BACK   NEXT   TOP


『065 カオル先生 07』

 結局のところ、昨日の晩餐会は大荒れすることなく幕を閉じた。
 正気を保ったまま料理を楽しむってのはいいものだ。こんな当たり前のことが嬉しくて仕方がない。
 恐れていた代金もそれほどではなく、お一人様一万円で、美咲さんの持ち寄ったクーポン券で一割引きにしてもらった。
 五万円少々であれだけ楽しめたのなら申し分ない。それだけの価値はあったと思う。
 最近どうも金銭感覚が狂っているような気がするが、これも退魔士の職業病だと諦めるしかない。
 いつもの通り駐輪場にRVFを停め、タンデムシートに括り付けた鞄を手に取る。
 エレベーターで七階に昇り、美咲さんの部屋に到着すると、ドアの前に貼り紙があった。
「由佳が張り切りすぎないように監視しています。屋上にいますね」
 美咲さんの直筆メッセージ。
 山科さんのハリキリっぷりが目に浮かぶ。
 俺も山科さんと手合わせしたことがあるが、近付けば投げられ、逃げれば風の力で足止めを食らう。
 近接戦闘タイプと遠距離支援の相性の悪さを思い知らされた。
 遠距離支援同士の戦いには興味がある。是非ともこの目で拝まねば。
 エレベータで屋上へ向かうと、眼前に広がるのは剣の舞と渦巻く風。
 そしてその光景を眺めている美咲さんの姿があった。
「どうですか? 美咲さんから見た真琴は」
「剣を操る遠距離支援……なかなか面白いスキルですね。ランクEとは思えない技量です」
 見れば七本の剣が山科さんの周囲を取り囲み、彼女の死角を突くように攻撃し続けている。
 山科さんの表情に余裕はない。目を右へ左へ鋭く動かし、扇を手に風を巻き起こし、迫り来る剣を受け流している。
 対する真琴は楽団を率いる指揮者のようだ。
 両手で七本の剣をコントロール。剣は意志を持ったように個性的に動き回り、虚と実を駆使して山科さんを幻惑している。
 見れば一本たりとも意思の通っていない剣がない。早速練習の成果が出ているじゃないか。
「特訓の成果が出てますね。俺が想像していたよりも、いい感じ……」
 積み重ねたものが実を結ぶ時、それがどんな些細なものであっても嬉しいものだ。
 愛弟子の成長を目にし、自然と口元が緩んでしまう。
 俺も頑張らないと、立場上ヤバいかもな。
「――ちょ、ちょっとタンマ!」
 側転し剣を避ける山科さん。手のひらを大きく広げて、休戦を宣言する。
 真琴は軽く息を吐き、親指をパチンと弾いて剣を霧散させる。
 山科さんは俺の元へとダッシュし、胸倉を掴んで顔を引き寄せる。
「ぜんぜんランクEとちゃうやん。油断して風弾持って来てないし、メタボ(グラビティ)も部屋に置いてきたっちゅうねん!」
 山科さんは滝汗で俺に突っかかる。
 それは自業自得というものだと思うが、やり場のない怒りを受け止めるのも、これはこれで嬉しいものだ。
「数日前の真琴では想像も出来ない戦い方でしたよ。彼女も日々成長してるということですね」
 息を整える真琴に目をやる。
 真琴も俺に気が付いたようで、こちらに走ってくる。
「カオル先生。あいうえお、バッチリでした。丸と四角も凄い効果です」
 真琴は俺に体当たりするように抱き付く。
 キッカケを与えたのは俺だけど、やり遂げたお前が一番凄いのだ。
 近接は努力で動きを習得し、遠距離支援は根性で霊力を絞り出す。真琴は努力もするし、根性もある。
「丸と四角の意味が分かったか? 感覚が鈍らないように練習しろよ」
 真琴の頭を撫でて褒めてやる。
 失敗したら叱責と導き、上手くいけば褒めてやる。それが俺の思う理想の教育方針だ。
「まる、さんかくとあいうえお? 理解不能や……。誰が先生かわからへんやん。……立場ないわ」
 山科さんは頬を膨らまし、子供のように拗ねる。
「そんな事無いです! 七本もの剣を両足をほとんど動かさずに全部避けるんですもの。ユカ先生は凄いです」
 真琴そう言いながら山科さんに抱き付く。
 昨日は山科さんの部屋に泊まったらしいが、二人の距離が異様に縮まっているように思える。
 これは……なにかあったな。
「なんだか……、真琴と山科さん仲良いですね?」
 乃江さんにあれだけ言った山科さんだ。俺が何を言わんとしているのか分かる筈だ。
「なっ! なんでもないで? なぁ真琴?」
 山科さんは滝汗を掻いて、慌てて言い訳を始める。
 声が裏返ってるし、どうにも嘘っぽい。
 ここに乃江さんがいないのが非常に残念でならない。溜飲を下げる最高のネタなのに……。
「一緒にお風呂に入ったとか?」
 山科さんは全力で首を横に振るものの、正直者の真琴はその横でコックリと頷く。
「まさか、一緒のベッドで寝たとか」
 山科さんは必死の形相で首を横に振るが、真琴はその横で満面の笑みを見せる。
「寝てる真琴をギューって抱きしめて寝たとか」
 山科さんは力なく首を振るが、真琴の表情でそれがどうなのか分かる。
 ――フルコースじゃないか。俺は無言で山科さんにツッコミを入れる。
「まあ、お察しの通りやけど、お風呂に一緒に入ってな。意気投合したんや」
 山科さんの言葉に青ざめる真琴。慌てて山科さんを制する。
「ユカ先生! それは内緒。内緒の約束です!」
 風呂で何があったのか想像するのも恐ろしい。
 堪忍なと謝る山科さんと、プンスカ怒る真琴のペア。これだけ意気投合していれば安心して任せられる。
「昨日二人で相談しててんけど、見所あるようやったら転校したいって言ってたんやけど、見ててどうや?」
 山科さんは俺と美咲さんに尋ねながら、上目遣いに見つめる。
 自分が一番分かっているはずだ。
 真琴に花を持たせるために、本気を出していなかったってこと。そしてそれを見抜かれてるってことも気が付いている。
 山科さんがそこまで真琴に肩入れしてくれていることに満足している。
 今は上げ底の実力でも、彼女なら期日までに真琴を育て上げると確信を持てる。
「俺は山科さんと同意だと思いますよ?」
 俺は山科さんに一任、美咲さんも表情だけでそれを肯定した。
「そ……っか。よかったなぁ真琴。学校行けるで。なぁ」
 山科さんは真琴の手を取り喜ぶ。
 真琴はその手を照れくさそうに見つめ、涙ぐみながらコクンと頷いた。
 
 
 
 
「さて真琴と山科さんが休憩してる間に、一丁お願い出来ますか?」
「格の違いを見せてあげないとね」
 美咲さんは木刀を投げて寄越し、バトントワリングのように回して左腰に携えた。
 滑り止めのために巻いたテーピングが手に馴染む。刀身に貼った二枚の護符が霊気を吸収し、木刀の強度を引き上げている。
 ギュッと握り込むと木刀は紅の霊気に包まれる。
 真琴のがんばりに触発されたか、いつもより霊気が満ちている。経験則上こういう時は総じていい動きが出来る。
「カオル先生〜、がんばって〜」
 真琴の無邪気な応援が響き渡る。
 その声が遠くに聞こえるほど意識は集中し、剣先の向こうにいる美咲さんだけに集中していた。
 ヒュンと風を切り、美咲さんの剣先が右に動く。
 あっち向いてホイの要領だ。思わず目が剣先を追ってしまう。
 美咲さんの踏み込みが目端に見えたかと思った瞬間、頭を薙ぐように蹴りが放たれる。
 ――迎え突きはない。そう判断して前に踏み込む。
 美咲さんの蹴りを膝の辺りで受け止め、柄を美咲さんの胸元に押し当て、弾き飛ばして面を打つ。
 だが美咲さんは慌てない。
 牽制に使った木刀をクルリと翻し、軽い衝撃を与えて頭から肩へと受け流す。
 俺の木刀は美咲さんの足元へ、美咲さんの木刀は天高く振り上げられ、今にも打ち下ろされんとしている。
 木刀を振り上げるのに一手、攻防に転じるのにもう一手必要。相手は一手で木刀を振り下ろせる。
 このままでは頭上で切っ先を止められて勝負あり。だが、まだ打つ手が無い訳じゃない。
 木刀を捨て去り、右手で木刀を受け、左手を彼女の腹部に押し当てる。
 手のひらに返る手応えと、右腕の痛みが同時に伝わる。
 美咲さんは顔を顰めて飛び退き、俺は足元の木刀を拾って構え直す。
 右腕は受け止めた所が赤黒く腫れ、そこから肘までが擦れて熱を持っている。
 予想通り、踏み込んだ分だけ木刀の振りが半減した。もし切っ先を受けていたら、腕の骨は折られていただろう。
 だが俺の掌打も中途半端だ。踏み込みの力だけで捻りが足りない。
 もし頭の上にダメージゲージがあれば、美咲さんは一か二、俺は四のダメージを受けた感じだろうか。
 片手片膝のまま剣先を美咲さんに向ける。彼女は構えを正眼から変化させ、八相気味に木刀を持ち上げた。
「カオル先生〜、死なないで!」
 無邪気な真琴の声援が、朝のマンションの屋上に響き渡る。
 脱力した瞬間を見抜かれ、頭上でピタリと木刀が止められた。
 短いストロークでポカリと頭を叩かれ、己の未熟っぷりを痛感させられる。
 こんな調子で退魔士試験、本当に大丈夫なのだろうかと、漠然とした不安が押し寄せて来た。



BACK   NEXT   TOP
ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.