BACK   NEXT   TOP


『050 魂喰い 07』

 大きな座卓に座布団が六つ。
 皆は腰を下ろして脚を伸ばし、疲れ果てた体を休めている。
 乃江さんと宮之阪さんはキッチンに立ち、簡単な料理を皿に盛り付けて姿を現した。
「皆さん、(さかずき)は行き渡りましたでしょうか?」
 美咲さんはフォークをマイク代わりに持ち、日本古来の伝説の獣、麒麟の缶を高々と上げた。
「――ってか、美咲さん、それは成人してから!」
 新聞紙を丸めて美咲さんの頭を張る。
 美咲さんは缶を見て数秒ほど思案し、頬を膨らませて睨み返した。
「天野家では齢十五で元服なのです。元服といえば成人、大人の仲間入りですよ?」
 背を向けて頑と拒絶し、これでもかとばかりに缶に口を付けた。
 ――強行突破、そんな言葉が似合う潔さだ。
 彼女はゴク、ゴクと盛大に喉を鳴らし、ぷはぁとおっさんのように息を吐いた。
 しかし十五歳で元服っていつの時代だ。確か平安の頃はそんなものだった気がするが……。
 ふと周りを見れば同じ缶を持つ三人の姿。多少の罪悪感があるのか、目が合った瞬間そっとテーブルの下に缶を隠した。
 俺はジンジャエール、葵はグレープフルーツジュース。
 伝説獣じゃないのは俺達だけか。せめて三室家だけは真っ当に生きよう。
「要らぬ邪魔が入りましたが、気を取り直して……、乾杯!」
 邪魔ってなんだよとツッコミたかったが、潤いを求める本能に心が折れた。
 ゴクッ、ゴク、ゴク、ゴク……、確かに面白いように喉が鳴る。
「ぷはぁ! 生き返る!」
 体を動かした後の水分補給は効く。細胞まで水分が染み透るような気がする。
 皆も同じ気持ちなのだろうか。喉を鳴らして唸り声を上げた。
 その中で一人、葵だけが借りてきた猫のように大人しい。
 座布団の上に小さく座り、グラスに口を付けたまま目を伏せている。
「どうした? 葵」
 髪をワシワシと乱暴に掴み、過激なスキンシップを試みた。
 普段なら一発蹴りを食らうような荒っぽい行為だが、葵は何も言わずに受け止めている。
「皆さんにご迷惑を掛けてしまいました。ごめん……なさい」
 葵は堰を切ったように涙を流し、何度も頭を下げた。
「おにいちゃんの事も……、夜の校舎のことも……、みんな覚えています」
 そういってテーブルに突っ伏し、大きな声で泣き出した。
「あらあら、葵さんって言霊が効かないんですね」
 美咲さんはそう言って首を傾げる。
 こんな悪夢のような出来事、いっそ無かった事にした方がいい。そう思って記憶操作をお願いしたのだ。
 だが葵には悪いが、泣く姿を見てホッとしている。
 無事に妹を取り戻せた実感が押し寄せ、仲間達が危機を脱したことに安堵しているのだろう。
 危険に身を晒して泣く葵。これが当たり前の感性なのだ。
 対して俺はどうしたのだろう。そんな感覚が麻痺し始めている。
 そんな考えではいけないのは分かっている。
 葵のことを考えて助けようと必死だったが、己の力量を考えると運良く勝てただけだ。
 無謀な賭けに勝ったからといって、英雄になれたと思わないことだ。――そう心を戒める。
 泣き止むまで待つしかないと考えていた時のこと。
 乃江さんがスクッと立ち上がり、俺と葵の間に割って入った。
 何をするのかと思えば、葵を軽く抱え上げ、膝の上に座らせて抱きしめたのだ。
「済んだこと。もう気にすることはない」
 そう一言だけ葵に言い聞かせ、泣く子をあやすように優しく髪を撫でた。
 席を追い出された俺はといえば、美咲さんの隣へと席を移動する。
「ああ見えてすごく優しい子なんですよ。 泣いている子をみたら放っておけなくなるんです」
 美咲さんはそう言って、彼女らの様子を微笑ましく見つめている。
 ぶっきらぼうな口調で表情を変えない人だけど、面倒見が良くて優しい人だって知っている。
 修行は厳しいが、教え方に優しさがある。腕っぷしは強いけど、女の子のように脆い部分がある。
 乃江さんを好いている人達は、それがたまらなく魅力的に映るのだと思う。
「ツンツン乃江の、意外な一面っちゅう訳やな」
 山科さんはそう言いつつ、一本目の缶を握り潰した。
 それを合図とばかりに、宮之阪さんは無言で立ち上がる。
 勝手知ったるなんとやら、冷蔵庫を開けて缶を二つ持って戻って来た。
 その一本を山科さんに手渡し、もう一本を豪快に飲み始める。
 宮之阪さんも、意外といける口なんだ……。
 その飲みっぷりに見惚れていたら、宮之阪さんと目が合う。
 彼女はまたも無言で立ち上がり、てくてくと冷蔵庫へと歩いて行く。そして缶を一本持って戻って来た。
 ちょんと俺の前に缶を置き、天使の微笑みを浮かべて見つめ返す。
「あっ、いや俺は……、違っ……」
 やんわりと拒絶して見せたが、宮之阪さんはジト目で睨み付ける。
 ――飲めと? そう言う事か?
 宮之阪さんはコクリと頷き、こうやって飲むのだとばかりに喉を鳴らす。
 酒豪マリリン恐るべし……。というか、自動おかわりマシーン恐るべしだ。
 遠くで電子音が鳴り響く。
「お風呂のお湯が入ったみたいです。誰か入りませんか?」
 そう言いつつ美咲さんは、手に持った缶の蓋を空ける。
「葵、一緒に入ろうか?」
 乃江さんはそう言って、目を泣き腫らした葵の顔を覗き込む。
 葵はまんざらでも無いのか、顔を真っ赤にしながらコクンと頷いた。
「買い置きの着替えもたくさんある。好みに合えば良いのだが……」
 乃江さんはそう言って、葵を自分の部屋へ連れ帰った。
 宮之阪さんがチビリと缶に口を付け、美咲さんの部屋を見回した。
「日本の家屋って狭いというイメージでしたが、一人住まいにしては十分な広さですね」
 乃江さんの部屋と対称の1LDK。リビングだけで二十畳以上ある。
 玄関を入ってすぐにウォークインクローゼットがあり、隣に大きな寝室が一つ。
 向かいにはパウダールーム、いわゆる洗面所を兼ねた化粧室だ。
 その横にお風呂場とトイレがあり、リビングに面したカウンター式のキッチンがある。
 だが美咲さんの部屋は女の子らしい雰囲気はあまりない。
 リビングの端にギタースタンドがあるし、液晶テレビの横にはアンプが転がっている。
 どちらかというと男っぽい部屋だ。肩が凝らないのはそういう雰囲気だからだろうか。
 俺が部屋を見回していることに気付いたのか、美咲さんは目を輝かしながらニヤニヤと笑う。
「女性のお部屋をキョロキョロと、なにかよからぬことを考えていませんか?」
 美咲さんはそう言って肘で脇腹を小突く。
「ん……。いや、あんまり。女の子っぽくないというか、シンプルな部屋だなぁと……」
 真顔で率直な意見を返す。
 正直乃江さんの部屋の方がまだマシだ。まあドングリの背比べだけど……。
「がぁ〜ん。女っぽくないって言われちゃいました。 由佳、マリリンどう思います?」
 美咲さんはテーブルに突っ伏し、よよよと泣き出した。……ったく、酔っ払いはたまらんな。
「そうやなぁ、うちの部屋とか普通に女っぽいで? こんな殺伐とした部屋とちゃうもん」
「私ならカーテンはピンクにして、このあたりにラグマットを敷きますね。もっと観葉植物を置いたり――」
 山科さんは歯に衣を着せずにとどめを刺し、宮之阪さんもさり気なく追い打ちをかけた。
 美咲さんは恨めしそうに二人を見つめ、悲しげに溜息を吐き出した。
「宮之阪さんもここに住む予定だったと聞きましたけど、これからどうするんです?」
 彼女は魂喰い事件を解決するため、英国から請われてやって来た。
 もし今日で事件が解決……、となれば目的は達したということだ。このままここに残る理由がない。
 宮之阪さんは眉をひそめ、少し曖昧な笑みを浮かべる。
 別れを悲しむセンチメンタルな表情ではない。もっと現実的な笑みのように思えた。
「私達が倒したのはアストラル体。本人を捕らえた訳はありません。まだ事件は終わっていないと思います」
「やっぱり宮之阪さんもそう思うんだ……」
 一般的に幽体離脱したアストラル体は、肉体と直結していると考えられている。
 ゆえにアストラル体が傷つけば、肉体も多大なダメージを受ける。
 だが奴は半身を失っても平然としていた。俺の考える幽体離脱ではありえないことだ。
 精神が消滅したのなら、数日とかからず肉体は死を迎える。精神の失われた器だけでは生命を維持できないからだ。
 だが奴は何らかの方法でその繋がりを切っていると考えている。
 あるいは単純な幽体離脱ではなく、なにか特殊な方法を用いているか――。どちらにしろ俺も宮之阪さんと同じような考えを抱いている。
 宮之阪さんは頬杖をついて、美咲さんと山科さんを交互に見る。
「ここに留まったとしても、自分のキャリアの中で無駄な時間を過ごしたと思えない。ハンターとしても、また人としても」
 紅潮する頬を手で覆い、猫のように目を細めて幸せそうに微笑む。
「――みんなが必要としてくれるなら、長くここに留まってもいいと思ってます」
 山科さんは無言で彼女の肩に手を回し、美咲さんはそっと手を差し出した。
「もちろん大歓迎です。給料は安いけど働きがいのある職場。それが私の部隊ですから」
「美咲さん……。それ、あんまり自慢出来ないと思う」



 しばしの歓談の後、お風呂から上がった乃江さんと葵が姿を現した。
 葵は席に着くなりジュースを飲み干し、目の前のツマミに手を伸ばした。
 さすが師匠だ、すっかりいつもの葵に戻っている。
 乃江さんはそっと俺の隣に座って、誰にも聞こえないよう耳元でこう囁いた。
「葵は大丈夫、心も……体もな」
 体という艶めかしい言葉を聞かされ、なぜ葵と風呂に入ったかを覚った。
 葵を拉致されて数時間。陵辱されるには十分な時間だった。
 大丈夫だと信じたいし、信じている。だがそれ以上踏み込むことは出来ない。
 嫌な役をさせてしまったと、申し訳ない気持ちで一杯になった。
 乃江さんはそう告げると、膝を伸ばして立ち上がり、葵の横に座り直した。
 葵と乃江さんは予想以上に意気投合したようで、まるで姉を慕う妹のように寄り添っている。
 兄としては妹を取られたような複雑な気分。まぁ、乃江さんだから仕方ないか。
 女三人寄ればかしましいというが、女が五人も揃えばかなりのものだ。
 女の子の好きそうな話になると、男が会話に入っていけないし、ちょっとした罰ゲームを食らっている気分になる。
 俺は美咲さんに目配せをして、テレビの横のギターを指差す。
「ねぇ、美咲さん、アレ――」
 美咲さんは水を得た魚のように目を輝かした。
 俺はテレビの横にあるスタンドから、一本のギターを手に取った。
 クラフター社のアコースティックギター。
 正直BCリッチのモッキンバードやフェンダー社のメキシコに目を奪われたが、疲れた時にはナイロンガットが癒される。
 テレビの前に置かれたソファーに腰掛け、軽く指で弦を爪弾いた。
 こう言った時にはスローバラードが良いだろう。
 頭に浮かんだアーティストはカーペンターズ。曲はイエスタディ ワンス モア。
 ギターパートと主旋律を両立したインストゥルメンタル。
 楽譜もタブ譜も覚えていないが、どの弦を爪弾いたら思う音が出せるかを指が覚えている。
 美咲さんはフォークを手に、目の前のソファーに座る。
 そして突然ボーカルパートに割って入った。
 喉と弦のコール・アンド・レスポンス。まるでジャズ演奏をしているように気が抜けない。
 ギターが走れば、美咲さんの歌声が追随し、美咲さんがタメを作れば、弦は足踏みして色を添える。
 そして最後の一小節を弾ききって、震える弦に最後の余韻を任せた。
 控え目な拍手がリビングに鳴り響く。振り返れば他の三人も立ち上がって聞き入っていた。
「カオるん、かなり上手いですね」
 美咲さんが目を丸くして手を叩く。
 そこに割って入ったのは我が愚妹、葵だった。
「おにいちゃんはおとうさんに鍛えられているから、ギターだけは上手なんだよ」
 そう、俺の親父はギター好きが高じて楽器店を営んでいる。
 昔は路上に座り込んで弾き語りをしていたらしいが、母と出会って心を改めたのか定職についた。
 楽器屋なんて趣味の店で、一家を養うのは難しい。だがツテかコネかで学校教材の納品を任され、それなりに繁盛させて貰っている。
 親父の趣味は音楽、そして車をいじり倒すこと。
 バイクの知識は親父の受け売りがほとんど。母にRVFを薦めたのも親父らしく、子供がそのまま大人になったような人だったりする。
「へぇ……、お父様って音楽関係の仕事をされてるの?」
「ううん、ただの楽器屋さん。駅前のショッピングモールにお店があるよ」
 そんなやり取りの中、美咲さんの目がキラリと輝く。
「楽器屋さん……てことは、知り合いになれば割引していただけるとか?」
「うん、美人なら知らない人でも割引きするよ」
 さらりと身内の恥を晒す葵。まったく……、恥ずかしいったらありゃしない。
 そこで葵は全員の顔を見回す。そしてとんでもないことを口走り始めた。
「そういえば先輩方って、みなさん美人揃いですよね」
 そして葵は俺の顔をジッと見つめ、ふむふむと黙り込む。
 なぜだかとても嫌な予感がする。俺の嫌な予感って奴は、かなりの高確率で的中するのだ。
「おにいちゃんの本命ってだあれ?」
 リビングの中が凍りつき、いびつな静寂に包まれた。
 葵・ザ・ワールド、全員の動きが止まる。
 いくら長考を発動しても、止まった空間では動くことが出来ない。
 ふと周りメンツを見れば、好奇に満ちた視線を俺に向けている。これはかなりイジられ指数が高い罰ゲームだ。
「本命って何の事だ? ははは……」
 にこやかに返答し、新聞紙を丸めて思いっきり葵の頭を叩く。
 これ以上暴挙に出るようなら、葵の息の根を止めねばならない。
「あ……、葵はどうなんだ? 誰が本命だ?」
 振られたネタをそのまま振り返すに限る。しかし、これは男同士にしか通用しない技だ。
 だが、葵恐るべし。どんな餌にも食いつく悪食、外来種ブルーギルのような貪欲さだ。
「葵は乃江先輩かな。やさしくて、もうメロメロだよう」
 俺は葵の頭を掴み、乃江さんの前に差し出す。
「出来の悪い妹ですが、嫁に貰ってやってはくれませんか?」
 そこで全員が大笑い。だが乃江さんは複雑な表情で頬を掻き、葵は満更でもないように頬を染めた。
 美咲さんはポンポンと手を叩き、壁の時計を指差した。
「さ、みなさん。お風呂に入って寝ましょうね」
 見れば時計の針は一二時に差し掛かろうとしていた。



 翌日の朝。毛布を蹴飛ばし、肌寒さを感じて目が冷めた。
 遠くで鳥の鳴く声が聞こえ、朝日がカーテンの隙間から部屋を明るく照らし出した。
 ソファーから身を起こし、壁の時計に目を凝らす。
 ――五時。いつも通りの起床時間だ。
 俺はリビングの床に並べられた布団を見つめる。
 宮之阪さん、山科さんは熟睡中。葵は布団を抱きながら寝返りを打っている。
 そして案の定というべきか、乃江さんの布団は空っぽ。大仕事の翌日にも関わらず、やはり日課は欠かさないようだ。
 みんなの眠りを妨げないように、そっと身を起こして玄関に向かう。
 そして美咲さんの部屋を出て、エレベータで屋上へ向かう。
 マンションの屋上らしからぬ、芝生を敷き詰めた庭園。そこには裂帛の気迫を放つ乃江さんの姿があった。
「目覚めたか……。習慣というのは厄介なものだな」
 乃江さんは誰に言うでもない口調でそう呟き、それ以上何も言わず空手の型を続ける。
 俺は苦笑し、軽く柔軟体操を始める。
 風切る拳の音、気を吐く呼吸、動きに合わせてかすかに鳴る衣擦れの音。これを聞かないと朝を迎えた気がしない。
 軽く体が温まった所で、フェンスにくくりつけられた巻き藁の前に立つ。
 そしていつも通り拳を添えようとした時、乃江さんが動きを止めて声を掛けてきた。
「カオル、組み手を始めようか」
 冗談を言っていないことは表情で読み取れる。
 歩法に始まり、太極拳の套路、そして巻き藁を相手に体を捻る運動。どれも体を作るための訓練だった。
 だが組み手ともなれば、積み重ねた鍛錬の蓄積がものを言う。
 その段階に導かれたことに喜びと不安を感じる。
 乃江さんは俺の気持ちを見通しているのだろう。これから進む道に必要な訓練だと分かっているのだ。
「――お願いします」
 物怖じせず乃江さんの前に立つ。そして左手を前に突き出し、右手を腰に添えた。
 乃江さんは構えを見せず、スッと足を前に運ぶ。そして軽く息を吐いて拳を突き出した。
 壺に手を入れて、中を撫でる動き。螺旋の動きで拳を弾き飛ばす。そして今度は腰に溜めた右拳を前に打ちこむ。
 だがその拳も軽くいなされ、俺と乃江さんは立ち位置を入れ替えて振り返る。
「昨日学校で戦って、無力さを思い知らされた」
「そうか」
 突き出された拳を弾き、足元から飛んで来た前蹴りを、足を踏み換えて回避する。
 乃江さんの真横に回り込んで無防備な脇腹へ肘、それを飛び退いて躱されると、追い掛けるように蹴りを放った。
「今後、同じような事が起きるかもしれない。その時に――」
 蹴りを躱されたものの、乃江さんの胸元にスキが見えた。咄嗟に胸倉を掴み、背を向けて乃江さんの体を腰に乗せる。
 そのまま前に巻き込んで投げた。
「その時にはもっとマシな自分になっていたい」
 乃江さんは猫のように空中で身を捩り、音もなく目の前に着地する。
 突き出した拳を下げ、ずっと心に秘めていた言葉を吐き出した。
「妹や家族、学校の友達を守りたい。そのために退魔士を目指そうと思う」
「ふむ……、いつかその言葉が聞けると思っていた」
 乃江さんは優しく微笑み、俺の肩に手を置く。
 そして背後に目を移し、振り返れと言わんばかりに顎を動かした。
 そこには腕組をした、三人の退魔士が立っていた。
「あかん、逢引してるんかと思って集合かけたのに、色気ないなぁ」
 山科さんはそう言って笑い、美咲さんと宮之阪さんはぺろりと舌を出す。
 出歯亀か。朝の修行をなんだと思ってるんだ。
 だが美咲さんは悪びれた様子もなく、ニヤリと笑って親指を立てた。
「乃江に続いて、カオるんも退魔士登録しなくちゃ。提出資料の作成って大変なんだから、みなさん手伝って下さいね」
 昨日までの自分と違う、新しい生き方を見つけたような気がする。
 魂喰いに怯えて暮らすのはもうたくさん。今日からは胸を張って生きて行きたいと心に誓った。



BACK   NEXT   TOP
ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.