BACK   NEXT   TOP


『049 魂喰い 06』

 風弾――。
 一見ビー玉に似た風弾には、ありえないほど清浄な空気が凝縮されている。
 炸裂すれば一撃で魔物を滅するアイテムだが、膨張した空気は魔物以外にもダメージを与える。
 川の流れを分断するほどの破壊力、それを近距離で受け止めればどうなるか。
 そんな理屈が分からないほどバカじゃない。
 だがそれほどの危険を冒してでも、魂喰いを止めなければならないと思っただけだ。
 今回妹を取り戻したが、次は家族や友人が狙われる。そしていつか取り返しの付かない悲劇を生む。
 そうなる前にケリをつけなくてはならない。そんな思いに突き動かされたのだ。
「弾けろ!」
 喉に食い込んでいた指が緩み、魂喰いが問い掛けるように目を見つめる。
 凝縮された空気の塊が開放され、一瞬にして元の状態に膨張する。
 それは熱による膨張ではないが、爆発と呼べる破壊力を持っていた。
「あ――?」
 魂食いの間抜けな声が耳に届いた直後、巨大なハンマーで全身を打ち付けられたような痛みが走った。



 湿気を含んだ夜風が頬を撫で、混濁した記憶を探りながら目を漂わせる。
 屋上のフェンスを強かにへこませ、俺の体はまだ屋上に留まっていた。
 爆発の瞬間、ありったけの霊気で全身を覆い、可能な限り防御を試みた。
 だがそれが効いたか判らないほど全身が痛んでいる。
 まるで猛スピードで走るトラックにぶつかった気分。ある程度覚悟を決めていたが、これはかなりキツイ……。
 フェンスに背中を預けて身を起こし、両腕で膝を支えながら、深く息を吸い込んで呼吸を整える。
 ぼやける視界のなか、魂食いの行方を探った。
 やったか――。吹き飛んでくれたのだろうか?
「心配してくれているのか? ありがとうと言うべきか」
 耳に入ったその台詞は、絶望を与えるには十分だった。
「体を半分持って行かれたが、お前を食って栄養補給することにする。――――許してやる」
 奴がどこにいるのか定かではない。だが次の瞬間攻撃を食らう、それだけは感じ取れた。
 満身創痍の体を奮い立たせ、受け身も考えずに地を転がる。
 同時に風切り音が耳に届き、何かが頭を掠めた。
 牽制のような生易しい攻撃ではない。殺意を持った拳が目の前を通り過ぎた。
「まだ動けるんだ。意外と頑丈に出来てるねぇ」
 魂喰いは笑いながら、一歩間合いを縮める。
 目に流れ込もうとする汗と血を袖で拭い、やっとのことで視点が定まってきた。
 ピントのズレたカメラが像を結ぶように、もどかしい時間を費やし、魂喰いの姿が網膜に映り込む。
 左半分が吹き飛び、右半身と頭しか無い虚ろな人の姿。通常ならば余裕をぶっこける姿ではない。
 だが奴はアストラル体……、意志の塊だ。通常なら立てるはずのない姿で佇み、何事も無かったように余裕の笑みを湛えている。
 対する俺は今の回避で力を使い果たし、次の攻撃に備えて身構えることも出来ない。
 腕が重くて持ち上がらず、膝は生まれ立ての子馬のように震え、やっとのことで体を支えている。
 だが突き出された拳に、体は反射的に動き出す。
 左手は螺旋の弧を描いて拳を外に弾き出し、敵を射貫かんと右手を前に突き出した。
「くっ!」
 ――ペチン。そんな音が似合う力ない拳。霊気を流し込む余力すら残っていない。
 魂喰いは口元を吊り上げ、その様子を見つめている。
 回避しようと思えば容易いが、あえて拳を受け止めてみた。そんな余裕を感じさせる表情だ。
「ノロいパンチだ。ガキのケンカじゃないんだぞ?」
 奴は頬を軽く撫でながら、戦闘意欲を根こそぎ奪っていく。
 霊気は底をつき、体は言うことを聞かない。守り刀は吹き飛ばされ、どこにあるか分からない。
 頼りのカナタも姿を消し、彼女を気づかう余裕もない。
 だが気持ちは折れていない。奴が目の前に立っている以上、憤る気持ちが枯れることはない。
「鏡のある場所まで走って……行って、自分の姿を……見てみろよ。余……裕のある姿には見えない……ぜ?」
 そう口にしながら、気持ちを奮い立たせる。
 気持ちが折れたら負け。体は動かなくても、諦めるのだけは許せない。
 それに乃江さんと葵のやられた分を返していない。のしを付けて返してやると決めたのだ。
「ふむ、満身創痍で打つ手無しか。どうやらお前の能力は不安定なようだな」
 魂喰いは目を細め、心の奥底を覗き込むように見つめ返す。
 ようやく本人も使いこなせない能力だと気づき始めた。そんな表情だ。
 奴の中で能力の有用性が揺らぎ始めた。唯一守ってくれていた保険が切れたのだと覚った。
「能力……、どの能力だ?」
 どういった能力かを聞き出そうと試みるものの、先程からこの問い掛けに対し、奴は口を閉ざす。
 魂喰いはどういう能力かを知らない。
 だがその能力を極端に警戒している。
 奴の様子からその二点だけ察することが出来た。
 魂食いはジリジリと間合いを詰め、俺は距離を取って話を続ける。
 だが背中にフェンスの金網が触れ、退くこともままならなくなったと覚悟を決めた。
「さあ、これで終わりにするか。最後にもう一回、あの能力を見たかった……」
 奴の目が覚悟を決めた。鳴かぬなら殺してしまえと、そんな気分になったのだろう。
 一発打ちこまれたら避けることは難しい。そんな間合いに踏み込まれ、ほんの少し回復した霊気を拳に集中させる。

 ブッ……。ブゥウウウン……。

 屋上の放送設備から、聴きなれた周波数ノイズが発せられる。
 ギターの弦が共鳴を起こす音。
 そして掻き鳴らされたのは、誰しもが一度は聴いた事がある有名なイントロだった。
 俺は突然の乱入に思わず苦笑する。
「派手な……登場……ですね」
 月夜に照らし出された影が足元に伸びた。
 小さなギターを抱え、少女らしからぬ均整のとれた体。夜風が長髪を靡かせ、白いうなじを露わにした。
 いつもギリギリのところで彼女に助けられる。前もこんなタイミングだった。
「放送室に細工するの、手間取ってしまいました。遅れてすみません」
 美咲さんはそう告げながら、激しく弦を掻き鳴らす。
 校内放送用のスピーカーから霊気の粒が放出され、周りを包み込むように空を舞う。
 綿毛のような霊気は、空を漂う機雷。実体を持たない魂喰いが触れればただでは済まない。
 だが奴は空を漂う霊気を目で追い、フッと鼻で笑って見せた。
「逃げられないと思っているらしいな。甘い、甘い……」
 奴が目を向けたのは俺、そして俺の背後の空間だ。
 そう、奴は意識の集合体。空を飛んで逃げるなんて、当たり前のようにやってのける。
 俺を殺して、フェンスを越える。簡単なことだと思ったに違いない。
「甘いのはお前だろ?」
 俺は美咲さんの背後に立つ少女に目を向ける。
 乃江さんに肩を貸し、片手で眼鏡の位置を整える山科さん。
 そっと突き出した手には尋常ならぬ霊気が集中し、魂喰いの頭上に空気を集め始める。
「グラビティ、最大出力。空気の重さを味わってみい!」
 脚に気合いを入れて地を蹴り横っ飛び、奴から遠ざかる。
 フェンスが音を立ててひしゃげ、奴の立っていた足元がひび割れ始めた。
 彼女は風を操作する巫女。一点に空気を集めるなんてことを苦もなくやってのける。
 これは風弾の応用技。空気の柱を頭上に作り出しているのだ。
 喩えればこれは超高気圧。山科さんらしい技だと言えよう
 超重力場に包まれて、奴の動きは完全に止まった。
「イグニス!」
 一瞬夜空が赤く染まり、炎が風に誘われるように疾走する。
 炎は魂喰いを包み込み、昇竜の如く空へ舞い上がった。
 振り返るとそこには宮之阪さんの姿。炎の紅が彼女を何倍にも美しく引き立たせている。
 そして乃江さんに肩を貸し、美咲さんががゆっくりと歩み寄る。
 乃江さんは重力場を物ともせず、霊気を込めた拳を叩き込み、美咲さんは右足に霊気を込め、内回し蹴りを放った。
「カオル!」
 俺を呼ぶ宮之阪さんの声。
 足元の守り刀を手に、天高く投げ上げる姿。
 空を一転、二転する守り刀がやけにスローモーションに見える。
 守り刀を左手で掴み、一息に引き抜く。
「ちゃっきーん」
 刀身が鞘から引き抜かれた瞬間、カナタが嬉しそうに掛け声を上げた。
 彼女はそのまま刀の上に顕現し、大口を開けて魂喰いを待ち受けた。
「カナタ、残らず食ってしまえ」
 そう口にして魂喰いに刃を突き入れた。
 刀身の輝きが一層増し、魂食いの存在を虚ろにさせる。
 魂食いの体は霧散し、夜風に流されていく。
 重苦しかった屋上にいつもと変わらぬ空気を感じ、ふっと気が緩ん瞬間腰が砕けた。
 膝が体を支えきれなくなったらしい。
 守り刀を鞘に戻し、疲れに任せて目を閉じた。



 ――柔らかい。
 ふかふかのクッションを抱いているような安らかな気持ちだ。
 そんな安眠枕を撫でていたら、その手をペチンと叩かれた。
「あうっ……」
 クスクスと笑う声に呼び起こされ、目を開けるとそこには山科さんの顔があった。
 柔らかかったのは山科さんの膝枕。彼女は濡れたハンカチで顔を拭ってくれていた。
「カオルって、実はエッチなん?」
「――いや、面目ない。無意識っす」
 身を起こそうとした瞬間、全身に激痛が走る。痛みで体が動かない。
 山科さんは額をちょんと指で押し、もう一度頭を膝の上に乗せる。
「ひどい怪我や。もう少しジッとしとり」
 山科さんの微笑む顔を見て、徐々に事件の終わりを実感し始める。
「しっかし、無茶したなぁ。風弾を至近距離で爆発させるやなんて」
「ホント、カオルはバカです」
 宮之阪さんが相槌を打つようにそう呟き、俺の頬を思い切って引っ張った。
「みひゃのひゃかひゃん。 なにほ――」
 言葉が通じたか不明だが、半開きの口ではこれが限界だ。
 宮之阪さんは頬を膨らませてそっぽを向く。どうやら少しご立腹のようだ。
「無茶した……罰です。さっき約束しましたよね、無理はしないって……」
 怒っていた彼女の顔が、泣き顔に変わる。
 頬を掴んでいた指から力が抜け、心地よい霊気が流れ込んでくる。
「ごめん……」  宮之阪さんは何も言わずコクンと頭を下げ、そっぽを向いたまま空を見上げた。
「いっ! 痛っ!」
 ふと右手に痛みが走る。
 あまりの痛さに右手を上げると、乃江さんが力一杯握り締めていた。
「――痛いか?」
 そう言って意地悪そうに口元を吊り上げる。
 乃江さんもご立腹だ。……当たり前か、言い付けを守らずに単独で敵を追い掛けたのだから……。
 痛みのあまり言葉にならず、首を振る事でギブアップを宣言する。
「痛いのは、治り始めている証拠だ。私の腕より酷い状況だったぞ?」
 そう言って、さらに握りを強めてくる。
 山科さん、宮之阪さん、乃江さんが霊気治癒を施す。言いかえれば、それだけ酷い怪我だったってことだろう。
 あまりの心地よさに目を閉じようとした瞬間、ふと葵のことを思い出した。
「あ、葵っ、葵は無事か?」
 痛む体に鞭打って身を起こす。  そして美咲さんに抱きかかえられた葵の元に這い寄る。
「右手の骨折がなかなか引っ付かなくて、少し時間がかかってます。でも安心、この程度なら大丈夫ですよ」
 美咲さんはそういいながら、赤黒くなった手首をそっと見せる。
 霊気の込められた手のひらでそっと撫でると、赤黒く内出血した部位が徐々に人肌に戻っていく。
 葵の顔を見下ろしやつれ髪を指で梳いた。
 少し緩んだような寝顔で、口をもごもごと動かした。
 気楽に寝ているような姿を見て、ホッと胸を撫で下ろす。
「もう少し回復したら撤収。ご飯食べましょうか」
「そうですね。お腹空きました……」
 もうご飯時はとっくに過ぎている。お腹が背中に引っ付きそうになっている。
「お母様に暗示をかけておきましたし、気兼ねなく宿泊訓練出来ますね」
「は?」
「私の部屋に泊まると……、言ってませんでしたか?」
 こめかみに指を添えて記憶を辿る。
 そういえば学校に侵入する前、美咲さんがそんなことを言っていた記憶が……。
「私、嘘付くのキライなんですよね」
 その一言が決定打となり、参加が義務づけられた。



BACK   NEXT   TOP
ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.