BACK   NEXT   TOP


『061 カオル先生 03』

 真琴の部屋に招かれ、キッチンで朝飯を作っていた。
 茹でた卵の殻を剥き、キュウリを輪切りにして塩揉みをしている。

 おおよそ十分ほど前。
 せんせい、部屋に来て、なんて魔力のある言葉に心を惑わされ、甘ったるい展開が待ち受けているのではないかと、ほんの、ほんの少しだけ期待してしまった。
 真琴の部屋に招かれたのはいいが、やはりそんな神展開は訪れはしない。用意してくれた座布団の上に、手持ち無沙汰で座るしかなかった。
 ピンクで統一された女の子らしいワンルーム。
 ベッドと籐のタンスが置かれているが、それほど狭く感じさせない部屋だった。
 部屋の主である真琴はといえば、早朝に訪れた珍客をもてなすべく、慌ただしく動き回る。
「お茶を煎れますね」
「いや……、お構いなく」
「朝ご飯まだですよね? 作りますね!」
「いいや、マジでお構いなく」
 まだ昨日の疲れも取れていないのに、甲斐甲斐しく振る舞う姿を見て、軽い頭痛と溜息が漏れた。
「真琴! まだ寝てろ!」
 完全復調していない真琴を気遣い、静かに横になるように窘める。
 しかし怒気を孕んだ口調に縮こまり、ビクンと体を強張らせて泣きそうな顔をする。
「先生……、怒らないって約束したじゃない……」
 身を震わせて戦慄き、涙を溜めて非難の目を向ける。
 いや、怒ってない。だから泣くんじゃない。ご近所さんに迷惑が掛かってしまう。
「口調がキツかったかも知れんが、全然怒っていない。真琴を心配しているんだ」
 約束したからには、怒らないように接しよう。言いたいことは山ほどあるが、それも真琴を心配してのことだ。
 真琴はその言葉と表情を窺い、コクンと頷きベッドに潜り込む。布団を鼻の位置まで被り、それでもこちらを見つめている。
「先生、手持ち無沙汰だよね。退屈じゃない?」
「ああ、怒らないって約束したからな……。目的の八割は達成できずに潰えた。することが無い」
 そう言うなり真琴は布団を頭まで被ってしまった。ふむ、一応怒られている理由は分かっているようだな。
 なんで怒られたのか、怒っているのか。それさえ分かっていればそれでいい。
「暇だから朝飯でも作る。座っていてもなにも始まらん。キッチンを使わせてもらうぞ」
 明確な拒絶が無いということは、了承したと同義だ。席を立ってキッチンへと向かう。
 冷蔵庫を開けて食材を探る。
 卵、豆腐、トマト、ハム、レタス。どうにも主役に欠ける食材が顔を出す。
 もっとも致命的だったのは、米が無いという事だろう。
「真琴! 米食ってないのか?」
 驚愕の事実に思わず声が出た。
 キッチンにありがちな炊飯器が無いのだ。こいつ本当に日本人か?
 遠くのほうで、『私パン食だから』なんて返事が返ってきた。そういうのは、朝だけパンを食うという意味だと思っていた。嘘だと言ってくれ。
 その言葉が嘘でない証拠に、食パンとフランスパンが買い置きされている。
「マジか?」
 米を食わない人が増えてるって聞いた事があるが、メディアの情報操作、冗談だと思っていた。
 英国育ちの宮之阪さんでも米を食う。それもマンガ盛りされたご飯を二杯もな。
「仕方ない、パン系で攻めるか」
 レタスを一枚、二枚と手で毟り取る。
 両面を優しく流水で洗い、小さく手で切り分ける。
 六等分したトマトと豆腐を飾り立て、即席サラダの出来上がり。
 粗引きコショウと酢、オリーブオイルを攪拌して少量の塩で味を調整。即席ドレッシングだ。
 そうこうしている内に、あら熱の取れたゆで卵を輪切りにして、二枚、三枚とサラダに盛り付ける。
 余ったゆで卵を潰し、ハムと塩揉みした輪切りのキュウリをマヨネーズで和え、最後に塩とコショウで味を調える。
 フランスパンを濡れたキッチンペーパーにくるみ、電子レンジに放り込む。これで柔らかくなって食べやすくなる。
 柔らかくなったフランスパンを薄く切り、皿に盛り付ける。
 テーブルには、豆腐サラダ、マヨネーズ卵、コーヒー、驚く真琴の顔があった。
「先生すごい。あっという間に作っちゃったね」
 フランスパンの上にレタスを敷き、マヨネーズ卵を乗せて手渡す。
 真琴はそれを受け取ると、大きな口で頬張って、幸せそうに微笑んだ。
「ああ、なんだかんだとキッチンに必要な物が揃っていたからな。ちゃんと自炊してるんだな。感心したよ」
 冷蔵庫の中もキッチンの道具も、使いやすく整頓されていた。
 知らないキッチンだと料理が手間取るものなのだが、手を伸ばした場所に欲しいものがある。使い込んでいる証拠だ。
「卵パンおいしい。フランスパンがこんなに柔らかくなるなんて……」
 水気を与えて電子レンジでチンで出来るからな。便利な世の中だ。
 サラダを小皿に取り分け、真琴に手渡す。
「ごはんをちゃんと食べて、元気になれ」
 その途端、真琴は表情を強張らせる。
 責められていると思っているだろうか。本当にしかたない奴だ。
「元気にならんと、出掛けられない。課題をクリアしたのに、次の段階に進まないのか?」
 そう口にして、コーヒーを口元に運んで照れ隠しする。
 真琴は沈んだ表情を一変させ、ぱあっと表情が明るくなる。
 コイツの笑顔はカナタに匹敵する。自分の笑顔が周りを明るくするってことに気付いていない。
 そんな真琴の顔を見ながらパンを囓り、ふとカナタのことを思い出す。
「そういや、栄養補給しとくか」
 最近ご飯食ってる時に、カナタに栄養補給をしないと気が引けるようになっていた。
 ポケットの中から金属の箱を取り出す。元々は薬を携行する入れ物なのだが、サイズや中の仕切りが和菓子を詰め込むのに丁度いい。
 缶をテーブルに広げると、さすがの真琴も気になったようだ。
「先生? それなぁに?」
 真琴は興味深く缶を注視する。
「ん、相棒の朝ご飯だ。失礼する」
 缶を開けると金平糖や二人静など小ぶりな和菓子が収められている。
「カナタ。栄養補給の時間だ。飯っ! 飯だぞ!」
 腰に刺していた守り刀をテーブルに置くと、まもなくしてカナタが顕現した。
 昨日より元気に飛び回り、缶の金平糖を一つ手に取り頬張る。
「な……」
 真琴がカナタを見つめ硬直している。説明もなく出したのは不味かっただろうか。
「かわいい!」
 テーブルに身を乗り出し、カナタを見つめる。
 ちなみにカナタは、通常の人には見えない。真琴は退魔士を名乗るだけあって、見鬼の才があるようだ。
「守り刀に憑いている神様だよ。俺のファイナルウェポンで、名はカナタという」
 最近魔物を吸収する機会がなく、和菓子で栄養を補給し生き長らえている。
 補給が出来なくなると、冬眠するように活動を停止してしまうらしい。それはとっても困る。
「鉄は魔を払う力があるんです。結実と枯死の端境。季節は秋のイメージ。陰陽五行だと木気の『生』に相反する『殺』ですね」
 退魔士の世界観は、西洋の四属性(火・水・土・風)+精神のペンタグラム。
 真琴が言っているのは、東洋の陰陽五行。鉄が魔を払うというのは世界共通の事柄なのだが、どうにも東洋の思想が馴染めずにいた。
 カナタに夜、闇、死、のイメージが持てないからだ。東洋思想を飲み込むことが出来ない。
 確かに死をつかさどる剣の神様で、人間の霊気や闇を吸収する。だけどカナタは陽の気に満ち溢れている。
「対極図って知ってる? 白と黒の勾玉の重なりで陰陽を表している」
 真琴が話しかけているにも関わらず、相槌も打たずただ次の言葉を待つ。
「陽の中に小さい丸で陰があり、陰の中にも小さい丸の陽がある。きっとカナタは『陰中の陽』なのだと思います」
 真琴は易々と心の疑問を口にして、小首を傾げて曖昧な微笑みを返した。
 
 
 
 朝ごはんを食べて人心地付く。
 真琴の表情にも翳りが消え、生気を取り戻しつつあった。
 午前中は体力を使うことを避け、午後に成果を見てやろうと思う。
 まずは午前中のスケジュールでも考えるか。
 PDAを取り出し、この地区を検索する。
「昨日の疲れもあるだろうから、午前は見学のみ。午後から特訓の成果を拝見するよ」
 検索した結果をメモに保存。
 午前は九時から十二時までか……、今、動き出せばちょうどいい時間かもな。
「見学? 何を見学するの?」
 疑問に思う真琴を尻目に、空いた皿をキッチンに運ぶ。
「内緒だ。皿を洗っておくから、その間に着替えてくれないか?」
 そう言って部屋とキッチンを隔てる扉を閉じる。
 着替える時間を考慮して、時間をかけて皿を洗う事にしますか。

「………………」
「先生、着替えたから出てきていいよ」
 五分くらい猶予を与えれば着替えるだろうと高をくくっていた俺は、その甘い考えを悔いていた。
 二十分ほどキッチンに缶詰状態で、冷蔵庫にもたれ膝を抱えて体育座りしていた。もう俺は冷蔵庫とマブダチだ。
 なんで女の子は着替えるのが遅いのだろうか。俺なんて一分あれば余裕で服を選べる。
 満を持して部屋に戻ると、かわいく着飾った真琴がいた。
 キャミソールにショートのパーカ。ロールアップされたデニムのショートパンツに黒のニーソックス。
 トンボ玉の長いネックレスに、同じくトンボ玉の腕輪。スカイブルーの小さなトートバックを手にしている。
 寝癖だった頭も綺麗に整えられ、うっすらと化粧まで施され、頭の先からつま先まで女の子をしていた。
「お前、修行しに行くんじゃないのか? 脱力しそうだよ」
 実際、脱力して床に突っ伏していた。
 なんか勘違いしてないだろうか。お買い物にも遊園地にも、おしゃれなカフェにも行く予定はない。
「先生と釣り合いが取れるよう、気合を入れました!」
 Vサインを送る真琴。そんな屈託の無い笑顔を見せられると何も言えない。
 ベッドの上に散乱する服を見てため息が出る。何着服を引っ張り出したのだろうか。
「よし、行くぞ!」
「あいな、先生!」
 俺の腕にぶら下がる真琴。やっぱり何か勘違いをしているようだ。
 
 
 
「有段者同士の試合が見たい……と?」
 俺たちがまず足を運んだのは、あらかじめ検索をかけておいた町の剣道場。
 見学歓迎だったので、ほんの少し無理難題を持ち掛けてみた。
 受付の女性は道場の中に引っ込み、しばらくして年配の男性が現れて同じ説明を繰り返す。
 その男性も思案にくれ考え込んでしまった。
 しかし腕を組みながらも俺を見つめて離さない。浮ついた遊び感覚かどうかを探っているようだ。
「――良いでしょう、中に入りなさい」
 そう言って俺たちを道場に招いてくれた。
「真琴。感謝して見学しろよ」
 隣で緊張している真琴と共に、靴を脱いで道場に上がらせてもらう。
 手招かれた道場の端に正座し、真琴は俺を真似て横に座った。
「真琴、剣の動きは攻撃ばかりではない。幻惑する虚の動き、攻撃に転じる動き、防御をする捌き方を注意して見るんだ」
 俺は剣術を習い始めたばかりで腕は未熟。こればっかりは実技で伝えられない。
 自分に何が出来て、何が出来ていないか、どうすれば強くなれるか。上手く伝わるといいが、それは真琴次第だ。
 それは言って理解させることではないと思っている。本人の感性だ。
 動きを見て、何も掴めなければそれまで。退魔士には向いていないのだと思う。
「――おっ」
 まもなくして二名の女性が出てきた。
 向かい合い正座の上、面、胴、小手を着用する。
 てっきり男性が出てくるものと思っていたが、有段者で、しかも女性ということに驚きを隠せない。
 しかも俺とそう歳の変わらない女性で、一番の驚きは双子だと言うことだろう。
 隣に先ほどの男性が座り、解説をしてくれるようだ。
「私の娘達ですよ。有段者は他にも在籍しているのだが、実力が噛み合う者同士が良いと思ってね」
 そう解説し、蹲踞をして待つ双子に対し、気迫のこもった合図を送る。
「始め!」
 立ち上がった二人の剣士は正眼に構える。
 両者相手の喉元を剣先で牽制し、少し狙いを外してみては相手の様子を窺っている。
 剣先が小刻みに揺れる。
 両者の剣の動きを見ると、左の剣士が動、右の剣士が静の動き。攻撃に転じようとする動の剣士を、剣先と足捌きだけでいなしている。
「双子とは言え、性格は真逆のようですね」
 動の剣士が誘えば、静の剣士は流す。
 動の剣士が烈の気迫を放てば、静の剣士は気勢を削ぐように下がる。
 俺の好みで言うと静の剣士の方が好きだな。あくまでも戦い方に限るが……。
「真琴。剣先の動きは平仮名でなんて書いている?」
 試合から目を離さずにいる真琴にヒントをやる。
 真琴もそれに気が付いてように、即答で答を口にする。
「『へ』の動き。下にさげた時に狙いを外し、相手が踏み込んでくるのを待っている」
 だが顎に指を添えて口籠もる。そして俺と同じ所感を口にする。
「反対の側の人は『の』の動きだけでいなしてます。無駄がなくて落ち着いている感じ、私はこちらの人の方が苦手かな」
 ふむ、合格。こいつは本当に優秀だ。隣の男性も感心したように頷いている。
「最初は冷やかしかと思ったけど、どうやら思い違いだったようだ」
 そう言って、自分のあご髭を撫ぜる。
 冷やかしで道場見学するかとツッコミ入れたいところだが、試合が動き言葉を飲み込む。
 動の剣士が先に動き、静の剣士が誘った小手に斬り込む。
 静の剣士は突き出した小手を胸の位置に引き戻し、死に体になった相手に突きを見舞う。
 小手を外された剣士は、相手の意図を読んでいたかのように、振り下ろした剣を斬り上げる。
 喉への突きの軸線をずらして躱し、伸びきった小手を切り上げた。
 小手への判定は本職でも難しいが、これは間違いなく一本だ。
「一撃目はフェイント、受けに回っていた相手を呼び込んだ」
 淡々と動きを伝える真琴。補足するべきことは何も無い。優秀な生徒に言葉は必要ないようだ。
「勝ち気で活発な妹と、一歩引いてしまう大人しい姉なんだよ。それぞれ良いところがあって優劣つけにくいが、剣術においては妹の方が強い」
 複雑な表情で娘を眺める目は、間違いなく父親のものだ。
 本当のところを言えば、技量は姉の方が上だと思う。
 そう思いながらも相反することを口にする。父親からすると複雑な心境なのだろう。
 後手に回って防戦一方。妹が打てと言わんばかりの隙を見せても、攻めきれない優しい性格の持ち主なのだ。
 結局三本とも妹に軍配が上がり、一方的な結果となった。
「真琴、勉強になったか?」
 横に座り片時も目を放さなかった真琴に声を掛ける。
 真琴は目を閉じて、指揮者のように指を動かす。
 さっきの試合をシミュレートしているようだ。なにやらブツブツとつぶやいている。
「先生の意図、なんとなく分かりました」
 真琴は目を開けて、納得したかのように頷く。
 そうでないとココまで来た甲斐が無いってもんだ。
「本日は、良い機会を与えていただき有難うございました」
 父親にそう言ってこの場を離れようとした時、動の剣士が駆け寄って物言いをつける。
 しかも烈火の如く怒っているようだ。
「あなた。私の剣を『屁』って言っていましたね。そこまで言うなら腕も確かなのでしょう? 私と立会いなさい!」
 いや、『へ』と言ったのは俺じゃありません。隣のお子ちゃまです。
 そんな言い訳が通用しないことは重々承知。無言のまま動の剣士を見つめ返す。
 なんだか退っ引きならない状況に追い込まれたような気がする。
 父親は苦笑して傍観者を決め込んでいるし、何とかこの場を取りなして欲しい。パパ、助けて。
「察するところ、なかなか心得のある若者のように見受けられる。娘の言う通り手合わせしてみては如何かな?」
 苦笑交じりの父親から発せられた言葉は、とんでもない爆弾発言だった。



BACK   NEXT   TOP
ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.