BACK   NEXT   TOP


『053 連休 01』

 在来線に二時間ほど揺られ、到着したのは牧歌的な無人駅だった。
 改札には使用済みの切符を回収する箱と、自動改札用のカードリーダーがあり、短いホームと駅舎しかない駅だった。
 駅前には繁華街など望むべくもなく、雑貨を扱う個人商店と煤けた自動販売機があるだけだ。
「……えらいところに来てしまった気がする」
 携帯電話を取りだして、さらなる驚きが待っていた。駅前だというのにもうすでに圏外、電話会社のやる気を感じない。
 どうやらここは携帯電話未開の地らしい。
「それはそれでいいか」
 俺に連絡を取ろうって奴は牧野くらいだろうし、仲間との業務連絡は口頭で済む。なんの差し支えもない。
 時刻を確認して携帯をポケットに放り込む。
 午後十三時を少し過ぎたところ。新幹線で弁当を食べておいて正解だった。
 日差しを避けて駅舎のベンチに腰掛け、窓から見える景色を眺める。
 子供の頃よく連れて行ってもらった母のふるさと、比叡の山奥を思い出した。辺鄙さ加減はいい勝負だと思う。
 駅舎の引き戸が開かれ、乃江さんがバスの時刻を確認して戻ってきた。
「もう少ししたら到着するらしい。これを逃すと二時間待たされるところだった」
 いまさらこんな台詞で驚いたりしない。駅前の通行人を鑑みれば、それくらい当然だと思える。
 いやそれよりここに到着してから、住人らしき人の姿を見ていない。そんな駅前に頻繁にバスが来るわけはない。
 恐らく利用客に合わせてバスが運行されるのではなく、バスの運行に利用者が合わせているのだろう。
 だがロンドン娘と京娘はカルチャーショックを受け、口をパクパクさせて言葉を失っている。
 乃江さんはチラリと駅舎の隅を見つめる。
 その視線の先には美咲さんがベンチにしな垂れ掛かり、壁にのの字を書く姿があった。
 山科さん達にチクチクと虐められ、かなりへこんでいるようだ。
「いまさら言い訳をするつもりはないが、みんなに真実を知って欲しい。どうか私の話を聞いて貰えないだろうか?」
 乃江さんは俺達を見つめ、そう口を開いた。
「小手先の逃げ口上で俺の名を使ったなんて嘘でしょ? 本当のこと聞きたいと思ってた」
 それは山科さんや宮之阪さんも同じ気持ちのようだ。無言で頷き、乃江さんの弁明を待っている。
「ここ最近カオルは長考の修行に入り、美咲お嬢様の部屋に出入りするようになった。これが事の発端なのだ」
「ちょうど魂喰い事件の後くらいからですね」
「うむ、実はカオルとお嬢様、二人が登校する姿を親戚縁者に見られてしまったのだ」
 そういえばあれ以来、美咲さんと登校する機会が増えた。
 退魔士についてもっと教えてもらうためだったが、ことのほか楽しい時間だったのも事実だ。
「マンションから二人で登校、迎えに来た形跡もない。普通ならばどう誤解するだろうか」
「あわわ……、マジっすか?」
 話を聞く限り、俺が諸悪の根源ということになる。
 修行に明け暮れ、彼女達の好意に甘えすぎていた。
 知らぬ存ぜぬなんて言えない。むしろ積極的に事態を収拾すべき立場だろう。
「状況は大体分かりました。親御さんに納得していただけるよう、身の潔白を証明すれば良いんですね?」
 乃江さんは少し複雑な笑みを浮かべる。かなり難易度の高いミッションだと諭されたようだ。
 身の危険を感じたら迷わず逃げよう。躊躇したら負けだと心に決めた。
「まあ、カオルがそう言うんなら、うちらがとやかく言うことやないな。そやろ、マリリン?」
「…………ぷう」
 宮之阪さんはまだ納得していないようだが、山科さんに睨まれ渋々ながら口を閉ざす。
「美咲! 隅でのの字を書いてんと、こっち来てみ」
 美咲さんはピクンと背中を伸ばし、おどおどした目を向ける。
 山科さんが微笑んで手招こうと、美咲さんは心を許そうとしない。まるで飼い主に裏切られたペットのようだ。
 山科さんは深い溜息を吐き、無言で美咲さんのもとへと歩き、首根っこを掴んで引き摺ってくる。
 まるで動物と調教師、おっかないったらありゃしない。
「大体の事情はよう分かった。ちゃんと説明したら済む話やんか。カオルも協力するて言うてるし、へそ曲げてんとシャンとしとり」
「ううっ、説明してどうにかなるなら、こんな苦労はしませんよっ」
 再び陰に籠もる美咲さんを見て思う。彼女の親御さんはかなりの難物らしい。
 生け贄として捧げられる俺はどうなってしまうのか。



 バスに揺られること小一時間、目的のバス停に到着した。
 運転手は帽子を取り、美咲さん達に挨拶してバスを発進させる。
 そういうサービスをするバス会社なのかと思っていたが、特別な客だと判断しての行動らしい。
 バスに乗り込む時もこの対応だった、地元の名家だと聞かされていたが、ここまで有名だとは思わなかった。
「天野家、真倉家のお姫さんにお乗りいただけるとは、盆と正月がいっぺんに来たようですわ。めでたいやらありがたいやら――」
 超VIP扱いだ。地元の名家だとは聞いていたけど、ここまで知名度が高いとは思わなかった。
 乗り合わせたおばあちゃんは数珠を手に拝み始めるし、とんでもなく落ち着かないバスの旅だった。
 バスの停留所から山間の小道へ分け入った。
 緑が豊かで目に優しく、流れる川は水が澄んでいる。
 不規則な形をした棚田も美しいが、その奥にそびえる山々が圧巻、複雑な緑のグラデーションが作り出す自然の美だ。
「いい所ですね。空気は美味いし、気持ちが穏やかになる」
 美咲さんと乃江さんに話しかけ、横目で山科さん達に同意を促す。
 剣呑とした雰囲気もどこへやら、山科さん達の表情はどこか穏やかに見える。
 自然は人をウキウキさせる。きっと彼女達もそういう気分になっているのだろう。
「緑しかないが、私は嫌いじゃない」
 乃江さんは周りの風景に目を細め、懐かしむような表情を見せた。
「この川にはオオサンショウオが住んでいるんです。水が綺麗ですから、川遊びしたら気持ちいいですよ?」
 いつもの調子を取り戻した美咲さん。彼女も自分の記憶と風景を重ね合わせているようだ。
 乃江さんは山の方を指差して振り返る。
「あの山の中腹に見えるのが天野家。ちなみに真倉の家は西の山にある」
 両家の家を見比べて、主家、従家も関係ないと思わされる。
 むしろ家の大きさでいえば、真倉家の方が大きく見える。
「私は真倉の家に挨拶し、取って返し天野家に伺うつもりだ。旅行姿のまま顔を出す訳にはいかないからな」
 乃江さんはそう言って、別れ道を一人走り出す。
 家でゆっくりした方が親孝行じゃないのかと思うが、参謀を欠いて少々心細いのも確かだ。
 ごめん、乃江さん……全力で走ってください。
 天野家への道中、小さい子供が遊んでいる姿が見えた。
 その子供達は俺達の姿に気が付くと、満面の笑みを浮かべて走ってくる。
「わぁ! みさきねえちゃん」
「みさくりんだ」
 美咲さんは瞬く間に子供達に囲まれた。
 美咲さんが自分の事をミサキではなく、ミサクリンと呼んで欲しいと言っていたが、そのルーツはここにあったのか。
「みんな、元気してた? 沙紀ちゃんは漢字かけるようになった? 高志くんもみんなもおっきくなったね」
 美咲さんは子供の目線にあわせ、腰を屈めて微笑む。まるで保母さんのようだ。
「みさくりん! 秘密基地もうすぐ完成しそうなんだ。見に来てくれよな!」
 高志くんとお仲間の悪ガキ達は自慢げに話す。
「さき……、かんじ得意になったよ。えへへ」
 そういう沙紀ちゃん。照れたように美咲さんに抱きつく。
「なんや、ほのぼのしててええなぁ。美咲はこの子らの親分か?」
 山科さんはそう言って苦笑する。
「みんな、かわいい」
 宮之阪さんは惚けた表情で子供達を眺めていたが、美咲さんと一緒に並んで子供目線になる。
 しばしの談笑の後、ふと気が付くと沙紀ちゃんが俺をまじまじと見上げていた。
 俺は頬を掻きながら小首を傾げ、沙紀ちゃんを見つめ返した。
「おにいちゃんが、みさきおねえちゃんのだんなさん?」
 人差し指を口にくわえ、モジモジしながら問い掛ける。
「…………今、なんと?」
「あのね。さきのおかあさんがね。みさきおねえちゃんのだんなさんがくるからって、あさから大忙しなの」
 沙紀ちゃんは詳しく危機的状況を説明してくれた。
 どれだけの情報が漏れているのだろうか。田舎のコミュニティ恐るべし。
 沙紀ちゃんとは対照的に、悪ガキ共は射るような目で俺を睨み付けている。
 きっと憧れのお姉ちゃんを取られたと思っているのだろうか。涙を浮かべる目が痛々しい。
「いや……、あのね……、誤解なんだ。沙紀ちゃんのおかあさんの勘違いで、美咲さんとはただの友達なんだ」
 子供達の視線に耐えかねて、誤解を解くべく饒舌になる。
 美咲さんにも同意を求めたが、彼女は頬を膨らませて無言を貫く。
「そうなんだぁ。たいへん、おかあさんにおしえてあげなくちゃ。にいちゃんも行こう」
 そういって沙紀ちゃんは高志くん達を引き連れ、元来た道へ引き返していった。
 ――嵐は去った。
 額に浮かべた汗をそっと拭う。
「沙紀ちゃんと高志くんって兄妹だったんですね」
 遠くの兄妹と仲間達を眺めながら、美咲さんに話しかける。
「……そうですね。仲の良い兄妹ですっ!」
 美咲さんはなにやら不機嫌な口調、頬を膨らませてジト目で俺を睨み付けた。
「…………カオるん、誤解だ、友達だって酷いです。そんなに私の旦那さんになるのが嫌ですか!」
 逆ギレだ。しかも言い終わるなり子供泣きし始めた。



 三人総がかりで美咲さんをなだめすかし、なんとか天野家に向かった。
 到着した天野家は、遠目から見る印象と違った雰囲気を感じさせた。
 左右の林に囲まれ、桑の木を綺麗に刈り込んだ塀。奥に人を招くように玉砂利と自然石が敷き詰められている。
 その自然石を踏みしめ、少し歩くと表玄関がある。
 ひっそりとした庵のような佇まいだ。
「ここが表玄関です、どうぞお入りください」
 美咲さんはそう言って俺達を手招いた。
「玄関?」
 庵だと思っていたのは玄関部分。来客を休ませる小部屋のあり、その奥には中庭が広がっている。
 その表玄関を通り抜け、本宅の玄関先に俺達を迎えるべく女性が立っていた。
 年の頃は二十代後半。身震いするほどの端正な顔立ちをしていた。
 じっと見つめるその視線に気が付き、俺も見るともなしに見つめ返す。
 美咲さんと顔の作りが良く似てる。お姉さんかいるなんて聞いたことないし、従姉妹の方だろうか。
「皆様。こんな辺鄙な田舎まで、ようこそおいでくださいました。おつかれでしたでしょう?」
 そう言って深々と挨拶してくれた。
 深くもなく浅くもない一礼、その優美な動きは一朝一夕で身に付くものではない。
 そう感心していたところ、美咲さんが彼女の前へと歩み寄った。
「おかあさん、ただいま」
 美咲さんは気さくな挨拶を交わし、ペコリと頭を下げて振り返る。
 俺達三人はそのやり取りを聞き、盛大にズッこけた。
「おかあさんて言うたよな?」
「若すぎ……ませんか」
「……コクコク」
 三人の耳打ちを聞かれたのか、美咲さんのお母さんは大喜び。
 親指の爪を噛んで、恥ずかしげに品を作った。
「来た早々誉め殺しするなんて、嘘でも嬉しいですね」
 美咲さんのお母さんは満更でもなく頬を押さえる。
 こういう態度を見る限り、やはりこの人は美咲さんの母なのだと思わされる。
「美咲が来る時間を連絡してくれないから、まだお部屋の用意が出来ていませんの。使いの間で少し休まれてはいかがかしら」
 そういって案内されたのは、使いの間なんて名前が付いている大広間。玄関横のお座敷だった。
「お邪魔します」
 そう言って玄関を上がり、渡り廊下で使いの間へ通された。
 旅館の部屋が二つ分はありそうな広間。玄関の緑が見えて落ち着いた雰囲気だ。
 ひとつ重要なことを忘れてしまいそうになる、まだここが玄関だという事だ。
 どう考えても広すぎる。これじゃまるで時代劇の武家屋敷そのものじゃないか。
 美咲さんのお母さんはテーブルの周りに座布団を用意し、お茶の用意まで気遣ってくれる。
「あっ、いや、お茶くらい自分達で――――」
 流石に心苦しいので固辞すると、少し寂しそうな表情をして下がっていった。
 庭の静寂な風景を眺め、全員がため息を付く。
「うちのおかあはんもたいがい若く見えるけど、美咲のおかあはんは段違いやな。最初お姉はんかと思たわ」
 山科さんはそう言って溜息を吐き、お茶を人数分の湯のみへと注ぐ。
 確かに。あの風体と漂う色気は異次元だ。街を歩いていたら男は全員振り返ると思う。
「うふふ、そう言ってもらうと嬉しいな」
 美咲さんはニンマリと笑い、我が事のように喜ぶ。
 さっきの俺を見定めるような目で見つめていたのは母だからこそか。
 しっかりと品定めされてしまったな。くわばらくわばら。
 まもなくして、別の女性が使いの間を訪れ、彼女の案内で屋敷の中へと通された。
 廊下から見える庭には山を模し自然の岩が置かれ、小粒の玉砂利が敷き詰められ、池の鯉が優雅に泳いでいる。
 行く先々には障子で仕切られた部屋がたくさんあり、一体いくつ部屋があるのか数え切れない。
 内倉、納戸部屋、大広間、控え間へと移動し、渡り廊下で屋敷とつながれた離れへと通された。
「こちらの部屋は、来客用の部屋です。秋になるといい景色が見えるようになってるんです」
 美咲さんがそう説明してくれたのは、初夏でも緑が目に優しい感じのいい部屋だった。
 十畳ほどの部屋が三つ連なり、その一つ一つが襖で仕切れるように気遣われている。
 俺にはこの一部屋分で丁度良い。あまり広すぎると逆に落ち着かない。
「湯殿も男女に分かれてますので、お風呂にでも入って疲れを取りませんか?」
 美咲さんはポンと手を叩きながら提案してくれた。
 個人宅を訪ねて来たというより、どこかの温泉旅館にでも泊まりに来た気分だ。
 美咲さんが言うとおり、長旅の疲れを感じている。ここはお言葉に甘えて入らせていただくとするか。
 山科さんも宮之阪さんも同意見のようで、カバンを広げてソワソワしている。
 男の前で着替えの用意するわけにはいかないのだろう。俺は気を利かせて一足先に部屋を出た。
 湯殿は本殿から渡り廊下で隔絶された場所にあった。
 さすがに温泉旅館と違い、男湯などと書かれてはいないが、赤と青の色分けされた暖簾が掛けられている。
「こっちが男風呂か」
 念のために美咲さんに確認を取る。間違って女風呂へ入るベタなミスは避けたい。
「ええ、こちらが殿方用、あちらがご婦人方のお風呂です」
 美咲さん達と別れ、暖簾をくぐり男風呂に向かう。
 脱衣場は板の間で籠が用意されている。温泉の雰囲気を味わえる。
 肝心の浴槽はヒノキだ。泳げるほどではないが、一般家庭の風呂にしてはちと大きすぎる。
「感動するなぁ、ヒノキの匂い」
 早速、体を洗いヒノキ風呂を堪能する。
 ヒノキ特有の匂いを含む湯気がたまらない。これから待ち受ける難題など一発で吹き飛んだ。
 お湯を掬うと独特のヌメリが手に残る。これは普通のお湯じゃない。
「――温泉か」
 感動に打ち震えつつ、肩までじっくり浸かり幸せを噛み締めた。
 ふと視界に入る露天風呂の文字。誘われるように湯殿の扉を開く。
 混浴ならば死亡フラグが立ってしまうのだが、ちゃんと仕切りがあるし、安心して露天風呂を堪能出来る。
 ふとぼんやり遠くの景色を眺めて無心でいた時の事。
「うはぁ、露天風呂や! うち感動やわ」
 あっ、山科さんの声が――。
「そんな大声……カオルさんに聞こえちゃいますよ?」
 窘めるような宮之阪さんの声。残念でした、もう聞こえています。
「そんな、水の音してへんかったし、大丈夫や」
「うふふ、カオるんは露天風呂のことを伝え忘れていましたから、内風呂に入っているのでしょうね」
 美咲さんの声――。すいません、張り紙があったので気付いてしまいました。
「念の為に…………カオル、いてるぅ?」
 木で仕切られた向こうで、耳を澄ませている山科さんが思い浮かぶ。
 ここで返事するとお互い恥ずかしいし、静かにお風呂に入っておこう。
「やっぱりおらんみたいや。安心やな」
 ここは返事などせず、無言で入るのが男というものだ。安心めされい、聞いているよ。
「なぁ美咲? ぶっちゃけ、さっきの涙はマジ泣きなん?」
 おお! いきなり核心を突くな。さすが美咲さんの調教師。山科さんいい働きするなぁ。
「えっ……ああ、アレですね」
 しばし、無言で考える美咲さん。生唾を飲む音すら危険な静けさだ。
「あの時は友達って連呼されて、すごく悲しくなったのは本当ですね」
 ボソボソと話し始める美咲さん。
「だって親友だし、大切な仲間じゃないですか、ねぇ?」
 激しく脱力。美咲さんに色気のある話を期待した俺が馬鹿だった。
 しばしの静寂、その後に山科さんの声が耳に入る。
「うちはカオルの事、かなり気に入ってるで。弱っちいけど、逃げずに困難に立ち向かう姿がええやん」
「私も……カオルの……優しい所……好きかな」
 聞き取れるギリギリの小声で、宮之阪さんも話し出す。
 そう言ってもらって嬉しいのと同時に、その気持ちを盗み聞きしている自分が許せなくなった。
 そっと湯から腰を上げ、忍び足で湯殿まで戻ろうとした時、美咲さんの声が耳に入った。
「私は……どうだろう。血にこだわってしまって、カオるんをどう扱っていいのか分からない」
 ――血。血ってどういう意味だ。
 彼女は俺の知らぬ何かを知っている。無言でいる山科さんや宮之阪さんも同じく。
 一緒にいて彼女達のことを良く知っているつもりでいたが、埋められない溝のようなものを感じた。
 俺はそっと湯殿に戻り、濡れた体を拭って部屋に戻った。



BACK   NEXT   TOP
ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.