BACK   NEXT   TOP


『054 連休 02』

 俺は足早に風呂から上がり、火照った体を涼ませようと渡り廊下で足を止めた。
 振り返って湯殿を窺うが、まだ美咲さん達は出てくる様子はない。
 いまはみんなと顔を合わせて笑える自信がない。つかの間の猶予がありがたい。
 今はほんの少しだけ一人で考える時間が欲しいと思っている。
「血……か」
 先程聞いた「血」という言葉を口にして、胸の奥でしこりのように残る何かを探る。
 ――血。体の隅々まで細胞が必要とする栄養素を運ぶ役割を担う体液。
 だが美咲さんの言った意味は、異能を持つ者の血、血脈を指すのだと思う。
 美咲さんと一緒に登校し、色々な情報を手に入れた。その中には能力者は遺伝するという情報も含まれていた。
 優性遺伝、劣性遺伝、隔世遺伝……、突然変異。
 俺と妹の葵の才能を鑑みれば、突然変異とは考えにくい。先祖返りというパターンが当てはまる。
 美咲さんの口調……、あれは俺達の血の意味を知っている口ぶりだった。
 いつから……、なぜ秘密にしているのか。
 俺が定理としてきた事柄が根底から覆され、何を基盤にして物事を組み立てれば良いのか分からない。
 もしかすると俺はコインの表を見て彼女達を認知し、彼女らは裏側を見て俺だと思っているのではないか。と……そこまで勘ぐってしまう。
 この出会いは運命的な出会いだと思っていた。危機に立ち向かうため、神様がキッカケをくれたのだと。
 だが……それすら作為的な、仕組まれた出会いなのではないかと思えてしまう。
 こんな気分にさせられるのは、俺の中で彼女らの存在が大きくなってきている証拠だ。分かっているから余計辛い。
「――っ、ちょっと隠し事をされたからって、なんだよ。……情けない」
 柱に拳を突き当て、情けなさのあまりに溜息を吐く。
 人生はセブンブリッジ。
 順風満帆に手札を出せる奴もいれば、場に現れない手札のために足踏みする奴もいる。
 だが俺の手札を待って足踏みしている奴だっているんだ、そんなつまらないことに悩んでどうする。
「うっ……、知恵熱が出そうだ」
 つまらない考えは後回し、そろそろ時間切れだ。今は差し迫った危機をどう乗り越えるか考えよう。
 あてがわれた部屋の前で障子に手を掛けた時、ふと何かの気配を感じて手を止める。
「むっ? なにやら部屋で物音が」
 物品を物色するでもなく、人がいるでもない不思議な気配。
 ――ってか、カリカリ、ポリポリってなんの音だ。
「何者っ!」
 障子を開け放つと、テーブルの上で茶菓子を食うカナタと目が合う。
 テーブルの上には乱雑に破かれた菓子袋と、食い散らかした食べ物カスが散乱していた。
「…………」
「…………とうっ!」
 俺とカナタが目を合わして数秒、奴は守り刀にダイブして姿を消した。
「遅っ!」
 ここぞとばかりにツッコミを入れる。
 しかし霊力で顕現してるとか言ってたわりに、この神様は勝手気ままに姿を現す。まったくいい加減な奴だ。
 守り刀をテーブルの上に置き、カナタの食い残しを口にする。
「美味いな、これ」
 和三盆の押し菓子。砂糖菓子のわりに甘すぎず上品な味だ。……いやマジで美味い。
 こいつこんなのを毎日食っていたのか。贅沢にも程がある。
「食わないのか? 美味いぞ」
 カツ丼を被疑者に勧めるベテラン刑事の気分、なるだけ優しく守り刀に話しかける。
「…………」
 しかしカナタは姿を現さない。見られたのが相当ショックだったのだろう。神様の威厳が台無しだったもんな。
「お茶もいれてやるよ、一緒に食おうぜ」
 そう言って急須にお湯を注ぐと、部屋の中に茶葉の香気が広がった。
 これにはたまらずカナタは姿を現し、少し恥ずかしげにもじもじと顔を赤らめている。
「気にするな。さあ食おうぜ」
 そう言って和三盆の菓子とお茶を差し出す。
 カナタの表情がぱああっと明るくなる。うむ、やっぱりコイツかわいいわ。
 小動物っぽいというか、ハムスターとか飼うとこういう気分になるのかね。癖になりそうだ。
「すまぬ。腹が減っておってな……、ふと周りを窺ってみたら台の上に……」
「食べ物が必要ならそう言ってくれればいいのに」
「最近修行に打ちこんでおって一生懸命じゃし、瘴気が足りぬから魔物を狩って来いとも言えんじゃろ?」
 そういや、魂喰い事件以来瘴気を吸収させていない。
 俺の霊気を吸って生き長らえているはずだが、宿主の霊気では足りないらしい。
「そうだな。魔物どころか、修行のペースに体がついて行けない。このままでは当分は無理だな」
 そう言ってカナタへ死亡宣告する。
 カナタはテーブルの上に突っ伏して、プルプルと身を震わせた。
「そ、それは困る。霊力供給で姿を保っておる。食事が足りなくなると守り刀が錆び、朽ちてしまう」
 そう言ってカナタはお茶を啜る。――ていうか、それ水分だよな。錆びるだろ。
「しばらくの間は和菓子で我慢してくれ。好きなだけ買ってやるから」
 手を合わせ刀精に詫びを入れる。
 しばらく散財しそうだけど、しかたない。かわいいカナタのためだ。
 和三盆を食らうカナタを微笑ましく眺めていたら、障子の向こうに人の気配を感じた。
 障子に写る影はかなりの長身。姿形だけで美咲さん達では無いことが分かる。
「美咲、いるのか?」
 知らない男の人の声。返事してよいのかドギマギしてしまう。
 スッと障子が開かれ、姿を現したのは見知らぬ男性だった。
 長髪をまとめ上げ頭の後ろで縛り、鼻先まで伸びた前髪が表情を読み取りにくくしている。
 それでいて超が付くほどの美男子と分かる。余分な肉もなく、それでいて華奢な感じではない。ファッション雑誌のモデルみたいだ。
 俺より少し年上で落ち着いた雰囲気。そんな第一印象だった。
 長身の男性は部屋の中を覗き込み、どうして良いか分からぬ俺を見て苦笑する。
「すまん、無作法したな。美咲は不在だったか」
「美咲さんは今、湯殿へ行っています。もう少ししたら戻ってくると思いますが、女性ってのは長湯ですから……」
 そう言って美咲さんの所在を伝えた。
 彼はふと目を泳がせて部屋の中を見つめる。その視線の先には和三盆を食うカナタがいた。
 この人も見鬼……。美咲さんの縁者だけあって、カナタの姿が見えるようだ。
「なるほど……キミが今回の犠牲者か」
 そう言うなり、彼は肩を震わせて笑い始めた。
 いきなり笑われてしまったが、馬鹿にされたような不快感はない。彼の纏う雰囲気がそう感じさせるのか。いわゆる人徳って奴だ。
「遅くなった、美咲の兄で、(キョウ)だ」
 あ……そういえば、美咲さんにはお兄さんがいると聞いたことがある。
 揺れる髪の間から涼やかな目元が見えた。
 美咲さんと近似値の目鼻立ちなのに、ずいぶん雰囲気が違って見える。
 男の俺でさえ見惚れてしまう端正な顔立ち。長い前髪はそれを嫌って伸ばしているのだろうか。
「今回の――ってさっき仰っていましたよね? 以前にもそういうことが?」
 気になった一言を聞いてみた。以前にもこんなことがあったのだろうか。
「あ、いや。誤解せんでくれ。美咲はああ見えて、身持ちの堅い良い妹だ。前の犠牲者は俺だ」
 そう言って苦笑してみせる。
「美咲と同じ年の頃に誤解を招いてしまい、一度連れて来いとね。キミならわかるだろう?」
 今回の話を聞いているのか、苦笑しながら俺を見ている。
「あ、いや。それも誤解です。美咲さんはそんな人じゃありません」
 俺とのマンションの件、聞いているのなら誤解を解きたい。美咲さんがそんな眼で見られるのは嫌だ。
「うむ、判っている。身持ちが堅い――と言ったろう? 美咲はそういう事をする子じゃないよ」
 俺の口調がキツかったのだろうか。キョウさんは慌ててフォローを入れる。
 そして再びテーブルの上のカナタへ視線を向ける。
 カナタは相変わらず和三盆に食らいつき、キョウさんの視線などお構いなしで栄養補給に夢中だった。
「珍しい物を持っているな。守り刀……拝見していいかな?」
 テーブルの上の守り刀。それに眼を奪われている。
「――どうぞ」
 キョウさんは両手で丁寧に刀を受け取り、ぐっと握り締めて鞘と柄を分けた。
「ふむ……」
 蒼の刃紋、刃先の一点一点までじっくりと見つめる。
 手首を返して鞘のみねもとから切っ先までの反り、裏返して刃筋を丹念に確認している。
「河内守藤原国助を守り刀に打ち直したものか。その上珍しいモノが宿っている」
 抜き身の守り刀を手にして、何事もないような涼やかな表情。それだけでこの人の力量がどの程度か分かる。
 触れた手から霊気を吸収されながら弛まない、まるで湧き上がる泉の如く潤沢だ。
 山科さんと同レベル……。いや、それ以上の霊気を感じる。
「君はこれを使って魔を祓うのか?」
「いえ……こないだ退魔士になったばかりで、まだまだ……」
 対人戦闘が多く、魔を祓った経験ってのは皆無に等しい。火車の時に小鬼を祓ったくらいだろうか。
 キャリアを問われると、ずぶの素人と言った方が早い。
「しかし、キョウさん。お詳しいですね。刀の素性を言い当ててしまいました」
 刀を見ただけで言い当てるなんて凄い目利きだ。
 俺はカナタに説明されたが、いまだに河内守藤原国助が何者なのか良く分かっていない。
「俺も刀を使うのものでな。いつの間にか詳しくなってしまった」
 キョウさんは守り刀を鞘へと戻し、俺にそっと手渡してくれる。
 笑うと目が無くなるところは猫のよう。間近で見るとやはり凄い美男子だ。
 けれどそれを鼻に掛ける様子はない。ざっくばらんというか、気さくな人だ。なんだかキライになれないタイプだ。
「すまん、君の名を聞いてはいるのだが、良ければ自身で紹介してはくれないか?」
 キョウさんは申し訳なさそうにそう口にした。
 そうだよな、人の名前を聞いて置いて、自分は名乗らないなんて無作法だ。
「すいません、名乗り遅れました。三室薫です。よろしくお願いします」
 そういって遅れた挨拶を交わす。
「ふむ、カオルくんを略してカオるんだな」
 やっぱり、キョウさんも天野の人。美咲さんのお兄さんだ。
 ごめん、美咲さんの兄じゃないって言われたとしても嘘だと断言出来る。それだけの自信がある。
「――カオルと呼び捨ててください」
「判った、カオるん。検討させてもらうよ」
 やっぱり聞いてくれない。天野の血恐るべし。



 俺はキョウさんと意気投合し、屋敷を案内してもらう事にした。
 普段の俺なら固辞するところだが、そこはキョウさんの人柄のなせるワザなのだろう。
 彼はK大生、K大といえば西日本の頂点に君臨する大学だ。かなり頭のよい方らしい。
 キョウさんはサラリと屋敷を案内しつつ、重要な部屋を紹介してくれた。
「ここが美咲の部屋だ」
 頭の中でゴングが鳴った。それも激しく強く。
 彼は惜しげもなく障子を開け放ち、禁断の園……、もとい部屋の中を見せてくれた。
 美咲さんの部屋か……、興味津々だ。
「やはり気になるか? そうか……、そうだよな、男だものな」
 表情を読まれたか? それとも読心術か。どちらにしろ図星だ。
 キョウさんは部屋の中へと手招き、後ろ手でピシャリと障子を閉める。
 十畳ほどの和室。年代物の文机が部屋の隅に置かれ、その横にレトロな書棚と桐のタンス。布で覆われた三面鏡。
 シンプルで美咲さんらしいというか。壁に貼られたキース・リチャーズのポスターがミスマッチだ。
「ちなみに、タンスの三段目には下着が入っている」
「なんと!」
「一枚くらいなら持って帰ってもわからんぞ」
「そんなドラクエ的思考でいいのか!」
 キョウさんはそう告げて背を向ける。
 マジっすか。……いや罠だな。笑いを堪えて肩が震えている。
 ちょっと後ろ髪引かれる思いだが、ここは我慢だ。
「さぁ、次に行きましょう、次!」
「そ、そうか? 本当に三段目は下着が――」
 最後に案内されたのは、玄関から靴を履いて庭に出た場所だった。
 渡り廊下で繋がれていない離れと呼べる場所、扉を開け放つとそこには道場があった。
 家に道場があるって理解不能だが、守人の血を受け継いている天野家だ、一般の常識は通用しない。
 使っていないのかと思えたが、板間にはホコリ一つ落ちていない。非常に良く手入れされている。
「遠慮することはない、入りたまえ」
 キョウさんはそう言って道場へ招いてくれる。
 素足で板の間に上がり、ひんやりと冷たい足の感覚に身が引き締まる。
「カオるんの腕前に興味がある。同じ刀を使う退魔士として……ね」
 キョウさんは壁に掛けてあった木刀を手渡し、もう一本を手に馴染ませる。
 重く冷たい木の感触を手のひらに感じる。これはもう立派な武器だ、本気で打たれたら大怪我はまぬがれない。
「刀と守り刀は扱い方が異なるが、構え方や捌き方を覚えておいた方がいい」
 キョウさんは木刀を俺の喉に向け、ゆらゆらと切っ先を揺らす。
 俺は美咲さんを真似て正眼の構えを取り、キョウさんの喉元へ切っ先を向けた。
 切っ先が揺れるたびに、心の中に両断されるイメージが湧き上がる。
 その度にその隙を修正するが、一つ繕えば別の箇所に隙が出来る。その隙を目掛けて斬り込まれる。
 何十回か斬られたところで、キョウさんの力量がどの程度か理解させられた。
「ふわぁ、集中力が続かないっすよ」
「なかなか勘がいいな。打てば響くとはこのことだ。美咲や乃江ちゃんが目を掛けるわけだ」
 俺が手を合わせたことないようなレベル。恐らく乃江さんや美咲さんでも敵わない程の達人だ。
 怖いと逃げ出したくなる自分と、こんな経験はなかなか出来ないと思う自分が共存する。
 乃江さんから教わった体術、美咲さんの長考、山科さんの霊力コントロール、それがどれだけこの人に通用するのか試したい。
「胸を……借りていいですか?」
「無論、そのつもりでここに立っている」
 キョウさんはそう答え、ニヤリと口元を吊り上げた。
 木刀の先が触れ合うギリギリの間合い、軽く切っ先を弾いて踏み込む。
 ここで構え直す余裕はない。このまま――。
 右手一本で木刀を構え、左掌を脇に引き絞る。近接の掌打。
 キョウさんの懐に滑り込み脇腹へ掌をそえた瞬間、真下から風が吹き上げた。
 長い脚を折り畳み真下から額を掠める蹴り、右手に構えた木刀が真上に吹き飛ばされた。
 捻りのタイミングを逸した掌打は、鎖に繋がれたようにキョウさんの懐に残り、引き戻すことが出来ない。
 真上に蹴り上げられた足が、俺の肩に振り下ろされた。重い棍棒で打ちのめされたような痛み。
 それでも身を捩りながら右手でその足を払い除ける。
 次は――。
 瞬時に目を動かし状況を確認。キョウさんは右足が床に付くと同時に木刀で俺を薙ぎに来た。
 飛び退いていては躱しきれない。かといって受け流せるものでもない。
 膝を折って両手を床に付き、横薙ぎの木刀をやり過ごす。次の攻撃が来る前に体を反転させて、キョウさんの足を払った。
 キョウさんは後ろへと踏鞴を踏む。
 俺は空から降ってきた木刀を掴んで、床を転がりながら距離を取った。
「美咲さんの兄さんだっての忘れてた。蹴りが来るとは思ってもみなかった」
 再び刀の間合いに飛び退いて木刀を構える。
 今の一瞬だって、踏み込んで斬ろうとしたら出来たはず。だがキョウさんは悠然と守りを固め、ピタリと切っ先を俺に向けた。
「なかなか面白い。木刀を囮にして組み打ちを仕掛けるとは、まったく……デタラメな戦術だ」
「慣れない剣術より、慣れ親しんだ体術です」
 そう言うとキョウさんは構えを解いて、木刀を左に下げた。
「美咲から剣術を教わるといい。アレの腕はなかなかのものだよ」
 キョウさんはポケットから手拭いを取り出すと、俺のそばへと歩み寄って額にそれを押し当てた。
 汗を拭いてくれたのかと思ったが、赤く染まる手拭いを見て、その慣れぬ奇異な行動の理由に気付かされた。
 床に点々と付いた紅色の滴。額を掠めた蹴りで、痛みも感じぬほど鋭く切られたのだ。
「あ……っ、あれ?」
「頭の傷は派手に出血するが、思っているほど傷は深くない」
 血の付いた手拭いを裏返し、ポケットに入れて俺の手から木刀をそっと取り上げた。
 胸に去来する寂しさに似た感情。これで終わりなのかと思っている自分がいる。
「もう終わりっすか……。やっぱり俺なんかじゃ相手にならないですかね?」
 一度背を向けたキョウさんが、ゆっくりと振り返る。
 さっきまでの優しげな雰囲気なんか微塵も感じない。鬼のような形相で俺を睨み返した。
「自分に限界を作って、それを言い訳にするな!」
「は、はい……」
 ぶん殴られそうな怒気に気圧され、馬鹿みたいに返事をするしか出来ない。
 下手に口答えなんて出来ない雰囲気だった。
「カオるんはきっと心根の優しい子なんだろう。それがキミの成長を阻害している」
「俺自身が足枷に?」
「きっとキミは教えられながら、強い人には勝てないと心を縛っているんだね。いい動きをするのに勿体ないよ」
 図星だ、ぐうの音も出ない。
 俺は乃江さんや美咲さんに教わりながら、心の中で八割を汲み取れても、彼女らを追い越す事なんて出来ないと思っていた。
 キョウさんはこの一回の立ち会いでそれを見抜いたのだ。
「教わるものの務めは、一日も早く師を追い抜くこと。カオるんが俺を追い抜く気になれば、いつでも相手をしよう」
「……すいませんでした。俺、考え違いをしていました」
 目の前がパッと明るくなったような気がした。
 修行を続け少しずつ自分の限界を感じ、伸びしろのあった頃から比べて現実を見つめるようになった。
 それでは決まり切った自分にしか成長出来ない。そういうことを言っているのだと思う。
 強い自分を夢見ることが出来なければ、そういった存在になることは叶わない。単純な論理だが、その通りだと思う。
「師を追い越すつもりで取り組む。その言葉忘れません」
「だが、尊敬の念は忘れるんじゃないぞ」
 キョウさんは苦笑し、シャツを捲り上げて俺に見せる。
 割れた腹筋、研ぎ澄まされた肉体。そしてその脇腹に、掌打の痕が赤黒く残っていた。
「あの時、相打ち覚悟で打ち込む勇気があれば、この勝負面白くなっていたかもしれんな」
 俺に足りない部分を惜しげもなく教えてくれる。この人を追い抜くのは相当の覚悟が必要だ。
 でもいつかこの人に教わりたい……。不甲斐なかった汚名を返上し、成長した姿を見て欲しい。
「さて……行くか。母上の逆鱗に触れぬ前に……」
「は? 今なんと?」
 キョウさんはポリポリと頬を掻き、さり気なく明後日の方向に目を逸らした。
「母上にカオるんを連れてくるよう言い付かったのだが、ことのほかカオるんをいじるのが面白くてな」
 キョウさんが部屋を訪れてから、かれこれ一時間近く経っている。
 その間美咲さんのお母さんは待ちぼうけだとすると、とんでもない状況になっているのではないだろうか。
「まあ、少し頭を冷やした方が良いと思ったのだがね」
 キョウさんはそう言いながら苦笑する。
「うわぁ、他人事だと思って笑ってませんか?」
「まあ、他人事だからね。対岸の火事って言葉を知っているかい?」
 鬼だ。ちょっとでも尊敬した俺が馬鹿だった。
 手招くキョウさんに連れられ、道場を後にして公開処刑場へと連れて行かれた。



BACK   NEXT   TOP
ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.