BACK   NEXT   TOP


『047 魂喰い 04』

 遠くでガラスが割れる音が響き、少し()を置いて空気が震えた。
 だがそれも一瞬のことで、その後何も無かったかのように静寂に包まれた。
「乃江さん、今の……」
「ああ、中等部の方向だ。由佳が派手にやらかしたらしいな」
 乃江さんはそう呟き、肩をすくめて溜息を吐いた。
 山科さんは遠距離広範囲の能力者だ。こういった建物内では力をセーブして戦わなくてはならない。
 そんな彼女が本気を出したってことは、それ相応の敵と遭遇したということ。
 かなりの難敵が潜んでいるらしい、気を引き締めて掛からねばならない。
「時に、カオル……」
「はい?」
「……そろそろ離して貰えないだろうか」
 その言葉の意味を数秒熟考し、ふと我に返って滝汗が滲み出る。先ほどから乃江さんを抱きしめたままだった。
 華奢で腕の中にすっぽり収まる体。抱き枕を凌駕する抱き心地。全く違和感を感じなかった。
 慌てて腰から手を離すと、腕の中からスルリと逃げ出した。そして非難するわけでもない……、何とも言えない視線を向けてくる。
「あ、あの? なんですか、その生温い視線は?」
「そんな目をしていたか? そもそも生温い視線というのが理解出来ない」
「不快な思いをさせてしまいましたでしょうか?」
「――いや、そんなことはない。むしろ逆だ」
「逆……っすか?」
「抱きしめられるというのは、ことのほか心地よいものだと思ってな」
 常人ならば赤面するような台詞を口にしつつ、乃江さんって人は表情一つ変えやしない。
 ここで恥じらいの一つでも見せて欲しい気もするが、つまらないテレビでも見ているかのように無表情だ。
 だがそれも乃江さんらしいというか、これはこれで天然なのだよな。
「さて、我々も行こう。囚われの姫君を取り戻さねば」
 乃江さんはサバサバとした口調で区切りをつける。そして射るような視線を上に向けた。
「なにか感じますか?」
 乃江さんの動向も気になったが、先程からカナタが髪の毛を引っ張り、怒りを露わにしている。
 まずこれを何とかせねば集中すら出来ない。
 足下に転がった守り刀を腰に差し、彼女に習い意識を上の方向へと向けた。
 人の放つ霊気っていうのは、空間に滞留して感覚を鈍らせる。
 視覚に頼った生き方をしていればどうってことはないが、見鬼の目を持つ者にその違いは顕著に現れる。
 人がいなくなって数時間。絶好のコンディションである校舎は、耳を澄ますだけで衣擦れの音も聞こえそうだ。
 だがいくら感覚を研ぎ澄ませても、二階までしか見通せない。
 もう一つ上の階に何かいる。敵……、それもかなり厄介な敵。
「――三階っすね」
「そのようだ。だが気配を殺して待ち構えている可能性も否めない。慎重に進まねばな」
 乃江さんはそう口にするなり、音を立てないようにそっと階段を踏みしめる。俺もその動きを真似て、乃江さんの背中を追った。
 低い姿勢で息を殺し、踊り場の壁に手をついて上を見上げる。
 シンと静まり返った闇の向こうに、人の温かみは感じられない。まるで夜の海ような、虚無の感覚に似ている。
 乃江さんと目を合わせ、眼球の動きだけで会話する。警戒維持、微速前進ってところだろうか。
 手摺りを伝い、ゆっくりと階段を上る。二階に辿り着き、壁を背にして廊下の先を覗き見る。
 乃江さんは小首を傾げ、人差し指を上に向ける。肩透かしを食らった、上に行こう、そう言っているようだ。
 三階の状況は酷いものだった。思わず目を凝らしたくなるほど濃い瘴気。黒い霧状に床を覆い、音もなく階段へ降り注いでいる。
 身に纏う霊気と反応し、パチンと音を立てて紫電の火花が飛ぶ。
 乃江さんは口をキュッと閉じ、顎を動かして合図を送る。俺はコクコクと頷き、意思疎通を図った。
 三階へ辿り着き、一気に廊下へと躍り出る。片膝を付いて勢いを殺し、姿勢を低く保ちながら守り刀に手を掛けた。
 教室二つ分ほど先の暗闇に、ローブを纏った人影がある。タロットカードの隠者をモチーフにした瘴気の塊だ。
 杖をつき、カンテラを手にした姿。戦闘的なフォルムには見えないが、発せられた瘴気が物語っている。かなりヤバイ敵らしい。
 そしてもう一人、その背後から身を躍らせてた。スカートを棚引かせ、靴音を立てて現れた少女の影。
 その見慣れたそのシルエットは、暗がりの中でも一目瞭然だった。
「葵っ!」
 妹の姿を見た瞬間、無意識に地を蹴っていた。
 腰に差した守り刀を抜き去り、目の前の敵に刃を向ける。
 距離約十メートル。もうすぐ敵と交差するという所で、肩を掴まれて容赦なく引き倒された。
「の……、乃江さん?」
「不用意に近づくな。妹の姿をしているが、……アレは敵だ」
 指先が肩に強く食い込む。今は堪えて、チャンスを待て。指先はそう告げているように思えた。
 守り刀を鞘に戻し、冷静になって敵を見定める。
 あのまま突っ込んでいても、隠者に一太刀浴びせるのが精一杯だった。
 そして守り刀が瘴気を吸収するより先に、無防備な懐に入り込まれて攻撃されていただろう。
 魂喰いは後ろ手を組み、ピョンと隠者の前に身を晒け出す。
 攻撃出来るものならやってみろ、そう言いたげな笑みを浮かべている。
 昼間から空白の数時間、葵の身になにがあったのか……、最悪の想像が頭を駆け巡る。
 命だけは無事――、なんて達観出来ない。葵にもし万が一のことがあれば、命を賭してでも奴に報いを受けさせる。
「――やっと来たか。待ちくたびれたよ」
 手で口を覆い、欠伸をかみ殺す。
 葵のものとは違う低い男の声。葵から発せられているとは思えない不快な声だ。
「しかし、女連れとはなかなか隅に置けない、……と言いたいが、それはルール違反だろう?」
 忌々しそうに額に皺を寄せ、魂喰いは乃江さんを睨み付けた。
 返答一つ間違えば葵は殺される。そんな張り詰めた空気の中、あろうことか乃江さんはクスクスと笑い出す。
「ルール違反は貴様のほうだ。内臓破裂させるほどの暴行を加え、かくれんぼとは笑わせる」
 乃江さんはそう言い、手を広げて天を仰ぐ。
 魂喰いの眉がピクリと跳ね上がる。だがそれも一瞬のこと。
 奴は腹を抱えて笑い出し、壁に手を付て肩を震わせた。
 踏み込めそうな隙。頭の中で何度も抜刀する自分の姿を思い描く。
 だが足は一ミリたりとも動かせない。隠者が隣に控え、どういう動きを見せるのか予想できない。不用意に踏み込めば死を招く。
 それは奴も同じ条件だ。俺一人ならいざ知らず、乃江さんが側に控えている以上、無闇に攻撃は仕掛けられない。
 これはちょっとした心理戦だ。膠着状態をどう抜け出すか、先を読み違えたら一巻の終わりだ。
「あははっ……やりすぎた。オニを病院送りにして、待ちぼうけていたら道化だよな」
 魂喰いは右の手首を見つめ、左手を添えて手首をあり得ない方向に曲げた。
「なんか変だなぁと思ってたら、手首がポッキリ折れてる。力一杯殴りすぎたか」
 奴は折れた手首をブラブラと振り、口元を吊り上げて醜悪な笑みを作る。
 その愉悦に浸りきった表情を見て、ギリギリのところで保っていた理性が吹き飛びそうになる。
 憤りが背中を押し、足は前に出ようとする。目の前が真っ赤に染まり、早まる鼓動が耳鳴りのように聞こえた。
 だが乃江さんは手に力を込めて、目を細めてゆっくりと首を振った。
「奴の手に乗るな。冷静さを失えば喰われるぞ」
 そう言って俺を窘めた。
 魂喰いは俺達を満足げに見つめる。奴の嗜虐心がほんの少し満たされたのだ。
 葵の表情を愉悦で満たし、小さな唇をいびつに開いて舌舐めずりした。
「まあいい。今から数あわせすれば済む問題だし――」
 魂喰いはいきなりゾッとするような言葉を口にする。
 そして予想した最悪の台詞を、事も無げに言い放った。
「お前……、その女を潰せ」
 ――狡猾な奴。
 姿を見せず人質を盾に取り、安全な場所から戦況をコントロールする。一番ムカつく戦い方だ。
 葵の立つ場所までおよそ十メートル。踏み込んで霊気を流し込むまで、少なく見積もっても数秒かかる。
 所詮、奴にとって葵は使い捨ての存在。踏み込む前に舌を噛み切るくらいのこと、なんの躊躇いもなくやってのける。
 打つ手はない。どうすれば……。
「聞こえた? ねえ? 聞こえたよな? あんまりイライラさせない方がいいぞ?」
 魂喰いは地団駄を踏んで苛立ちを見せる。まるで癇癪を起こした子供だ。
 だがそれが逆に危うい。薄氷を踏む感覚だろうか、いつこの均衡が破れてもおかしくない。
 奴が葵の体を傷つけるのに指一本で事足りる。喉をえぐり頸動脈を引きちぎれば、一分以内に葵は失血死する。
 ――いや、最悪の予想をしている暇はない。勝率を上げる方法を模索しなくてはならない。
 葵を傷つけさせないように、瞬間的に霊気を流し込む。――手を伸ばせば触れられる距離に、魂喰いを引き付ける必要がある。
 乃江さんは肩から手を離し、俺の目を見て頷いた。
「やれ……。今は従うしかない」
「……正気っすか?」
 乃江さんは両手を垂らしてガードを解く、コクリと頷いて唇を噛み締めた。
 もし手を抜いて殴りつけたとしても、そんな演技を見逃してはくれないだろう。
 それよりなにより乃江さんがそんなことを許さない。彼女の目は力一杯殴れと言っているのだから。
「ごめん……」
 そう口にしながら、乃江さんの腹部に拳を食い込ませる。踏み込みの勢いと、腰の回転を加えた渾身の打撃だった。
 乃江さんは反動に耐えきれず、教室の扉に背中を打ち付ける。だがつま先で踏ん張り、ギリギリのところで転倒を免れた。
「おいおい、一発だけかよ? 『潰せ』と言ったんだぜ?」
 魂喰いはやれやれと言わんばかりに天を仰ぎ、顎をしゃくって次の攻撃を促す。
 俺は扉にもたれ掛かったままの彼女に向かい、再度拳を叩き込んだ。
 一発打ち付けるごとに、背にした扉が凄まじい音を立てる。
 拳に伝わる感触で分かった。今、乃江さんは肉体強化を解除している。普通の人間と変わらぬ体で、拳を受け止めている。
「おいおい。ゆっくり嬲るのは程々にしてやれよ。一気に追い込んでやった方が幸せだぜ?」
 くぐもった笑い声を発し、発情したように目を輝かせる。奴は俺を自分に見立て、嗜虐心を満たしている。
 いちいち癪に障る奴。こめかみの血管がぶち切れそうだ。食いしばった奥歯が音を立てる。
 だがここは言いなりになるしかない。そして乃江さんを信じ、好機を待つしかない。
「――乃江さん、行きますね」
「おう……、修行の……成果を……見せて……みろ」
 その言葉を聞いて、一切の迷いを捨てた。
 乃江さんの足下に踏み込んで震脚。腰を回転させ胸に拳を叩き込む。
 そして勢いを殺さず前に突き進み、腕を畳んで肘打ちを加え、最後に背を向けて(ごう)を叩き付けた。
 拳の遠撃、肘の短撃、ショートレンジの体当たり。太極拳の打法を一点に集中させた。
 乃江さんは背中を扉にもたれ掛かり、前屈みになってふらふらとよろめく。口元から大量の血を吐き、力尽きて崩れ落ちた。
 これには魂喰いも満足げに口笛を吹く。乃江さんと俺を交互に見つめ、ニヤリと口元を歪めた。
「なかなか容赦のない奴だな……。女に手を上げるなんて、人間のクズだと思うぞ」
 魂喰いはそう言い、ゆらりと前に歩を進める。
 乃江さんが戦闘不能になれば、一気にパワーバランスは崩れる。次は俺がターゲットになることなど分かっていた。
 こうやって相手に間合いを縮めさせ、逆に打撃を加えて霊気を流し込む。逆転の可能性があるとすれば、この方法しかないだろう。
 だが奴は心を読んだかのようにピタリと足を止め、足下に転がる乃江さんを注意深く見つめる。
 微動だにしない彼女を見て、フンと鼻を鳴らしてもう一歩踏み込んで来た。
「さあ、お食事タイムだ。その前に腰に差した物騒なものを捨てろ」
 魂喰いは細心の注意を払い、守り刀を捨てるように指示してきた。これも予測の範疇だ。
 俺は言われるがまま守り刀を鞘ごと抜き、そっと置いて足で蹴って遠ざける。
 守り刀は床を滑り、乃江さんの間近で勢いを失う。
 魂喰いはあと数歩で手の届く距離に到達する。俺は最後の悪あがきをして、一歩下がって奴を引き付けた。
 瞬き一つする間に勝負が決まる。
「動くなよ。じっとしてろよ」
 魂喰いはそっと目の前に手を伸ばした。命が摘み取られる最後の瞬間まで、目を見開いてひたすら好機を待った。
 次の瞬間、戦況が一変する。
 地に伏せていた乃江さんが膝を抱え、伸び上がった反動で素早く起き上がる。
 そして守り刀を投げて寄こし、虚を突かれた魂喰いに霊気を帯びた拳を叩き込む。
 俺は二人の脇をすり抜け、空を舞う守り刀を掴み取った。
「カナタ、残さず食え」
「あいよ、ちゃっきーん」
 鞘を投げ捨て、守り刀を隠者に突き刺す。
 だがそれだけでは気が収まらない。守り刀から手を離し、瘴気の塊に拳を叩き込んだ。
 紅の霊気が瘴気の中を伝播する。紫電の火花が飛び散り、衝撃が突き抜け瘴気を霧散させた。
 消えゆく瘴気を見守りながら、足下に転がる守り刀を拾い上げ、鞘に戻して腰に差し直す。
「――乃江さん!」
 踵を返して彼女の元へ駆け寄り、ハンカチを出して血で染まった口元を拭う。
 ぶっつけ本番の作戦だった。乃江さんでなければ、この作戦は使えなかった。
 アイコンタクトで咄嗟の思い付きを伝えるのは困難。だけど乃江さんの能力『サトリ』を使えば、容易に伝えることが出来る。
 急所を外して拳を叩き込みながら作戦を伝え、最後の連撃は打点を散らしてダメージを軽減させた。
 それに少しでも衝撃を緩和させるべく、教室の扉を背にした。それに打ち付ける扉の音は、奴の嗜虐心を満足させるだろうと予想したからだ。
 口の中を噛み切って血を吐くなんて、本当はさせたくなかった。
 けど、ああしなければ油断してくれなかったと思う。霊気で治癒出来るとはいえ、少々心が痛んだ。
 守り刀を乃江さんの元に運んだのは、攻撃の意図を理解して貰うため。
 刀を使う意思表示をすれば、俺は隠者、乃江さんは葵と、役割が明確になる。
 正直言って、武装解除を指示された時、俺は心底ホッとした。なぜならば最悪の予想は、守り刀で刺せと指示されることだったからだ。
 もしその最悪のシナリオに突入しても、微動だにせず刃を受け止めたと思う。乃江さんはそういう人だ。
 そして一歩下がって引き付け、奴の視界から乃江さんの姿が消える。あとは起き上がるタイミングまで、瞬き一つしないことだけを考えればよかった。
「――っ」
 乃江さんは気を失った葵を抱き、千鳥足で尻餅を付いた。先ほどのダメージが足に来ているのだ。
 だが彼女は自分のことなど気にする様子もない。葵の首もとに指を添えて脈を確認し、ホッと胸を撫で下ろした。
 そして視線を空に漂わせ、人差し指で方向を指し示した。
「霊気を流した瞬間、繰り糸が見えた。魂喰いは屋上にいる」
「あんの野郎……、マジで頭に来た!」
「私は葵の応急処置をして、動けるようになり次第後を追う。カオルは別動隊と合流して屋上に向かえ」
 傷ついた乃江さんと、不自然に折れ曲がった葵の手首を見つめる。
「葵の分と乃江さんの分、のし付けて返してきます」
「頼んだぞ」
 傷ついた二人をその場に残し、後ろ髪引かれる思いを振り切った。



BACK   NEXT   TOP
ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.