BACK   NEXT   TOP


『052 連休 00』

 ちゅんちゅん……。外で小鳥が囀り、優雅な朝が始まる。
 ……なんて妄想はさておき。俺は今、もの凄く焦っている。
 現在時刻は午前五時五十分。
 爺ちゃん婆ちゃんの起床時間には申し分ないが、修行中の身には少々遅い時間だったりする。
 布団を蹴飛ばしてからバイクのエンジンを掛けるまで三分。
 所々大切なプロセスを端折った気がするが、とりあえずパンツは履いているし靴下も揃っている。
 まだ目覚めていないRVFをなだめすかし、騙し騙しアクセルを開いた。



 庶民を舐めたマンションのエントランスに立ち、複製の難しいとされるディンプルキーを差し込む。
 電子ロックを解除し、エレベーターを呼ぶまで一分少々。
 エレベーターの中に入り、階を選択する前に扉を閉める。これで一秒縮めた。――焼け石に水だけど。
 七階に上がるなり全力疾走、美咲さんの部屋の前に滑り込む。
 ――ドアに張り紙が一枚。俺の目線に合わせて、ちょっと高めの位置に貼られている。
『ディズニーランドに行ったり、色々大変でしたものね。仕方ないですよね、寝坊しても――』
 うわぁぁぁぁ、もはやメモとは言えない長文。怖すぎて最後まで読めない。
 だが落胆して玄関先にへたり込んでいる場合ではない。
 再びエレベーターに乗って屋上へ。美咲さんは芝生の上で仁王立ちし、お寝坊さんをお出迎えしてくれた。
「乃江の時には遅刻しなかったのに、私が教えるとなれば寝坊するのですね?」
「いや、そんなつもりは全然……」
 微笑みを湛えた表情が逆に怖い。ちょっとあそこが緩かったら小便を漏らしてまう。
 とりあえず括約筋を締めて頭を下げまくった。
「あんまり余裕ぶっこいてると、そのうち私、本当に怒ってしまいますよ?」
 いや、それは勘弁してください。
 ランクCを給わったからといっても、駆け出しの退魔士で修行中の身だ。
 自分の力で仕事を取ってくるほど実力もない。故に、雇用主である美咲さんを怒らせれば収入は望めない。
 ああ下請けって大変だなと、齢一七にして世の(ことわり)を味わっている。立場の弱い個人事業主って大変だ。
「カオるん、へたり込んでないで、柔軟体操始めてください。――時間がありませんからね」
「ダメな俺のために時間をいただいてすいません、本当にすいません」
 早速ラフなシャツに着替え、柔軟体操を始めた。
 怒らせると怖い美咲さんだが、機嫌を損なわねば良い師匠と言える。
 体術全般に精通しているし、要点を絞って教えてくれて、これがまたなかなか分かりやすい。
 乃江さんが基本を重視した学校教育ならば、美咲さんのは弱点克服、長所を伸ばす予備校って所だろうか。
 美咲さんも俺の前に立ち、前屈して手のひらを地面にべったり付ける。
 恐ろしくしなやかな体、これが美咲さんの武器だ。
 長い脚は骨を砕く棍棒ではなく、変幻自在に肉を斬り裂く鞭。柔軟な体がバネとなり、あの破壊力を生み出している。
 七分丈のスパッツに裾の長いパーカー。下に白のタンクトップを着こんでいる。
 いつもは制服に黒のニーソックスと革靴だから、かなり新鮮に感じてしまう。
 ちなみに、ニーソックスは耐刃繊維、革靴はチタンプレートが封入された安全靴だそうな。
 対する俺はTシャツにありきたりのジャージ上下、足首をガードするトレッキングシューズを履いている。
 運動をしていて最も痛めやすいのは手首、足首などの関節だ。靴だけはかなりこだわっている。
「前にも言いましたが長考というのは――」
「身の危険を感じた時に発動する、走馬燈のようなものだっていうんでしょ? 今日こそはコツを掴んでやりますよ」
 手招く美咲さんの声を聞き、怒ってないと分かると途端に気が楽になる。我ながら現金なものだ。
 だが火車、人形繰り、魂喰い事件で窮地を救ってくれたのは間違いなく長考、超高速視認の技だ。
 俺にも長考が使えるなんて調子に乗っていたが、実際には自分で発動することも、視認時間をコントロールすることも出来ない。
 美咲さんの使う長考は、コマ送りできる時間も、思考の速さにおいても段違いだった。
 魂喰い事件の後に本格的な修行を始め、乃江さんのスピードに対応出来なくなった。
 徒手という一見不利に見える攻撃方法は、実のところ長所を生かす最良のものあると思い知らされる。
 彼女は超高速視認はもとより、接触して思考を読み取るサトリの能力を持っている。
 彼女から見れば俺の攻撃なんて見え見え、プログラム通りに演じられるフィギュアスケートのようなもの。
 次に何が来るかあらかじめ知っているのだから、目を閉じていても対応出来る。
 頭打ちしてへこんでいた時に声を掛けてくれたのは美咲さんだった。
「とりあえず動きが見えれば、まだ上を目指せますよ」
 なんて気楽なお言葉だったが、彼女の言う通りなのかも知れないと思った。
「カオるん、あーんして?」
 美咲さんは一口大の白い塊を、無理矢理口の中にねじ込む。
 これはブドウ糖の塊だそうで、最近どこでも手に入るサプリメントだ。
 脳の活動の源は糖。長考状態を続けると、脳が栄養を使い切って低血糖状態になってしまう。
 つまり長考を繰り返し行うと脳が働かなくなって、さらに悪化すると意識が途絶えてしまう。最悪の場合は死に至るって寸法だ。
 彼女は常日頃から栄養補給を欠かさない。
 耐刃繊維の防具やチタン加工された武器と同じで、いつでも戦えるよう備えているのだ。
 美咲さんは来なさいとばかりに手をクイクイと動かす。
 さぁて、逝きますか。寸止め無しのフルコンタクト、通称「本気の組み手」。そのまんまじゃねぇか。
 美咲さんは何故か手を使わず足技のみで戦う。生半可な間合いを取れば、攻撃に転じる前に蹴り殺される。
 彼女を攻略するには足技が繰り出しにくい接近戦しかない。
 踏み込んで美咲さんの足元へ震脚、地を蹴る運動を腰に伝え螺旋の運動に変換。超接近戦からの肘撃ちを試みた。
 美咲さんは余裕の微笑み。その動きに逆らわず肩へ両手を添えて、螺旋の動きを利用して空中へと逃げる。
 俺の肩を軸に空中で一回転し、かかとで俺の後頭部を薙ぐ。
 俺は肘撃ちの動作のまま、勘だけを頼りに首を捻った。
 背中合わせに着地した美咲さんへ回し蹴り。
 タメの少ない半回転の回し蹴りだが、少ない回転力は速さでカバーする。
 美咲さんはその攻撃に動じることなく、軽く足を上げてガードを試みる。
 蹴られた反動を回転力に変え、これが回し蹴りって感じでお手本を見せてくれる。
 咄嗟に顔の前で腕を交差し、吹っ飛びながらガードが成功したことを感じ取った。
 瞬き一回分ほどの刹那の時間。
 高速視認出来るほどの活性化した脳は、副産物として運動能力を加速させてくれる。
 足枷となるのは心のリミッター。正常な時間感覚に戻ろうと抗う。
 やばい、限界が近づいている。
 着地と同時に距離を取り美咲さんと対峙。長考時間が終わり、押し寄せるリバウンドに膝を付いて体を支える。
「カオるん。もう限界ですか? 最低でも五秒くらいは持続できないと、長考とは呼べないですよ?」
 腰に手をあて、天を仰ぐ美咲さん。
 五秒なんてそんなスーパーロンゲストな時間、いきなり無理だっちゅうの。
「一度出来ちゃうと、こんなもんかと感じるものですけどね」
 美咲さんはそう言いながら距離を縮める。指をポキポキと鳴らし、嗜虐的な微笑みを浮かべながら……。

「はぁはぁ……、ふう」
 芝生の上で大の字に伸びる。息が切れて呼吸が整わない。
 決定的なダメージを貰わなくなったのは、成長と見ていいのだろうか?
 初日は一発で胃液を吐き出しそうになったもんな。
 横に座る美咲さんから伸びた手。ぶどう糖の補給。
 餌をもらう鳥の雛のような気分だ。
 最初は抵抗あったけど、今じゃ伸ばされた手に反射的に口を開けている。
 甘い結晶を口の中で噛み砕き、流れる雲を目で追う。
「ズルするようで心苦しいんですけど、コツみたいな物ってないですかね」
 すがるような気持ちで聞いて見る。
 美咲さんはしばし悩む。
 説明が難しいのだろう。俺も長考の発生原理を詳しく説明出来ないからな。
 思い当たったのか、美咲さんニコニコしながら答えてくれた。
「死の危険に身を晒すと、それが当たり前のように……」
「やっぱり、それしかないのか」
「実戦の経験が乏しいですから、伸び悩むのも仕方ないかもしれませんね」
 美咲さんはそう言って微笑む。
 笑っているけどその経験値は想像を絶するものだと言うことか。
 そんな経験をし、なお笑っていられるこの人は強い。
 技や力……、そんなものじゃなく心が強いのだ。
「美咲さんはどういう方法で長考をマスターしたんですか?」
 素朴な疑問をぶつけてみた。
 美咲さんはスッと立ち上がって一間ほど距離を取り、両手を胸の前に構える。
 表情からは微笑みが消え、触れれば切れるカミソリのような気を発した。
「私の師は厳しい人でした。手取り足取りなんて、優しく教えてくれません。技は盗むものという考えの持ち主でした」
「その構えは…………剣術?」
 切っ先を喉元に突き付け、牽制と攻撃を兼ね備えた構え。お手本のような正眼だ。
 俺はあえて美咲さんの前に立ち、その構えを見つめ返す。
 まるで見えない剣を突き付けられているような威圧感。もの凄い剣気がピリピリと肌に突き刺さる。
 足技一辺倒なのはギターを使うからだと思っていた。だがこの構えを見て確信する。
 美咲さんは剣を携えて、本当のフルパワーを発揮するのだ。
 すり足でタメを作り、一足飛びで目の前に踏み込む。連なる矢のような二連の突き、すれ違いざまに脇腹を薙ぐ。
 感覚で追いついても動くことすら出来ない超高速だった。
「私の師は正十郎、嵯峨野(さがの)正十郎(せいじゅうろう)という方です」
 美咲さんの口から告げられた師の名。
 嵯峨野という母方と同じ姓にではなく、正十郎という名に不思議な既視感を感じる。
 その不思議な感覚はしばらく心の中に留まり続けた。



 朝錬が終わりシャワーを借りて汗を洗い流す。その後制服に着替えるのが日課となっている。
 美咲さんや俺だけではなく、山科さんや引っ越して来たばかりの宮之阪さんも交え、乃江さんの作った朝ごはんを食べている。
「相変わらず美味いね。お味噌汁」
「せやなぁ、乃江ちゃんはええ嫁になるでぇ」
「トーフミソスープ。ファンタスティックですの」
 めっちゃくちゃ美味い豆腐の味噌汁。
 昆布と魚のアラを使い出汁をとるのがコツなのだそうな。魚の骨髄が出ていてかなり美味い。
「うむ、おかわりしたければ、まだあるからな」
 無表情で返答する乃江さん。
 最近微妙な表情の変化で、感情が読みとれる様になった。
 これはかなり嬉しそうな表情。常人ならば小躍りしているレベルだ。
「こんなご飯を毎日食べれるなんて幸せですね」
 同じくおいしそうにいただく美咲さんに話を振る。
「はい、外食なんてしようとか思いませんもの」
 美咲さんはご飯をしっかり味わい、頬を押さえて惚けた表情をしている。
 無言でご飯を食べている乃江さん。
 表情は相変わらずの無表情だが、かなり喜んでいる感じがする。
 このマンションで教えを請う日は、こうやって乃江さんを誉め殺しにするのが日課となってる。
「そういえば、今週って金曜が祭日だし、月曜は創立記念日ですよね」
 一応学校には暦通りに休みがある。
 英国から来てる宮之阪さんは無理だけど、美咲さん達は越境でこちらに転校してきたのだから、帰省とかするのかなと思っていた。
 ふと、美咲さんと乃江さんはカレンダーを見て身を硬くする。
「…………」
「……乃江はどうするの?」
「わ……、私ですか? 私はお嬢様に合わせるつもりです」
「二人とも越境でこちらに来てるからさ、実家に帰省とかするのかと思ったんだけど、どうなの?」
 休みなら自主トレに切り替えないといけないし、色々と大変だ。
 そう聞いてみたら、二人の表情が激変した。
「あ、いや、実家は……マズイだろう」
「あはは、いやですねぇ、帰りませんよ。帰る訳ないじゃないですか」
 なにやら二人は変な汗をかいている。
 二人とも実家が嫌いなのか。となるとあまりこの話題に触れない方がいいのか。
「じゃ、連休中も、いつも通りでいいのかな? こちらに通っても大丈夫?」
「もちろんです。というか、ちゃんといらしてくださいね」
 確かにそう聞いたはず。そう言った筈なのだが。――事態は急変する。



 週末の連休、俺は車中の人となった。
「新幹線で一時間。そこから在来線で二時間って、計算がおかしくないですか?」
 突然の急展開に対応出来ず、半ばやけっぱちで聞いた。
「新幹線で一時間。そこから在来線で二時間、そこからバスで一時間です」
 ニコニコ顔も冴えない美咲さん。俺の情報に付け足してくれる。
 人気の少ない在来線のホーム。そこに立つのは女性四人と俺。
「そんなヤバイ状況にカオルを連れてって、万が一の事があったらどうすんねんな」
「美咲さん……、ヒドイです」
 山科さんと宮之阪さんも同行していた。
 無人のホームに響き渡る罵声。傍目には賑やかな旅行者に見えるのだろうか。
 美咲さんもションボリして小さくなるしかなかった。
 まあ自業自得だと思うけどね。
「美咲も見合い話を断るのに、勝手にカオルの名前使うわ、挙句の果てに連れて来い言われるわ。乃江が付いててなんやその体たらくは!」
「……ですよ」
 マシンガントーク全開の山科さんに押されて、宮之阪さんはほとんど口を挟めない。
「めんぼくない」
 乃江さんはすんなり頭を下げる。その影で美咲さんは言葉も出せずにヘコんでいる。
 齢一五で元服の天野家だ、高校二年生で見合いと言うのも不自然じゃない。
 一般的な概念をポイって捨て去れば……だけど。
「ちゅーことで、お目付け役は必要や。やばくなったらカオル連れて逃げるで?」
「今からでも……逃げませんか?」
 そういうことで、お目付け役の山科さん、宮之阪さんが付き添ってくれる事になったのだ。
 完全アウェーの試合、サポーター二名がどれほど心強いか……。
「ま……、まあ、旅行だと思って……、思って、……思えませんよね」
 美咲さんの言葉に、いつものキレがない。
 なんか、かわいそうになってきた。
 しかし、本当にかわいそうなのは俺だと言う事を、後々思い知らされる事になる。



BACK   NEXT   TOP
ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.