BACK   NEXT   TOP


『062 カオル先生 04』

「いや……その、あくまで見学に来た素人ですから、失言があったならば謝ります」
 怒り心頭の女剣士をなだめ、低頭平身で頭を下げる。
 親父は空気も読まず、見学だけではなく体験したらもっと理解できる、などと焚きつけてくる。
 どうやら親父にとって、こういった揉めごとは日常茶飯事のようだ。この状況を楽しんでいるように見える。
 姉はといえば右へ左へオロオロ、激高する妹を止められずにいる。
「綾音さん、お客様も困ってらっしゃいます。おやめになったほうが……」
「静音姉さんは黙ってて!」
「はぅ……、ごめんなさい……」
 押しの弱い姉に向かい、妹は一喝してやりこめる。
 静音と呼ばれた姉は肩を竦めて小さくなり、もの言いたげに見つめるものの、それ以上何も言えなくなってしまった。
「そうか……。なんかこの人面白そうだし、いい勝負になると思ったんだがね。困っているなら止めたほうがいいのかな?」
 親父が髭を弄りながら毒を吐く。
 面白そうってどういうことだ。くそ、あからさまに残念そうな顔をするな。
「…………っ」
 父親の仲裁が入り、綾音はなんとか怒りを飲み込む。そして肩を震わせながら背を向けた。
 ホッ……、この場はなんとか収まりそうだ。さすがに剣道の有段者とはいえ、一般人とサシで勝負なんて出来やしない。
 当たり前の話だが、退魔士は一般人に力を行使することを禁じられている。
 光善寺さんにレクチャーを受けた退魔士の心得。その中でも口を酸っぱく言い含められた事項だった。
 親父はまだ怒り収まらぬ綾音の様子を見つめ、顔を寄せてこそこそと小声で耳打ちする。
「綾音はね、器量もいいし心根の優しい子なのだよ。ああいう尖ったところがなければ……。惜しいとは思わんかね?」
「なぜそんなことを耳打ちする」
「一度ガツンと頭を打ってみると、いい感じに丸くなると思うのだが……」
「だからなぜ、俺だけに聞こえるように囁く」
 親父は不意に天井を見つめ、俺の首に手を回して彼女らから背を向ける。
「綾音がああして難癖をつける時は、少なからずその相手が気になっている証拠だよ。よく言うだろ? ツン……なんとかって」
「暑苦しい上に、娘の心情を語り始める。勘弁して欲しいんですけどね……」
「娘のために嫌われ役を買って出てくれると、パパ嬉しいなぁと思ってね。……キミは素人じゃないだろう?」
 親父は腰に手を回し、服の上から守り刀をポンポンと弄る。
 咄嗟にヘッドロックを振り解き、腰に手を回して親父に向き直る。
 親父は悪びれず、パチリとウインクして口角を吊り上げた。
「蛇の道は蛇というだろう? 道場なんてものをやってるとね、その手の人間と出会うこともある。……今日みたいにね」
「最初にジロジロ見ていた……、あの時からか?」
「こういう道を志す者は、ある程度気というものを感じ取れる。娘もそう感じたのではないかな?」
 年端の行かない子供や、普段から集中することに慣れた武術家などは、見鬼に近い感覚を持っているといわれている。
 普段から強い気を発していると、人と違う何かを感じ取られてしまう場合がある。
 美咲さん達にそう注意されていたことをすっかり忘れていた。
「娘もそう感じた……と?」
「ああ、そうだ。見下されたと思ったのではないかな。キミはそう感じさせるだけの雰囲気を持っているからね」
 曲げた背を真っ直ぐに伸ばす。そして道場の天井を眺めて頬を掻いた。
 親父はこう言いたい訳だ。お前が全面的に悪いのだから、娘が納得出来るよう手合わせしろ……と。
「相手になれば万事丸く収まると?」
「ワシはそう思うがね」
 俺が負ければ娘は溜飲を下げる。逆に俺が勝ったとしても、実力差を感じて納得出来るということか。
 しかし実の親がそんな勝負を仕掛けるかね。こういう荒事を生業(なりわい)としている奴って、どこか頭のねじが緩んでいる。
 言いたいことは山ほどあるが、親父の言うことも頷ける話だ。
 俺は髪をポリポリと掻き毟り、腰の武器を抜いて真琴に手渡した。
「仕方ない、相手になる。俺にとってもプラスになるだろうからね」
 姉の静音はナイフと守り刀を見て、ギョッとして目を丸くする。
 綾音はその武器を一瞥し、臆することなく俺を睨みつめる。こういった反応一つにしても、荒事向きの性格をしていると分かる。
 リュックの中から指抜きのグローブを取り出し、両手にはめて握りを確かめる。
 これは乃江さんが愛用しているものと同じ。俺のサイズに合わせて注文してくれたものだ。
『近接は拳を痛めることが多い。それでいて治りにくく癖になりやすい』
 そう言って手渡されたものだ。
 カンガルー皮の内側に衝撃吸収素材を編みこんだもの。
 衝撃を倍加させる武器としてではなく、手に掛かる負担を軽減する目的で作られている。
「こちらは徒手でいい。そちらは――」
 道場の壁に掛けられていた木刀を一振り、綾音に向かい放り投げる。
「竹刀とやるのは初めてだし、出来れば木刀を使ってくれないか。そちらの方が幾分慣れている」
 教わっている剣術はまだ実戦で使えるほどの練度はない。ならば乃江さんから伝授された体術で戦うべきだ。
「剣道のルールはよく分からない。一発入れたら勝ちということでいいかな?」
 そう言い残し、開始線に立って相手を待つ。
「防具もしてない相手と試合なんて出来るはずないでしょ! 馬鹿じゃないの?」
 綾音はヒステリックに叫び、俺を言葉でなじる。
「屁のような腕前だと言っていたのは誰だっけか? それにそんな防具を着ていたら、動きにくくて仕方ない」
 相手の退路を断ち、ついでに自分の退路も断った。これで綾音も引くに引けなくなった。
 大きなことを口にしているが、心に余裕がある訳ではない。冷静さを保とうと必死だった。
 短く息を吸い込み、出来るだけ長く時間を掛けて吐く。乱れた自律神経を中立へコントロールする。
 綾音は面を外したまま木刀を構える。その目は鋭く、射殺さんばかりに俺を見据える。
 左手を突き出して目の前に、右手を腰の横に置く。ほんの少し腰を落とし、綾音が動くのを待った。
「親父さん。出来るだけのハンディは与えた。責任取れなんてベタな展開はやめてくれよ」
 審判を務める親父に牽制をくれてやる。
 これで事故が起こったとしても自己責任。そういう言質を取りたかったからだ。
「死なない程度にお灸を据えてやっておくれ」
 親父は髭を触りながら苦笑する。この親父……なかなかの曲者だ。
 殺すなと言い含め、逆に教えてやれと指示をした。まったく……、買いかぶるにも程がある。
「――始め!」
 親父は平時と変わらぬ声色で合図を送る。
 その掛け声と共に綾音が一歩踏み込み、いきなり上段から木刀を振り下ろした。
 俺を真っ二つにするが如く、鋭い太刀筋。迷いがないのは良いことだが、本当に当たったらどうするつもりだろうか。
 左足を後方に運び、半身になって木刀を待ち構える。左手で螺旋の動きを描き、今にも頭部に達しようとする木刀に手を添えた。
 手首や肘、それらを支える肩に痺れるような衝撃が走り、木刀は左肩を掠め振り下ろされた。
「ちっ!」
 木刀を手に踏鞴を踏む綾音。俺は彼女の胴を押し返し、お互いの距離を稼いで構え直す。
 心が静まると共に、えも言えぬ高揚感が湧き上がる。
 美咲さんとの模擬戦をしているような、有り難い気持ちでこの勝負を楽しんでいる自分がいた。
 綾音は感情任せのいけ好かない奴だが、親父が言う通り剣の腕は確かだ。なかなか得難い経験だと思う。
 先程の受け流しも、完璧に決まれば反動はそれほど返らない。だが太刀筋を完全に見切れず、半ば強引に受け流しをする羽目になった。
 おかげで左手の痺れがまだ取れない。グローブで保護されていなければ、左手は使えなくなっていたに違いない。
 拳を何度か握り直し、強引に血を通わせて痺れを取る。若干痺れは残っているが、ダメ-ジはそれほど深くない。
 もう一つ口にしていないハンディ。この勝負で長考は使わない。あの技に頼りすぎていては、平時の感覚を磨けないからだ。
 受け損なって痛む腕は未熟な証、更なる高みを目指そうという意識付けになる。
 再び剣の間合いに立ち、今度は正眼に構えて俺を見据える。
 ゾッとするような静かな目。何か覚悟を決めたかのように目が据わった。
 激高して乱れていた霊気は、いつの間にか研ぎ澄まされ、穏やかでありながら力強い。
 恐らく一の太刀は彼女の本気じゃない。防具のない相手に振りも鈍っただろうし、相手がどれほどの腕か、探りを入れたのかも知れない。
 だが牽制の一撃を躱され、彼女も本気になった。次は先程のような甘い攻撃は仕掛けてこない。
 その刹那、綾音が動いた。
 浅い摺り足での踏み込み。添えていた右手を外し、左手一本で突きを放つ。
 俺の目からは木刀の切っ先しか見えない。距離感を掴まさない作戦か。
 やむなく切っ先に向かい掌を広げる。この突きを弾き出すのは無理、ならば受け止めるしかない。
 右手が衝撃で弾かれ、切っ先が頬を掠める。本能的に描いた螺旋の動きが、ほんの少し攻撃を逸らすことに成功したようだ。
 右耳付近でうなる風音。引き戻される木刀が視界の端に映る。
 ――二段突き。
 木刀が引き戻されれば、また例の突きが放たれる。
 一歩踏み込み左手を引き絞るが、目の前には構え直された切っ先が待ち構えていた。
 だが綾音の弱点は綺麗すぎる太刀筋。恐らく先程と同じく手と眉間の延長線上を狙ってくる。
 どこを狙ってくるか分かれば、避けるのは容易い。
 身を屈めて右手で突きを払い除け、懐に潜り込んで胴に手を添える。
 踏み込んだ勢いを腰に伝え、体を雑巾のように絞り上げる。全てのモーメントが集約し、彼女の胸元に衝撃を加える。
 拳一個分のストローク。衝撃を逃がさぬように打ち下ろした。
 派手な衝撃音など一切無い。だが確実に左手から霊気が流れ込んだのを感じ取った。
 綾音の動きが止まり、彼女の呼吸音がすきま風のように掠れる。
 息を吸い込もうとするが、横隔膜が動かない。予期せぬ霊気が大量に流され、体が混乱を来しているのだ。
 木刀から手を離し、膝を付いて胸と喉を押さえる。
 ばたばたと足を動かしもがき苦しむが、息を吸うのはもちろん吐くことさえ出来ない。
 だが命を危ぶむほどではないことは実証済み。なぜならば、乃江さんに一発貰って体で覚えた技だから。
 高速での近接戦は、ほとんどの場合無呼吸で行われる。綾音の二段突きも恐らく同じ。
 技を放ち終えた残心の時、やっとのことで息を吸うことが出来る。
 彼女はそのタイミングを逸しただけ、水泳の時などに息継ぎをミスって、ちょっとしたパニックに陥ることがある。アレと同じだ。
 ほんの少し呼吸を乱した綾音だったが、少しずつ息を整え胸を上下させている。
 地味な技だが、戦意を削ぐには丁度いい。相手は女の子、打つなら防具の上からだと決めていた。
 膝を付いたまま動けぬ綾音に一礼し、振り返って親父の顔を見つめる。
「親父、勉強になったが、二度とこの道場には来ない」
 含み笑いをする親父に背を向け、真琴の側に歩み寄って武器を受け取る。
「ああ、いつ来ても歓迎するよ」
 人の言うことなんて聞いちゃいない。
 相変わらず得体の知れない余裕を見せる親父だった。
 姉に介抱される妹に背を向け、ニヤニヤとこちらを見つめている。
「娘の心配しなくていいのかよ?」
 あまりの放任主義に呆れ果てる。
「娘ってのは意外とデリケートなもんさ。さぁさ、綾音が跳ね起きる前に帰った、帰った」
 屈託のない笑みを浮かべ、俺たちを送り出してくれた。



 俺たちは道場を後にして、予定より早く例の公園へ向かった。
 真琴が深夜まで頑張った公園の土は、まるで畑でも耕したかのように掘り起こされていた。
「おいおい、やりすぎだろう。これじゃあ合否の判定が出来ない」
 掘りおこされた地面を踏みしめて、呆れて天を仰ぐ。
 真琴はベンチに腰掛け、我関せずといったように口笛を吹いた。
「さっきの試合を見て、この訓練の意味が分かっただろう?」
 ベンチに座り真琴に話しかける。
「いくら鋭い突きであれ、穿つ場所が分かっていれば避けれるし、避けられた後は無防備になる」
 前回の真琴の対戦を思い出す。
 一の剣は正確に刺し貫こうと向かってきた。
 だが俺目掛けて来ると分かれば、全力で避けるだろうし、目で追えないほど鋭い攻撃でも無かった。
 同じく俺の隣に座り、真琴も同じことを考えているのであろう。返事こそ無いが、俺の言葉を真摯に聞き入っている。
「突きはどうしても直線的な動きになってしまう。斬る、薙ぐ、掃う、突くという動きを習得して欲しかった」
 真琴は目を閉じて剣の動きを思い描き、小声で一の剣(ACE OF SWORD)を呼び出した。
 身の丈ほどあるブロードソードを片手で翳し、京劇のように片足立ちのポーズを取る。
 まるで手で操っているかのように空を切る剣先。右に左へとヌンチャクのように華麗に振り回す。
 呆れるほどの成長だ。一日前は飛ばすのが精一杯だったのに。
「真琴、二の剣でそれくらい操れるか?」
「むっ、出来るよ。それくらい!」
 真琴は親指を弾いてエースを消す。そして二の剣(TWO OF SWORDS)を呼び出した。
 両の手を大きく広げ、二本のレイピアが具現化する。
 だが先程と同じように剣を扱おうとして、あっちにフラフラ、こっちにフラフラ、挙げ句の果てには脚がもつれて尻餅を付いてしまった。
「あれ……、おっかしいな」
 俺自身もナイフを手に入れてから、二刀を扱うのに苦労した。
 具現化した霊気を操作するのは、想像以上に難しい。自慢じゃないが、俺自身、一度として成功した試しが無い。
「もう一回チャンスを!」
「ダメだ。怪我でもしたらどうする?」
 座り込んだままの真琴に歩み寄り、手を引っ張って立たせる。
 そして彼女の前に立ち、少し腰を落として両手を前に翳す。
「お相撲さん?」
「どすこい! ……って何をやらせる。違う、見ていろ」
 右手で大きな円を、左手で四角を描いた。
 俺は幼い頃に左利きを矯正された。だが今でも両方の手で同じくらい文字を書けるし、箸を扱うのだって苦労しない。
 それが功を奏し、両腕で武器を扱うのも苦労しなかった。
 中国の韓非子は『右手画円、左手画方、不能両成』と言っていた。まさに今やっているのがそれである。
 韓非子は左右異なる動きが無理なように、同時に二つのことを考えるのは難しいと言っている。
 だが真琴のスキルはそれを可能にしなくてはならない。ならば左右違う動きを覚えたらどうかと考えたのだ。
「別にお相撲さんのポーズでやらなくてもいい。鉛筆を握ってノートに書いてもいい」
「あれ、あれれ、これ難しいね」
 真琴も俺の動きを真似ようとするが、四角が次第に円に変化していく。
 今度は四角に集中すれば、右手が疎かになって動きが鈍る。どうやら真琴は生粋の右利きらしい。
「これは速習を競うものじゃない、時間を掛けてじっくり体に覚え込ませる訓練だ」
「頭がこんがらがってきた」
 これならば公園に限らずどこでもやれる。俺も真琴の無茶に振り回されずに済むわけだ。
 まだ太陽は頭の上にさえ達していない。今日一日でどこまでやれるか見届けようじゃないか。



BACK   NEXT   TOP
ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.