BACK   NEXT   TOP


『066 The Phantom of the Opera 00』

「なぁ? 天野の取り巻きが一人増えてねぇか?」
 昼休み、牧野は中庭を見下ろして声を上げた。
 俺はその横でハムカツサンドを囓り、何気なく装いながら目線を追った。
「あぁ、中等部の転校生らしいな。天野さんに縁のある子らしく、彼女が面倒見てるって噂だ」
 差し障りのない返事をし、素っ気なく装った。
 本当は藤森真琴といい、素直でいい子なんだ。なんて言ってやりたいけど、今は知らぬ振りをするのが良いだろう。
 転校生ってのは何をするにも目に付きやすい存在だ、あえて興味を惹く話題を提供する必要は無い。
「例の噂、本当かねぇ。転入試験の――」
「さあな。噂だろ?」
 数日前、真琴は星ヶ丘学園中等部に転校して来た。
 それも転入試験を満点でクリアしたなんてオマケ付きだ。
 転入試験ってのは小学生でも分かるものから、高校生でも頭を捻る問題まで、生徒の能力を見極めるため広範囲から出題される。
 まあ学生ってのはピンキリで、勉強しない奴から寝る間も惜しんで予備校に通う奴までいるし、それくらいの学力差があって当然といえば当然か。
 彼女は頭の回転が早いとは思っていたが、それほどまでに頭が良いとは思わなかった。見た目が小学生なだけにギャップを感じてしまう。
 そんな噂話を聞きつけ、山科さんは我が事のように喜んだ。
 俺としてはその噂をどこから聞きつけたのか、その方が気になるところだ。
 最悪コネでゴリ押しなんて相談をしていたが、いい意味で肩透かしを食らった。
「へぇ……、こないだ転入して来た宮之阪といい、天野の側にはかわいい子が集まるな」
「類は友を呼ぶってことかな」
「しっかし、今度のはちっこくてかわいいな。俺、結構タイプかも知れん」
 真琴を見る牧野の目が、いやらしいオッサンの目に変わる。
 こいつのことだから、ネタで言ってるの丸分かりなんだけど、ツッコまずにはいられない。
「中等部まで守備範囲なのか!」
「お前にゃあ、葵ちゃんがいるから分かんねぇんだろうけど、男はみんなああいう妹に憧れを抱くんだよ」
 牧野はあくまで自分のスタンスを貫き、周りの目を気にする様子は無い。
 葵か……。カワイイと評する妹は飛び膝蹴りの名手、外面は良いが家ではかなりのおてんば娘だぞ。
 だがしかし、牧野の気持ちも分からんでもない。素直で懐いてくれる妹は日本男子の宝だ。
 そういえば葵も昔は『おにいちゃん、おにいちゃん』とべったりだった。あの頃はかわいかったな、今は見る影もないけれど……。
「和むな……」
「ああ……、癒される」
 ベンチに腰掛ける四人の上級生、その周りを子犬のように飛び回る真琴の姿。
 今まで彼女らは近寄りがたい存在だったが、真琴のおかげでその雰囲気が和らいでいる。
 水と油に洗剤を混ぜるようなものか。なかなか良い傾向だ。
「多分だけど……俺らのように思ってる奴らも多いんじゃね?」
 牧野の台詞に同意してしまう。
 小動物のような可愛さと万人ウケする屈託ない微笑み。
 なんてことない子猫の動画を見ているように、心が和み幸せな気持ちになってしまう。
「ぶっちゃけ、カオルはどの子が好みだ?」
 さりげなく投下された十トン爆弾、俺は躱しきれずに直撃した。
 うーん、そうだな。
 美咲さんの謎めいた天然さには惹かれるし、音楽の趣味がドンピシャで合う。最近妙に距離が縮まった感じがする。
 乃江さんはつっけんどんな感じだけど、実はツンデレだし、師匠として尊敬している。料理は美味いし、バイクの話で盛り上がる。
 山科さんの親身なってくれる姿勢と距離感はいい。距離が近くても気兼ねないというか、あと関西弁萌え。
 宮之阪さんは素直で実直。混血だけど大和撫子なんだよな。一歩下がって影踏まず、あまり喋らないけど通じ合う感じがいい。
 真琴は理想の妹像だよな。妹であって妹でない、恋愛対象になりえる妹……そんな微妙な距離感がいい。

 ――以下、延々と繰り返し。

「マジで考えすぎだ。ズビシ!」
 いつの間にやら考え込んでいたようで、牧野のチョップが頭に食い込んで我に返る。
「う〜ん、ヤバイ。思考のラビリンスに迷い込んでしまった」
「目がちょっとイッていたぞ。怖気がした」
 殴られた後頭部をさすりながら溜息を吐く。考えても答えが出ない。
 それぞれの良い所、悪い所も含めて、その人を慈しめるようになって恋なんだと思う。
 こないだ堤さんに告白されて分かったじゃないか。俺はまだ恋に憧れているだけの子供に過ぎないって。
「牧野はどうなんだ?」
 いつも意見を聞くだけの牧野に、仕返しの意味で聞き返してやる。
 牧野は遠くを見つめながら頭を掻いた。
「ん、心ここにあらずって感じかな」
 苦笑して笑う牧野より、牧野に気持ちを伝えられずにいる、まだ見ぬ女子達を哀れんでしまった。
「恋とかよくわかんないな」
 とりあえず付き合ってなんて軽い気持ちで一緒にいるのは、雰囲気に流されそうで怖い。
 そんな保守的な気持ちで、好きになれる人と出会えるのだろうか。
 
 
 
 放課後、文化棟の茶道作法室へ向かい、その道すがら携帯メールを確認してポケットに放り込む。
「はいはーい、カオるん。今日は部活だから帰っちゃダメだよ。by美咲」
 そんな緊張感のないメールが送られて来たのだ。
 日本文化に関心のある宮之阪さんが発起人となり、なんと茶道同好会を立ち上げたのだ。
 この学校に茶道作法室なんてあったのかという新鮮な驚きと、既に部員として登録されていたことへの落胆が記憶に新しい。
「校内で自由になる部屋が一つあってもいいですね」
 そんな単純な発想で、退魔士の隠れ家として使われ始めている。
 茶道部室の引き戸を開け、部屋の中に顔を覗かせる。
 教室の半分が浮き床になっていて畳敷き。半分が板の間で水間となっている。
 フローリングのマンションに、無理矢理和室を入れたような変な部屋。まるで舞台のセットみたいだ。
「急に呼び出してすいません」
 美咲さんは急な呼び出しを詫びて頭を下げた。
 すでに俺以外全員集合していたようだ。
「こちらこそ、遅れてゴメン。でも急にどうしたの?」
 メールの受信時刻は五限目。こういう急な呼び出しは初めてのこと、よっぽどの重大な用件に違いない。
「今夜からしばらくの間、夜間の巡回を強化しようかと思いまして。そのご相談です」
 美咲さんが、事のあらましを掻い摘んで話してくれた。
 この地区は『魂食い』の警戒地帯。
 他の退魔士が入り込めないよう規制され、討伐情報を公にしていない。
 だが魔物に対し結界を張って防いでるわけでもなく、念や悪霊、魔物は他と同じ条件で自然発生するのだ。
 結局の所、この地区の浄化はこのメンバーの双肩に掛かっていると言っていい。
 俺と真琴の修行に付き合っている仲間を気遣い、今は宮之阪さんがこの街の浄化を担当している。
「知らぬこととはいえ、宮之阪さんに負担をかけてしまっていたんだね」
「あ……、いえ……そんな……大変なことでは無いのです」
 宮之阪さんは赤面して俯きながら否定する。
「いつまでもマリリンばかりに負担をかけてはイケませんし、たまには全員で見回りしたいと思うのですよ」
 美咲さんがそう言って、説明を締めくくった。
 そうだな。全員で見回れば負荷は少なくなる。
「ってことは、六人で分担するってこと?」
「そう出来たら良いのですが、一応ここは危険地域ですから。近接と遠距離のペアを組んで動こうと思ってます」
 近接と言えば、乃江さん、美咲さん、俺の三人。反対に遠距離は山科さん、宮之阪さん、真琴か。
 一度山科さんと組んだことがあるが、お互いの欠点をカバーしあえるし、実力以上の働きが出来る。
「公平を期すために、アミダで決めたいと思います」
 美咲さんの言葉を待って、乃江さんはカバンの中からルーズリーフを一枚取り出す。
 三本の線を引き、ゴール地点に薫、乃江、お嬢様と書く。
 無作為に横棒をすばやく引き、名前の書かれた場所を隠すように二つ折りにし、準備を整えた。
 そして遠距離支援職三人に選択を迫る。
「うち、ココ」
 山科さんは真っ先に真ん中を選択する。相変わらず彼女の決断力は飛び抜けている。
「んー、私は左!」
 真琴が二択で左を選択する。
「あう……」
 選択権すら見逃してしまった宮之阪さん。それでも悔し紛れに右を指差す。
 開票前に美咲さんから注意の一言。
「誰とペアになっても、有事の際には相手を守ることを最優先して下さい。無理はしないように」
 有事の際……か。魔物との戦闘が発生する可能性があるということか。
「では、結果発表します」
 乃江さんの開く紙に、全員が注目する。
「うち、くじ運無いわ〜」
「失礼な奴だ」
 山科さんは言葉と裏腹に、乃江さんとのペアを心から喜んでいるように見える。
 対する乃江さんも満更ではない表情をしている。この二人なら安心だ。
「よろしくね」
 美咲さんは小さな手を握りしめ、真琴は恐縮しながらコクコクと頭を上下させる。
「てことは――」
 俺と宮之阪さんは見つめ合い、なぜか彼女は俯いて頬を赤く染めた。
 
 
 
 午後二一時一五分、マンション下の駐輪場。
 乃江さんはアプリリアRS250にキーを差し込みエンジンを掛ける。
 俺は山科さんにヘルメットを手渡し、正しい顎紐の止め方を指導していた。
 乃江さんはアイドリングを始めたアプリリアの横でその相棒を睨む。
「くじ運が無いとか言っていたようだが、なんなら走って追い掛けて来ても良いんだぞ?」
「嫌や。しんどいやん」
 機動力のあるこのペアには、地区の外周部が選定された。
 相変わらず喧嘩腰だが、嫌よ嫌よも好きのうちって言葉を贈ってやりたい気分になる。
 バイクに跨り後部に乗るように首で合図。山科さんは阿吽の呼吸でタンデムシートに跨る。
 遠慮なく腰に手を回して絶叫する山科さん。頭の上にビックリマークが立った。
「うわっ! 腰……細っ!」
 ついでにくんかーと鼻を鳴らして、髪の毛の匂いを嗅ぐ。
「しかもエエ匂いするし。こ、これがフェロモンか?」
「セクハラ親父か!」
 嫌悪感にいたたまれず振りほどこうとするが、両手でがっちり掴まれていて振りほどけない。
 まるでセクハラする子泣きじじい。他人事だと面白い。
「女同士で腰に手を回してもな。色気無いなぁ」
「……集合地点を決めるから、自前の足で走れ!」
「いややん。乃江ちゃんのいけず」
 バイクの排気音と共に、テールランプが遠ざかる。
 その灯りを見送り、今度は美咲さんと真琴を送り出す。
「ほぇ〜、美咲隊長ってスタイルいいですね」
 真琴はつま先から頭の先までマジマジと見つめ、美咲さんは居心地悪そうに振る舞う。
「そ、そんな事ないですよ? 可愛い服とか似合わないですから」
 真琴の視線を避けるように身を捩らせる。
「モデルさんみたいですよ? 私、ちっさいから似合う服が無くって……」
 地面にのの字を書く真琴。
「それは私も一緒ですよ」
 真琴の横でのの字を書く美咲さん。
「身長百七……ウォッホン。長身って色々大変なんです」
 サイズはあるが、欲しいと思う服のサイズが無かったりするのだろう。
 かといってモデルのような服装は、美咲さんにはまだ早すぎる気がする。
「真琴はいいわ……、まだ可能性があるから。背丈は縮むことがないから……」
 いまだ成長期の自分が恨めしい。そう言いたげに唇を嚙む。
「でも美咲さんってカッコいいし、私は好きだな」
 のの字を書く美咲を抱きしめるように、真琴が覆い被さる。
「ありがとう……」
 見回りのことも忘れて、マンション前でじゃれあう二人。
 俺はそんな二人に咳払いし、犬を追い払うように送り出して深い溜息を吐いた。
 仲間達を見送り、振り返って宮之阪さんを見つめる。
 トンガリ帽子に黒のワンピース。黒レースの長手袋でシックな装い。
 ラピスラズリのアクセサリが胸元に光る。
 髑髏を模したアクセサリーが銀の鎖で左手の手首にぶら下がっている。
 ワンピースが足首まで隠すスカートになっており、黒のハイソックスと黒皮のブーツがチラリと見える。
 俺の視線を追うように宮之阪さんの目が動く。当然顔は真っ赤で落ち着かない様子だ。
「――似合いませんか?」
 いや……似合いすぎて声にならない。完璧な魔女っ子コスプレだ。
 黒一色に見えてブラウスが白フリル。栗色の髪を束ねている白リボンがかわいらしい。
 これは、ゴシックファッションって奴だ。間違ってもゴシックロリータではない。正統派のファッションスタイルだ。
「似合いすぎて声が出ないってのが本音かも……」
「隠密行動なので黒っぽく……」
 目深に被った帽子を引き下げ、顔を隠す宮之阪さん。
「その箒は……前のと違うね」
 箒は俺の声に反応し、ゴムのように捩れて宮之阪さんの背中に隠れた。
 うむ、ただの箒じゃない。往年の名作、トムとジェリーを彷彿させるコミカルな動きだ。
「マニセンマキちゃんです。イギリスから空輸してもらいました」
 意志があるように隠れたことなど完全にスルーし、愛用の箒について語り出す宮之阪さん。
 樹齢千年を超えた古木から削りだした逸品らしく、カナタと同じく世界に一つしかない相棒なのだそうだ。
「なんか……速そうな、微妙な名前ですね」
 世界ラリー選手権にそんな名前のコドライバーがいたな。確かトミ・マキネンの横に……。
 分かる人にしか分からない微妙なネーミングセンスに感服。道案内と計時は完璧にこなしてくれそうだ。
「この子のおかげで、見回りが楽なのです」
 宮之阪さんがギュッと抱きしめると、またもマニセンマキは恥ずかしげに身を捩る。なかなかシャイな奴らしい。
 マニセンマキ、グッジョブ。苦労をかけていた宮之阪さんを、影ながらフォローしてくれていたんだ。
 宮之阪さんが合図を送ると、マニセンマキはけたたましい排気音を発して起動する。
「カオルさんも乗って」
 躊躇する俺の手を引き、腰に手を回すように導く。
 宮之阪さんの腰越しにホウキを掴むと、マニセンマキは雄叫びを上げた。
 エンジンの回転が際限なく上がる。チューンされたバイクのように針上がりが激しい。
 ギュッと握るとアクセルON、離すとOFFか。
「バイクみたいだね。ブレーキはどうするの?」
 オモチャを与えられた子供のように好奇心が抑えきれない。
「前を持ち上げればブレーキ。無理矢理曲げればアクセルターン。手を緩めてキッカケを作り、思い切って握り込めばサイドターンが出来ます」
 直進、制動、ドリフト制御しか出来ないのか。なんて攻撃的な乗り物だ。
 しかもアクセルターンとサイドターンの違いが微妙すぎる。一般人には分からないと思うのだが……。
 まぁいいか。安全運転で発進、お願いします。
 
 月夜のドライブ開始。
 離陸はアニメのように簡単ではなく、思ったより難しいようだ。
 VTOLのように垂直離陸しないので、電線やら建物を計算しないと引っ掛かってしまう。
 しかし一旦離陸してしまうと、目の前には障害物が一切無い。
「うはぁ、快適だね。信号も無いし、街の灯りが星空みたいだ」
 上に満天の星空で、足元は宝石箱をひっくり返したような街の灯り。視界の果てまで広がる光るカーペットのようだ。
「そんなに苦じゃないって気持ち、……分かる?」
 宮之阪さんは振り返って満面の笑みを浮かべる。
「みんなに力を貸してもらうようにお願いしたのは、見回りが大変だからじゃないのです」
 宮之阪さんはすぐに物憂げな表情を見せ、なにやら意味深に語り出した。
「今回の見回りは宮之阪さんの案だったの?」
「由佳さんも言ってましたが、不自然に浄化された痕跡を見かけるのです」
「――誰かが狩りをしているってこと?」
 宮之阪さんはコクリと頷いて答えてくれた。
「過去のデータを見て感じていました。この地区は他の地区より魔物の発生率が少ないって」
 そう言われてみるとそうだ。最近見えないナニカをみる機会も、嫌な感じのする場所もめっきり減った。
 平和でいいと安易に思っていたけど、それはそれで不自然極まりない状況なのだ。
「A案件の封鎖地区といっても、結界を張っている訳じゃない。なのに他の地区より魔物が少ないのはおかしいと気づくべきでした」
 ゆっくり、言葉を選ぶように話す宮之阪さん。
「一人では後手を踏む可能性がありましたので、ペアでの見回りを提案したのです」
 まだ見ぬ退魔士の捜索を兼ねた見回りか。対応一つ間違えば相手と敵対する可能性もある。確かに一人では危険だ。
「なるほど。聞き分けのいい奴だといいけど……」
「私もそう思いたいです」
 夜な夜な不浄の場所に姿を現す退魔士。
 だが退魔士である以上、不可侵の地区であることは薄々気が付いているはず。
 黒か白か……、今は果てしなくグレーとしか言えない存在だな。
「まぁ、出会って見定めればいいだけの話だから、今からウダウダ考えても仕方ないな」
 気楽に行こう、百聞は一見に如かずだ。
「けど……、今はそんなことより、夜空の散歩を楽しみたい」
 眼下に広がる街の灯りを見つめる。この灯りの一つ一つに人が住まい、何かを思って暮らしている。
 滅多に味わえないこの光景を目に焼き付けたい。そんな気持ちで一杯だった。



BACK   NEXT   TOP
ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.