BACK   NEXT   TOP


『048 魂喰い 05』

 乃江さんが指差したのは文化棟の屋上。ここから渡り廊下を使うのが最短ルートだ。
 廊下の突き当たりにある鉄の扉を開き、校舎の中に外気を招き入れる。
 湿り気(しめりけ)のある暖かい風が髪をなびかせ、額に汗をじんわりと浮かび上がらせる。
 振り返って二人の姿を一瞥し、体の奥から湧き上がって来る怒りをグッと抑えこむ。
 目を閉じて新鮮な空気を吸い込み、両手で頬を叩いて気合いを入れた。
「――行くぞ」
 俺はカナタにそう告げながら、弱気になっているもう一人の自分に言い聞かせる。
 渡り廊下を一気に駆け抜け、文化棟の入り口に辿り着く。
 ドアノブに手を掛けて回そうとするが、金属が噛み合う音が施錠を知らせる
 予想通り鍵が掛かっている。世の中そんなに甘くないようだ。
 しかし警備システムは甘い割に、こういった古いギミックには手抜きがない。安心して良いものか悩ましい。
「ガラスを割るしかない……か」
 とはいえ鉄線の入ったガラスは厚みもあり、見るからに頑丈そうだ。だが何度か繰り返し打ち据えれば、突き破ることも出来るだろう。
 ガラスに肘を添えて勢いを付けようとした時、カナタが髪を引っ張って合図を送ってきた。
「戦う前に怪我でもしたらどうする。乱暴せずとも開けてやるわい」
 世話が掛かると言わんばかりに呟き、頭から肩へ、そして手を伝ってドアノブへしがみつく。
 そして鉄の扉に手を触れたかと思うと、スッと姿を虚ろにさせて消え失せた。
「向こう側にすり抜けたのか?」
「我を何だと思うておる? これくらいのこと――」
 扉の向こうでカナタの声が小さく聞こえる。マジで扉をすり抜けたらしい。
 霊体は鉄を嫌うというが、刀神(カタナカミ)であるカナタは別物か。――これは便利な泥棒スキルだ。
 少し()を置いてシリンダーが落ちる音が響く。小さな体で一生懸命に鍵を回している姿を思い描き、微笑ましくて苦笑が漏れる。
 ドアノブを回すと扉は手応えもなく開いた。だが少し引いたところで敏感に異変を感じ取る。
 扉の隙間から瘴気が溢れ出ている。どうやら敵さん、準備は万端のようだ。
 カナタを手のひらで掬い、頭の上へ放り投げる。そして廊下の暗がりへと目を向けた。
 目の前には無数の敵。今までのような形のある瘴気ではなく、人型とも獣とも判別出来ない濃い霧の塊だった。
「まるでカオナシだな。……召喚能力の限界か。だが……」
 一匹、一匹に脅威は感じないが、いかんせん数が多すぎる。
 屋上への階段があるのは廊下の突き当たり。ここを一直線に突っ切るか、二階に下りて迂回するか……。
 だがここは時間との勝負。迂回していたら魂喰いに逃げられてしまう。それに二階が安全だとは限らない。
 守り刀を引き抜いて構え、一歩踏み込んで目の前の瘴気に刃を走らせた。
 刃は瘴気に赤い軌跡を描く。瘴気は立ちどころに霧散して消えたが、同時に俺を敵と認識したように勢い付いた。
 ゆっくりと蠢きながら近づいてくる瘴気に、守り刀を走らせ対抗する。
 だが守り刀で霧散させるより、敵が進む速度の方がやや勝っている。
 このままでは進むどころか、この場に留まることすらままならない。
 守り刀を振り回すが、カナタの吸引力は変わらない。刃を走らせるだけの自己満足、体力を無駄に使ってしまう。
 守り刀を左に持ち替え、右の掌打と蹴りで押し返す。
 教室一個分進んだところで、チラリと視線を泳がせた。
 いつもより廊下の先が遠く見え、張り詰めていた気持ちが切れそうになる。
「このままではジリ貧だ……」
 霊気は体を支える命の源。このままではいずれ力尽きる。
 押し寄せる瘴気を三つほど霧散させたところで、一旦地を蹴って後ろに飛び退く。
 乱れる呼吸を整えるため、深く息を吸い込む。欠乏しかけた酸素を体内に巡らせる。
 敵の数は多いが動きはノロい。多少の攻撃を食らう覚悟で、廊下を走り切るしか方法はない。
 斬って祓うのではなく、足を止める。打ち据えて霧散させるのではなく、受け流して前に進む。
 再び一歩前に出ようとした時、背後に嫌な気配を感じて身を捩る。
 背後にいないはずの瘴気が膨れ上がっていた。祓ったはずの場所に再び瘴気が発生したのだ。
 霊気を肘に集中、捻った勢いを利用して突き入れる。紅の霊気が伝播し、人型の瘴気が霧散して消えた。
 だがその一瞬の隙を敵が見逃してくれる訳もない。
 右手に瘴気が触れ、火傷に似た痛みが走る。霊気を流し込んだばかりで、ガードが希薄になっていたのだ。
 咄嗟に守り刀を走らせ、右手を包み込む瘴気を吸収させた。
 横一線に刃を走らせ、敵との距離を測る。
 一瞬の均衡状態。前か後ろか、左か、右か。取り囲む瘴気が一瞬躊躇したように思えた。
「カオル! 姿勢を低ぅ!」
 その刹那、聞き覚えのある関西弁が耳に届く。
 その言葉の意味を考えるまでもなく、信頼する彼女の指示に従えと本能が告げる。
 瘴気の隙間に飛び込み、頭を抱えて廊下を滑る。
 閉じた瞼越しに光を感じた。同時に熱波が俺を包み込む。頭を抱えた手、二の腕の産毛が一瞬にして燃え尽きたのを感じ取った。
 廊下を滑る体が教室の扉にぶち当たって止まる。目を開けて辺りを確認するが、取り囲んでいた瘴気達は霧散して消えていた。
 山科さんの声がした方向へ首を捻る。そこには頼り甲斐のある二人の姿が見えた。
 山科さんは優雅な動きで扇を広げ、少し膝を折って品を作る。
 宮之阪さんはその横で栗色の髪をなびかせ、弓を射るように真っ直ぐ腕を伸ばしていた。
「カオル!」
 山科さんは手を動かして俺を招き入れる。
 彼女らのスキルは広範囲型。俺がこの場にいては能力を発揮出来ない。
 素早く起き上がり、地を蹴って二人の元に滑り込む。
 俺が安全圏内に入ったのを確認し、山科さんは嬉々として声を上げた。
「もう一丁行くで! マリリン!」
「はい!」
 短詠唱と共に膨大な霊気が解き放たれ、眩いばかりの火柱が二人の前に出現する。
「――扇舞(おうぎまい)
 山科さんが扇を一閃。炎の周りに強烈な風が巻き起こり、炎は意志を持ったように廊下を疾走した。
 炎が風の作り出す渦に運ばれ、業炎が敵を焼き霧散させていく。
 まさに浄化の炎。一発で敵の半数を消滅させた。
「どや、二人の合体技は?」
「さっき考えました……ですよ」
 今朝まで微妙に距離を取っていた二人なのに、いきなり意気投合しているのはどういうことだ。
 長年一緒に戦ってきたかのように息もピッタリだ。なにが二人をそうさせた?
 一旦敵との距離を稼ぎ、フッと息を吐く二人。そして彼女らは何かに気付いたように目を動かした。
「乃江はどうしたんや? カオルのバックアップしとったんちゃうの?」
「妹と二人で実習棟に……、乃江さんは怪我していて動けない。みんなと合流して、敵を追うように指示を受けた」
 表情を強張らせる二人。乃江さんの怪我ってのは、それほどインパクトのある出来事なのだ。
 山科さんは立ちはだかる瘴気の壁を見つめ、忌々しそうに親指の爪を噛んだ。
「乃江が動けへんのやったら、こないな雑魚でも苦戦するやろ。一人ならなんとかなるやろうけど、カオルの妹が一緒やと結構キツイで」
 背中を冷たい汗が流れ落ちる。その発想は無かった……。
 だが敵の視点に立つならば大ありの戦術だ。再び戦況をイーブンに持ち込める。
 戦闘不能に近い乃江さんは、魂喰いから見れば食い頃といえる。一方俺達からすれば、彼女を失うダメージは計り知れない。
「瘴気が山のように集まっているってことは……、敵さんはこの先におるんやな」
「人形繰りの糸が屋上に伸びているのが見えたって、乃江さんが――」
 山科さんはフレームに指を添え、眼鏡の位置を整えて口を開いた。
「マリリンとカオルは魂喰いを。うちは乃江をフォローして後を追うわ」
 山科さんの治癒能力は実証済み。護符を五、六枚使えば乃江さんの傷は癒えるだろう。
 俺一人では手を焼かされた瘴気の壁も、宮之阪さんの力を借りれば突き破ることも可能だ。
 目と目を合わせて異論がないことを確認し、山科さんは即座に踵を返し、実習棟への渡り廊下へと姿を消した。
 俺は宮之阪さんの横に並び、阿吽の呼吸で拳を叩き合う。
「私は由佳さんのように、一点に攻撃を集中するのが苦手です」
「自分以外燃やし尽くすってのはご勘弁ですよ」
 彼女は自分を中心に霊気を放出する能力者。離れた場所に霊気を集中させるタイプでは無いようだ。
 以前山科さんが車のタイヤを破裂させた時、遠く離れた一点に集中させるにんは、かなり高度な霊力操作が必要だと言っていた。
 山科さんは人形繰りと同じで、風を遠隔操作する能力者。宮之阪さんは美咲さんと同じく、霊力を放出する能力者って訳だ。
「俺が地に伏せながら、ズリズリとほふく前進し、宮之阪さんが全開で炎を放出する作戦で」
「それは……凄く……カオル、格好悪い」
「この際、格好とかどうでもいい」
「却下……です」
 宮之阪さんは敵に向かい左手を翳す。青の霊気が体を包み込み、その膨大な力を一気に指先から放出した。
 目の前の空気が一瞬にして凍てつく。湿気を含んだ空気が氷結し、ガラス片のように空を舞った。
 その冷気は瘴気さえも凍らせ、一気に奴らの動きが止まった。
「はい、カオル! 行くです」
「俺は犬かなんかか……」
 木片を追い掛けるペット犬よろしく、目の前の敵に守り刀を向ける。
 動きのトロい敵に刃を走らせるのは、チョークで壁に落書きするより楽な作業だ。
 一筆書きの要領。走る勢いに任せて敵を斬り裂いた。
「カオル! ハウス!」
「へいへい」
 宮之阪さんの合図に従い、彼女の元へ走り寄る。
 再び冷気が指先から放出され、その余波を食らって前髪が凍り付いた。
 先程の冷気が小手調べなら、今度は本気の全開パワーだ。息苦しいほどに空気が凍て付いている。
「放出する方向は多少なりともコントロール出来ますよ」
 宮之阪さんはそう言い、ニコリと微笑む。だが俺は笑えないほど顔が強張っていた。
 強張るってのは語弊がある。雪山で遭難する一歩手前の状態、目を閉じたら死んでしまう気分を味わっている。
「寒っ……」
「暖めましょうか?」
「……いや、ゴメンなさい」
 俺は白い息を吐きながら手を擦り合わせる。そして氷柱と化した瘴気の塊に拳を打ち込んだ。
 パリン、パリンと瘴気を叩き割り、廊下の端まで辿り着く。
 屋上への階段を見上げ、腰に差した守り刀に手を掛けた。
「さ、ここを上れば屋上です。行きましょうか」
 振り返って宮之阪さんを手招いたが、彼女は目を細めて今来た廊下を見据えている。
「ここで足止めする必要がありそうです。屋上での挟撃を避けたいし、援軍の到着を妨げますから……」
 彼女の見つめる先には瘴気の塊。廃病院で倒したはずの『欲望』と『戦車』の姿があった。
 魂喰い、奴の能力は底がないのか……。
 人型の瘴気を何十体も作り出し、更に高度な幻獣召喚をやってのける。普通じゃ、まずありえない霊力容量だ。
 宮之阪さんの言う通り、このまま進めば下と上から挟み撃ちに遭う。
「元を絶たないとキリがありませんね」
「――俺が屋上に向かう。敵と目の前で対峙すれば、きっと遠隔能力も鈍るはずだ」
 敵が足止めを優先すれば、俺にだって勝ち目はある。
 もし俺を倒すことに集中するなら、こちらの攻撃が手薄になるだろう。そうなれば宮之阪さんが屋上へ駆け付けくれる。俺はそれまで時間を稼げばいい。
 策としては愚の愚、一手遅らせるだけの遅延策に過ぎない。
「カオル……、無理は禁物ですよ」
「宮之阪さんも気をつけて」
 宮之阪さんに背を向け、屋上への階段を駆け上がる。
 扉の前に立ち一気に開け放つと、暖かい風が包み込み、凍えた体を解きほぐしていく。
 屋上のフェンスには男の影。腕を組みながら月を眺めている。
「見つかってしまったか」
 奴はまだかくれんぼに固執しているようだ。口にした台詞がそう告げている。
 極限の余裕。やれば必ず勝つと言いたげな態度だ。俺など障害の内に入らないってことか。
 落ち着かねば……。そう理解しつつも、押さえ込んでいた気持ちが爆発する。
 地を蹴って奴との距離を縮め、腰の守り刀を抜き去る。
 魂喰いは無防備なままゆっくり振り返る。守り刀に目を移しながら、構えすら見せようとしない。
 このまま守り刀を振り切れば、必ず奴を斬り裂ける。そんな間合いに踏み込み、守り刀を一閃した。
 だが目の前にいたはずの奴が消え、守り刀はフェンスの鉄線を四本切断し、五つ目に食い込んで勢いを止めた。
 その手ごたえに総毛立つ。体より先に両目は魂喰いを追って動き出した。
 奴は背後に立ち、それでいて隙だらけの俺を攻撃するでもない。二歩、三歩と後退って距離を取り、欠伸を噛み締め手で口を押さえた。
 俺と対峙しながら、奴は遠隔操作に集中している。そう直感させた。
 そんな奴の姿を『見る』
 ぼんやりと透けて見える人影。見鬼の目には見えるが、実体を掴む通常の目には映らない。
 人のようにも見えるが、瘴気のように無機質にも見える。成人男子の姿をしながら、空を見つめているかのように虚ろな存在。
「噂では人間だと聞いていたのだが……、体を忘れて来たのか?」
 得体の知れない怪物を目にして、恐怖を悟られたくない一心だった。余裕のある言葉が出たのは奇跡に近い。
 実際目にするのは初めてだが、アレは間違いなく生き霊、いわゆるアストラル体だ。
「――生霊の類じゃの」
 カナタがボソリと呟く。
 神ともなればそれほど珍しくもないのだろうか、くだらんと言いたげな態度だった。
「生霊にも、守り刀の力は通用するのか?」
「もちろんじゃ、平安の六条御息所(ろくじょうのみやすんどころ)に始まり、災いをなす人の思念は悪霊と同じく祓うに値する」
 そうと分かれば憂いはない。奴を行動不能にして、美咲さん達に引き渡すのみ。
 ありったけの力を振り絞って地を蹴る。最速の踏み込みで魂食いの懐に入り、奴の肩へ守り刀を突き入れた。
 だが魂喰いはその刃を紙一重で避け、しなる鞭のような拳を俺の顔に打ちこむ。
「遅せぇよ」
 突き出した拳をぶらぶらと揺らし、魂食いはつまらなさそうに言い放つ。
 先程と同じ。確実に当たるはずの攻撃を見切っている。
 鼻腔から温かい液体が流れ落ちる。鉄の匂いで鼻血だ理解する。
 袖口で血を拭い、隙だらけの奴に斬り込むものの、またしても最小限の動きでそれを避ける。
「遅いって」
 奴は腕をしならせて、再び俺の鼻先を殴りつけようとする。
 だが一瞬、奴の拳がハッキリと見え、首を捻ってかろうじて攻撃を避ける。
 拳は頬を強く擦り、耳を撃ち抜いて素早く引き戻される。
「――っ!」
 一瞬スローモーションに見えたのは長考。美咲さんから教わったこの技に、俺は何度となく助けられている。
 これを自由に使いこなせたら、奴に一矢報いることが出来るかも知れれない。
 だが残念なことに、恐怖を味わわないと発動しないシロモノだ。まだ発動のコツが身についていないのだ。
 美咲さんも言っていたっけ、長考の修行ってのは死ぬ思いで身に付けるものだって。
「そうか……」
 今がまさに死ぬ思いをしている時。危険に身を晒して、強制的に長考を発動させればいい。
 奴との距離をジリジリと詰める。いつ拳が飛んで来てもおかしくない距離だ。
 守り刀を振るえば必ず当たる距離。だがまだ遠い。奴はこの距離でも必ず回避する。
 腕を伸ばせば届く距離に身を寄せ、フェイント気味に守り刀をちらつかせる。
 同時に奴の拳が飛んで来た。目の前に迫る拳が一際ハッキリと見えた瞬間、攻撃を回避しながら守り刀を走らせた。
 だが目の前にいたはずの魂喰いが消え失せた。一瞬遅れて空を斬り裂く音が耳に届く。
 奴は身を捩って回避しているのではない。一旦消えて再び姿を現していたのだ。
 奴は生身ではなく霊体。そういう理屈に行き着いた時、奴の拳が腹にめり込んでいた。
 一度食らった拳の味は知っている。受け止めてリタイヤしてやるわけにはいかない。
 長考の力を借り、腹筋に力を込める。そしてつま先で地を蹴り、拳に逆らわず後ろへ飛んだ。
 床を転がってフェンスにぶつかり、腹と背中に痛みを感じつつ身を起こす。
 長考時間の認識力。奴はそれを上回るスピードを認識出来る。
 最速の攻撃を見切られるのなら、どう攻撃して良いか分からない。
 その時カナタが髪をツンツンと引っ張った。この極限の状況でこの余裕。見習いたいものだ。
「生き霊には時間の概念が無い。意識の時間で動いておる。注意せよ……」
「…………ごめん、意味が分からん。詳しくお願い」
 カナタは深い溜息を吐き、子をあやすような声を出す。
「家にいることを想像し、その直後に学校を思い浮かべる。――瞬きするほどの時間じゃが、肉体という器に縛られておらぬが故、意識は瞬時に移動する」
「思うだけで移動するってことか?」
「肉体の記憶を持っておるから、限界はあるようじゃがの」
 ……ってか、バケモノじみた技ってことには変わりない。長考が効かないなら打つ手が無い。
 成功する保証はまるっきり無いが、このまま背を向けて逃げるのが得策だろう。
 だが乃江さんと葵の分、一発入れると約束した。それをせずに背を向けるなんて出来ない。
 なんとかいい方法はないか。そう考えてふと名案を思い付いた。
 守り刀を鞘に戻し、魂喰いに向かい口を開く。
「なあ、魂喰い。お前言ってたろ? 俺のスキルがどうとか」
 魂喰いは怪訝そうな素振りを見せ、フッと肩の力を抜く。
 腕を広げて天を仰ぐポーズ。かなり呆れさせたようだ。
「無意識だったのかい? ――アレ」
 奴のいうアレ。奴の言葉通りなら、俺は過去にそのスキルを発動させていたことになる。
 人形繰りのショッピングモール……、いや違う、その時にはもう俺はターゲットにされていた。
 てことは葵と点心を食いに行った時、死神と戦った時のことか。
「蚊の集合体。死神の時に使った――アレか」
 まだ無意識に発動したと覚られたくない。思わせぶりに話を進めなければ……。
「そんなに欲しいのか? あんなの大したことはないだろう?」
 蚊柱と遭遇して、美咲さんに救われるまでの数分。特別な何かをした覚えは全くない。
 塩を撒いて距離を取り、何回か拳で霊気を流し、通用しないことを確認した程度。
 拳に霊気を帯びるなんて、ちょっと訓練すれば誰にでも出来る初歩の初歩だ。奴がそんな基本技を欲しがる訳はない。
 もっと脅威に感じる何か――。そんな技を無意識に発動させたらしい。
「死ぬほど追い込んだら発動するかもな。――試してみるか?」
 そう言いながら無造作に間合いを詰める。
 ポケットに手を突っ込み、無防備を装い一歩踏み込む。
 魂喰いは無造作に間合いを詰められ、一歩下がって俺の表情を観察している。
 無意識に下がるってことは、それなりに脅威を感じているってこと。もしかしたら――と思わせた、そんな手応えを感じた。
 腕を伸ばせば当てられる距離。そして奴に回避された距離に踏み込む。
 まだだ、まだ奴に避けられる。
 無造作に手を伸ばし、指先が触れるか触れないかの距離。
 余裕など一欠片もない状況で、ニヤリと笑い顔を作る。
「わっ! ……なんて大声で嚇かしたりしないよ。ビクビクするな」
 食えない態度で奴の神経を逆撫でする。
 魂喰いは軽い舌打ちをし、思惑通り俺に向かい手を伸ばす。
 奴の指先が俺の首に触れ、のど仏に手のひらが押し付けられた。
 指が徐々に食い込んでいく。器官を押さえて落とすような生易しい力ではない。万力で締めるように機械的に、力強く首を絞めてくる。
 頸動脈を押さえられ、あと数秒で意識を失う。そんな刹那――。
 俺はポケットから手を取り出し、握りしめた手を奴の前でそっと広げた。
 手のひらからこぼれ落ちる勝機、それは山科さんに貰った風弾だった。
 心の中で弾けるイメージを念じ、風弾を目の前で発動させた。



BACK   NEXT   TOP
ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.