BACK   NEXT   TOP


『051 退魔機関』

 新幹線で東京駅に向かい、在来線で一駅戻り有楽町駅に到着。
 地下鉄が大の苦手という山科さんの意見を尊重し、徒歩で目的地に向かうことにした。
 帝国ホテルを目印に線路沿いを西へ歩き、日比谷公園を通り抜けると風景が一変した。
 ――霞ヶ関。日本の行政府の中枢を担う街だ。
 街のあちこちにいかめしい建物が建ち並び、歩く人の姿もどこか普通と違って見える。
 おのぼりさんのように見回す俺とは違い、山科さんは脇目もふらずに前を歩いていく。
 そしてピタリと足を止め、振り返って親指で合図を送った。
「カオル、着いたで。ここや」
 看板の文字は外務省。おおよそ退魔士と関係のない省舎のように思える。
 だがそれが嘘ではない証拠に、彼女は物怖じすることなく門を通り抜ける。
 訝しげに見つめる守衛と歩き去る背中を見比べ、ええいと踏ん切りを付けて後を追い掛けた。
 早足で山科さんに追いつき、まず第一の疑問を口にする。
「なんで――、なんで外務省なんすかね?」
 山科さんは入り口の前で足を止め、建物を見上げて溜息を吐いた。
幽世(かくりよ)のこと、異国やと思てんのとちゃうやろか」
 そう言うなりプッと噴き出し、腹を抱えて笑い出した。
 確かに魔物の住まう幽世は、自国の法が通じぬ異界だ。
 だからといって外交を司る外務省が、退魔士の親玉だって……ちょっとシャレが効きすぎている気がするぞ。
「正確には外務省やない。各省庁とのパイプ役だけの、公的には実在しない組織や。退魔士は隠語で『省庁』と呼称しとるようやけど――」
 省庁……、そういえば美咲さんもそういう言い方をしてたっけ。
 形容しがたい組織だが、何かの省庁には違いない。……そういう言い方をするしか無いってことか。
「また臆病風に吹かれたんか? 美咲さん、乃江さん、山科さん、みやのしゃかしゃん! 一人じゃ心細いっすよ――って?」
「むかっ! 普通の高校生が東京くんだりまで来て、訳のわかんない組織に顔を出すんすよ。普通ならガクブルっしょ?」
「普通の高校生……ねぇ」
 山科さんは足の先から頭の上まで見つめ、カナタと視線を交わし合う。
 何が言いたいのか聞かずとも分かる。日本中どこを探したって、頭の上に神様を乗っけている学生などいない。
 レアな存在だと認識しているさ。ほんのちょっとだけ……な。



 省舎に入るなりエレベータで最上階へ、廊下を突き当たって再度エレベータに乗る。
 建物の外観からここが最上階だと思ったのだが、まだ一階分上に行けるようだ。
 対テロ構造になっているのかと思ったが、どうやら読みが外れたらしい。
 人には見せられないものを隠すようなものだろうか。
 ドが付くほど汚い人荷運搬用エレベータが物語っている。省庁って組織は相当嫌われているようだ。
 本当の最上階に登り、見渡すほどでもない短い廊下を眺める。
 埃を被った観葉植物、賞味期限切れであろう錆びた消化器。気のせいでは片付けられないほどカビ臭い空気。
 避難経路の案内も無ければ、非常階段もない。三つドアがあり、ありがちな長椅子が二つ置かれているだけだ。
 唯一の入り口が業務用エレベータってのは、消防法としてどうなんだろうか。
 火事にでもなったら蒸し焼きになるのを待つか、窓から逃げるしかない。かなり落ち着かない場所だ。
「びびった?」
「オーブンに入れられた七面鳥の気分っす」
 山科さんは長椅子の埃を払って腰掛ける。
 俺はその隣に立ち、壁に背を預けて目を閉じた。
 欠伸を二つかみ殺した所で、携帯電話のスケジューラーが作動、ポケットの中で二度震動した。
 約束の時間とほぼ同時に扉が開かれ、中から眼鏡を掛けたハイミスが顔を出した。
「三室薫さん、どうぞ」
 まるで患者を呼ぶ看護師のような穏やかな声。身構えていた分、肩透かしを食らった気分になる。
 預けた背を壁から離し、開かれた扉へ向かう。
「ここから先は一人で行ってきぃ」
「ういっす!」
 振り返りもせず、招かれるまま部屋の中へ通される。
 パタンと閉じられた扉に、鍵を回す音が余計に響く。古典的なセキュリティは万全らしい。
 部屋の中には三人の男女。どいつもこいつも癖のある顔をしている。
 促されるままソファーに腰掛け、面接官らしき三人の顔を見た。
 ロマンスグレーの髪をきちんと整えた紳士、良いスーツを身につけているが、似合いすぎて逆に胡散臭い。
 次はチャイナ服を着た白髪の少女。場にそぐわない風体だが、醸し出す雰囲気は年相応のものではない。
 最後に脂ぎった額をテカらせた中年男性。恰幅のよい腹回り、スーツのボタンが飛んでいきそうだ。
 口悪く言えば詐欺師、チャイナロリータ、中小企業の社長って感じだろうか。
 案内してくれた女性はテーブルに着かず、立ったまま資料らしきコピー用紙を配って歩く。
 三人はそれに目を通し、俺の顔を見上げて目を細める。
「真倉……、いや天野は、都合の良い不文律を作ろうとしてるのかね」
「そのようじゃな。まどろっこしい育成システムに一石を投じようとしておるのじゃろ」
「まあ、ええんちゃうやろか? 昔はこない面倒なことしてへんかったさかいな――」
 三人は俺そっちのけで話に花を咲かす。
 ちなみに厳めしい話し方をしているのが詐欺師、婆さん口調なのがチャイナロリータ、関西弁が中小の社長だ。
 戦後の話やら、何十年前の同窓生の行方、現在の株価指数と買い銘柄など、おおよそ退魔士と関わり合いのない話が展開される。
 居心地の悪いソファーに座り直し、端に控えていた女性に助けを求める。
 だが俺の視線を察知したのか、さり気なく目を逸らす。長いものには巻かれるタイプ、なかなかしたたかな女性のようだ。
 これが退魔士になるための面接、なかなか難関じゃねぇか。
 延々と続く昭和談義。緊張すべき席だと分かっているが、不覚にも眠気が襲ってきた。
 しょぼしょぼする目を擦り、脇に立つ女性に助けを求める。だが彼女は表情一つ変えずに……、やはり目を逸らした。
 だがさすがに埒があかないと思ったのだろうか、コホンと咳払いを入れ腕時計を指差した。
 三人は手元に運ばれた湯飲みに口を付け、本題を思い出したのか真顔になった。
「言うこと聞くじゃねぇかよ、ちくしょう……」
「――何か?」
 女性は指先で眼鏡を整え、キラリとレンズを光らせる。
 端正な顔立ちなんだけど、どこか怖い感じがする。――逆らわない方が良いと本能が告げる。
「うむ……、三室くん。資料に目を通させていただいたよ」
 詐欺師がコピー用紙をテーブルに投げ捨てる。
 何百枚にも及ぶ提出資料が、たった二枚のコピー用紙に化けやがった。
 どんだけ圧縮技術を用いても、ペラ紙に収まりきる内容じゃないぞ、あの物量は……。
 努力の結晶である提出資料が、闇から闇に葬られたと覚った。……かなり悲しい現実だ。
「父方の姓は三室、母方の姓は嵯峨野。間違いないかね?」
 警察の尋問と同じか。当たり前のことを聞き、相手に喋らせる常套手段だ。
 市役所で戸籍謄本を願えば、ワンコインで引き出せる情報だ。こればっかりは偽りようがない。
 質問の意図を汲み取れないまま時間切れ、素直に答えることにした。
「間違いありません」
 その返答を待って、三人が顔を見合わせる。
 簡単な質問をして反応を確かめようとしたのだと思っていた。
 だが詐欺師の表情は硬く、震える手でテーブルに置いた紙を取った。
「それが何か?」
「いや……、まあ形式上の質問だよ」
 詐欺師はそう言いながら、溜息を吐いてソファーに沈み込んだ。
 老婆口調の幼女……、チャイナロリータは話を続けようと口を開く。
 一人につき、一問一答で済めばいいと思うのだが、どうやらそれは甘い考えだったようだ。
「その、頭の上に座っておるのは?」
「守り刀の化身にして、自称神様っす」
 チャイナロリータはニンマリと笑い、指をクイクイと動かしてカナタの気を引こうとする。
 猫じゃねえんだぞと言いたいが、カナタは見事なまでに釣られた。
 右に注意を引けばカナタは首を傾げ、左へ向けると逆に。微妙な体重移動が俺の首を傾かせる。
「もういいっすか……?」
「いや、もうちょっと……」
 頭の上に座るカナタを掴み、テーブルの上に置く。
 そしてそっとチャイナロリータの前に差し出した。
「甘い物が大好物っす」
「――これ、光善寺!」
 光善寺と呼ばれ、脇に立つ女性はそそくさと動き出す。
 戸棚の奥からクッキーの缶を持って現れ、チャイナロリータの前へと差し出した。
 チャイナロリータは缶の中からクッキーを摘み上げ、二つに割ってカナタを餌付けし始めた。
 テーブルの上で飛び跳ねるカナタを見て、しまりのない笑みを浮かべる。どうやら俺のことなんてどうでもいいらしい。
 三人目は社長。人差し指で紙をパチンと叩き、尻を右左に動かしてにじり寄る。
「なぁな? 後見人の欄見たんやけど、これは酷いで。常識疑うわ」
 ポンとテーブルに置いた紙、その末欄の署名欄には四名分の名が書かれていた。
「あう……、すいません……」
 退魔士試験を受けるためには、退魔士である人物の推薦が必要なのだという。
 俺の周りには後見人の候補が四人もいる。誰かに名前を借りたらいい、その程度に思っていたのだ。
「なんや。うちの署名で良かったら、なんぼでも書いたるで?」
「こういうのは、美咲お嬢様の名前を貰うのが筋ではないか?」
「なんや? うちの名前では不服か?」
「む? そうは言っていない。筋ってものを話しているだけだ」
「そこ! ケンカしない。穏便に話し合いましょうね」
「こういうのは、インパクトのある人物が良いと思うのです。私がサインしてあげます」
 挙げ句の果てには、やれ序列が――、実力――がなんて言い争い、最後には画数から占いまで始める始末。
 結局四人とも譲れなくなって、仕方なく連名にしたという経緯だった。
 それでも誰が上か下か、血で血を洗う戦いになりそうだった。今思い返してみても鳥肌が立ってくる。
「これでも最善を尽くしたつもりです。提出資料が消し炭になるか、血で汚れて読めなくなってしまいそうでしたので……」
 青色吐息でそう説明すると、社長は顔を引き攣らせて頬を掻いた。
 どん詰まり感漂う雰囲気を察してか、光善寺と呼ばれた女性が助け船を出す。
「後見人って……、大抵は教えを受けた方の名を貰うものなの。三室君が道を外れた行為を行った場合、その責任を背負う人の名前」
「せ、責任って……」
「全力で止めるってことね。どんな形であれ……」
 どんな形であれってことは、美咲さん達にぶっ殺されるってことか。
 一人でも厄介なのに四人も署名を貰うなんて、かなり酔狂な奴だと思われたに違いない。
「また後見人が同じ過ち犯した場合、貴方が彼女らを追う立場になる」
「俺が……あの四人を?」
「そういう仕組みなのね。手の内を知り尽くしている間柄だから……」
 俺はその様子を想像して、プッと噴き出した。
「無理っす。返り討ちに遭いますよ」
 腹を抱えて笑う俺に釣られ、三人も思わず表情を緩めた。
 微笑ましいというより呆れられた感じだろうか。俺ですら呆れているのだから間違いない。
「そんなに卑下していたら、君の実力を認めて貰えないぞ? こういう時には大ボラを吹いてでも、背伸びをしてみるものじゃないかね?」
 大人っぽい論理、いわゆる精神論だ。どうも竹槍で爆撃機を追い払う世代とは考えが合わない。
「分相応の実力を評価して貰えば良いと思います。良いなら良い、ダメならダメと……」
 戦いの時は別、己を大きく見せようとするのは自然の摂理だ。
 敵を欺くために嘘を吐くし、少しでも強く見せようと虚勢も張る。
 だが退魔士ランクだけは話は別。実力に見合わぬ評価を貰えば、自分に害が及ぶだけなく、周りにも迷惑を掛けてしまう。
 思ったより使えるじゃないかと、そう思われるくらいが丁度良い。
「ふむ、謙虚なところは好意的に受け止めよう」
「すいません、生意気なことを言いまして……」
「では、問いを変えよう。君の実力で、我ら三人を制圧するのに何秒要するものかね?」
 俺が……、この人達を?
 俺を見つめ返す三人の目。目の奥に湛えた光が警戒心を煽る。
 カナタを見定める見鬼の目を持ち、退魔士を見極めようという人達だ。
 敵意の欠片さえ感じ取らせないが、この人達も相当使えると考えていい。
「腰を浮かせて守り刀を抜くだけ。守り刀を合わせたリーチは、ほんの少し身を起こすだけで首に届く。……一秒掛からない」
「ほう……、一秒かね?」
 ニヤリと笑う詐欺師の口元が、ほんの少し吊り上がって見える。
 激高するでもない余裕の笑み。若いって良いな程度に思っているのだろう。
「いえ、俺が制圧されるのに一秒以内ってことです。三人にやられる前に光善寺さんが俺を止めてくれます。ホールドアップ、動かないで! なんて」
 人差し指を彼女に向け、手に持った書類目掛けて軽く指を弾く。
 光善寺さんはビクリと体を震わせ、書類を胸に抱いて睨み付けた。――まあ、あれか。図星って奴か?
 この状況を少し冷静に考えれば分かる理屈だ。
 短刀を帯びた男をそのままソファーに案内した。もし三人が非武装の素人ならば、武器を預かるのが筋ってものだろう。
 てことは、その程度でどうにかなるものではない腕の持ち主であると分かる。
 だが彼女も立場上、傍観者を決め込む訳にはいかないのではないだろうか。そう思って部屋に入ってからの光善寺さんを頭に描く。
 書類を配る不自然な動き、あれはどことなくぎこちなかった。それに事前に何部必要か分かっているのに、手には余分に書類を持っている。
 これを天然のドジっ子として片付けるわけにはいかない。
 なにせ彼女は外務省の省舎に務めるキャリアだ。使えない人材を雇用するほど、省庁ってのは酔狂じゃない。
 次に身のこなしと佇まい。近接の間合いの外に立ち、加えて視界の端を好む。どう考えても支援型の思考をしている。
 それに足を肩幅に揃えて、どのようにでも動けるよう中立の立ち姿。踏み込んで身を呈する立ち方ではない。
「でも……何故でしょうね。嫌な予感だけは高確率で当たるんです。どう考えてもやられちゃう映像しか浮かんでこないし……」
 思い描いた現実は色々あるが、どう立ち回ってもバッドエンド。良い未来が見えなかった。
「そういう時は慌てず騒がず、下手に動かないに越したことはない」
 テーブルの上にいたカナタを頭の上に乗せ、腰を深くソファーに座り直した。
 一番いい予想が光善寺さんに止められること。誰も傷つかずに済むだけマシだった。
 こんなにハッキリと未来が予想出来る時は危険。体内で警鐘が鳴るってのはこのことだと思う。
 少し昔のプロ野球、現役バリバリの落合博満をバッターボックスに向かえ、マウンドに立つピッチャーは打たれるイメージしか涌かなかったという。
 弱者だからこそ、強者を見極める力があると信じている。いわゆる小動物の勘って奴だ。
「ランクCで良いだろうか?」
 詐欺師は唐突に口を開く。
 あまりに唐突だったので、言葉の意味を理解するのに数秒要した。
「――不服かね?」
「あっ、いや、非常に好意的な評価だと思い、どうしたものか返答に窮している所です」
 美咲さん達がランクAなのに、俺なんか三下がランクCなどで良いのか。靴に押しピンを入られたり、イジメにあったりしないだろうか。
 ありとあらゆるイジメの構図を思い浮かべつつも、せっかくの評価を無にするわけには行かなかった。
「ありがとうございます。精進します」
 ペコリと頭を下げて、ランクCを給わることにした。
 光善寺さんは目の前に書類をそっと置く。退魔ランクC 三室薫と書かれた誓約書だった。



 省舎を出て紙を太陽に照らす。
 何度見ても本物の認定書、自然と頬が緩んでくる。
「ランクCか、うちはBくらいでもええと思ててんけどな」
「いやいや、大切なのはランクではなく中身ですぞ」
「さっきから口調が変やで?」
 その言葉通り認定書をリュックにしまい、大きく伸びをして肩をほぐす。
「さぁ、約束通りディズニーランド連れて行ってな? 今からやったらスターライトパスポートで割安やし」
「ういっす、銀行行って来ましたから、大船に乗ったつもりでどーんと!」
 そして二人は肩をすくめ、申し合わせたように呟いた。
「お土産忘れないようにしましょうね……」
「……せやな。何されるかわからんもんな」
 ジャンケンで勝った山科さんを、負けた三人はどす黒い瘴気を纏って見送った。
 正直ネズミの国がそんなに良いのか理解不能だが、女の子には譲れない何かがあるらしい。



BACK   NEXT   TOP
ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.