BACK   NEXT   TOP


『068 The Phantom of the Opera 02』

 地区随一の繁華街、新地近くの地下道。
 撤去された歩道橋の代わりに掘り下げられたものだが、ここを利用する者は極めて少ない。
 ――理由は二つある。
 十分な照明が設置されているにも関わらず、昼間でも薄暗く感じ、薄気味悪いと評判の場所であること。
 もう一つはここで惨たらしい殺人事件が起こり、注意を促す看板に気圧され、皆が避けて通るようになったからだ。
 そんな曰く付きの地下道に、深夜一人の男が姿を現した。
 男は手には小さな花束を持ち、地下道の中央付近に立ち止まる。
 そして壁に向かい、長い脚をそっと折り畳んで腰を落とし、小さな子をあやすような優しい目を見せる。
「よう、かわい子ちゃんに花束のプレゼントだ」
 男は地面に花束をそっと置き、よっこらしょと声を上げて腰を伸ばす。
「久しぶりに大物とやったから、体の節々が悲鳴を上げていやがる」
 男は腰をトントンと叩き、ストレッチでもするかのように、右に左へと体を捻る。
「まあ、なんだ。敵は取ってやったしよ。お前の憂いも晴れただろ?」
 壁に貼られた張り紙を見て、剥がれかけた四隅を指でなぞる。
「しっかし、お前も変わってるよ。また誰かが犠牲にならないか心配で、ずっとここで見張っているなんてな」
 男はジーンズのポケットに手を突っ込み、もう一方の手をそっと上げて、後ろに手を振り歩き出す。
「それも今日までだ。――蜘蛛はもう出ない。安心して逝けるだろ?」
 歩き去る男を見つめる少女。
 血塗られた床に膝を抱えた姿のまま座り込み、男の背中を切ない表情で見送っている。
 儚い微笑み。
 そして自分を認知する唯一の人間に対する決別の憂い。
 男はそれを背中に感じたのか、もう一度手を振って歩き去った。




BACK   NEXT   TOP
ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.