BACK   NEXT   TOP


『064 カオル先生 06』

 美咲さんと連絡を取り合ってから二時間後、指定された高級ホテルに到着した。
 P・Hホテルは東アジアを拠点とした超が付く高級ホテル。日本よりむしろ海外での評価が高いと聞いたことがある。
 正面玄関には二人のドアマンが立ち、大理石で作られた獅子が厳めしい風貌で出迎える。
 こういうエキセントリックな雰囲気が、欧米の旅行者には目新しく見えるのだろうか。
 真琴は第一印象が大切と余所行きの服に着替えたが、着慣れていないのか、しきりに身なりを気にしている。
 俺はといえばジーンスにTシャツ、パーカーにスニーカー。とてもディナーを楽しみに来た客には見えないだろう。
 高速エレベーターで最上階へ到着。デパートのレストラン街を想像していたが、世俗とかけ離れた異空間に息を呑む。
 まず目の前には大きな噴水があり、その傍らでピアノ奏者がノクターンを演奏し、執事風のホテルマンが一礼をした。
 足元には赤の絨毯が敷かれ、客を暗に誘導してくれている。
 右へ行くと有名料亭の屋号、左は大陸風の寺院を模した店構え。どうやら目的の場所は左のようだ。
 真琴はすっかり気後れしてしまい、俺に隠れるように付き従う。
「せ……先生、ココ?」
 客を威圧するような門構え。店の屋号なんて掲げていない。
 黒塗りの大きな扉で閉ざされていて、ドアの前には旗袍(チャイナドレス)を着た女性が二人立っている。
「うぇぇん、予約制って書いてるよ? 本当にココなの?」
 真琴は泣きそうな声で袖を引っ張る。残念だが泣きたいのは俺も同じだ。
 扉の前に控えていた旗袍姿の女性が一礼し、流暢な日本語で話しかけてくる。
「ご予約いただいた、アマノ様のお連れさまでしょうか?」
 さすが美咲さん、予約ついでに俺と真琴のことを言付けておいてくれたらしい。 
「彼女は先に?」
「先程到着されて、中でお待ちです」
 女性は満面の笑みを浮かべ、もう一人の女性が重そうな扉を開いてくれた。
「ご案内いたします」
 開かれた扉の先には、遠くが霞むほどの円卓。
 そして驚きなのが、客が結構入っているということだ。
 高そうなスーツに、仕立てのいいドレス、そういう服を着慣れた客層で店は賑わっていた。
「ジーンズにTシャツ、パーカーなんて俺くらいなもんだ」
「私も似たようなものです……」
 俺と真琴は好奇の目に晒されながら、最奥の個室へと通された。
 扉の内側は人目を隠すように絹のカーテンが施され、その奥にテーブルと夜景が広がっている。
 しんと静まり返ったテーブルに着席して待つ四人。彼女らの視線が真琴に注がれる。
 隣にいて重苦しさに耐えかねる程だ、当の本人は推してしかるべしだろう。がんばれ真琴。
 テーブルに案内され、女性が引いてくれた椅子に腰掛ける。
 個室なんて借り切って、一般客なんて目じゃないほどVIP待遇じゃないか。
 軍資金が足りないと銀行に走り、財布に入るだけお金を下ろしてきたが、ちょっと不安になって来た。
 真琴と俺、仲間を合わせて六人。一人五万で足りるはずだ。足りなきゃATMにダッシュしなくてはならない。
 重苦しい雰囲気を一掃したのは、我らが部隊の隊長である美咲さんだった。
「まず、季節のおすすめディナーのフルコース。デザートは杏仁豆腐。飲み物は人数分の『ライジングサン、プレミアム』、上海老酒十年物を二本」
 メニュも見ずに店員の女性に向かい、簡潔かつ潔くオーダーを済ませる。
 オーダーを取り終えた女性店員が一礼し扉を閉じると、おもむろに美咲さんが頭を下げた。
「初めまして、天野美咲と言います」
 先にオーダーを通したのは、店員を下がらせるためか。さすが美苑さんの娘、堂に入った挨拶だ。
「私は真倉乃江だ」
 次に乃江さんが挨拶する。
 口調こそいつもの乃江さんだけど、物腰はとても柔らかい。彼女なりの気遣いを感じる。
 小声で二人は体術の師匠だと告げると、真琴は目を丸くして口元を押さえた。
「うちは山科由佳や。よろしゅうな」
 山科さんはにっこり笑って挨拶をする。
 砕けた口調や微笑みが、救いの手を差し伸べる女神に見えてくる。それほどに雰囲気が和らいだ。
「私は……あの……宮之阪まりえです」
 なぜか逆に緊張している宮之阪さん。彼女らしいと思わず苦笑が漏れる。
 俺は真琴の椅子をコツンと蹴り、次は真琴の番だと促してやる。
 真琴は椅子を尻で押し倒さんばかりに立ち上がり、何度も頭を下げながら、蚊の鳴くような声で自己紹介を始める。
「あ……わ……、私は藤森真琴です。よろしくお願いします」
 美咲さんは優しく微笑んで頷き、真琴は顔を真っ赤にして席に着く。
 心臓の音が聞こえそうなほど緊張している。それほどの雰囲気を四人は持っているってことだろう。
 美咲さんはそんな彼女に気を使ったのか、少し間を置いてゆっくりと口を開いた。
「真琴さんには厳しい言葉になるかも知れませんが、聞いていただけますか?」
 真琴は、緊張の面持ちから一変し顔つきを変える。
「はい……伺います」
 真琴はピンと背筋を伸ばし、緊張した面持ちで美咲さんを見つめ返す。
 隣にいても真琴の気が伝わってくる。緊張半分、敵意半分ってところだろうか。
「真琴さんは今、岐路に立たされています」
 美咲さんの言葉を聞き、真琴はコクリと頷く。
 今の自分にどういう選択肢が残されているか重々承知の上なのだろう。
「このままこの地を離れて安全に暮らすか――」
「――それは出来ません」
 美咲さんの言葉を待たず、真琴がテーブルを叩いて立ち上がる。
 だが美咲さんはさもあらんとばかりに優しく頷き、真琴に座れと手で合図を送る。
「では魂喰いと戦う選択肢を選ばれるのですね。……でも私達はあなたの行動を黙認するわけには行かない」
 美咲さんは沈痛な面持ちで目を伏せた。
「この場に留まって戦うのならば、私の監視下で生活し、命令には従っていただくこと。これが第一の条件」
 真琴はしばし熟考し、コクリと頷いて承諾の意志を示す。
「こんな席で心苦しいのですが……。カオるん、上着を脱いで見せてあげて欲しいのですが……」
 ――なるほど。そういう説得方法があったか。
 これから真琴にどういう運命が待ち受けているか、コレを見るのが一番手っ取り早い。
「カオるんは数ヶ月前は見鬼の才を持っただけの一般人でした。そこから血の滲むような努力を重ね、ランクCを取得出来るほどの実力を付けたのです」
 美咲さんそう説明し、俺に目配せをする。その合図に合わせパーカーとTシャツを脱ぐ。
「――っ!」
 真琴は悲鳴を上げそうになり、咄嗟に口元を押させる。その表情は苦痛で歪み、戦慄いているように見える。
 そんなリアクションをされるとヘコんでしまいそうになる。
 見下ろす体には無数の青アザや切り傷が刻まれている。
 毎日の訓練での打撲が蓄積されたものだが、俺にとっては勲章みたいなものだ。むしろ誇らしいとさえ思っている。
「貴方にもこの位の、……いえ、魂喰いと戦うには、これ以上の努力が必要になるでしょう」
 美咲さんはそう告げて、真琴の心を探るように見つめる。
「私は一度死んだ身と覚悟を決めています。辛いことや傷つくことなんて、父を亡くした痛みに比べれば、なんてことありません!」
 真琴は射るような目で睨み付け、四人の気を押し返す。
 シンと静まり返ったテーブルに、不謹慎と思える笑いが漏れる。――山科さんだ。
「うち……、この子のこと気に入った。この歳でこの根性、なかなかのタマやないの」
 にこやかに笑い、真琴に握手を求める。
「うちはこのメンツで一番の腕利きや。遠距離支援だけでなく近接戦闘もプロフェッショナルやしな。うちが面倒見たる」
 その過激な発言に他の面々がムッとした表情で睨み付ける。
「私の方が適任です」
 宮之阪さんはたまらず異議を唱える。
 普段は大人しいが、負けん気の強さはピカイチだからな。
「二人で面倒見たらええやん。マリリンが具現化、うちが霊気操作を教えれば、かなり面白いのが育つと思うで?」
 爆弾娘にマップ兵器。確かに二人の能力は甲乙つけがたい。
「山科さんは霊気操作に長けているし、宮之阪さんは霊気の具現化にかけてはピカイチ。二人とも相当の実力を持っている」
「ランクAの方が二人も……」
 真琴は恐縮して頭を何度も下げる。
 二人の鬼に教えて貰えれば強くなるが、その修行は苛烈を極めるだろう。
 だがそれを乗り切れれば、真琴は手に負えない実力を付けるはずだ。
「とりあえず、明日からや。今日は新しく結ばれた師弟関係に乾杯や!」
 いいタイミングでテーブルに届けられたライジングサン、プレミアム。
 山科さんは瓶を真琴に向けてグラスに注ぐ。勢い良く立ち上る泡を見て、真琴は反射的に口をつける。
 そんな見てはいけない光景を目にし、思わず顔を背けてしまう。……良心回路が痛む。
「通いやと移動中狙われてもアカンし、いっそ転校してこっちに住むか?」
 なんか、とてつもない話をしているが、聞かないようにしよう。
 軽いノリで言っているように聞こえるだろうが、山科さんは100%本気だから気をつけた方がいい。



 中華料理なんてものは大味に盛り付けられた大衆の料理。そんな先入観が吹き飛ぶような料理が運ばれてきた。
 フランス料理のように、目で楽しめる盛り付けの料理だ。
「伊勢エビと季節の前菜八種盛りでございます」
 一気にテーブルの上が賑やかになった。
 だが一品目、しかも前菜で伊勢海老とはこれいかに。
 料理の値段に気を取られていたら、乃江さんが咳払いを一つして皆の視線を集める。
「和んだ雰囲気をぶち壊しにして悪いが、少し聞いてくれないだろうか」
 小皿に取り分ける女性店員など眼中にないようで、乃江さんはテーブルに緊張の空気を張り巡らせる。
「明確にどこまで強くなればいいという線引きはない。かといって我々はキミが育つまで、目を離すことが出来ない」
 乃江さんは真琴に言い聞かせるように話す。
 だが目下には自然と物腰が柔らかくなるようで、言うほど厳しい口調ではない。
「キミは昇級試験を目指していたと聞く。一つそれを区切りにしてみたらどうだろうか」
 様子を見るのは昇級試験まで、そこでお眼鏡に適わなければ強制退去。そういうことだろう。
「ランクCを取得出来なければ、踏ん切りを付けてこの場を退去する。それ位の覚悟を持ってみてはどうだろうか」
 二階級ランクアップか。真琴の厳しい顔つきから想像するに、かなり高いハードルなのだろう。
 だが真琴は意を決したように頷く。彼女も負けん気の強さでは引けを取らない。
「分かりました。猶予をいただけるだけでもありがたいです」
「試験まで数週間。その間は休学し、私の部屋に泊り込むが良かろう。寝る場所には困らんからな」
 乃江さんはそう言って、照れ隠しか季節の前菜八種盛りに箸をつける。
 つっけんどんな乃江さんだが、微妙にツンデレ要素がある。ちなみにこの辺りがデレになるようだ。
 口調と態度、そして行動が絶妙のバランス。弟子としてもたまらない持ち味の一つだ。
「あかん! 乃江の部屋になんかに泊まったら、何されるかわからへんやん。うちかマリリンの部屋に泊まるんや」
 頭を抱える山科さん。
 どうも山科さんは俺の妹を手懐けた手腕を見て、年下キラーのお姉さまだと勘違いしているようだ。
 確かに短時間でうちの妹を虜にした乃江さんだ、ありえるかも知れん。
「ユカ! 誤解を招くような事を言うな」
 乃江さんが顔を真っ赤にして山科さんを睨む。
 表情に出るとは珍しい。真っ赤になるということは、なにか後ろ暗いところがあるに違いない。
「乃江の色香でブレインウォッシュされてしまう危険性がある。やる気満々の弟子を骨抜きにしてどないすんねん」
 山科さんの顔と乃江さんを見比べ、キョロキョロし戸惑う真琴。何のことかよく分かっていないようだ。
「むう……、そこまで言われるとは思わなかった。……この件はユカに一任する」
 良かれと思って提案した乃江さんだが、想定していない反対を受けて引き下がる。
 俺なら乃江さんの部屋がいい。なにせ部屋が整理整頓されていて綺麗だし、なにより料理が美味い。
「だが……、彼女がランク取得出来るか出来ないか、教える側の技量も問われるからな」
 乃江さんは山科さんに牽制を入れる。
 辛口……超辛口だ。もし不合格になったら、師匠の力不足だと暗に言っているようなものだ。
「なんや、喧嘩売ってんの? うちとマリリンの力があれば、CどころかBまで育て上げたるわ!」
 売り言葉に買い言葉、山科さんがドツボにハマっていく。
 乃江さんって、こういった心理操作が抜群に上手い。俺も修行中に何度かやられたからな。
 澄ました顔しているが、その実心の中ではほくそ笑んでいるに違いない。……怖い人だ。
「どれほどの手練れに育てるか、お手並み拝見と行こうじゃないか」
 料理を摘みながら、辛口の言葉で山科さんを追い立てる。
 確かに名選手が監督になって、成功するかどうか分からない。
 成功する場合も多いんだけど、駄目になる場合酷いことになるからな。
「その言葉……覚えときや」
 山科さんはテーブルのナプキンを握り締めて歯噛みをする。
 真琴がオロオロして見守っているが、もはや彼女を抜きにして話が進んでいく。
「じゃあ、ランクBを目標にする。それでいいか?」
 乃江さんの言葉に目を回す真琴。目がぐるぐると回り、テンパっているのが分かる。
 もう真琴の範疇を超え、世界が回り始めている。時には流れに身を任せるのも生きる術だ。風に流される柳を見習うんだ。
「よっしゃ。乃江も吐いたツバ飲まんようにな!」
 山科さんは乃江さんを睨み付け、無意識のうちに霊力を放出し始める。
 締め切った室内に旋風が舞い、放出された霊気に反応して、テーブルの上でグラスがカタカタと揺れ出す。
 乃江さんはその気を押し返して、一層テーブルのグラスを揺らす。二人の力が拮抗した場所で皿が音を立てて砕けた。
「二人ともいい加減にしないと怒りますよ」
 自分の料理を手で押さえ、やんわりと二人を制する美咲さん。
 口調は柔らかいが、殺意のオーラを体から発してる。美咲さんは食べ物を粗末に扱う人には容赦ないのだ。
「うぅ……先生……怖いよ」
 美咲さんの怒気に当てられ、半泣きになる真琴。俺も怖いんだから頼られても困る。
「カオルさん、ちゃんと止めないと駄目ですよ」
 宮之阪さんは我関知せずと老酒を嗜む。
 乃江さんと山科さんって、こういう時に噛み合うんだよな。似た者同士というか、……先が思いやられる。
 ふと山科さんが何か思いついたようにポンと手を叩く。
「ふふふ、カオル。弟子に先越されたら立場ないな。けど仕方ないなぁ、残念やけど師匠がヘボやから……」
 その言葉を聞き、乃江さんがグラスを握りつぶし、美咲さんは箸をベキリと折る。
 尋常ならざる雰囲気。ヤバい、何かがヤバい気がする。
「カオルが遅れを取るとでも思っているのか? お嬢様と私の手腕を見損なうな」
 売り言葉に買い言葉、話の展開が危険すぎる。
 その言葉を聞き、山科さんはニヤリと笑う。時代劇の悪代官並に悪そうな表情をしている。
「……カオルも退魔士試験決定やな」
 ――来た。恐れていた展開が来た。最悪の展開だ。
「ここでショボイ奴は安全牌でB言うんやろうけど。格下の女の子にランクBを強要して、流石にそれはないよな」
 山科さんは乃江さんのプライドを刺激しつつ、包囲網を敷き退路を断って来た。
 ――っていうか、Bって言い出したのは山科さんでしょうが。
 隣に座る真琴が、哀れむ目線で俺を見る。そんな目で見ないでくれ。頼む。
「良かろう! カオルはランクA、そちらはBでいいな?」
「――ちょ、乃江さん! 冷静になってください」
 そういうテンションでギャンブルしたら確実に負ける。それは賭け事のセオリーだ。
 乃江さんは俺の目をジッと見つめ、頼んだぞとアイコンタクトを求めて来る。
 師匠にここまで期待されて、嫌です、勘弁して下さいとは言えない。本当は言いたいけど……。
「……が、がんばります」
 ここで申し合わせたかのように拍手が巻き起こる。
 何かハメられたような気分は否めないが、承諾した以上がんばるしかない。
「真琴……。辛いな、お互い……」
「はい、カオル先生……、がんばりましょうね」
 テーブルの下で小さく拳を打ち鳴らし、互いの健闘を祈った。



BACK   NEXT   TOP
ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.