BACK   NEXT   TOP


『058 カオル先生 00』

 連休明けの土曜日。
 今日は午後から美咲さんの特訓を受けるべく、彼女のマンションへと向かっていた。
 初夏とはいえ連日最高気温を記録する猛暑、屋外での修行は過酷を極める。
 飲み物でも買って行くかと足を止めたが、財布を手にして突っ伏した。中には六十円しか入っていなかった。
 こないだの旅行費用に加え、カナタと約束した和三盆を大量購入し、所持金が枯渇していたのをすっかり忘れていた。
 だがそんなことでは慌てない。高校生らしからぬ貯蓄を持つ俺には怖いものなんてない。
 踵を返して駅前の銀行に向かい、現金自動預け払い機の前で小首を傾げる。
「あれ?」
 残高照会の金額表示が、予想したものより多い。
 前に照会したレシートを財布から引っ張り出し、表示された金額と見比べて指差し確認する。
 手元のレシートには千飛んで六十万円。大きな買い物といえば、護符や風弾の支払いを済ませた程度だ。
 だが現金自動預け払い機に表示されたのは、中古のマンションが現金で買えてしまいそうな金額だった。
「うぉっほん」
 俺を待つ客の列から、隠語で早くしろとの合図が飛んだ。
 慌てて五万円ほど引き出してその場を後にする。
 駅前のコンビニエンスストアでスポーツドリンクを買い、原因と思しき美咲さんの部屋へと駆け込んだ。
「お邪魔します。美咲さん、いる?」
 便宜上玄関先で声を掛けたが、部屋の奥からはなんの返事もない。
 少し寂しい思いをしつつ、玄関先でスリッパを用意して廊下を進む。
「ごめんなさいね、少し考えごとをしていまして」
 広いリビングの奥、ギタースタンド近くのテーブルに座り、キーボードをぶっ叩いていた美咲さんが振り返った。
 後ろに回りモニターを覗き見ると、表計算ソフトで帳簿を作成中だ。
「事務処理してたんだ?」
「はい、月初なので帳簿を付けてたんです。一応チームの代表者なもので……」
 表計算ソフトには仲間全員の名前があり、もちろん俺の名前も加えられている。
「今までの計算式ではマリリンとカオるんの項目が無かったので、追加がてらに計算式を見直していたんですよ」
 彼女はそういって給与明細と書かれた封書を手渡す。
「そういや、銀行残高が大変なことになっていて、心の準備が出来てなくて固まってしまいましたよ」
「そ……、そうですか。一瞬嫌味を言われたのかと思いました。カオるんはまだ相場を知らないのですね」
 美咲さんは困惑した表情で見つめ返し、どんよりとした雲を背負いながら机に突っ伏した。
「魂喰い案件の予算を頭割りして、見回りがてら討伐した霊や魔物を足しても、ランクAの退魔士四人とカオるんを食わせていけるほど、報酬もらってないんですよね」
「えっ、そうなの? 銀行には二千万くらい振り込まれていたけど?」
「ランクAがまじめに一ヶ月働けば、安く見積もっても三本くらい稼げちゃうんですよ」
「……一日百万円の計算か。火車の時に討伐した小鬼の報酬を思えば、それくらい軽く行っちゃいそうだな」
「毎月給料後には、アホらしい、うち辞めるわ、なんて言われるんじゃないかと、内心ビクビクしているんです」
 なんでそこで山科さんを実例に用いるかな。
 確かに彼女は金にうるさい守銭奴だ。だけどそれを上回るほど義理堅く、頼れる人だと思うんだけどね。
「カオるんだって、一度甘い汁を吸ったら、馬鹿らしくて辞めちゃうかも知れません」
 鼻息荒くも言い切った。俺はまだランクCだし、割といい給料を貰っている気がするが。
 封書の中から給与明細を取り出し、マジマジと見つめる。所得税分を差っ引いてあるし、やはり過分な報酬だと思う。
「カオるんが一番不利なんですよ? 気づいてましたか?」
 煮え切らぬ表情を見て、涙目で語りだす美咲さん。
 飲み屋で愚痴をこぼす中年サラリーマンのように、そこはかとなく哀愁が漂っている。
「私は戦いの時、ギターを使ったりしますよね? 靴は特注で金属プレート入りだし、靴下は防刃仕様、上もそれなりの物を着用してます。それでも個々の値段はそれほどでもありません」
「確かチタンプレート入りの靴だよね。アレってそんなに高くないの?」
 さすがにニーソックスは履けないが、チタンプレート入りの安全靴は欲しいと思った。
 だが美咲さんは俺の横槍など耳も貸さない。勢いそのままに捲くし立てた。
「カナタは美術品としての価値を含めると数千万、かわいさを加味すると億の価値があります。それにお母さんのナイフは、制作費だけで三千万以上かかっています」
 カナタのかわいさはどうでもいいとして、あのナイフはそれくらい価値のあるものだったのか。
 確かに美苑さんは一番高価なナイフだと言っていたが、所詮はナイフ、一本数十万くらいのものだと思っていた。
「投資に見合った見返りではない……と?」
 かわいいカナタを億として、二本合わせてざっと一億三千万。それを武器に戦い、月二千万の収入では割に合わない。
 よく考えてみれば、ナイフ一本失えばその月は一千万の赤字になる。かなりリスキーかも知れない。
「そうですね。それに体が資本ですからね。怪我して動けなくなれば、いきなり無収入になりますもの。貯蓄しておかないと、老後が大変です」
 命と武器と二つを投資して、あの報酬だと安いかも知れない。
 ついでにカナタは二度と手に入らない武器だ。彼女に値段なんか付けられない。
「ふむ……納得。では早速給料を上げ――」
「無い袖は振れません。それに報酬欲しくば、夜な夜な狩りをするべし!」
 それを言われるとぐうの音も出ない。
 俺が修行でヒーコラ言っている間に、彼女らは交代で狩りに出かけて、この街を守っている。
 もちろんその報酬も加味して頭割りされているから、やはり俺の報酬は身の丈にあったものではない。
「見回りね。行きたいって言ったら、ダメ出ししたのは美咲さんじゃないか」
「だって……、今伸び盛りだし、疲れて修行に身が入らなければ、意味無いじゃないですか!」
 魂喰い対策として、周囲数十キロの討伐情報にはフィルターが掛けられている。
 もちろん能力者をこの街に近づけない作戦だが、俺達以外にこの街を守る退魔士がいないという諸刃の刃だ。
「正直、省庁からの報酬が低いのは、狩場を独占しているという含みもある?」
「上手くやれば稼げると思ったんですけどね。蓋を開けてみれば、意外と討伐対象が少ないんですよね」
「まるで商売敵がいるみたいだって、山科さんも言ってましたよね」
 瘴気の溜まりつつある場所に目を付けて、夜に足を運んでみたら、瘴気は失せて清浄な気に包まれていた。そんな場面に何度も遭遇したらしい。
 本当に退魔士が入り込んでいるのなら、危険な地区だと警告するか、省庁を通じて圧力を掛けなければならない。
「今度全員で夜回りをしようかと思っています。第三者が介入しているなら、力づくででも退去していただかないと……」
 美咲さんはそう口にして、ポンと柏手を打った。
 そして近くの書棚に向かい、なにやら紙袋を手に戻ってきた。
「カオるんのライセンスカードとデータベースへ接続用のPDAが届いてます。動作確認してくださいね」
「やっと届きましたか……」
 霞ヶ関で仮ライセンスを手渡されたが、正式なライセンスは後日発送といわれたっきりだ。
 光善寺さんがボケをかまして、送り忘れたのではないかと気を揉んでいた。
 ライセンスを手にしてしばし無言。美咲さんが手元を覗き込み、プッと吹き出して口元を手で押さえた。
 なんで証明写真は目付きが悪くなるんだろうか。それに髪の毛もなにやら寝癖が付いているし……。
「美咲さんもライセンスカード見せて」
「やだ」
 即答で断られた上に、思いっきりジト目で睨まれた。そこまで警戒するものでも無いだろう。
 だがこれ以上追求すれば、セクハラで訴えられてもおかしくないレベル。この辺で勘弁しておいてやるか。
 後は退魔士ご用達の個人端末。
 デスクトップ型から携帯電話型まで色々選べたが、性能の良し悪しは大きさに依存すると言っていい。
 だが携帯性を無視できないのも心情だ。俺は防水型のPDAを選択した。バイク乗りには無難な選択だろう。
 ちなみに美咲さんはノートパソコン型、他の面々は携帯型を選択しているようだ。
「PDAタイプは、電源を入れると自動でホストに繋がるシン・クライアント型なんです」
 仲間内では初となるPDAタイプに、美咲さんも興味津々のようだ。
 光善寺さんにレクチャーを受けた聞きかじりの知識だが、インターネット網を介さない独自のネットワークで構成されているらしい。
 電話会社の端末を利用しているが、接続されるネームサーバは独自のものであり、暗号化されたインターネット通信と違い、盗聴の危険性はゼロに近い。
 携帯型の音声通話は一般の交換機を使用するため、盗聴の危険性が伴うが、データ通信は他の端末と同じく独自のネットワークに接続される。
 ここまでレクチャーを受けたあと、光善寺さんにもっと簡単に説明するよう求めたら、思いっきり舌打ちされた。
「一般機器はインターネットに接続できるよう、グローバルIPアドレスを割り振りますが、退魔士端末はプライベートIPアドレスを取得し、インターネットと接続しないようにルーティングされます。分かりましたか? 三室さん?」
 ちょっと怒気の含まれた説明に、全然わかんないとは言えなかった。とにかくそういうことらしい。
 ちなみにPDA端末には最小のOSしか積んでおらず、画面情報を映し出すだけのシンクライアント方式。
 実際は仮想化されたOSがサーバ上にあり、画面を見ながら遠隔操作をするらしい。これは情報漏えい対策なのだそうだ。
 生意気に指紋認証をしなければ、ホスト接続すらしてくれない。当局の情報はガチガチのセキュリティに守られている。
「電源を入れて、指紋読み取り。次にユーザ名とパスワードを入力する」
 操作手順を読みつつ、挿絵の通りに操作を試みる。
 認証が終わってメニュー画面に遷移するまで数秒。これはなかなか使い勝手が良い。
 画面には六種類のアイコンが配置され、指でタップするか、カーソルキーで選択するようだ。
 データベース検索、メール、IP電話、パーソナル情報更新、外部接続、バックアップ。
 そのうちメールのアイコンに、到着を知らせるビックリマークが点灯していた。
「ん?」
「どうしました? カオるん?」
「いや……、メールが来てるみたい」
 液晶を指で撫でてメールソフトを起動。受信ボックスを指で叩いて、到着していたメールを確認した。
『ライセンスCの方、ご師事を受け賜りたい』
 題名は、そう書かれている。
 問題は、その文章が三通来ていることだ。
「なるほど。ランクと地区を絞ってメールを送信しているようですね。携帯と同じ方法でおおよその位置情報が割り出せるんです。この方はランクCと地区をかなり限定されているようです」
 美咲さんは納得顔でそのメールの素性を説明してくれた。
 メールなんてものは相手を選択し、送信するものとばかり思っていたが、そうじゃない使い方も出来るんだ。
 メールというより、グループウェアに近いのだろう。
「こういった仕事上、どこの誰という通信より、この程度の腕前の退魔士を探したいという場合が多いんです」
「なるほどね。俺が一人で行動する退魔士だったら、ランクCに見合う中距離支援を求む、なんて募集を掛けるんだ」
「そうですね。業界ではそういう一匹狼な退魔士が多いです。チームを組んでいると、色々と大変ですからね」
 美咲さんはそう呟いてため息を吐く。
 報酬の分配方法や、多寡による揉めごとが勃発する訳だ。チームを維持するのも大変なんだな。
「うーん、美咲さんの苦労がちょっと分かってきた」
「毎月この時期になると胃が痛くなります」
 俺の肩にしな垂れかかる美咲さんを振り払い、先ほどのメールを開いてみた。

 From:Fujimori_makoto@――
 当方ランクEです。退魔士試験に向け、師事させていただけるCランクの方をお探ししております。
 一回だけの手合わせや、不定期でも結構です。よろしくお願いいたします。

「俺と美咲さんのような関係を求めているってこと?」
「いやだ、私とカオるんの関係だなんて……」
「師匠と弟子ってことですよ!」
 美咲さんは赤らむ頬を両手で押さえる。俺の話なんて全然聞いてないっぽい。
 俺はそんな彼女を華麗にスルーして、このメールに感じる違和感を探ろうと懸命になった。
 地区を制限したメール、退魔士試験、ランクE……。
「美咲さん、地区限定ってどのくらいまで出来るんですか?」
 俺はある疑問にぶち当たった。
 こいつが意図する「限定された地区」に俺がいる。それはもしかして彼のいる場所は、かなり近い距離なのではないだろうか。
 美咲さんもそのことに気が付いたようだ。青褪めた顔でこう呟いた。
「検索設定は最小半径十キロメートル」
 この街は魂食い案件のため厳戒態勢にある。
 もしかするとこいつは、魂喰いにとって格好の獲物になりうるのではないか。そう危惧せざるをえない。
 取り急ぎその本人に会うべく、メールに返信をいれた。
「本日十四時に絵合(えあわせ)駅のコンコースで会いたい」
 絵合駅といえば、ここから十駅先。もうほとんど隣の県境に近い。
 願わくば、送信者の活動範囲がそちらに近い事を祈るしかない。
 折り返しのメールはまたたく間に到着した。彼の渇望が手に取るように読み取れる。
「了解を取り付けた」
「私も一緒に行きましょうか?」
「いや、二人で会いに行けば相手も不審に思う。美咲さんはここで連絡を待っていてくれないか?」
 安全圏の退魔士ならそれでいい。危険圏に踏み入ったなら、警告の上退去してもらう。それだけだ。
「カオるん。がんばってね」
「うぃっす!」
 名前しか分からないが、強面のゴッツイ男ならどうしよう。
 フジモリマコト。年齢四十ですとか言われたら、俺……泣いちゃうかも知れない。
 これも魂食い対策班の仕事だとすれば、やっぱりあの報酬じゃ安すぎだ。
 
 
 
 十三時四十五分、絵合駅。
 駅の改札とショッピングモールが交差する、わりと人通りの多いコンコースに到着する。
 構造は堤さんと一悶着あった早蕨駅に似ている。
 しかし知らない場所で待ち合わせする作戦は、かなり無理があったらしい。
 視界のなかには人を待っているらしき人々が数え切れないほどいる。それに電車が到着するたびに、回遊魚のように人の波が通り過ぎる。
 すでに十四時を少し回った所。
 PDAでメールを確認するが、新規メールは受信していない。
 俺は確認のため、「現地に到着して待っているが、あと五分待って来なければ帰る」と脅し文句を送信した。
 いや……、遅れてきても、聞き取り調査のために結局待つのだが。
 PDAを使い慣れるため、暇つぶしに遊んでいたらメールが来た。
「同じく現着にて待機中ですが……」
 ふと前を見たら、多機能携帯を手に回りを見るちびっ子がいた。
 携帯を見てはきょろきょろ。落ち着かない様子。
 もしやあれがフジモリマコトか?
「ちびっ子か?」
 少々失礼なメールを送りつけ、相手の様子を窺ってみる。
「むう、誰がちびっ子……って、あれ?」
 ちびっ子が声を出しそうになるが、周りを見てすぐにトーンダウン。
 奴だ。奴に違いない。 俺はゆっくりとちびっ子に歩み寄る。
「君がフジモリマコトか?」
 簡潔にそう囁くと、相手のちびっ子は真剣な眼差しで見つめ返す。
「三室カオルだ」
 なんとなくスパイ映画っぽいノリで簡潔に喋ってしまっている。
「藤森真琴です。中学二年生です。よろしくお願いします」
 彼女は俺をメールの送り主と認識したか、年頃の娘らしく頭を下げた。
 うむ、なかなか礼儀正しい。中学生にしては、少々発育がアレな感じがするが、中身はきちんと中学二年生らしい。
 黒のキャミソールに重ね着でチュニック。下はひざが隠れる柄入りのスパッツにミュール。
 少し背伸びした服装だが、この子が着ると逆にミスマッチでいい感じだ。
「カオルさんって名前だったから、女の人かと思っていました」
 彼女も俺と同じあやまちを犯していたようだ。俺もこの名前には何度か泣かされた記憶がある。
「俺も男を探していたよ」
 藤森真琴という少女は、俺の顔をジロジロ見てニッコリと笑う。
 歳が近いと安心したのか、俄然余裕が出てきたように見受けられる。
「とりあえず、お茶しましょうか」
 そう言うなり彼女は俺の腕をひっ掴まえ、体のいい喫茶店を探し始める。
 お相手は中学生。退魔士ランクE。見た目は小学生と見紛うちびっ子だ。
 これも対策班の仕事なのだと割り切れず、頭痛に耐えながら引き摺られる。
 退魔士ってのは、思ったより美味い商売じゃないらしい。



BACK   NEXT   TOP
ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.