BACK   NEXT   TOP


『057 連休 05』

「その前に腕枕をなんとかしませんか。手が痺れて大変な事になってます」
「却下です。手を自由にしたら、なにをされるか分かりませんもの」
 即答で却下された。しかも俺が悪いことをしたかのように、ジト目で睨み付けた。
「そんなこと言わずに……。何もしませんよ」
「やだもん」
 まるで駄々っ子だ。さすが美苑さんの娘、一筋縄ではいかない。
「もう指先の感覚がなくなってます。壊死するかも知れません」
「そうなのですか、大変ですね」
 唇を尖らせ、プイとそっぽを向く。だが不意に目を輝かせ、再び顔をこちらに向けた。
「じゃあ、私が腕枕してあげます」
「いや……、それはちょっと……」
「じゃあ、仕方ないですね。腕はこのまま壊死してしまうけれど、カオるんは覚悟の上でそれを受け入れると……」
「すいません、ごめんなさい。腕枕してください」
 美咲さんはすっくと身を起こし、座布団を枕に敷いて再び寝転がる。
 そして腕をそっと伸ばして、猫を呼び込むように二の腕をポンポンと叩いた。
「畳の上で体、痛くないですか? お布団敷きましょうか?」
「いや、それはちょっと……」
 伸ばされた腕の上へ、遠慮がちに頭を乗せる。
 だがその遠慮が気に入らなかったのか、美咲さんはグイッと頭を引き寄せた。
 柔らかい体に包み込まれ、今までにないほど混乱を極める。
 美咲さんの胸が目の前にあり、優しい匂いが鼻をくすぐり、思考回路を焼き切っていく。
「本当は……」
 その呟きは今までの冗談めいた口調ではない。
 悲痛な心の叫びが混じっているような、そんな気がして我に返った。
「本当はこうして身を寄せていれば、何か感じるものがあると思ったんです」
「何……を?」
「心が通じ合えばいいな、うん……、そんな好奇心です。今だって本当はドキドキ……」
 彼女の言葉が嘘ではない証に、胸の鼓動は平時と違い高鳴っている。それに少し体温が高いように思える。
 俺を引き寄せたのは、顔を見られたくないからだろうか。そんな熱を彼女から感じた。
「前にも……こんな……」
「多分……俺も同じ事を考えた。前にもこんなことがあったような気がする」
 美咲さんと一緒にいると、不意にそういう不思議な感覚を味わう。
 家族に感じる親近感ではない。ずっと近くにいたような、心と心、体が混じり合うような感覚だ。
「初対面だったのに、カオルさんを見た時、今度こそ助けなきゃって思った。今度こそって……」
「死神の時か……、あの時は助かった。そうか……あの時も」
 あの時美咲さんの背中を見て、敵か味方か分からないのに心から安堵した。
 長年連れ添った仲間が助けに来てくれたような、既視感のようなものを感じていた。
「もっと触れ合えば……、分かり合えると思う……んだけど……」
 ふとすれば聞き逃してしまいそうな小さな声だった。
 もっとと言えば腕枕以上の……、そういうことだ。
 彼女の強い意志を感じなければ、聞かなかったことにしてしまっていた。
 だがそれは非礼を通り越して、相手を軽んじる行為だと思う。彼女の勇気に答えなければならない。
「俺ね、美苑さんに話をしたんだ。美咲さんは俺にとって分不相応だって」
「お母さんと……?」
「人として肩を並べられるくらいになるまで、そういうことは考えられないって言ったんだ」
「…………そう……ですか」
「そうしたら、美苑さんどうしたと思う?」
 今になって美苑さんの行動が理解できた。アレはそういう意味だったのか。
 不意に笑いが込み上げてきて、次の言葉を口にすることが出来ない。
 美咲さんはキョトンとして、目と目、唇と唇が触れ合いそうな距離で見つめ返す。
「ナイフを一本くれて、美咲さんを護れって……」
 強くなければ強くなればいい。支える力がないなら、武器を取ればいい。そういう強い気持ちを伝えたかったのだろう。
 豪快なド直球も、色々な思惑に隠されて汲み取れていなかった。
「だから、今は……まだ」
「むぅ……、予防線を張られたってことはないですよね?」
「そりゃそうさ、今だって理性を保っているのが奇跡に近い」
「じゃあ、がんばって修行しなくちゃダメですね」
 彼女の一言に戦慄を覚える。もっとキツイ修行をするってことか。
 俺は寝返りを打って天井を見つめ、それも仕方なしと溜息を吐いた。
「私が教えを受けた技を、余すことなくカオるんに伝えられたら……。受け取ったバトンを返せるような気がする」
「バトン? それはどういう意味?」
「ふふふ、内緒です。思い出せない人には教えてあげません」
「…………意味がわかんない」
 そうふて腐れてみても、これ以上美咲さんは何も言わなかった。
 空が徐々に白み始め、朝を迎えるまで話を続けた。
 色々なことを語りあい、本当の親友になれた。そんな気分にさせる夜だった。



 一晩だけの帰郷、それも終わり。
 俺たちを玄関先まで見送りに来た美苑さん。彼女の表情は読み取りにくいものの、少し寂しそうに見える。
 けど美苑さんらしく、悪態をついてお見送りをしてくれた。
「ちゃんと帰ってこないと、また見合いの相手を探しておくわよ?」
 そう言って悪びれずにいる美苑さん。本当に素直じゃない。
 美咲さんも辟易とした表情で睨み返す。
「そんな事言ってると、一生帰りませんからね!」
 そう言ってそっぽ向いてしまう美咲さんに、美苑さんは少し複雑な表情を浮かべる。
 俺が思うに、この親子。自分を出せないというか、素直じゃないところがそっくりだ。
 本当は感情の起伏が激しい直情タイプなのに、立場上それを許さない。
 きっと、誰も見ていない所でストレスを貯めてしまうタイプ。そんな親子だった。
「美苑さん、素直にならないと駄目ですよ。こういう時は素直になるのが一番です。きっと後悔します」
 俺は美苑さんに耳打ちし、苦笑しながらたしなめた。
 なんだか釈然としない表情を浮かべる美苑さん。口を固く閉じて何も言い出さずに送り出す。
 玄関を出てカバンを肩に掛け帰路に着き、住み慣れた街へと向かう。
 横を歩く美咲さんの顔を見て、思わず溜息がこぼれ出た。
「美咲さん……振り返って美苑さんを見て」
 多分、美苑さんは今にも泣き出しそうな表情をしているはず。だって、美咲さんがそんな顔をしているから。
「さっき、美苑さんにね。後悔しないために素直が一番って言ったんだ」
 振り返りもせず、美咲さんに話し続ける。
「――美咲さんもね」
 美咲さんの腕を引っ張り、強引に家の方向へ振り返らせる。そして背中を軽く押した。
 素直になれない娘は、意地っ張りな母の元へと駆け出した。
「カオル。粋な事するなぁ」
 山科さんが目を潤ませて肘で小突く。
 乃江さんも宮之阪さんも、その親子の姿を眩しそうに見つめている。
「だって、親子じゃないか。わだかまりを捨てて素直になるのが一番」
 俺は振り返りもせずそう呟いた。
 親子だけの時間。俺なんかが見るべきものではない。そんな気がしたからだ。
「乃江さんは、親孝行してきた?」
 複雑そうに遠くを見つめる乃江さんに囁いた。
「ああ……、他愛も無い話を夜遅くまで聞いてくれた。学校のこと、友達のこと、自分の気持ち……、いろんなこと」
 乃江さんはそういい、目を固く閉じた。
「あーあ、うちもなんか京都に帰りたぁなってきた」
 羨ましそうな表情を浮かべ、故郷を想う山科さん。
「私も……」
 宮之阪さんも望郷の思いを馳せている。
 俺も、帰ったら親孝行してみるかな。
「カオル、うちにも縁談話があったら、一緒に京都まで来てくれる?」
「イギリスはそんなに遠くないです。直行便なら半日で着きますから、ここより楽デスよ」
 そう言うなり両脇をガッチリ押さえられた。
 まるでマジェスティックトゥエルブに捕らえられたグレイの気分だ。
「もうややこしいのはご勘弁」
 俺は二人の手を振り解き、バス停まで一目散に走り出した。



 再びバスに乗って無人駅に到着。
 相変わらず携帯は使えず、駅前の雑貨店はシャッターを下ろしたままだった。
 他人事ながら、この店の経営状態が心配になった。
 駅のホームに立ち、今にも到着しようとする電車を眺めていたが、隣に立つ美咲さんは電車の音に紛れて耳打ちをする。
「ありがとう」
 たった一言だったが、その言葉には多くの気持ちが込められていた。
 俺はスピードを緩める電車を見ながら、美咲さんだけに聞こえるように口を開いた。
「背中を少し押しただけ、何もしていないよ」
 照れ臭い気持ちを隠すべく、むず痒い鼻先を指で掻く。
 電車に乗り込み、みんなと通路を隔てた席に着く。
 脚を組んで踏ん張りを効かせ、鞄を肘掛けにして目を閉じた。
 朝まで美咲さんと語らいあい、一睡もしていないからフラフラだった。こうして目を閉じるだけで眠ってしまえる。
 薄目を開けて四人の姿を眺める。美咲さんも欠伸をかみ殺し、少し眠そうにしている。
「なぁ、美咲。なんかあった?」
 再び目を閉じた俺の耳に、山科さんの怪訝そうな声が届く。
「な、な、なに? 何もありませんよ」
「ふーん、そうかぁ? なんか雰囲気違うんやけど……」
「そうですね。少し表情が優しくなったような……」
 山科さんの執拗な追求に加え、宮之阪さんが追い打ちを掛けた。
「それにちょっと大人の雰囲気がするんや……」
「ほのかな色香も感じますね」
「ふむ……、確かに。少し子供っぽいと思っていたお嬢様が、一夜にしてこうも変わるとは……」
 乃江さんが二人に同調し、三人の追求が始まる。
 どうやら美咲さんは三人に気圧されて、言い訳すら出来ないようだ。
「ナニモアリマセンヨ」
 うはぁ、棒読みだ。これじゃあ語るに落ちたと言われてもおかしくない。
 俺は火の粉が飛んでくる前に目を固く閉じ、無理矢理眠りに落ちた。
「ZZZZ……」
 聞くところによれば、彼女らの追求はこの電車を降りるまで続いたらしい。



BACK   NEXT   TOP
ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.