BACK   NEXT   TOP


『056 連休 04』

 美苑さんの部屋を後にして、夕食まで一休みするべく部屋へと向かった。
 美咲さんの誤解、美苑さんのキモチ、化野女子高の卒業アルバム、母さんが美苑さん達と同級生だったこと。
 まるで狐につままれたような気分だが、それが現実だったとナイフの重みが教えてくれる。
「美苑さんがいい人で良かった……」
 キョウさんや美苑さんはいい人には違いなかったが、さすがに目上の人を相手にして気疲れしてしまった。
 今は部屋でのんびりしたい。そんな気持ちで一杯だ。
「ふぃ……、ただいま」
 障子を開け部屋へと戻ると、山科さんと宮之阪さんが真剣な面持ちで振り返った。
 二人の顔を見たら安堵して顔が綻ぶ。なんだか自分の家に帰ったような気分になる。
「どこ行ってたんや、心配したで。守り刀も無いし……、なんかあったんかと」
 メガネの奥で揺れる瞳。キョウさんや美苑さんと過ごした時間、彼女は心配し続けてくれたと思うと胸が痛くなる。
 それは宮之阪さんも同じだった。キュッと唇を噛み、潤んだ瞳で見つめている。
「ごめん……、美咲さんのお兄さん、キョウさんに家を案内して貰っていたんだ」
 そう言って二人の前に座り、用意してくれたお茶を口にする。
「カオルさん……それは?」
 手に握られたナイフを指差し、宮之阪さんが疑問を口にした。
 それも当然のことだ。こんな大きなナイフを握りしめていたら、誰だって気になって仕方ないはずだから。
「これは美咲さんのお母さん、美苑さんに貰ったんだ。身を護れって」
 どう見ても護身用とは思えない、鉈のようなナイフを二人の前に差し出す。
 彼女らはナイフを鞘から引き抜き、美しい刀身に目を輝かせた。
「美咲のお母さんって……、なんか言われへんかった?」
 事の顛末を知らない二人、早く状況を説明してあげないとかわいそうだ。
 俺は今までのことを掻い摘んで聞かせ、話が進むにつれ二人は表情を和らげていった。
「ただ美咲さんに帰って来て欲しかったのだと思う。逆に色々と気を使ってくれて、ナイフはお詫びの気持ちじゃないかな」
 ふくれっ面の美苑さんを思い出し、思わず苦笑する。
 素直になれない美苑さん。なんだかんだと理由を付けて帰ってきて欲しかっただけ。
「美咲と……、お付き合い……、させられるかと」
 胸を撫で下ろす二人。
 冗談まじりにお付き合い許可されたなんて言わない方がいいな。いらぬ警戒心を抱かせてしまうかも知れない。
 でも、あの時見せた美苑さんの目……、とても冗談を言っているようには見えなかった。
 もし首を縦に振っていたら、そのまま快諾されてしまったような気がする。そんな覚悟が見え隠れする目だった。
「二人とも良い人なんだけど、目上の人だから心労がちょっとね」
 そう言うなり、バタンと畳に横になる。
 い草の匂いが心を優しくしてくれる。畳の国に生まれて本当に良かった。
「そういや、美咲さんは?」
 ふと、どこか温泉宿に泊まりに来てる気分でいた。自分の家なんだし、来客用の部屋にいる必要もない訳か。
「さっき乃江が来て、一緒に家のお手伝いをするとか、なんとか」
 宮之阪さんはそう言いつつ、空になった湯呑み茶碗にお茶を注いでくれた。
 そうか、二人は家のお手伝いか。せっかくの家なんだもんな。
 緑の景色、静かな離れの一室。三人の息遣いだけが室内にある。
 口にしたかった疑問。俺の中から押し込めていた疑問が溢れた。
「化野女子高の卒業アルバムを見せてもらった。……小夜子さんとカレンさんの写真を見たよ」
 俺の言葉に目を丸くして、二人は顔を見つめ合う。
 やはりこの反応、二人はこのことを知っていたのだろう。
「――やっぱりな。カオルはこのことを知らんかったんやな」
 山科さんはテーブルに肩肘を突いて溜息を吐く。
 彼女らからすれば、俺がここにいることが不思議でならなかったに違いない。
「偶然……なのかな。それとも……」
 俺は自分の意志でここにいる。それが分かったから、もう、どうでもいい。
 宮之阪さんは俺の顔をジッと見つめ、ふと表情を緩めて微笑んだ。
「カオルのそういう表情、カッコイイと思います」
 宮之阪さんらしからぬ褒め言葉に、山科さんは口に含んだ茶を噴き、俺とカナタはその飛沫を真正面から受け止めた。
 
 
 
 障子越しに差す茜色の落陽。夕食にはよい頃合いの時刻になって、女性の方が部屋を訪ねて来た。
 その女性に案内された広間で、予想もしえない光景を目にする事になる。
 招かれた座敷は襖が取り払われ、広大な宴会場と化していた。幾十もの膳が用意され、否応なしに遠近感を醸し出す。
 膳の上には所狭しと大鉢、小鉢が並べられ、座する主を待ち構えている。
「あう」
 部屋の大きさに言葉を失ったわけでも、料理の豪華さに目を奪われたわけでもない。
 俺達より先に座して待ち、こちらを見つめる目に気圧されたのだ。
 並んで立つ山科さんや宮之阪さんも、俺と同様に口をパクパクさせているが、彼女らの名誉のため記憶から削除しておく。
 途方にくれている俺達を見るに見かねてか、女性が一人こちらへ歩み寄り声をかけてくれる。
「こちらへどうぞ」
 俺達を導く女性。顔立ちが乃江さんとそっくり。だが別人だと言い切れるふくよかな胸。顔立ちや纏う雰囲気も大人っぽい。
 従姉妹か、いや、お姉さんに違いない。将来乃江さんはこんな女性になる。そう確信が持てる風体をしていた。
 彼女は俺達のために用意された席へと案内してくれ、形の良い唇をゆるやかに広げた。
「乃江がお世話になっています。姉の綾乃と申します」
 やはりお姉さんだったか。そうとしか思えないほど遺伝子レベルが酷似している。
 あっけにとられ、俺達三人はコクコクと頷くのが精一杯。
 会釈して微笑む綾乃さんにあわせ、ふくよかな胸が上下する。
 猫じゃらしに釣られるニャンコの如く、その揺れに目が釘付けになってしまった。この胸は年頃の青少年には刺激が強すぎる。
「美咲お嬢様と仲間の方々が集まられたということで、急遽人が集まりまして」
 綾乃さんは苦笑いを浮かべて、そっと手で口元を押さえた。
 百二十の瞳は天野家縁の方々と、遠方から駆けつけた親戚縁者らしい。とすれば全員が業界の関係者なのだろうか。
「この祝宴も格式ばったものではありません。ごゆっくりしてください」
 綾乃さんはそう言って微笑み、彼女は少し離れたキョウさんの席の隣に座った。
「びっくりしたわ、乃江そっくりや。乃江も将来ああなるんやろか」
 山科さんは小声で耳打ちし、少し足りない胸を手で押さえた。
 ふと宮之阪さんを見ると、同じく慎ましやかな胸に手を当てている。
「乃江は仲間だと思っていたのに」
 宮之阪さんも悔しそうに唇を噛む。女の人って胸にこだわるものなのだろうか。
 俺としてはお椀を二つ並べたくらいで丁度良いと思っている。大きさより形を重視したい。
 だがしかし、二人とも勘違いしている。あれは乃江さんではなく、姉の綾乃さんなのだということを……。
「それはさておいて、彼女の隣が美咲さんのお兄さん、キョウさんだ」
 コッソリと二人に耳打ちし、語らいあう二人の姿を遠目に見つめた。
 キョウさんと綾乃さんは肩が触れ合うほどの距離に座り、また二人共にそれを許容している。
 かといってベタベタしているわけでもなく、ごくごく自然な振る舞いだ。付き合いの長い恋人同士か、仲の良い夫婦のように見える。
 そんな事を考えていると、用事を済ませた美咲さん、乃江さんがやって来て軽く手を振り、その後に美苑さんが現れ着席した。
 来客の視線が美苑さんに注がれるが、本人はさして気にもとめる様子も無い。美苑さんらしく、自分のペースで話し始めた。
「皆さん、今宵はお集まりいただきありがとうございます。生憎主人が不在のため、私が代わってご挨拶させていただきます」
 凛とした挨拶の後にスッと頭を下げた。
 媚びるわけでもなく形だけでもない、威厳を損なわない頭の下げ方。場の雰囲気が一気に締まった。
「――なんて、堅苦しい挨拶はやめましょう。脚を崩して気楽にやってくださいな」
 頭を上げた美苑さんの表情には、威厳の欠片も感じさせない。……らしいというか、落差が激しすぎる。
「美咲の帰郷に合わせて、ご学友が来られています。私からご紹介させていただきます」
 美苑さんがチラリとこちらに目を動かすと、それにあわせて全員の視線が注がれる。
「左から、宮之阪まりえさん。おばあさまが英国ハンター協会の最高責任者ですから、退魔士なら知らない人はいないと思います」
 ズキリ……。退魔士なのに知らなかった。
 普段はボケボケっとした雰囲気の宮之阪さんだが、もの凄いエリートなのではないだろうか。
 紹介を受けた宮之阪さんはスッと立ち上がり、軽く頭を下げて席に座り直す。
「その隣が三室カオルさん。美咲が手間取っていた難事件、彼の活躍で敵を撃退し、収束へ向かっています」
 その言葉に周囲がざわつく。それほど魂喰い事件はインパクトのある出来事なのだ。
 しかし物は言いようだなと思う。かと言って嘘は言っているわけでもない。
 俺は宮之阪さんに習って立ち上がり、申し訳ないとばかりに頭を下げた
「そのお隣は山科由佳さん。この世界に属していたら山科の名を聞いたことは無いなんて事はないはずね」
 さらっと三人を紹介してくれる美苑さん。
 こういう時は根掘り葉掘りと紹介するものではない。絶妙な匙加減だと思う。
「これからも美咲の力になってくれる方々です。温かい目で見守っていただけますよう、よろしくお願いします」
 そう言って、今度は深々と頭を下げた。
 美苑さんの挨拶も終わり、宴は砕けた雰囲気になり、やっと目の前の食事に目を移す。
 これだけで十分ってほどのお刺身、飾り包丁で彩られた蟹の酢の物。
 鮎の飴煮に紅しょうが。蓮根とワラビなど山の山菜の煮物、特に里芋が美味そうだ。
 天然塩で焼きが入った海老。小ぶりながら身のしまった鯛の姿焼き、白身魚のすり身を沈めたお吸い物。
 ひっそりと存在感のある茶碗蒸しからは、さりげなく松茸の香りが漂ってくる。
 豪華だ。豪華すぎる。本当に温泉旅館に泊まりに来たようなもてなしっぷりだ。
 ふと隣に目をやると、お箸をぎこちなく動かす宮之阪さんの姿があった。
 里芋を掴もうとして、つるり……。再びチャレンジして、つるり……。皿の上で里芋を転がしている。
 見ていて飽きないけど、一生懸命なだけに少々可哀想になってきた。
「宮之阪さん。里芋はやさしく箸で摘むんだよ」
 強く掴むと逃げるけど、やんわり箸を添えるとそれほど逃げない。
 里芋を摘んで見本を見せると、その妙技に尊敬の眼差しをして手を叩く。
 早速自分も試してみることにしたようだ。
「やんわり……、やんわり……」
 そう言いながら震える箸先を里芋に向ける。そしてゆっくりと持ち上げて、摘んだ芋を俺に見せる。
 わが子が箸を使えるようになったら、こんなに嬉しいものなのだろうか。そんな感動が押し寄せる。
 宮之阪さんの健闘に感動しつつ山科さんに目を向けると、彼女はあろうことか伝説獣を手酌中だった。
「……コラ」
 斜め四十五度の角度から手刀を振り下ろす。
 故障した電化製品でさえ修復可能な伝家の宝刀だ。
「あいた! カオルなにすんねん! 痛いやん」
 そう言いつつも手酌を止めない、絶妙なバランス感覚。一流の退魔士は不意の攻撃でも動じない。
「なんで当たり前のように伝説獣を。さすがに親御さんの前でそれはマズいと思うぞ」
 ほかの人に気取られないよう小声で諭す。
 膨らむ泡を壊さぬよう一口呑み、山科さんはてへへと苦笑する。
「いやぁ、美咲からどうぞって手渡されたんや。ほら見てみ?」
 そう言い指差す先には、乃江さんが美咲さんに酌している所だった。
 ええい。気にしたら負けということか……。
 山科さんの手から大瓶をひったくり、ラベルを上に向けて両手持ちで酌をする。
「お酌の基本をわきまえてるなぁ。そやラベルは上向き、両手持ちは基本やもんな」
 そういいつつ泡が立たないようグラスを傾けた。
 彼女は気持ちいいくらいにグラスを空にして、俺の手から大瓶を奪い取った。
「酌の基本その二。注いでもらったら返杯せんと失礼や。これは覚えといた方がええで?」
「失礼なんて、気になさらず……」
「うちの酌やと気に入らんと? そんなことはないわな?」
 有無も言わせぬプレッシャーだ。ちょっとしたパワハラだと思うのだが。
 グラスになみなみと注がれた伝説獣にそっと口をつける。
 苦っ! なにか口にしないと体に毒だ。
 料理に向き直ると、視界の端には宮之阪さんがグラスを持って待ち構えていた。
 うるうると目を潤ませながら待つ姿を見て、これを無視することは出来ない。
 しかし宮之阪さん、酔うと自動おかわりマシーンに変貌するから注意しないと……。
 宮之阪さんはグイっとノド越しを楽しみ、空になったグラスをお膳の上にトンと置いた。
 そして俺の手にグラスを持たせ、伝説獣の注ぎ口を向ける。
 そして返杯を受け取り、なんとか飲み干す。うぃ……、この二人の横に座ったのは失敗だった。
 ふと横を見ると山科さんがもの欲しそうにこちらを見ている。
 宮之阪さんも空いたグラスを握り、こちらをチラチラと窺っている。
 何度か注ぎ注がれるうちに意識は朦朧とし、豪華な料理に手をつける前に酩酊してしまった。
 
 
 
 チック……、チック……、チック……。
 時を刻む時計の音が耳に届いて目を覚ます。
 うっすらと目を開けるその視界には、和風の照明とオレンジの光、天井に太い梁が目に入った。
 辺りは先程までの喧騒が嘘のように静まりかえっていた。
 ああ、そうか、山科さん達に付き合って、見事なまでに撃沈されたんだっけ。
 二人の返杯で二倍呑まされる計算だ。それに気付いた時には腰砕けになっていた。
 そこかしこからかき集められた大瓶が、ボーリングのピンみたいに並んでいた記憶がある。
 誰かに部屋まで運んでもらったような気がしたが、少し記憶が曖昧だった。
 再び眠りに落ちようとした時、甘い吐息が耳元をくすぐった。
「――なんだ?」
 耳を澄ますとかすかな寝息が聞こえてくる。
 ていうか、隣に誰か寝ている。しかもその人に腕枕している。手の感覚が無くなっているのか、全然気付かなかった。
 そっと体の身を起こして目を凝らす。
 暗がりでもわかる黒髪。飾り気のないストレートの長髪が目に入った。
「美咲さん?」
 小さく声を掛けたくらいでは起きる気配もない。
 気を取り直してもう一度。
「美咲さん」
 今度は遠慮がちに肩を揺する。
「むむぅ……」
 お? 起きそうだ。おきろ美咲。静かに起きろ。起きてこの状況を説明してくれ。
「すうぅ……」
 あ……、また寝やがった。起きて、起きてよ、みさくりん……。
 薄暗い保安灯に照らされる美咲さんの寝顔。穏やかなアーチを描く眉毛に長いまつげ。形の良い唇。
 しばらく見ていたい気もするが、断腸の思いでもう一度肩を揺さぶった。
「うぅ……ん」
 長いまつげが微妙に揺れ、美咲さんがゆっくりと眼を開けた。
 その双眸に見つめられ、やましくもないのにドキっとしてしまう。
「カオるん……起きたんだ」
「それはこっちの台詞です。なんで美咲さんがここに?」
 声を殺してそう囁くと、彼女はじわりと涙を浮かべ、無言で啜り泣き始めた。
「お酒に酔いつぶれたカオるんを、手近な私の部屋で休ませようとしたら、いきなり豹変して……無理やり……私を暴力で」
「うわわ……、いきなりそんな与太話を、しかも寝起きに思いつきますか?」
 美咲さんはにんまりとほくそ笑み、チッと舌打ちをして唇を尖らせる。
「嘘です。あんまりあっさりと寝てしまうので、ちょっとお話したいなと体をユサユサしてたら」
「ユサユサしていたら?」
「私も酔いが回ってしまって、ここで寝てしまいました」
 そう言って美咲さんは俺の首に腕を回し、スリスリとほおずりをし始めた。
 まだ酔いが醒めていないのか、それとも寝ぼけているのだろうか。どうやら俺を抱き枕だと思っているらしい。
「由佳やマリリンと仲良くしてるし、私にはお話してくれないんだなぁって、すごく悲しくなりました」
 美咲さんはそう言って、眉をひそめて睨みを聞かせる。
「だから、このまま朝まで一緒にいませんか?」
 美咲さんが話す度に、彼女の吐息が首筋を刺激する。
 こんな状況でそんなことを言われ、それを拒める男はいるのだろうか。



BACK   NEXT   TOP
ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.