BACK   NEXT   TOP


『055 連休 03』

「キョウ! 遅いじゃありませんか!」
 恐る恐る襖を開けるとまず怒声が飛び、間髪を置かず湯呑み茶碗が投げつけられた。
 キョウさんは当たり前のようにそれを避け、その湯呑み茶碗は後ろにいた俺の額に直撃した。
「がっ――!」
 星が見えるってのは漫画の世界だけかと思っていたら、普通に見えるものなのだと知った。
 足元に転がる湯呑み茶碗を拾い上げ、キョウさんは用意された座布団に座るよう促す。
 痛みに堪えながらご尊母の前に正座し、潤んだ目の涙を指で拭う。
「カオるんと意気投合してしまい、気が付くとこんな時間になってしまいました」
 キョウさんは飄々と頭を下げる。小一時間待たされた心労など汲み取るつもりはないようだ。
 ふてぶてしく小憎らしい振る舞いだが、この胆力は俺に無いものだ。是非とも見習いたい。
「キョウに用事を申し付けた私が悪かったですね」
 美咲さんのご尊母は額に浮かんだ青筋を指で揉みほぐす。
 怒声を上げ湯飲みを投げたことで溜飲を下げたのか、表情を見る限り少し落ち着いたように見える。
 その間無言で座っているストレスは、限界を遥かに越えレッドゾーンで振り切ったまま、エンジンが焼き付く寸前なのだが。
 シンと静まる座敷の中、心臓がジョン・ボーナムのドラムばりにビートを刻みだす。耳を澄ませばキョウさんにも聞こえてしまうそうな程である。
「三室さん……」
 来たっ、尋問開始か!
 俺の心臓の鼓動は一度止まり、しばらくして思い出したかのように時を刻み始めた。
「それともキョウが呼んだように、カオるんとお呼びした方がよろしいのかしら?」
 いや……それは勘弁して欲しいのだが、緊張と恐怖で声が出ない。
 立場上引け目があるというだけではない。この人の並々ならぬ威圧感がそうさせるのである。
 いやぁ、カオるんは勘弁してくださいなんて、へらへらと言える人ではない。
 弱者の本能が警鐘を打ち鳴らしている。この人にだけは逆らうな……と。
 なぜならばカオるんなんて口にしながらすごぶる真顔だし、今も蛇のように鋭い目で威圧し続けているからだ。
 それでも俺にだって意地というものがある。ダメ元で一応言ってみるか。これを怖いもの見たさと言う。
「カ……カオルでお願いします」
「…………」
「…………」
 ――怖っ!
 この生き物とコミュニケーション取るの無理だ。会話がまったく成立しない。
「まあいいわ、カオるん。気楽にお話しましょう」
 そう言いつつも先ほどと同じオーラを発し、表情一つ変えやしない。
 気楽になんて言われても、絶対無理です。
 俺の気持ちを察したか、キョウさんが俯き笑いを堪えている。……分かっていたが、この人は鬼だ。
 横目でキョウさんを睨み、軽く咳払いを一つ入れる。
 睨んだところで状況は変わらないのだが、それくらいしか俺に出来ることはない。
 横目でキョウさんを睨んでいる間に、美咲さんの母はスッと立ち上がり、スカートの裾を手で押さえて俺の前へと座り直した。
「カオるんは美咲のことをどう思っているの?」
 凄いド直球。ど真ん中のストライクだ。
 心の中で複数の選択肢が瞬時に浮かぶ。だがどのルートもバッドエンドが待っている気がする。
「人として、退魔士を志す者として、学ぶことの多い尊敬出来る人です」
 どうせバッドエンドなら、嘘を吐かずに答えようと心に決め、ありのままを口にした。
 御尊母が一瞬舌打ちしたような気がしたが、それも吉兆と思うことにする。
「あくまでも恋愛感情は無い。そう仰りたい様子ですね」
「無い……といえば嘘になります。魅力的な方ですから、男として惹かれるのは当然です」
 通う星ヶ丘学園でも一、二を争う美貌の持ち主だ。もし付き合えたら死んでもいいってくらい恋い焦がれている奴だっている。
 だけどそれは普通の女の子として。一人の人間として彼女を見るならば、そんな安っぽい言葉は出て来ない。
「では、私が美咲と交際することを許可したとしたら……どうですか?」
 ジッと試すように見つめる目。美咲さんはこの人の娘なのだと確信を持てるほど目元が良く似ている。
 俺はそんな目を見つめ返し、深い溜息を吐いた後言い切った。
「お断りします」
「なっ……、娘のどこが気に入らない……と?」
「勘違いなさらないで下さい。美咲さんに問題があるわけではありません。むしろ問題は俺にあるんです」
 自分の心中を人にさらけ出すのは、どうにも抵抗がある。
 だが今回は特別。美咲さんに迷惑を掛けているし、自分に出来ることはなんでもすると誓ったからな。
「古い考えかもしれませんが、互いに尊敬、尊重しあえる間柄でないと、男女の仲は長続きしないと思うんです。見た目やフィーリングも大事だけど、他人が心の中を占有するわけですから、それを許容出来ないとダメだと思います。見た目や感性は惹かれあう要素ですが、心を埋めるピースにはならないと考えています」
「……なるほど。でもそれは断る理由にはならないと思いませんか?」
「断る理由は明白。俺が美咲さんに釣り合わないからです。人間として、退魔士として、全てにおいて」
 これが嘘偽りない気持ちだ。
 自分を卑下するつもりはないが、下駄を履いて背伸びするつもりはない。
 身の丈にあった相手と付き合うべきだと思うし、釣り合いが取れなければ自分を磨けばいい。
 だが今は全然ダメだ。背伸びしても届かない相手と恋愛なんて考えられない。
「まったく……若い頃の(しずか)にそっくりね。憎らしいのに憎めないところ」
 彼女は優しい目で俺を見つめ、不意に母の名を口にした。
 何を口にしてよいか分からずに呆然としていたら、彼女はクスクスと笑いながら悪戯っぽい目を向けた。
「ここは住み良いところだけど、学校を選べないのが難点ね。若い頃、私は京都の学校に通っていてね」
 そこで俺の母との接点が見えてきた。母は親父と出会うまで、京都で暮らしていた。
「じゃあ……、京都でも有数のお嬢様学校、化野(あだしの)女子高に?」
「そう。(しずか)は姉御肌でおせっかい焼きでね。周りから浮いた存在だった私に話しかけてくれた」
 マイマザー恐るべし。うち、結構顔広いねんって言っていたけど、話半分にしか受け止めていなかった。
「私の名は美苑。彼女にその名を告げたらどういう反応するのかしら」
「じゃあ、母さんと同い年ってことですか?」
 俺の母もかなり若く見えるが、美咲さんのお母さん……美苑さんには敵わない。
 母が老け顔って訳じゃなく、この人が常識外れなのだ。
「静より若く見える?」
「うちの母も二人の子持ちには見えませんが、……勝負になりませんよ」
 その言葉を聞いて美苑さんは控え目に拳を握り、嬉しそうに身を捩らせた。
 うちの母はすっぴんで勝負してるからな。ちゃんと手入れすればどうなるか分からんが、喜んでいるならそれでよしとするか。
「こういうのもあるわよ」
 美苑さんはすっくと立ち上がり、書棚から大きなハードカバーを手に取った。
 化野女子高校卒業アルバム。美苑さんはペラペラとページを捲り、目の前に広げて見せた。
「これが静、そしてこれが私ね」
 クラスごとのスナップ。机に腰掛けて物憂げな表情をした母さんと、優しい目でそれを見つめる美苑さん。二人の若かりし頃の写真があった。
「女子校らしいというか……」
 見た目美女二人だが、それぞれが男女の役割を担っている。まるでタカラヅカのようだ。
 女子校だからと言われればそれまでだが、ノーマルな俺には少々厳しい世界だ。
 美苑さんは俺の反応にかなり満足気。ニコニコしながら再びページを捲る。
「さて、カオるんに見せたい写真はコレね」
 彼女が指差したのは薙刀を持った生徒の集合写真だった。
 今度は部活の集合写真か。薙刀ってあたり、女子高らしいと思える。
 母さんと美苑さん、そして……。
「えっ……、これって……」
 俺はアルバムを受け取り、穴があくほどその写真を見つめる。
 部員は母さん達以外に三名。だがその顔立ちに既視感を感じたのだ。
「気が付いた? 真倉詩乃……、山科小夜子……、カレン=ミヤノサカ」
「みんなの……お母さん?」
「そう。美咲が腕利きの退魔士を探していた時、小夜子とカレンの娘を紹介したのは私だもの」
 なんてことだ。みんなはこのことを知っているのだろうか。
 ふと日本に来たばかりの宮之阪さんの台詞を思い出す。彼女は美咲さんのことを天野といい、今思うと意味深な口ぶりだった。
 その時は美咲さんが有名だと理由付けていたが、もしかするとこのことを聞かされていたのだろうか。
「四人が組むのは必然だった。けれどカオるんが仲間に加わったのは、神様のいたずらかしらね」
「偶然……でしょう」
 ふと頭の中で何かが弾けた。
 退魔士を目指そうと決めたのは俺自身、仲間になりたいと願ったのも俺自身だ。今更ながらそんな単純なことに気付いてしまった。
 もし今の現状が作為的であるならば、手を加えたのは俺自身。――全てが偶然に起こったことなのだ。
「いや、俺で決めたことです!」
 そう口にして我に返る。美苑さんは目を白黒させて、キョウさんはプッと噴き出した。
 俺は苦笑しながら髪を掻き、胸のつかえが取れたような、晴れ晴れとした気分になった。
「今回呼び出したのは、美咲との仲を疑ったからではなく、あなたの顔を見たかったからなの。ごめんなさいね」
 悪びれず微笑む美苑さん。俺は毒気を抜かれ苦笑するしかなかった。
「それにうちの娘はそういう事する子じゃないもの」
 自信を持ってそう言い切る。今時、娘をそうまで信じきれるってのは、何気に凄いことだと思う。
「美苑さんが思うほど、そうまでして見る価値は無いです」
「……いやそんなことは無いですよ。こんなに楽しい思いをしたのは久しぶり。ちょっと意地悪だったかもしれないけれど」
 そういって微笑み、柔らかい仕草で口元を押さえる。
「それにあの子。学校が楽しくて、友達が好きで、今の生活を満喫してるみたいに思えたの」
「は? それは良いことではないですか?」
「寂しかったのね。理由を付けて帰って来るように仕向けたのもそう。だってあの子、全然帰ってこないんだもん」
 うあ、子供の論理だ、「だもん」ってなんだ。
 失礼ながら拗ねる美苑さんは、そういう子供っぽい表情が良く似合う。
 しかし貞操観念で娘を信じられるのに、そういうところで信じきれないのはどうだろうか。
 美咲さんは今仕事に一生懸命なだけで、彼女だってお母さんに甘えたいはずだ。
「でも、それは逆効果です。見合いだのなんだのとけしかけるから、帰りにくいと思ってるだけです。素直に帰っておいでと言えば、美咲さんはきっと喜ぶと思います」
 多分、きっと。乃江さんと二人で電車を乗り継ぎ帰ってくる。
 家に着く少し前に見せた故郷を懐かしむあの顔。それを見たから余計確信が持てる。
「そ……、そうかしら?」
 美苑さんは目をパチクリとしばたたかせ、半信半疑といった表情でいる。
「絶対、そうです!」
 俺は自信を持って言い切った。
「そうですよね」
 そう言ってニッコリ笑う美苑さん。
 ああ、やっぱり美咲さんのお母さんだ。笑顔がとてもよく似合う。
「でも……普通に帰っておいでなんて、なんだか面白くなくない?」
 最後に一言余計な一言を聞き、脱力して畳に突っ伏した。



 美苑さんは守り刀の鞘と柄を持ち、真剣な面持ちでゆっくりと引き抜く。
 鞘の鯉口から現れる刃紋を見つめ、手首を返して横から鎬を確認し、縦に向け刃と反りを注意深く見つめている。
 キョウさんの時もそうだったが、カナタの姿を見ると守り刀を見たくなるらしい。
「打刀で作られた短刀。一見して直刃のように見えるけど、微妙な反りがなかなか趣がありますね」
 そう言って美苑さんは刀の反りを見る。
 この守り刀は折れて半分になった刀を打ち直したものだ。
 反りを与えている部分は今の手にしている柄の部分だ。ほとんど直刀と言って差し支えないだろう。
「……折れてしまったのは残念だけど、今ここにあることに感謝しなくてはならないわね」
「感謝……ですか」
 美苑さんが口走った言葉に、違和感を感じて飲み込めなかった。
 彼女は慌てて口元を押さえ、イヤだとばかりに手を振った。
「この世には魔を祓うべく打たれた刀があるの。退魔刀というカテゴリーで分類されるものだけど……」
「退魔……刀」
「鬼丸国綱、童子切安綱、大典太光世、三日月宗近、数珠丸恒次……数えたらキリがないけど、そういう刀は実在しますの」
 美苑さんは守り刀を鞘に戻し、手を差し伸べてカナタを呼ぶ。
「あなた、お名前は?」
「カ、カナタじゃ……」
「カナタ? いい名前。あなたにピッタリね。カオるんを護ってあげてね」
 カナタを手で優しく撫で、子をあやす母のような表情を見せる。
 俺にカナタと守り刀を手渡すと、スッと立ち上がって手招いた。
 俺とキョウさんは、美苑さんの案内で奥の部屋へ招かれた。
「私のコレクション部屋だから、私以外だと旦那しか入った事がないわね」
 そう言って招き入れてくれたのは六畳ほどの広さの部屋。
 壁一面に色々な種類のナイフが整然と飾られている。
 サバイバルナイフ、両刃のタガー、日本刀の様な反りのあるフィレ、ブッシュナイフ、スピアポイント、スペツナズナイフまである。
「私のコレクション。語りだすと数時間止まらなくなるから遠慮しておくわね」
 そう言ってニッコリ笑う美苑さん。
 良く切れる細く鋭い刃、俺が美苑さんに抱いた第一印象。
 鋭く切れ触れると怪我をするが、美しく妖しく人を魅了する。そんな女性に見える。
「一振りどれでもいいわ。選びなさい。カナタがアナタを護り、貴方がカナタを護れるように」
 そう言って真剣な面持ちで腕を組んだ。
「そう言われましても……」
 途方も無いコレクションを目に、どうして良いやら分からない。
「ナイフの場合、攻撃範囲が狭いのは理解していますよね? 二本使えば攻撃のバリエーションが広がりますし、死角を補えます」
 ふむ……、確かにその通り。守り刀を右手で持てば、左は防御に回ってしまう。
 敵は一人とは限らないし、死角を減らせるのはすごく助かる。
「鉈や斧のような武器と対峙し、その攻撃を受け止めれば、カナタも負担が大きいでしょう。盾となる一本を選びなさい」
 そう言ってカナタに優しげな目を向ける。
 美苑さんは退魔刀としてのカナタの価値を、かなり高く見込んでくれているようだ。
 意図は理解できた。とりあえず選んでみよう。
 俺は一本一本を吟味するように見つめ、かなりの時間を費やして盾となるナイフを探した。
「――これが気に入りました」
 そう言って指を指したのは、ナイフというには口幅ったい無骨な鉈。
 切っ先から柄の根元まで一体成型のフルタング型。刃の形は蛤。目釘の箇所が二箇所、握りの部位はローズウッドで鋲打ちされ固定されている。
 美苑さんが目を丸くして俺を見つめ返す。
「鑑定士なら合格ね。その子はこの中で一番高価な子」
 そう言って壁に飾っていたそのナイフを取る。
「島根の安来という所にね。日本の玉鋼とたたら炉の伝統を守る会社があるの」
 美苑さんはそう説明しながら刃に獣油を塗り、ウエスで余分な油を拭って鞘に納める。
「そこで特注した子なの。『伝統的な刀鍛冶が打っていない』というだけで、コンセプトは日本刀なの」
 そう言ってナイフ手渡してくれた。
「現代でしかありえない温度管理、成分管理でね。採算を度外視して三本作ってもらったうちの一本なの」
 そんな高価な物を、はいそうですかっていただいて良いのだろうか?
 手に持たされたナイフを見つめしばし熟考する。
「カナタの為だもの、カナタはこの世に一振り。その子はまだ三本ある。レシピも残してあるから、また作る事も出来ますし」
 カナタも興味津々で、そのナイフを見つめ匂いを嗅いでいる。
「本当にいただいていいのですか? 物凄く高価なナイフなのですよね?」
 美苑さんに戸惑いの目を向けるが、彼女はニッコリ笑って頷いた。
「そのナイフで美咲を護ってやっていただけますか?」
 美苑さんは優しげな母の表情を見せる。そう言われると受け取らざるを得ない。
 ナイフを力強く握り締め、美苑さんの願いを心の中で反芻する。
「しかし、ナイフコレクターだからって、金属会社に特注するなんて……」
 そう言って半ば呆れたように呟くと、美苑さんは意外そうに首を傾げた。
「あら? そうかしら? カオるんは憧れたことがない? 鉄を斬り裂く斬鉄剣」
 口元を手の甲で覆い高笑いする。斬鉄剣って……、アニメに感化されすぎじゃないですか。
「そうねぇ、漫画のようには斬れないわね。でも軟鉄程度の硬度なら簡単に斬れますよ。扱いに気を付けて下さいね?」
 目が全然笑っていない。
 斬鉄剣。いやナイフだから斬鉄ナイフではないだろうか。
 美苑さんにはそういう細かいツッコミをさせない迫力があった。



BACK   NEXT   TOP
ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.