BACK   NEXT   TOP


『069 The Phantom of the Opera 03』

「Taoism……、Phantom……」
 目を閉じて網膜の回復を待つ間、宮之阪さんが忌々しげに口を開いた。
 テロ鎮圧のアイテムに音響閃光弾ってのがある。
 実際アレで行動不能になるのか疑問に思っていたが、一瞬であれ五感を損なう消失感は堪えるものだ。かなり有効な攻撃方法であると認識させられた。
「タオイズム……、日本語で言う道教のこと?」
 まだ目に残るダメージを気遣い、目を閉じたまま相づちを打つ。
 道教。陰陽道に強く影響を残し、今なお日本に受け継がれている宗教学。
 京都のすぐ近く、奈良市にも庚申講を受け継ぐ町があった。あれも道教の教えと聞いたことがある。
 歴史のある奈良の旧市街にまで、異国の宗教が根付いているのだと感心させられたものだった。
 だからといって外国人と決めて掛かるのは早計だろう。発音と受け答えからして、ネイティブな日本語だった。
 特にシュールな笑いのセンスは絶品だ。お笑い番組を見て育たないと、あれだけの受け答えは出来ない。
「宮之阪さん……、まだ目が?」
「……悔しいですが、全然見えません」
 宮之阪さんの手は俺のシャツを掴んだまま微動だにしない。
 敵に回すとおっかない彼女だが、暗い所を怖がる少女のようで微笑ましく感じる。
「こんな状態で見回りしても怪我するだけ。俺が運転して帰るから、マニセンマキを呼び出してくれないかな」
 目潰しを食らったダメージは数分で回復するだろう。
 だが精神状態が良くない。目潰しを食らったのがよほど頭にきたらしく、冷静さを欠いているように思える。
「マニセンマキ!」
 宮之阪さんは口笛一吹きし、上空で待機していた魔法の箒を呼び寄せた。
 
 
 
 例のマンションへ戻った俺達は、宮之阪さんの部屋で残りのメンバーの帰りを待つことにした。
 とりあえずその旨を伝えるべく、各部屋のドアに伝言メモを貼り付けた。
 お部屋片付けてきますなんて言われたので、わざとゆっくり部屋を廻ってきた。
「メモ貼り付けてきたよ」
 宮之阪さんの部屋。引っ越しの手伝いで何度となく入ったけど、なかなか女の子らしい部屋だ。
「あっ! はい〜!」
 勝手知ったる部屋、遠慮なく入ってしまったが、慌てた返事を聞いて玄関先で足を止める。
 トテトテトテと奥からお出迎えしてくれたのは……。
「宮之阪さん?」
 大き目の丸めがね。ナルトマークようなグルグルめがねだ。
「はい……、宮之阪さんです……」
 宮之阪さんはしょんぼりとうな垂れ、そのままヨヨヨと玄関先に突っ伏した。
「いつもはコンタクトレンズを着用しているのですが、先ほどの閃光で……、ポロリと」
 もしかしてそれで袖を離さなかったのか。
「すぐ探せば見つかったかも……」
 あの暗闇では望みは薄いが、一枚ウン万円もするものだし、俺なら必死で探すけれど。
「足を踏み替えた時に、『パキッ』っと断末魔が聞こえました。手遅れです……」
 ハードコンタクトだったのか……、それは痛い。
 メガネ越しに滝のような涙を流す彼女を見て、ふとあることに気が付いた。
 いや待て、これはこれで萌えかも知れん。
 グルグルメガネを外すと、意外や意外美少女だったなんて、定番中の定番の設定だ。
 美少女の宮之阪さんは意外や意外、グルグルメガネの少女だった。なんて……やっぱ微妙な設定だよな。
「立ち話もなんですから、お部屋に上がってください」
 宮之阪さん。さっきから話しかけているのも、お辞儀しているのも俺じゃない。
 あなたが手招いているのは、玄関先に立て掛けてあるマニセンマキです。そのメガネ、度合ってますか?
 案内された宮之阪さんの部屋、ロココ調の家具が配置されたリビングだ。
 ロココ調と言われてピンと来ないのなら、ベルサイユっぽいと想像してもらえればOKだ。
 三人掛けのソファとシングルソファーが点々と。中央に円卓が配置されてバランスがよい。
 部屋の端には、緑の鉢植えが配置されて雰囲気を柔らかにしている。
「なにか飲み物でも用意してきます……、カオルさんは掛けて待っていてください」
 甲斐甲斐しく振る舞う姿が新鮮だ。乃江さんと違い、動きに無駄があるのが逆に萌える。
「あぅ!」
 台所の方で鈍い衝突音が響き渡り、宮之阪さんの呻き声が聞こえてきた。
「Phantom…… I'll never forgive you……」
 ファントム、あんた絶対許さないんだからなんて、八つ当たりめいた言葉を吐いてますよ。
 オデコにたんこぶを作りながら、宮之阪さんが飲み物を用意して来る。
「宮之阪さん? これは?」
 透明な液体が満ちた瓶。そして升に入ったコップが二つ。
 ラベルには「石蔵 天狗さん 純米大吟醸」って書いてあるハーフボトル。
 冷蔵庫で冷やされ、いい感じの温度になっている。
 宮之阪さんは俺の問いに答えず、飾り気の無い小さなコップに注ぎ始める。
「ワインみたいな口当たりだと聞いてますが?」
 いや、飲み易さを聞いているのでは無い。
 すっと目の前に運ばれる升コップ。拒絶を許さぬ宮之阪さんの目が怖い。
「しかし、なんで升にコップなんですか?」
 一杯飲み屋で日本酒をいただくような注ぎ方だ。オッサン臭い、なんて口が裂けても言えない。
「ユカが『ポン酒は升にコップや』って教えてくれました」
 山科さん……、情報が偏りすぎだ。これは大衆居酒屋の飲み方だろう。
「形から入るのは気が引けますが、飾り気の無いコップを買ってしまいました」
 宮之阪さん、あなたは騙されているなんて、微笑む宮之阪さんにそんなことは言えない。  そんな彼女を騙す山科さんは鬼だ。いや、彼女は女狐さんか。
 注がれた天狗さんを手に取り、一口いただいてみる。
 冷やされていて、匂いがあまりしない。トロリとした口当たりで、雑味が無くて甘い。
「う……うまい」
 冷やすとヤバいとよく聞くが、冷たいがため舌が味を感知できず呑みすぎてしまい、結果的に悪酔いするからだと思っていた。
 だがその認識は改めなくてはならない。味が締まって格段に美味くなるのだ。
 宮之阪さんは俺が呑むのを見て、手で口元を隠すように口をつける。
「ユカから教えられました。酒は目上から目下に、男性から女性の順に呑むのだと」
 山科さんは嘘の情報に混じり、たまに本当のことも教えているようだ。だから余計真実味が増すだろう。
「おーっ、なんか始まっとるなぁ。うちも一杯頂戴なぁ」
 勝手知ったるなんとやら、玄関で音がしたと思えば、見回りを済ませた山科さんと乃江さんが顔を見せた。
 二人はソファに並んで座り、指を咥えて天狗さんをおねだりする。
 宮之阪さんは升コップを用意し、二人が喉を潤した頃には、今日の出来事を一部始終話し終えていた。
「ファントムか…… 。マリリンがメガネやなんて、……殴られたんか?」
 気遣う山科さんに向かい、ブンブンと首を横に振る。
 プライドを刺激されたのか、唇を嚙んで悔しがっている。
「なんかキザったらしい奴やな。うちらが出会っとったら、否応なしに動きを止めて撲殺したったのに……」
 スルメを口にくわえ山科さんが呻く。ファントムと出会えなかった口惜しさで一杯だ。
 撲殺って……同業者を殺してどうする。彼女らが出会わなくて良かったかも知れない。
「棒術は手の延長だ。……拳を使うことと変わらん。徒手も『使える』と見たほうが良い」
 拳の距離から棍の射程までの直接的な攻撃、遠距離は符を飛ばせる距離をカバー出来る。
 自分の周りに符を配置していたし、防御も万全と見たほうがいいだろう。
「うちやマリリンと相性いいかもな。つっかかって来ても重力で押さえ込めるし、符はバックドラフトで瞬殺やろ?」
 なんか山科さん、ファントムを倒すことしか考えていないような気がする。あれは敵ではなく、商売敵なんだけどな。
「みんな〜、ケーキ買ってきたよ〜」
 玄関の扉を開いて、ケーキ箱を持った真琴と美咲さんが顔を覗かせる。
 呑んでいるにもかかわらず、ケーキの単語に歓声が上がり、全員が統制の取れた軍隊のように動き回る。
 皿、ナイフ、フォーク、お茶の用意だ。なんだろうか、このチームワーク……。
 女の子ってなんでケーキ好きなんだろうか。
 このチームのよさは、変なチームワークの良さと、緊張感の無さなのかもしれないな。
 
 
 
「今からファントムを追跡します。武器はパソコン、いわゆる頭脳戦ですね」
 美咲さんはトートバックからノートパソコンを取り出し、長い髪をゴムの髪留めで後ろへ結わえ、パソコンの電源を起動する。
「追うって言うても、インターネットでどないすんのん?」
 山科さんが呆れ顔で、起動しようとするパソコンの画面を覗き込む。
 パソコン=インターネット接続、一般人はこう考えてしまうんだろう。
 俺は美咲さんがどこに接続しようとしているのか、なんとなく分かってしまった。
「配給されているPDAやパソコンは、シンクライアントなんです。本体はこのパソコンではなくてデータセンター内のサーバなんですよ」
 ログイン画面が表示され、流れる動作でユーザ名、PASSWORDを入力する。

 -----------------------------------
 [a_misaki] 
 [********]
 -----------------------------------

 某社のタイトルロゴが表示され、OSが起動した。
 普通のパソコンだとここでWindowsが起動するのだが、ログインシェルを書き換え、直接サーバのOSを表示させてあるって聞いた。
 自分宛のメールもUNIX上で見るとか言っていたから、かなり病的なアンチマイクロソフトだ。
 画面上で右クリックを二発、コンソールを二枚起動させる。
「ユーザ用のアクセスサーバから、退魔士情報を集約してるデータベースサーバへ検索かけますね」
 さも当たり前のように言っているが、ハッキングまがいの行動だ。

 -----------------------------------
 $ su -
 >*******
 #
 # cat /etc/hosts | grep "DB_SV"
 -----------------------------------

「なんで美咲さんは、root(管理者)パスワード知ってるのかな」
 誰もツッコめない操作だが、ここはスルーできない。
「よくある文字列だと二十回位チャレンジしますと、パスワードが通っちゃうんです」
 国家機関の癖にセキュリティが甘い。公務員ってのは危機感が足りないな。
「アクセスサーバだから甘い設定にしてるのか、管理能力が乏しいのか、どちらにしろ嘆かわしいことです。よよよ……」
 嘘泣きする素振りで目を擦る美咲さん。
 口元がニヤリと笑ってる。怖いんで止めて欲しいんですけど。
 ホスト情報からDB_SV名を含む、アドレス一覧を表示させた美咲さんは、画面を覗き込む皆に説明を始める。
「同じ様なホスト名が並んでるでしょ? 一台だと故障したらアクセス出来なくなるから、複数台でクラスターを組んでるのですよ」
 VCSでクラスターのOracleRACだの未知の単語を連発する美咲さん、ちょっと理解不能かも知れず。
 画面を見ると同じホスト名に1,2,3と名前がついている。
「一番偉そうにしてるサーバにログインしてみましょう」
 偉そうの意味がよく判らんのだが、流れるタッチタイプでキー入力を済ませる。

 -----------------------------------
 # ssh oracle@MAINDB_SV
 Host key not found from the list of known hosts.
 Are you sure you want to continue connecting (yes/no)? yes
 Host added to the list of known hosts.
 oracle@MAINDB_SV's password: *****
 Last login: Fri Jun 2 04:13:38 2006 from localhost
 Sun Microsystems Inc. SunOS 5.10 Generic January 2005

 $ su -
 *****
 #
 -----------------------------------

 もはや、ツッコむ元気がなくなってきた。
 セキュアシェルでメインサーバにログインし、ログイン出来たどころか、そのサーバのroot(管理者)になった。
「データを抽出するので、ワークディレクトリを作っちゃいましょう」
 もはや全員無言。事の重大さを理解しているのか、真琴に至っては真っ青になって震えている。
 そう、これは犯罪行為だ。

 -----------------------------------
 # mkdir -p /export/home/misaki
 # chown oracle:oracle /export/home/misaki
 # cd /export/home/misaki
 # ls -l
 -----------------------------------

 テンポラリーのディレクトリ名に自分の名前を使ってる。まさに怖いものなしだ。

 -----------------------------------
 # su - oracle
 $ sqlplus sys/dba
 SQL*Plus: Release 10.2.0.1.0 - Production on 月 X月 XX 21:09:43 2008

 Copyright (c) 1982, 2005, Oracle. All rights reserved.


 Oracle Database 10g Enterprise Edition Release 10.2.0.1.0 - Production
 With the Partitioning, OLAP and Data Mining options
 に接続されました。

 SQL>
 -----------------------------------

「カオるん、マリリン。ファントムは確かに「男」でしたか」
 美咲さんはキーボードから手を離し、俺と宮之阪さんに問いかける。
 顔も見ていないし、声だけしか聞いてないんだよな。
 けど骨格がな、特に腰と太ももの位置は女と男で違いが生じる。あれは絶対男だ。
「男でした、間違いありません」
 宮之阪さんが俺と同じ結論に達したようだ。先んじて返答し、俺は頷いて同意する。
 美咲さんは、二人の意見を聞き再びタイプを始める。

 -----------------------------------
 SQL>SELECT * FROM USER_MASTER WHERE USER_TYPE = 'male'
 -----------------------------------

「とりあえず男性の全データをダンプしたら、重いサーバから撤退しましょう」
 見てる俺たちには遅い速いが分からないが、操作している美咲さんには苦痛のようだ。
「その前に、ログイン履歴を消去しておかないと」
 苦笑しながら、コマンドを打ち込む美咲さん。
 あら嫌だ私ったら……ふふふ、なんて感じで証拠隠滅に勤しんでいる。

 -----------------------------------
 # cp /dev/null > /var/adm/****
 # cp /dev/null > /var/adm/****
 # cp /dev/null > /opt/app/oracle/network/*.log
 -----------------------------------

 もう目で追えないほどのログを抹消していく。
 コマンド履歴、ログイン履歴、auditログ、DB関連の接続ログ等を証拠隠滅していった。
 データベースからのダンプをユーザアクセスサーバへ転送し、データベースサーバからログアウトする。

 -----------------------------------
 # rm -rf /export/home/misaki
 # logout
 -----------------------------------

「一応、全男性のユーザデータを抽出し終えました、位置情報、実績地域、年齢等を抽出すれば、かなりの数に絞れます」
 データベースサーバからログアウトして、ホッと一息付く美咲さん。
 流石の美咲さんも緊張していたか。
「特徴ね。身長180cm前後、男、年齢は俺くらいから25までの間かな」
 ファントムの特徴を思い出し、その中で確実なものを美咲さんに伝える。
「じゃあ、現在日本に居住、年齢15〜25で、他地区を省けば絞れそうですね」
 俺の言葉を聞きつつ条件をコマンド入力していく。

 -----------------------------------
 # awk -F, '$22=="Japan" && $3>14 && $3<26 $9="YZZ"{print $0}' USER_MASTER.out >aaa.out
 -----------------------------------

「22フィールドが日本、3フィールドの年齢が25以下15以上、9フィールドがこの地区YZZを抽出しました」
 全員が固唾を呑んで見守る中、次のコマンドを打ち込む。

 -----------------------------------
 # cat aaa.out | wc -l
 2
 -----------------------------------

「二名引っかかってますね」
 美咲さんの一挙手一投足を全員が見守り、俺は祈るような気持ちで目を閉じた。

 -----------------------------------
 # cat aaa.out
 -----------------------------------

「では、表示してみますね」
 緊張MAX。
 全員がモニターに釘付けになる。

 -----------------------------------
 Mimuro Kaoru male 16 m_kaoru@Soul.mofa.go.jp C ………………………………
 Gerard Butler male 17 w_gb@Soul.mofa.go.jp   Z ………………………………
 -----------------------------------

「カオルがおるやんって、当たり前か。そやな条件ピッタリやもんな」
 山科さんが俺の名前を見て苦笑する。
 そりゃそうだろ。無かったら不安になるよ。
 しかし、もう一人、Gerard Butler? こいつがファントムか。
「やられたな、先にデータが改竄されているようだ」
 乃江さんはため息を付いてソファーに背中を預ける。
「改竄? どういうこと?」
「ジェラルド・バトラーは2005年ハリウッド版、The Phantom of the Operaの主役を演じた俳優の名だ。それにランク『Z』なんて無い」
「それじゃ、俺たちは一杯食わされたと?」
 全員がお互いの顔を見合わせる。
 お互いの悔しそうな顔を見て、山科さんが、乃江さんが、そしてみんなが笑い出す。
「乃江の悔しそうな顔、こんなん見れただけで十分面白かったわ」
 山科さんの笑い声。
「そういうユカだって、凄く悔しそうな顔してたぞ」
 笑われて余計不満顔になる乃江さん。こんな顔するんだ。子供っぽくてかわいい。
「真琴も真っ青になったり、真っ赤になったり……。まるで信号機やん」
 犯罪行為に青ざめて、先回りされてデータ改竄された事に悔しがる真琴。
「だって悔しいじゃないですかぁ。ファントムさん、ムカつく」
 ファントムさんってなんだよ。
「私も悔しい。でも一番悔しそうなのは……」
 宮之阪さんの目線を全員が追う。その先には……。
「…………」
 無言で画面を食い入るように見つめる美咲さんの姿。
 先回りされたのがショックだったのか、微動だにしない。
「むむむ……」
 美咲さんのうなり声。こんな美咲さんも珍しい。いや、始めて見たのではないだろうか。
「ムカ、ムカつく〜。ムカつきます」
 うわ……美咲さんがキレた。
 八つ当たりする対象を探しながら暴れる美咲さん。
 乃江さんに羽交い絞め、山科さん宮之阪さんに『ドウドウ』と諌められている。
 真琴は割れ物を片付けるのに大忙しだ。
 しかし、ファントムの特徴が2つ増えた。データベース閲覧を予測し、改竄しておく周到さ。
 そしてデータベースを改竄する知識・技術を持つ。
 俺はファントムの姿を思い出し、その背中と重なる親友に思いを馳せた。



BACK   NEXT   TOP
ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.