BACK   NEXT   TOP


『063 カオル先生 05』

「先生、この課題難しすぎますよっ!」
 真琴は時折そんな愚痴をこぼしながら、かれこれ一時間以上二の剣を操り続けている。
 最初は見ていられないほど稚拙な動きだったが、持ち前の集中力を発揮し、時間が経つにつれ動きが良くなっていった。
 本人はまだ納得しきれていない面持ちだが、もうとっくに合格点をあげてもいい水準に達している。
「しかし……あれじゃあ合格点はやれない」
 真琴の集中力は驚嘆するどころか、危険な領域に踏み込んでいることに気付かされた。
 彼女は退魔士ランクを上げたいと言っていたが、おそらくそれは手段の一つであり、本当の目的ではない。
 そんな理由ではない片付けられないほどの、鬼気迫る執念を内包している。
 無垢な表情に見え隠れする危うさを感じてはいたが、己が体を傷つけ苦痛に酔いしれるような、恍惚とした表情を見た時に確信に変わった。

 彼女の心に潜む、禍禍しい感情に――。

 最初の訓練をクリアした時に気付くべきだった。
 先生などと呼ばれて有頂天になり、物事の表層しか見ていなかったことを痛烈に恥じている。
「心に『凶』(まがつ)を持った者に技を伝えてはならない」
 これは乃江さんに教えを受け始めた時、彼女から言い含められた言葉の一つだ。
 弟子は教わる覚悟を持ち、師は教える覚悟と責任を負わねばならない。
 俺も乃江さんの教えを受けた真倉流の端くれだ。仮初めの生徒だとはいえ、見て見ぬ振りをすることは出来ない。
「さて……と、休憩を入れようか」
 このまま放っておけば、日が暮れるまでやり続ける。それだけの執念が彼女を突き動かしている。
 公園の端にある自動販売機に向かい、適当な飲み物を二つ買う。
 そして一本を真琴に投げて渡し、プルトップを引き上げて、カラカラに張り付いた喉を潤した。
 木陰のベンチに腰掛け、背もたれに体を預けて何もない空を見上げる。
 真琴はどこか遠くを見つめ、ジュースに口をつけて黙り込む。
 その空虚な目で何を見て、何を考えて、どこに進もうとしているか。それを知りたい。
「――真琴」
「えっ……、は、はい」
「聞かせてくれないか。強くなりたい本当の理由」
 真琴の中に『凶』が潜んでいるとしたら、もうこれ以上教えてやることは出来ない。
 俺が今出来るのは、道を正してやることと、彼女を止めてやることだけだ。
「…………」
 予想通り真琴は口を閉ざした。
 人は誰しも触れられたくない事情がある。
 俺の中にある苦々しい過去。こうして問い掛けられたとして、おいそれと口に出来ない。
 逆の立場に立って、真琴にそれを求めるのは酷だ。だが話してくれると信じている。……いや、まだ引き返せると信じたい。
 真琴はベンチに足を乗せ、膝を抱えて顔を隠す。
「そうだね、先生に隠し事したくない……」
 真琴は意を決したように口を開いた。
 俯いたまま顔を隠しているのは、顔を見られたくないからだろう。
 震えた肩は勇気を振り絞ってくれた証。俺はこの勇気に全力で答える義務がある。
「私のお父さん……、退魔士だったの」
 言葉を搾り出すように、ゆっくりと話し始める。
 真琴の語り口調に耳を傾け、相槌代わりに頷いて見せた。
「いつも傷だらけで、たまに大怪我したりして……、でも私には優しいお父さんだった」
 双眸から溢れ出す涙を拭おうともせず、膝を強く抱えて遠くを見つめる。
 父親を過去形で話さなくてはならない辛さは、俺にはまだ理解出来ない。
 彼女の慎ましやかな暮らしを見て、そうではないかと薄々予感していた。
 一人分しかない不揃いの食器。真新しい来客用のスリッパ。必要最低限の食材が語りかけてきた。
 あの部屋には誰も訪ねて来ない。この子は一人で生きているのだと。
「ある時、お父さんが殴られる夢を見たの。何度も、何度も、殴られて……」
 ただ真琴から発せられる言葉を聞き、その光景を目に浮かべる。
 しばしの沈黙。真琴の声が揺れている。
 その時のことを思い出しているのだろうか、少し唇が戦慄いているように見える。
「気が付いたの……。お父さんを殴っていたのは私だって。やめてって心で叫んでも止まらなかった」
「――っ!」
 その時全ての疑問が氷解した。
 俺は馬鹿だ。
 真琴のACE OF SWORD(一の剣)を見ておきながら、何故、今まで気が付かなかったのだろうか。
 剣はタロットの小アルカナ。真琴は魂食いに食われた退魔士の……、幻獣召喚の能力者の娘だ。
「ふと気が付くとね。私の手が真っ赤だったの。指がいろんな方向に折れ曲がって」
 真琴はギュッと俺の手を握りしめた。
 その震える手のひらには、夢が真実だったと告げるように、無数の生々しい傷跡、縫い傷が赤黒く残っていた。
 広げられた真琴の手を優しく包み込み、彼女への思いが溢れ胸が詰まった。
 なぜ最初に出会った時に気が付かなかった。一緒にいて気づいてやれなかったのだろうか。
 自分の不甲斐なさを恥じた。
「私がこの手でお父さんを殺したの」
 妹、葵と同じく『人形繰り』に操られ、父親を殺害する道具にされたのだ。
 俺もあの時同じ運命を辿っていてもおかしくなかった。ただ能力が未知数だったおかげで、今こうして生きているに過ぎない。
「その時の記憶は鮮明に残っている。私を操ってお父さんを殺させた、……奴らに報いを受けさせたい」
 強くなりたい理由は父親の仇を討つため。
 真琴がこの場所にいるのは偶然じゃない。少ない情報を頼りに魂食いを追って来たのだ。
 彼女は自虐的なまでの努力をして、自分を犠牲にすることで罪を購おうとしている。
 もし目的を失ったら彼女はどうなる。いや……、そんな妄執に囚われたままではいけないのだ。
 むせび泣く真琴。もう言葉を搾り出すことすら出来ない。
 俺は断腸の思いで真琴の手を離し、ベンチから立ち上がって彼女と向き合う。
 今ここにいる本当の理由を彼女に告げなくてはフェアーじゃない。
「俺はその能力者を追う退魔士の一人だ。真琴のメールに応じたのも、不用意に近づく退魔士に警告するためだった」
 真琴の勇気に対し、真実を隠し続けることは出来ない。
 例えそれが彼女の信頼を損ね、傷つけてしまう結果になったとしてもだ。
 真琴は呆気に取られて俺を見つめ返し、言葉の意味を理解するにつれ厳しい表情を作る。
「……この場から去れと?」
「そう、生半可な能力者は作戦遂行の妨げになる。魂喰いがどうしてそう呼ばれているか、それくらいは調査済みなんだろう?」
 嫌悪の目で睨みつめる真琴。その痛いほどの視線に耐えつつ、彼女の目を見つめ返した。
 魂喰いに向けられるはずの、やり場のない怒りが向けられている。
 だが言葉で取り繕ってその目から逃れたとして、彼女にとってなんのプラスにもならない。
「今の実力じゃ、何も出来ずに殺される」
「――そ、それでも!」
「敵わなくとも一太刀……なんて無責任なのはやめてくれ」
 俺はあえてキツイ口調を用い、彼女の感情を奥底まで引き出そうと試みる。
 腰に差した斬鉄ナイフを鞘ごと抜き、真琴の手に握らせた。
「観客になれないのなら、舞台の役者を引き摺り下ろせばいい。俺を見事リタイヤさせたら、仲間に真琴を推薦してやるよ」
 俺は目を閉じて、指先まで力を抜いて棒立ちになる。
「なっ……、そんなこと……出来る訳無いじゃない!」
「それくらいの理由が無ければ、曲げられないこともある。その程度で躊躇うほどの覚悟なら、父親の仇討ちなんて出来ない」
 俺はポケットから携帯を取りだし、ストラップに指を掛けてクルクルと回す。
 電話はいつでも掛けられる。そう態度で示した。
 息を呑みこむ音、ナイフが鞘から引き抜かれる音が耳に届く。
 荒れた呼吸が整うと共に、気配が確かなものに変わっていく。
 ゆっくりと土を踏む音が近づく、震える体が気配として伝わってくる。
 切っ先を伝い殺気が向けられている。肌は敏感に危機を知らせる。
「先生の馬鹿!」
 土を蹴る音。真琴は俺にぶつかるように体を預ける。
 ――痛みはない。あるのは小さな抱擁と、震える肩。くしゃくしゃに泣きじゃくる真琴がいた。
 俺は膝を折って彼女を抱きしめ、耳元でそっと囁いた。
「――合格だ。さすがは俺の弟子だ。……まだ引き返せる」
「うわぁぁぁん、先生の馬鹿、エッチ、変態。試したのね?」
 真琴は拳を握り、俺の体をポカポカと叩く。
 心地よささえ感じる痛みに思わず苦笑が漏れる。いやこれは心から安堵して思わず漏れた笑みだ。
 まだこの子を救うことが出来る。その手応えを感じ取ったからだ。
「鼻水垂れてるぞ、拭いとけ」
 ハンカチを真琴に手渡し、足元に捨てられたナイフを拾い上げ、鞘に戻して腰に差し直す。
 背後では鼻をかむ音が盛大に響き渡る。
「おいおい、手加減無しかよ……」
 おろし立てのハンカチだったが、見事天寿を全うしたようだ。
 
 
 
 真琴をベンチに腰掛けさせ、俺は携帯を操作し、最新の通話記録を呼び出して電話を掛けた。
 ――天野美咲。
 真琴の事情を聞き、美咲さんと取り交わした会話を思い出した。
 彼女は藤森真琴という名に、どうにも腑に落ちない様子だった。
 もしかすると美咲さんは真琴に対し、なんらかの疑念を抱いていたのではないだろうか。
 携帯から発せられるコール音。直後に美咲さんの声が耳に届く。
「あっ……、カオルです」
「……どうされました? 電話なんて」
「…………昨日シロと言いましたが、クロでした。彼女は幻獣召喚の能力者の娘です」
 電話の向こうで美咲さんの声が強張る。
「……やっぱりでしたか。藤森という姓が情報と食い違っていましたので、そうでないことを祈っていましたが……」
 姓が違う……か。事件後に母方に引き取られたか、または紆余曲折、養女として引き取られたか。
 まだ、話をしてもらえていない事情があるのだろう。
「――判断に迷っていまして、美咲さんに電話をしました」
 あえて主語をすっとばした。
 無意識で隣にいる真琴に、気を使ったのかもしれない。
 何をどうすべきか。心の中では決まっていたのだが、俺一人の判断ではどうしようもない事柄でもある。
「私の考えは、カオるんと同じだと思います。けれど判断するのは私達ではなく、真琴さんじゃありませんか?」
 そうだな。最終的な判断は真琴に任せるべきだろう。俺に出来るのはお膳立てくらいのものだ。
「全員に集合を掛けますので、ちょっと待ってくださいね」
 電話の先でページをめくる音、そしてしばしの時間待たされる。
「そちらの駅前にP・Hホテルがありますから、二時間半後に最上階の中国料理店で会いましょう」
「…………美咲さん、もしかして、今……グルメ雑誌を見てましたか?」
「は……、話をするにも場所ってものがあるでしょう? 前から行ってみたいと思っていたなんてこと、全然ありませんからね!」
 行動を読まれて、少し動揺の色が隠しきれていない様子。
 声が裏返っているし、全然説得力が無い。
「今回はカオるんのオゴリと通達しておきますね!」
 な……なんで、決まりきった事のように、俺がゴチすることに決定しているんだ?
 P・Hホテルといえば超の付く一流ホテル。そこの最上階の中国料理といえば、庶民が気軽に楽しめるものでは無い。
「カオるんの弟子ですもんね。かわいい教え子ですもんね。師匠としては仕方ないですね。私は木刀を用意して、早起きして待っていたのに――」
 なにか愚痴めいた言葉を呟き、プツリと電話を切られた。
 おそらく修行をサボったことへの報復だ。俺も昨日の今日だからと、連絡を怠ったのが悪かった。
 報告、連絡、相談は美咲隊の基本だからな。自業自得とはいえ、これは痛い。
 携帯をポケットに放り込み、真琴の頭に手を置いて話を始める。
「一度仲間と会って話をして欲しい。そこで活路を見出そうじゃないか」
「先生の仲間?」
「そう、事件に関わるなら、避けては通れない関門だ」
「怖い……人達?」
「……ゼンゼン、コワクナイヨ。イイヒトタチダヨ」
「うわ、嘘くさいセリフ……」
 俺は財布の中にある万札を数え、青色吐息で空を見上げた。



BACK   NEXT   TOP
ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.