BACK   NEXT   TOP


『059 カオル先生 01』

 藤森真琴は(てい)のいい喫茶店に入り、四人掛けのテーブル席を陣取った。
 目の前に俺を座らせ、向かいの席でメニューを逆さに開いてテーブルに広げた。
「なかなかいい場所を選んだな」
 客の少ない落ち着いた雰囲気の喫茶店。
 藤森真琴はプランターで仕切られ、目立たぬ席を選んだ。人に聞かれたくない話をするには最適の場所だ。
 なるほど、このお子ちゃまが退魔士だって、ほんの少しだけ真実味を帯びてくる。
「アールグレイ、イチゴのショートケーキ」
「アーモンドオーレ」
 ウエイトレスにオーダーを通し、早々にテーブルから下がってもらう。
 藤森真琴はテーブルに頬杖をつき、にこにこと微笑みながら俺を見つめる。
 髪を赤のシュシュでシングルテールに纏め、目鼻立ちは子供っぽいが悪くない。大人から子供まで、万人に好かれる顔立ちだ。
 注文していた物をテーブルに届け、ウエイトレスは伝票をさり気なく裏返し、一礼して店の奥へ下がっていった。
 人に聞かれて不味い話をする場合、こうして注文の品が届くまで無言でいるのが一番だ。
 藤森真琴は店の中を見回して、やっとのことで口を開いた。
「カオルさんって全然そんな風に見えないね。それにケーキなんて頼んじゃうなんて、意外」
 頼んだアーモンドオーレをかき回し、上目遣いでこちらを見る。
「藤森真琴。キミもそうには見えない。それにケーキは栄養素として必要なのだ」
 自称中学生二年生、けれど見た目は悪くすると小学生だ。
 そんなお子ちゃまが『退魔士』とか言われてもな。夜中に一人で歩いてると一発で補導されるだろう。
「おじちゃん、おばちゃんに声を掛けられたりしないか?」
「あうぅ、暗い夜道を歩いていたら危ないよ。明るい道を歩いて帰りなさいね。なんて、よく注意される……」
 ニコニコ笑いながら、会釈する藤森真琴の姿が目に浮かぶ。
「あ、こういう時はフルネームで呼ばないで。――真琴でいいよ」
「す、すまん。こういう場に慣れてなくてな……」
 真琴が退魔士という単語を使わず話したのも、俺をあえてカオルと呼んだのもそういうこと。情報漏洩を最小限に留めるためだ。
 女の子の名を呼ぶのに抵抗を感じているようでは、まだまだ心構えもなってないってことだ。
「ライセンスを手にしたのはつい最近だし、その前は普通に学生をやっていた。女の子の名を口にするのはやはり抵抗がある」
「カオルさん、顔真っ赤だよ。ふふふ、カワイイ!」
 どうやら主導権は真琴に握られてしまったらしい。年下の女の子にからかわれるってのは、どうにも居心地の悪いものだ。
 ちょうどいい感じに葉の開いたアールグレイをカップに注ぎ、口元に運んで独特の匂いを堪能した。
 ほんの少し心を落ち着けたところで、主導権を取り戻すべく口を開いた。
「そう見えるかどうかは関係ないと思うがな」
 そう自分に言い聞かせるように話す。
 重要なのは、真琴の住む場所と学校、退魔士としての狩場を知ることにある。
 危険な場所に踏み込んでいたら警告し、省庁経由で退去勧告をしてもらわねばならない。
 俺はそのためにここに来た。決して退魔士としての才能を競いに来たのではない。
「そ、そうだよね。……失礼な事言ってごめんなさい」
 真琴はそう言って頭を下げる。
 こいつのこういう素直なところは嫌いじゃない。だから余計、危険な目に遭わせるわけにはいかないのだ。
 だが、いきなり女の子に家を教えろなんて、変質者と疑われかねない。
 とりあえずは俺を知ってもらうべきか。実力を知り、きちんと話せる状況を作らないとな。
「ん……、そうだな。スプーンを持ってみてくれないか?」
 頭に疑問符を浮かばせる真琴。戸惑いながら受け皿に避けていたスプーンを手に取る。
 真琴が手に持つ間に、おれはケーキを小口大に切ってフォークに刺しておく。
 真琴の視線がそれからと見つめ返す前に、スイッチを切り替え長考状態に移行した。
 瞬時に景色は色を失い、耳に届いていた音は全てかき消される。
 俺は身を起こして真琴のスプーンを手に取り、代わりにケーキの刺さったフォークを優しく持たせる。
 長考時間の限界が訪れる前にやり終え、何食わぬ顔で椅子に深く腰掛けた。
「――ケーキのおすそ分け」
 真琴の持っていたスプーンを指で弾いて、手元の受け皿に置いた。
 余裕たっぷりの態度に見せているが、結構ギリギリのタイミングだった。
 美咲さんのような長考はまだ出来ない。修行が全然足りていないのだ。
 それでも自分のタイミングで能力を発動出来るようになったのは成長の証。これからもっと集中出来るようになればいい。
 真琴は手に持ったフォークをマジマジと見て、それを口に運んだあたりで表情が輝き出す。
「はむっ! カオル先生、凄いじゃない。ねえねえ、もう一回やってみて」
 誰が先生だ。
 その気になれば出来ないことはないが、いかんせん気が緩んでしまった。
「手品じゃないんだ。 何度も見せるようなものじゃない」
 こういうのは相手が気を抜いた瞬間を狙うのが一番効果的だ。相手は退魔士だ。注意深く見定めれば残像くらいは目で追えてしまう。
 瞬きした瞬間や視線が定まらない時を狙う方法。美咲さんから教わった長考の基本だ。
 そろそろ種明かしの時間と行こうじゃないか。
「俺は可能な限り高速に、スプーンとフォークを入れ替えただけだ。魔法使いでもなければ手品師でもない」
 そう告げてアールグレイに砂糖を二個放り込み、甘ったるくなった紅茶を飲み干した。
 甘い紅茶が体に溶けるように染み渡る。体は不足した栄養素を摂取したがっている。
 長考能力は脳の活動をアクセラレートしたもの。肝心の脳が必要とする糖分を補給しないと、色々と不都合が生じてくるのだ。
 だが真琴の表情は冴えない。深く考え込むように窓の外を見つめ、なにやら深いため息を漏らした。
「ランクCってこんなにレベルが高いんだ。ちょっとショック」
 高速の動きを見切れなかったことに、少なからずショックを受けているのだろう。
 確かに甘いのかも知れない。
 ランクAと比較するのはどうかと思うが、バックアップの宮之阪さんも、近接戦闘のスペシャリストと拮抗出来る腕前だった。
 遠距離支援だから動きは素人でもいい。そんな奴はすぐに淘汰されてしまう。狩りはそんなに甘いものじゃない。
「真琴はランクを上げてどうするんだ? 就職に備えた資格のつもりなら止めた方がいいぞ」
 本音を聞き出すには、そこそこ相手を怒らせるに限る。
 若干カチンと来そうな言葉を使い、真琴の反応を窺ってみた。
 まずは、退魔士への動機。狩りへの意欲を探りたい。
「退魔士の資格が、一般企業の就職に役立つ訳ないでしょ!」
 隠語を使うことすら忘れている。ちょっとカチンと来たらしい、……思う壺だ。
「じゃ、どうしてこの道を選んだ? なぜ強くなろうと思う?」
 俺の繰り返される質問に、真琴は怒りをあらわにする。
「だって、退魔案件なんてランク上の人達がさっさと片付けちゃって、適正レベルには回ってこないんだもん!」
 ふむ、言っていることには嘘はない。たしか、雑魚狩りしてる上級者もいると聞いている。
 日々食う分は困らないし、命の駆け引きも要らないからな。
 確かそういうのもレベル縛りの弊害だとか聞いた覚えがある。新人が育ちにくいのだそうだ。
「なるほど。ランク上げの件は分かった」
 意味ありげにそう言うと、真琴は表情を窺うようにコクコクと頷く。
 後はなんだっけ。不自然じゃないように聞き出さないとな。
 その前に……、気になることを聞いておかないといけない。
「試験ってどんなことをするんだ?」
「…………」
 真琴は呆然と見つめ返す。なんか変なことを聞いただろうか?
 テストでなにやるか分からなければ教えようがない。俺はそのために呼ばれたのだから。
「カオル先生って試験受けたことないの?」
 頷く俺を見て、真琴の顔が曇りだした。
 話の展開をマズったか?
「省庁に申請してライセンスを取得したからな。こないだまで普通の学生だったと言っただろう?」
「それって凄くない? 特例でライセンスを発給されるなんて、相当実力を評価されていないと無理だと思う」
 真琴は目を輝かせる。目の中に星が一杯だ。
「ふむ、お偉いさんの考えることはよく分からんな」
 霞ヶ関での出来事を思い出して首を傾げる。
 確かに面接に立ち会ってくれた三人はかなりの腕前だと認める。
 だが実力を見せたわけでもなく、言われるがままランクCを貰っただけだ。
 実技試験も筆記試験もない。二つ三つ質問に答えただけだ。
 あるとすれば美咲さんや乃江さんのおかげだろうか。彼女らの名を口にして、苦々しい顔をしていたからな。
「試験で何やるかわからんし、俺なんかが教えてもプラスにはならないかもな」
 まあ実際、豊富な経験をアドバイス……なんて出来ないからな。
 だが真琴はブンブンと首を振り、キラキラした目のままで否定した。
「実戦型なんて願ってもない。是非ともお願いしたいです」
 そういって鞄の中から冊子を取り出す。
 退魔士資格試験受験概要。なんでそんな大っぴらに冊子とか印刷してるんだ?
 基本この世界のことは秘匿されるべき情報じゃなかったのだろうか。証拠を残してどうする。
「ええっと、実力の判定は模擬戦で決定されます」
「それは受験者と戦闘するのか? それとも上級者の胸を借りるのか?」
 知らない事ずくめだ。退魔士の経験値で言えば、真琴の方が上なのかも知れんな。
「それはマチマチです。実力的に噛み合うなら受験生同士。それ以外は上のランクの人が試験官になるようです」
 そうだな。試験官も百人と戦えって言われても困るだろうし、体力、霊力に限りがあるもんな。
「俺は近接戦闘タイプだ。それで良ければ見てやらないでもない」
 その言葉を聞いて、真琴は感激して目を潤ませる。
 そんなに喜んでもらうと、こちらも悪い気はしない。
 だが本題を忘れてはならない。
「その前に、お前の家、学校、狩場を教えろ。教える相手の素性を知らないと話にならん」
「……学校?」
「真琴との姿は見られたくない。噂ってのは広がるのが早いからな」
 さっきから考えていた練りに練った一言。多分不自然じゃないだろうと思う。
「……私はカオル先生との姿を見られてもいいけど」
 真琴は少し渋り口調で俯く。上手く誘導出来なかったか。こんなに考えたのに、がっくりだ。
「先生に迷惑かかっちゃうよね。こんな子と一緒じゃ」
 そう言って俺をジッと見つめ返す。
 小さい顔、少し悲しげな表情。真琴の顔をマジマジと見るのは、今がはじめてかも知れん。
 幼さの残る顔立ちだけど、将来絶対かわいくなる。今とは質の違うかわいさに……。
「そういう意味じゃない。第一ここで一緒にいて迷惑だと感じていない。だが……、妖しげな場所だと幼女誘拐だと思われるかもな」
 そういう俺の言葉で一喜一憂する真琴。最後の台詞で机に突っ伏した。
「誰が幼女ですか。 酷い! カオル先生酷いです。気にしてるのに」
 真琴は盛大に嘘泣きを始めた。
 しかしこいつ、表情豊かで見ていて飽きない。
 こいつに感情移入し始めていることに気が付き、それでいて突き放すことが出来なかった。



 結局真琴は渋ったものの、家や学校、立ち回り先と狩場を聞き出した。
 判定はセーフ。どうやら杞憂だったようだ。
 俺たちは喫茶店を後にして、この辺りに詳しい真琴の案内で、人気のない公園に来ていた。
「じゃ。一丁やってみますか?」
 軽い模擬戦。まずは相手の動きを見ないと教えようがない。
「はい! カオル先生、お願いします」
 真琴はハキハキと礼を欠かさず、頭を下げて戦闘態勢に入る。
 その瞬間やわらかかった霊気が刺々しく変化した。
 これは手を抜くと不味い。マジで行かなければ怪我をする。
ACE OF SWORD(一の剣)
 詠唱と同時に真琴の翳す両手の前に一本の剣が具現化される。
 その剣は意志を持ったように動き出し、目にも止まらぬ速度で俺を穿とうとする。
「霊気を物質化する能力か!」
 青白く光る剣は確実に俺を狙っていたが、不意に切っ先が向きを変える。
 剣が斬り裂いた風が頬を撫でる。どうやら気を使われたようだ。
「手加減していては、実力が分からないぞ」
 真琴は拳を握りしめて、駄々っ子のように振って見せる。
「だって! いきなり無防備な人に攻撃出来ないよ!」
 こういう甘いところもランク相応といったところか。彼女らしく優しい面だが、この場合はマイナス評価だな。
 彼女は気を取り直して掌を俺に向ける。そして再び剣を具現化した。
 頭の中で長考、超高速視認モードへ切り替え、腰に挿した斬鉄ナイフを左手で抜き放つ。
 飛翔する剣の軸線をずらし刃を走らせる。
 狙いを逸らされた剣は力を失い、背後で気配を消す。最初に触れた時には鉄の感触がしたものの、切断を試みた時にはそう抵抗も無く斬れた。
 真琴の具現化能力は魂喰いのソレと比べ、稚技に等しいものだった。
「あぅ……、エースが……」
 霧散して消える剣にショックを受け、彼女は隙だらけ。そんな彼女を戒めるべく、一気に距離を狭めた。
SEVEN OF SWORDS(七の剣)
 俺との距離を保つべく、後退しながらの詠唱。
 空間に現れる七本のレイピアは、ショットガンのように弾き出され飛翔する。
 身動きを止め、その剣に目を移す。そして命中する軌道を描く三本のみを弾き飛ばした。
「もういい。わかった……」
 残り四本が攻撃を再開する前に静止をかける。
 空間に停止していた四本のレイピアは、真琴の合図と共に煙のように消えた。
 こいつがランクEでいる理由がわかった。
 一本の剣を出した時には最高精度で狙いを定められたが、七本だとおおよその方向でしか制御出来なかった。
 だが問題は戦い方であって精度ではない。持ち前のスキルを使いこなせば勝機は生まれると思っている。
 俺ならば七の剣を先に見せて足止めする。そして一の剣は最後まで見せず、追い込まれた風に装い近距離で撃ち込む。
 足りないのはその手駒を使い、相手を追い込む戦闘的思考だろう。それを彼女に求めるのは酷だろうか。
「お前が伸び悩んでいる理由が判った。もういい……十分だ」
 ナイフを腰に差し直して戦闘態勢を解除する。
 空間に剣を具現化するスキル。案外使いこなせば厄介な技かも知れない。
 直線的な動きだけは見切られるが、自由に身の回りを飛ばれたら躱しきれない。
 一本、いや三本程完璧に操作出来れば、ガチの近接ならかなり苦戦するに違いない。
「真琴……、またエースを出せるか?」
 見るからに落ち込んでいる真琴を手招きベンチに腰掛ける。
 そして弱点を指摘するでもなくエースを出させた。
 真琴は小声で詠唱し、一本の剣を具現化する。空間に浮かぶ剣は、主の意思を待っているように見える。
「どこまで器用に操れるかが鍵だ。そいつで地面に文字を書いてみようか」
 真琴は無言のまま重い剣をゆっくりと動かし、地面に「あ」という文字を書く。
 ふむ、一文字十秒くらいだろうか。
 剣を刺す動きにはそこそこ精度はあるが、それほど器用に動かせるものではないということか。
 目標値を高く設定しても、生徒はついてこれない。さて……どうするべきか。
「とりあえずエースで五十音すべてを三分以内に書けるように。それが出来るまで狩りは禁止。この訓練に集中してくれ」
 訓練に集中して欲しいのはもちろんだが、安全地帯とはいえ目立つことは避けて欲しい。そういう意図が含まれていた。
 真琴はしぶしぶながら頷く。
「それが出来たら次の段階に進もう。その時はメールで連絡してくれ」
 その一言を聞き、真琴の顔が見る見る明るくなった。
「見捨てられるかと……思った」
 真琴はそう言うなり、ポロポロと涙をこぼす。
 子供のように感情に任せた涙ではない、少し大人の涙のように思えた。
 秘めたる決意が垣間見える。彼女は本気で退魔士を目指しているのだと。そうでなければこんな涙は流せはしない。
「見捨てたりはしない。思うように剣を操れれば必ず強くなれる。そんな可能性を秘めている」
「ほんと? ほんとにほんと? そう言われるとがんばらなくっちゃって気になる!」
 そう言って笑う真琴の顔は、本当に輝いて見える。
「またな。精進しろよ」
「はい! 先生!」
 にこりと微笑む真琴を見て思う。
 生徒ってこんなに可愛いんだ。先生って職業は案外いいものだと思い始めていた。



BACK   NEXT   TOP
ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.