修行の時でさえ見せたことのないほどの早技だった。
 風呂場の灯りが漏れ、扉を閉めスイッチの消される音が響く。そして闇に包まれた。
 俺の心臓が早鐘を打ち、血液を輸送する音が頭に響く。
 カーテンから漏れた光が乃江さんを映し出す。
 シルクのパジャマに身を包んだ影。
 線の細い、華奢な体。だけど女性らしく丸みを帯びた曲線が美しい。俺の目はその肢体に釘付けになった。
「待たせたな」
 乃江さんから発せられた声は、俺のすぐ傍、息のかかる程の距離から聞こえてきた。
 それも当然。目の前で四つんばいになり、猫科の獣のように俺を見つめているのだから。
「これからお前の心象風景を垣間見ることになる。まあ、夢を見ていると思えばいい」
「心象風景?」
 聞きなれない言葉を耳にして、思わずオウム返しになる。
「私の能力は触れれば相手の心を見透かすサトリ。より肌を密着させれば強く精神に干渉することが出来る」
「は、肌を密着っ!?」
 乃江さんの言葉を思い出す。
 お前の全てを曝け出すことになるというのはこういうことか。
「接触する事で、相手の心とリンクをすることが出来る。接触部位が多ければ多いほど……な」
 乃江さんそういいながら、探るように俺のTシャツに手を掛け、ぎこちない手付きで脱がしていく。
 そして自分の着ているパジャマのボタンを一つ、一つと外していく。
 露わになっていく首元や胸元を見て、思わず生唾を飲み込んでしまった。
 枕元に並べた刀とナイフ。それを横目に乃江さんが布団に入る。
「守り刀を手にしておくといい、カナタの力が上手い具合に作用するかも知れん」
「も、も、もしかして、一緒の布団に?」
 布団に潜り込むと顔だけ出して、恥ずかしそうに上目遣いで頷く。
 あまりのかわいさに腰砕けになってしまいそうだった。
 おままごとのように布団に入り、緊張でカチコチのままミイラのように横になる。
「このまま眠ればいいんですか?」
「いや、寝なくても移行出来ると思う。接触する必要があるがな」
「接触って、そんなこと出来ないっすよ」
「ふむ、だろうな。だが恥を忍んで言う。ギュッと抱きしめて欲しいのだ」
 乃江さんのドキドキがこちらにも伝わってくる。
 ドキドキしてるのは俺だけじゃない。そう思うと少し安心できた。
 寝返りを打って乃江さんに向き直ると、猫のような眼で俺を見つめていた。
 頬にかかった後れ髪を指でそっと撫でて、頭を胸の中に引き寄せて抱きしめた。
 乃江さんの胸の先端が接触し、柔らかい未知の触感が伝わってきた。
 俺の鼓動と乃江さんの鼓動が重なり合った瞬間、臍を引っ張られるような落下感を感じた。
「落ちてますか?」
 胸の中の乃江さんに語りかける。
「私は浮遊しているように感じている」
 俺の胸に伝わる声。乃江さんの息遣いを感じながら、落下していく感覚に身を任せる。
 頭の中がぐるぐると回るように、思考が鈍くなっていく。
「心象風景ってどんなのでしょうね」
 やっとの思いで言葉にしたが、乃江さんの返事を聞けるほど余裕が残されていなかった。



「…………カオルさま、カオルさま」
 シルクの手袋に包まれた細い手が頬をペシペシと叩いている。
 頬を撫ぜるような感覚で目覚めると、ウエディングヴェールを被った乃江さんが、心配そうに見下ろしていた。
「なんで、ウエディングドレス?」
 見れば足元にもドレスの裾が広がっている。どうやら膝枕状態のようだ。
「それは私が伺いたいです」
 ぷうっと頬を膨らませ、不満を表情で表わす乃江さん。いつもの彼女らしからぬ口調だ。
 赤の紅で彩られた形の良い唇といい、お姫様然とした薄化粧も。ちくしょう、すごく似合ってるじゃないか。
「カオルさまだって、タキシードをおめしになってらっしゃいます」
 その言葉にふと我に返る。
 言った通り黒のタキシードを着て、らしくないネクタイ、ポケットからハンカチなんか顔を出している。
 似合わなすぎる。最高に不自然だ。
「ここはカオルさまの心象風景なのです。私の口調も服装も、カオルさまの心で具現化されたものなのです」
 そう言うと乃江さんが頬を赤らめ、手に持ったブーケをうっとりと眺めている。
 うわっ、夢見る少女そのものだ。最高に不味いリアクションのように思える。
 なんで二人が結婚……なんてイメージが出来上がったのだろうか。
「そ、そうか。抱きしめた時、万が一ゴニョゴニョとなった場合、責任とって結婚せねばなるまいと考えてしまった」
 そういうイメージを引きずって来たのだろう。
 しかし乃江さんの口調は、俺の願望なのだろうか?
 見かけは凄いカワイイのだから、口調を何とかしたら凄くかわいいのに、とは思ったことがあるが。
 ぶっちゃけつっけんどんな口調の方が好きなんだけど……。あれはあれで萌えだからな。
「この口調、私らしくありません。分かっているのに抗うことが出来ないのです」
 乃江さんは涙目で俺に不満を訴える。どうやら戸惑いながらも口調を変えられないようだ。
「かわいいからいいじゃありませんか。姫、座り込んでいるとドレスが汚れますよ」
 ――姫って、オイ。俺は何を言ってるんだ。まるで夢を見ているように制御が効かない。
 乃江さんの手を引き寄せ、キザったらしく優しく立たせている野郎がいる。くうっ、自分だとは認めたくない。
「なんだか制御が出来ていないような気がします」
 乃江さんは立ち上がりながらよろけ、俺の胸元にしがみついて寄り添うように囁く。
「半分は夢の世界みたいなものですから、この場に一番相応しいと考えるだけで実行してします。注意してください」
 乃江さんの言ったセリフを反芻する。そんなおっかない世界なのか、精神世界って。
 あんな事やこんな事、足枷がないから実行出来てしまうじゃないか。
「姫は……姫? ええい! 姫は! この世界で有ったことを覚えているのですか?」
 願わくばウエディングドレスの件は忘れて欲しい。
 俺の言わんとしている事をなんとなく察知したのか、顔を赤らめてコクリと頷く。
 ジーザス、神はいないのか。記憶を消去する薬が欲しい。
「心配しないでください。前に心象風景に触れた時はもっと酷かったから……」
 姫のセリフに我に返る。
 ――って事は、一緒の布団で寝たことがあるってことだ。それは誰だ。
「姫! 姫と一緒に寝た事があるなんて、そんな奴がいるってことですか?」
 乃江姫は必死の形相に目を見開き、プッと吹き出して口元を押さえた。
「安心してください。殿方はカオルさまが初めて。一度目のお相手は美咲お嬢様ですよ」
 苦笑したかと思えば、不意に嫌悪の表情を見せる。
「どうしました? 表情が優れませんが?」
 どんどん逸脱していくこの世界の俺。セリフが既に原型を留めていない。
「ええ、悪しき記憶が呼び覚まされまして。美咲お嬢様の世界では、ウサギの着ぐるみでしたから……」
 姫……、いや乃江さんがウサちゃんですか。ミスマッチすぎて逆にかわいいぞ。
「しかも現地時間で三十時間ほど、お遊戯の練習をさせられてしまいました」
 やるな美咲さん。三十時間ぶっ続けで踊るハイテンション。まるでリオのカーニバルだ。
「ちなみに、お嬢様はリスさんでした」
 リスさんとウサギさんのお遊戯。リオのカーニバル並のロングランフェスティバル。それはそれで見てみたい気がする。
 だがしかし、ここに来た目的を忘れてはいけない。
「しかしここへ来た目的、心の壁と向き合うってどうやればいいのでしょうか?」
「そうですね。冒険……?」
 深い森の中で寄り添う二人、ウエディングドレスにタキシード。ブーケに白い手袋。
 冒険には程遠い装いに思える。
「この世界に、きっと具象化されたカオルさまの心が眠っているはずです。それを開放してやれば、あるいは……」
「それよりまず、どこかで服を着替えましょう。雰囲気に流されてしまいそうで怖い」
 多分乃江さんを姫って言ってしまうのも、ウエディングドレスを着た乃江さんが美しく、本物の姫のようだからだ。
 この世界で生きるのはかなり危険。ちょっと背中を押されただけで、とんでもない過ちを犯してしまいそうだ。
「私は、このままでもいいです。素敵な旦那様と一緒で幸せです」
 乃江さんは胸元に顔を埋め、タキシードの裾に触れながら指に力を籠めてくる。
 この乃江さんはヤバイ。萌え狂ってしまう。
 ほっぺたをパチンと叩いて気合いを入れ、乃江さんの手を引き、この森から脱出を試みた。



BACK   NEXT   TOP
ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.