BACK   NEXT   TOP


『067 The Phantom of the Opera 01』

「なるほど、これは不自然だな」
 巡回を開始する前に立ち寄った場所は、宮之阪さんが違和感を感じた廃ビルだった。
 確かにこの付近を取り巻く負の念に比べ、この場所の清浄さはアンバランスだ。綺麗すぎると言っていいだろう。
 違和感を抱く場所に立って地面を注視すると、うっすらと幾何学模様が読み取れる。
「パワーを感じる場所とそうでない場所、見分けると文字が見える。漢字かな?」
「私、漢字得意じゃありませんカラ」
 紋様を視認出来るが文字を追えない、そんなもどかしい表情をする。
 そんな彼女のために、その文字を声に出して読み上げた。
「雷……破邪……律……、後は紋様に溶け込んで読めない」
 縦に積み重なったような文字列、所々にネズミの尻尾みたいな紋様があるし、難読の漢字も使われていて読解するのは厳しい。
「大陸の霊符でしょうか。何かの文献で見たことがあります」
 大陸というのはお隣の国を指す。有り余る領土と悠久の歴史を持ち、仏教や道教は日本の魔道に多大な影響を与えた。
 俺や美咲さんが使う『長考』は仙道の縮地にヒントを得たものだし、乃江さんの体術も大陸で脈々と伝えられた武術だ。陰陽道、呪禁道も道教の流れを汲んでいる。
「人の通わない場所には気が滞留するといわれています。人通りのある外より、こういった屋内は悪いものが溜まりやすい」
 さすが民俗学者。気の概念まで熟知しているとは恐れ入る。マリー・ミヤノサカの蘊蓄が聞けるなんて、愛読者として得難い経験だな。
 確かに長期間家を空けると、自分の家じゃないように感じる。夏休みなどに帰省した後などは、才覚がなくとも違和感を感じるのではないだろうか。
 一人では怖くて歩けない暗い夜道も、人が歩いていればなぜか違って見えるものだ。
「符の効果なんて永久に続くものじゃない。ある一定の間隔を置いて、この場所を巡回してるってことか」
 そうはいえど刑事のハリコミのように、長い日数を費やして見張るわけにはいかない。
「夜回りを再開しましょうか」
 踵を返す宮之阪さんを追い、埃っぽい廃ビルから出る。
 実はこの建物、高級料亭や、席料一万円な酒場が軒を並べる、地区随一の繁華街『新地』の外れにある。
 地価高騰の煽りを食らい、採算の取れない店は淘汰されてしまう激戦区だ。こういった場所には、差し押さえられたまま手付かずの物件が多い。
 見た目の煌びやかな雰囲気とは裏腹に、不満を酒で忘れる人々の浄化されない念が滞留している。
「街全体に負の念が満ちている感じ。息苦しく感じる」
 込み上げてくる胃液を、手で口を押さえ押し込む。
「有難がってここに通う人の気が知れませんね」
「まったくです」
 さっきの浄化された場所が、いかに不自然な場所か身を持って感じる。それほどにこの街の空気は穢れていた。
 宮之阪さんはしかめっ面でため息を吐き、小瓶を取り出して掌に乗せ祈り始める。
 小さな香水のビン程の中には、水と岩塩らしき欠片と黄緑と青の宝石が入っている。
 ビンの蓋を開けると、水が見る見るうちに蒸発していく。まるで早回しのビデオを見ているようだ。
「通り雨が降りますから、あちらの軒でしのぎましょう」
 宮之阪さんは俺の手を取り、雨宿りできる場所へ引っ張って行く。
「その水は聖水?」
 退魔といえば聖水。それは安易な考えなのだろうか。
 ミヤノサカさんは首を振って、宝石だけになった小瓶を差し出した。
「いいえ、教会の聖水とは違います。ベリドッドは太陽石、ラビスラズリは天空石と呼ばれています。岩塩は太陽石の浄化を助け、恵みの雨をもたらしてくれます」
 宮之阪さんが説明してくている間に、ポツポツと空から雨が降り始める。
 石の魔力を含む雨は、瞬く間に本降りとなり悪想念を洗い流す。
「雨が好きになりそうだ」
 鼻をくすぐるペトリコールの匂いに、思わず深呼吸したくなる。
「雨の匂いは石のエッセンスって言うよね」
「私はこの匂い好きです」
 宮之阪さんはそう言って空を見上げて微笑む。
 なんとも言えない良い表情だ、思わず見とれてしまいそうになった。
 
 
 
 洗い流されて、逆に分かることもある。
 今度は清浄な空気の中に、点々と負の気配を感じるのだ。
「あの廃墟と化した立体駐車場の辺り、あの中にかなりキツイのを感じるね」
 廃墟を人目から遠ざける間仕切りがあって、見上げながら歩かないと気が付かないであろう、螺旋構造の立体駐車場だ。
 間仕切りに書かれた児童の絵がこの街にそぐわず、逆に痛々しく感じる。
「カオルさん、壁抜けしますので驚かないでください。気分が悪くなったら手を握り返してください」
 宮之阪さんはそう俺に告げ、そっと手を握りラテン語の呪文を呟く。
物質透過(TRANSFERO)
 蟲が這い回るようなむず痒さが全身に広がり、足元が無くなっていくような虚無感に襲われる。
 手から順に肉体の気配が薄れ、透けていくというよりも、存在そのものが希薄になる感覚を感じる。
 手を引かれるまま進入禁止の仕切りを抜けると、体に異物を通されたような怖気がした。
 進入禁止の壁を通り抜け、建物の一階部分に到達した辺りで感覚の限界を感じる。
「まっ……、ちょ……、もう無理っす……」
 引かれる手を握り返す余力もない。宮之阪さんから手を離してその場に膝を付いた
「うぐっ、気持ち悪っ……」
 ほんのりと実体化していく体を見て、さらに悪寒が襲って来た。肉体が無くなった実感が波のように押し寄せてきたからだ。
「私もこの魔法が苦手です。自分を見失ってしまいそうで時々怖くなる」
 宮之阪さんは自分を自分で抱きしめるように身を硬くする。
「実体を失うと、体を支えにしていた心が剥き出しになり、虚無感は心を不安にさせる」
 それで宮之阪さんは自分を抱きしめていたのか。肌に触れることで実感を深めたんだな。
「霊も体を失って不安に思っているのです。精神不安が悪霊化させていくのだと思います」
 滅多に味わえない臨死体験か。便利な魔法だけど、あんまり味わいたくないな。
 ふらふらになりながら立ち上がる俺に、気を使ってくれる宮之阪さん。
「まだ駄目みたいですね。無理させてすいません」
 宮之阪さんが俺に身をよせ、ふらつく俺の体を抱きしめてくれる。
 宮之阪さんの表情を見る事は出来ないが、体を通して彼女の鼓動が伝わってくる。
 首に回されていた手がゆっくりと背中に降り、子をあやすようにポンポンと背中を叩いてくれる。
 泣く俺をあやしてくれた母の温かみ。遠い昔、子供の頃に味わった感覚だ。
「まだ、駄目ですか?」
「あとちょっとだけって言いたいけど、残念ながら大丈夫みたい」
 母に甘えるように、もう少しこの感じを味わっていたい。そんな気持ちを振り払う。
「私も初めて経験した時には、おばあさまに抱きしめられました。その時は眠るまでしがみ付いていましたよ」
 昔を思い出して恥ずかしげに苦笑する。
 離れる時に見せた少し照れくさそうな表情を見て、俺も照れくささを感じずにいられなくなる。
「ありが――」
 最後まで言葉を紡ぐことが出来ず、反射的に上の階を見上げる。
 時を同じくして、宮之阪さんも鋭い目を上に向ける。
 負の気配が爆発的に膨れ上がり、どす黒い闇の気配に変わっていく。
 火車の時に感じた凶悪な瘴気のように、針のように全身の皮膚を刺激した。
「カオルさん、急ぎましょう!」
 俺たちは駆けだし、螺旋の駐車場を上の階に向かった。
 階を登るごとに魔物の存在感が明確になり、そのの気配と共に、もう一つの気配も感じ取れた。
 走りながら目線を宮之阪さんへ向ける。彼女は分かっているとばかりに目を細めて答えを返す。
 そう、奴がいる。噂の退魔士が魔物と絶賛戦闘中だ。双方の気配が激しくぶつかりあっている。
「すぐ上の階だ」
 天井から染み出してくる瘴気が、直上の階にいる魔物の存在を示唆している。
 駆ける脚に力が入る。
 宮之阪さんは両手の指輪に念を込め、ラテン語での詠唱を始める。
 その呪文に合わせ両の手が光を帯びた。
「ミネルバちゃん、メドゥーサちゃん、あなた達の出番よ」
 両の手の光が宙を舞い、宮之阪さんの周りを周回する。
 乃江さんと手合わせした時に見せたイージスの盾。
 神話ではイージスの盾にメドゥーサの首を飾り、無敵の性能になったと伝えられている。
 頼りないピンポイントの障壁と甘く見てると痛い目に遭う。なにしろ乃江さんの拳を受け止めるほどの強度を持っているのだ。
「――っ!」
 目の前の闇が色濃く集まり、行く手を阻むかのように黒の瘴気が形を成す。
「カナタ! 久々の飯だ」
 腰に挿した守り刀を引き抜くと、カナタが飛び出してきた。
「やった〜、ごはん♪ ごはん♪」
 俺の肩に乗って小踊りするカナタ。
 あまりにひもじかったのか、恒例のちゃっきーんって鍔鳴りすら忘れているようだ。
「あっ……ちゃ〜きぃ〜ん」
 思い出したようだ。しかも小声で遠慮がちに言ってるし……。緊張感ゼロだな。
「さて、早めにお食事しないと、宮之阪さんに燃やされちゃうからな」
 脚を止めて、詠唱にはいる宮之阪さんをチラリと見て、アイコンタクトで意思相通完了。
「露払いに専念してくれるってさ。行くぞ、カナタ」
 瘴気が重なって集まり、蜘蛛の形に変わっていく。思わず見上げてしまうほど巨大な蜘蛛だ。
 利き足の踏み込みに合わせて長考を発動、敵の攻撃を待たずに思い切って斬り込んだ。
 守り刀を逆手で持ち、大蜘蛛の側面を滑らせるように一閃すると、カナタは飛び上がって狂喜乱舞する。
「いっただきまーす」
 大口を開け、カナタが瘴気を吸収していく。
 しかし大蜘蛛の大きさは尋常じゃない。一回の攻撃では吸収しきれないほどの質量を持っていた。
 大蜘蛛は素早く向きを変え、背後から俺を包み込むように毛むくじゃらの脚を伸ばす。
 素早く斬鉄ナイフを引き抜いて一方の脚を受け止め、もう一方の脚に蹴りを入れる。
 動作一回分息を吸い込み、蜘蛛の頭に守り刀を突き立てた。
「おかわり〜」
 再度、蜘蛛の瘴気を吸収するカナタ。
 斬鉄ナイフを一閃し、俺を食いちぎろうと開かれた大顎を斬り裂いた。
 鉄が持つ破魔の力で蜘蛛の顎が落ち、すぐさま霧散して消えていく。
 俺は守り刀を引き抜き、暴れる大蜘蛛から飛び退いた。
 阿吽の呼吸。着地と同時に宮之阪さんの手から炎が発せられ、大蜘蛛の体を焼き尽くす。
 強大な炎の暴力。酸素を喰らいバックドラフトを起こし、大蜘蛛ばかりか周囲の瘴気を浄化していく。
 役者が違うってのはこういうだ。そう素直に認められるほど、圧倒的な力量差を感じた。
「カオルさん、急ぎましょう!」
 息を整える間もなく、宮之阪さんが走り出す。
 それもそのはず、さっきとは比較にいならない瘴気が頭上で渦巻いている。
 今の敵と相対的に考えれば、かなりの大物ってことになる。退魔士の気配は一つ、敵か味方か分からないが、恐らく苦戦しているに違いない。
 なだらかなスロープを駆け上がり、駆けつけた俺達が見たものは、禍々しいまでの瘴気の塊だった。
 馬鹿でかい蜘蛛。さっきのが子だとするとアレは親だ。
 駐車場の天井につきそうな体躯。さっきの大蜘蛛の倍はありそうだ。
 その周りに先ほどと同じサイズの子が数匹、親を守るように取り巻いている。
 肝心の退魔士は俺達を背を向け戦っており、この位置からでは人相を確認することは出来ない。
 身長は俺より少し高い位、180センチちょいってところだろうか。ジーンズにラフなシャツを羽織っている。
 手には背丈より少し長い棍。器械武術を修めた退魔士だろうか。
 一歩、一歩と両者を刺激しないように近づく。
 あと一歩踏み込めば、暗いなりにも奴の風体が判別出来そうな距離に到達する。
 その一歩を踏み込む前に、退魔士から警告が発せられた。
「それ以上近づくな!」
 闇の中に響き渡る男の声。
 激しく恫喝するほど怒声は、俺と宮之阪さんの脚を止めるほどの迫力を帯びていた。
「……しかし、ヤバくないのか、お前」
「いや……、全然ヤバくない。むしろ王手二手前だ、そこで見てろ」
 微動だにしない背中は、揺るぎない自信を感じさせる。
「発っ!」
 掛け声と共に、手から幾枚もの符が勢い良く飛び出し、整然と奴の周りを囲むように配置された。
 まるで宮之阪さんのイージスの盾だ。符は周回しながら主を守護しているように見える。
「除邪气符」
 掛け声と共に、周囲の符が鋭利に捻れ、弾丸のように蜘蛛に突き刺さる。
 取り囲んできた子の数体が一瞬で浄化され、奴はまるでモーゼの海渡りのように静かに歩を進める。
 再び親を取り囲もうとする蜘蛛達を、棍をヌンチャクの様に扱いながら叩き伏せる。
 あの棍には尋常ならざる霊気が込められている。カナタの守り刀を凌駕するほどの破壊力だ。
「除鬼邪妖魔附身符」
 数枚の符を千切って投げ、蜘蛛の上で四散させる。
 粉々になった符が取り囲む蜘蛛達に降りかかり、そこで符は瘴気と反応して爆ぜる。
 連続する爆裂の中、奴は迷いもなく跳躍し、親蜘蛛の額に一枚の符を貼り付ける。
「帶身收斬兇神惡殺符――」
 奴はあろうことか着地すると、乱れた髪をかき上げて無防備な姿を晒す。
「王手かな」
 親蜘蛛の額に貼り付けられた符が光りだす。
 親蜘蛛を構成していた瘴気は符に吸収されて消え、それに合わせて符はどす黒く変化していった。
 ひらひらと上から落ちてくる黒い符を右手で掴み、奴が念を込めると、符は発火して奴の手から消えた。
 右手の親指と中指を合わせ、「パチン」と一鳴らしすると、空中の符が役目を終えたようにポケットへと戻っていく。
 見事なまでに無駄がない。
 しかも俺達に顔を隠すため、背を向けたまま戦って……だ。相当の実力がないと出来ない芸当だ。
「終わったんで帰りたいのだが……」
 奴は背を向けたままの姿で話しかけてくる。よほど俺達に顔を見られたくないようだ。
「その前に、聞かせてくれないか?」
 駄目で元々、意思疎通を試みる。
「名前と……ここにいる動機なら話せない」
 背を向けた奴から拒絶の反応が返ってくる。
 何を聞かれるのか分かっているのだろう。聞きたいのは『誰だ?』と『何をしている?』だからな。
「じゃ、スリーサイズでいいや」
「一メートル、五三センチ、一メートルだ。整形はしていない」
 ボケた俺に、さらにボケを被せて来る奴。お前は土偶体型か。
「すげぇ、ボン、キュ、ボンだな」
「トランジスタグラマーって良く言われる」
 奴はさらにボケ返す。
 笑いのセンスが飛び抜けている。かなりの凄腕と見た。
「聞きたい事はそれで終わりか? 愛しのハニーが待ってるんで、そろそろ帰りたいのだが」
 ため息をついて腕を組む。
「じゃあ、最後に……、お前のことをなんて呼んだらいい? 謎の棍使い山田(仮)って呼ばれるの嫌だろ?」
 奴の返答は無い。答える気が無いのではなく、もの凄く考えているような素振りだ。
 首を傾げて頬を掻く姿が、なんだかコミカルに見えてしまう。
「THE PHANTOM OF THE OPERA。ファントムと呼んでくれ」
 オペラ座の怪人か……。ちっ、見てない。ああいった舞台ものは守備範囲外だ。
「じゃあな!」
 符を一枚投げてよこし、眼前で弾け閃光を放つ。
 眩いばかりの閃光に網膜が焼かれ、ほんの一瞬だが目が見えなくなる。
 目を押さえている俺達を尻目に、その横を悠然と歩いていくファントム。
 目を細めながら去り行くその背に向き直る。
「俺はカオルだ、またな! ファントム!」
 今走り出せば取り押さえて顔を見てやることも出来るかも知れない。しかしあいつは悪人じゃない。
 なにか訳があってこんな行動をしているのだ。
「またな、カオル」
 背を向けたまま後ろ手を振るファントム。
 俺はその背中を見つめながら、肩の力を抜いて深い溜息を吐いた。



BACK   NEXT   TOP
ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.