BACK   NEXT   TOP


『060 カオル先生 02』

「俺たちの杞憂みたいでしたね。学校、住所、狩場ともシロでした」
 報告のためにマンションに寄り、部屋で待機してくれていた美咲さんにそう伝える。
 一応メールで報告をしていたのだが、待機していてもらってそれだけで終わりというのは味気ない。
 大切な事柄は口頭で伝える、それが退魔士のセオリーだ。
 まあ、なんだかんだと言い訳したが、美咲さんの顔が見たかったというのが本音である。
 彼女も報告を聞き、ホッと胸を撫で下ろしている。
「課題を出しておきましたから、当分はおとなしくしているだろうと思います」
 あいうえおを書く課題、三分でやり遂げようとすれば一文字四秒以内に書く必要がある。
 実際に腰丈の棒を手にしたとしても、やり遂げるのは難しい。
 けれど剣は直線と円、虚と実の動きが必要だ。曲線を多用する平仮名を選択したのは的を射ている。
 おそらく課題をクリアした一の剣は手ごわくなるだろう。
「そうですか。そう聞いて安心しました」
 美咲さんはそう言いながら、温かいお茶を入れてくれた。
 ほうじ茶の香りが心を和ませる。
「あ……、帰りに和菓子を買って来たんですよ。最近カナタがハマってまして」
 狩りをしない代わりに、甘い物の補給は欠かさない。それがカナタとの約束だった。
 絵合駅のショッピングモールに、「両口屋是清」の商品を扱った店があった。そこでカナタが好んで食べる「二人静」を買って帰った。
 紅白の和三盆をキャンディみたいに包んだお菓子。見た目にも可愛い。和三盆好きのカナタにぴったりだ。
 ショーケースの展示を見て「ふたりしずか」と注文したら、このお菓子は「ににんしずか」と読むのですよと教えられた。
 今日はまたひとつ賢くなった。
「二人静ですね。一度食べてみたいと思っていました」
 そう言って、和紙を敷いた小ぶりな菓子器へ、一つ、二つと並べて彩る。
 さすが良家のお嬢様。料理は下手だが、こういう感性は伊達じゃない。
 さっそく守り刀を台の上に乗せ、カナタを呼び出す。
 今日は面識のない人と会うので姿を隠していた。
 喫茶店でケーキを注文した時も、いつ姿を現すんじゃないだろうかと肝を冷やしていた。彼女も相当我慢していたに違いない。
「カナタ。お菓子を買って来た。お茶もあるぞ」
 すぐさまカナタが飛び出し、ほうじ茶の香りを嗅いで恍惚とした表情を浮かべた。
「また和三盆系の菓子を買ってみたが、練り切りとか最中とかもいけるクチなのか?」
 和三盆と言っても、種類がそうある訳でもない。ネタに困らないうちにリサーチしておかないと、買い物にも行き詰まってしまう。
「甘味ならなんでも問題ないが、出来れば冷やし汁粉の泳ぎ食いなどやってみたい」
「それは却下だ。泳ぎ終わったあとどうする。そのまま頭の上に乗るのか?」
 カナタは頬をぷうっと膨らませ、和紙の包みを解いて菓子を口にする。
 ほっぺたを膨らませながら、ポリポリと食べる姿を眺め、幸せな気持ちになってくる。
 喜んでいただけて、飼い主として嬉しい。存分に栄養補給しておくれ。
 美咲さんも、和菓子を一口。口の中で転がしながら、ほっぺたを押さえた。
 まさにほっぺが落ちるような表情、そこまで喜ばれると買ってきた甲斐があるってものだ。
 美咲さんはお茶で喉を潤し、ふと何かに思い当たったように話しかけてきた。
「藤森……真琴さん。どんな方でしたか?」
 真琴か、そう聞かれると返答に困る。元気印のちびっ子、見た目より大人びた心の持ち主だ。
「なんか明るくて元気一杯な感じですね。ランク上げの動機も退魔士らしいものでした」
 今日一日で真琴から受けた印象を口にする。
 俺が中学生の頃、あんなに元気だっただろうかと思える程だ。
 俺はあんなに外向的ではなかったな。むしろ人との触れ合いを避けていたし、比較対象にはふさわしくない。
 だが美咲さんは釈然としない表情をし、何かを言おうとして飲み込んだ。
「――なにか?」
「あっ、いや……、やっぱり私の思い違いかも知れません」
 らしくない、歯切れの悪い言葉を口にして苦笑する。
 今日一日思い違いで走り回った。
 しかし、それほど悪い一日でもなかった。真琴という生徒に出会えたからな。
 今までの修行は自分が精進して強くなるためだったが、違う価値を見出せたのは大きい。
 誰に自慢出来る訳でもない努力。それが人の役に立てるのは初めてじゃないだろうか。
 これからも折を見て、真琴の手ほどきをしたいと思っている。
「課題がクリアされたら、また彼女を手ほどきをしようと思います。その時は修行をサボる事になると思いますが、先に謝っておきます」
 そう言って頭を下げた。
 行きがかりとは言え、約束は反故にしたくない。
 けれど、それは言い訳に過ぎないのかも知れない。
「いえ、お約束ですからね。それに教えられるばかりではなく、教える側の気持ちを理解すれば、カオるんにとってプラスになると思います」
 美咲さんは、そう言って快諾してくれた。
 そうか両方の考え方か。教えられるばかりでは、教える人の気持ちは理解しにくいものだ。
 何を教えたいのか。そう考えることも重要だ。今まではがむしゃらにやっていたが、そういう分岐点に立たされているのかも知れない。
「そうですね。定期的に見てやらないと、約束破ったと言って乗り込んでくるかも知れない」
「それは困ります。それに課題に手間取っているのなら、こっそり見に行くくらいじゃないと、いい先生になれませんよ?」
 そうだよな。教える内容は分かりにくく、宿題だけは多く出す先生は最悪だ。
 アフターフォローが必要かも知れないな。がんばれよってメールを送りつけてやるか。
 PDAを手に取り、メールソフトを起動する。
「手間取るってのは無いみたい。生徒は先生が思っているより優秀だ」
 受信されたメールの表題を見てつぶやいた。
 
『subject:やった! 五分切ったよ。もう少しです』
 
 努力する生徒は可愛いものだ。いとおしくて胸が締め付けられるような気持ちになる。
 別れてから数時間、ずっとがんばっていたのだろう。課題もそう時間がかからないだろうと確信した。
「まぁ……。カオるんの修行が疎かになってしまうかもしれませんね」
 メールの題名を見て、美咲さんが目を丸くして笑う。
 生徒の能力を甘く見すぎたかも知れない。
「明日は日曜だし、一日頑張ればクリアしてしまうかも知れませんね」
 美咲さんは不意に立ち上がり、部屋の片隅に立て掛けていた木刀を手にして微笑む。
「軽く手合わせしませんか?」
 キョウさんに聞いた通り、美咲さんの腕前は確かなものだった。
 剣術を教わり始めて数日だが、お互い無言で構えているだけで通じ合うものがある。
「やっぱりこれをやっておかないと落ち着かないね」
 放り投げられた木刀を受け取り、握りを確かめて微笑みを返す。
 日が落ちるまで数時間。剣を交え、叩きのめされるには十分な時間がある。
 屋上に立ち、木刀を手に一礼。切っ先を相手に向け、雑巾を絞るように柄を握り込む。
 風切る切っ先が目の前を通り過ぎる。反射的にバックステップを踏み、美咲さんの初太刀を回避。
 彼女が手首を返すと、木刀は足元で八の字を描く。
 いちいち木刀を目で追っていては間に合わない。相手の目と手、発する剣気で攻撃を察知しなくてはならない。
 感覚を研ぎ澄まし、反射に近い速度で美咲さんの木刀を打ち返す。
 白樫の打ち合う音が響く。
 正眼に構え直される動きに合わせ、一歩踏み込んで鍔競り合い。
 だがこの木刀には鍔などない。木刀を握った手で攻撃をいなし、相手を最適な間合いに吹き飛ばす。
 互いの狙いは上段からの振り下ろし。空で木刀が交差し、肩を掠めて脇に弾かれる。
 美咲さんと俺との間には、邪魔な木刀は存在しない。チャンスでありピンチ。
「相打ち覚悟で打ち込む勇気があれば、この勝負面白くなっていた」
 キョウさんが教えてくれた一言が、頭の中でリフレインする。
 飛び込む勇気に欠けていること。それは俺にとって長所でもあり、同時に弱点でもある。
 山科さんがいつも自爆の護符を手にしているのと同じく、勝負には覚悟が必要なのだと知った。
 俺は迷わず踏み込んで、美咲さんの胴を薙ぎ払う。

 ドスンと肉を叩く音が屋上に響き渡る。

 手応えのない木刀と脇腹に感じる痛みが、勝負の結果を知らせてくれた。
 美咲さんに一太刀浴びせるのは、まだまだ先になりそうだ。
 
 
 
 午前二時のタイムスタンプのメール。
『subject:課題をクリアしたよ。動画を見てね!』
 翌日メールを確認し、三分少々の動画を見た後、PDAを握りつぶしそうになった。
 霊力を極限まで使い切り、ふらふらになりながら課題をクリアする真琴の姿。
 公園の街灯の光で、課題の文字はよく見えなかったが、そんな事は問題じゃない。
 目の前が真っ暗になり、何も考えずにバイクに飛び乗った。
 一応礼儀として到着する前にメールを入れておいたが、真琴からの返答は無い。
 こうして家の前で立っていても仕方がない。あらかじめ聞いておいた番号に電話を入れた。
 五回ほどコールしたところで真琴が電話に出て、眠たげな声を発した。
「カオル先生、おはようございます……」
 そりゃそうだ。あんなに根を詰めりゃ、寝不足にもなるってものだ。
 相手の本質を見極めきれず、安易な課題を出した自分に腹が立つ。だが真琴の無茶に、それ以上の怒りを感じていた。
 文句の一つでも言ってやらないと収まらない。それほどのショックを受けたのだ。
「カオル先生だ、おはよう。ただいま午前五時十分だが、俺は真琴のマンション前に立っている」
 出来るだけ冷静に会話する。ちょっと油断すると怒鳴ってしまいそうだ。
「え? えええ〜」
 素っ頓狂な声とベットから跳ね起きる音、カーテンを開ける音が、電話とリアル、両方から聞こえた。
 目の前のワンルームマンション。その二階の窓から覗かせる真琴。イチゴ柄のパジャマがよく似合っている。
 数秒ほど沈黙があり、おっかなびっくりの声が電話から聞こえる。
「……先生、もしかして怒ってます?」
 俺の顔を見て真琴が小声で話す。ええ、怒ってます。
「――いや、怒ってない」
 出来るだけ冷静に話す。
 口数が少ないのは、ふとすると怒り出してしまいそうだから。
「嘘! 怒ってる……。すごく怖い顔してるもん」
 真琴はカーテンの後ろに隠れ、目だけをこちらに覗かせる。
 ばれたか……。いや、相手は真琴だ、まだ騙せるはずだ。
「先生は怒ってないですよ、ほらほら」
 声を優しげに装い、猫撫で声を発した。うむ、完璧、これで大丈夫。
「嫌! 声が笑ってるのに顔が怒ってる。お笑い芸人の「笑いながら怒る人」みたいで怖い!」
 ……どんな比喩だ。
 それだけで分かってしまう俺も俺だが、しかしアレは笑い顔で怒る芸だったと思うぞ。
 けど言いたい事はよく判る。なかなか的を射ていて面白い。
「怒ってないから出ておいで」
 真琴の台詞に若干ウケた。少し笑ってしまい、さらに角が取れたに違いない。これならどうだ?
「ほんと? 怒ってない?」
 ちょろい。お子ちゃまは騙されやすい。
「嫌! いますごく悪そうな顔した。うわーん、先生怖いよ」
 電話とリアル両方で響く子供泣き。早朝だというのに近所迷惑だ。
「こら! 泣くな」
「うわーん」
 ヤバい。マジで騒音公害だ。
「絶対に怒らないから……、泣き止んでくれ」
「……ほんとう?」
 またカーテンから目だけを出して覗き込む。
「……………………」
 無茶苦茶見られてるよ、オイ。
 真琴だけじゃなくて、ご近所様からもガン見されている気がする。
「人の目が気になる。もうココにはいられない」
 羞恥に耐えかねて逃げ出したくなる。というか、腰から下はもう逃げている。
「せんせい……部屋に来て」
 真琴の口から発せされたのは意外な提案、そしてドキッとするほど艶めかしい声だった。
 だがそれを素直に聞いてしまう俺って、ひょっとして心の弱い男なのだろうか?



BACK   NEXT   TOP
ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.