BACK   NEXT   TOP


『046 ブンカトーってドコですか?』

 カオルが北にある実習棟の扉を開いた頃、山科由佳は中等部のある西館の一階へ辿り着いていた。
 校舎内は昼間の喧騒が嘘のように静まりかえり、初夏だというのに寒々とした印象を受ける。
 廊下に反響する靴音がピタリと止む。
 闇に順応させるため閉じていた左目を開け、彼女はスッと息を吸い込んだ。
「――グラビティ、そろそろ出てきいや」
 締め切っているはずの廊下につむじ風が舞う。
 風はで渦を巻きスカートを巻き上げ、彼女の目の前で大福餅を重ねたような形に変化した。
「なんや〜、呼んだ?」
 風の精霊グラビティが顕現する。
 彼はベタな関西弁を操り、呼び出した主の周りを飛び回る。
 山科はペチリと額を叩いて、少しばかり赤面した顔を隠す。
「風の精霊グラビティ、召喚。とかカッコ良く呼んでみたいなと思った頃もありました」
 そう言うや否、彼女はガックリと脱力し、腰砕けになって床に突っ伏した。
「なにが風の精霊グラビティ、召喚や。なに標準語使ことんねん。関西人の誇り忘れたんか?」
 グラビティはなんでやねんとツッコミポーズをきめる。
「関西人の心、忘れた訳やないんや。呼ぶ時くらいカッコええ決め文句言いたいやんか?」
「アホか。関西人のカッコええはおもろいことや。爆笑さした者が一番カッコええんや」
 山科はすっくと立ち上がり、グラビティを鷲掴みにして歩き出す。
「今日は遊び無しや、行くでメタボ」
「メタボ言うな!」
 二人はそんなくだらないやり取りをしながら、伏兵の存在、拉致されたカオルの妹を気配を探る。
 だが彼女は校舎に入った瞬間、一階にその気配が無いことを感じ取っていた。
「もっと上の階――。この感じやと三階付近やろか」
 意識を上の階へと向けていた時、ふと背後に気配を感じて振り返る。
「――なんや?」
 廊下の先に燐光を纏った何がが通り過ぎた。
 廊下の壁を突き抜け、一瞬姿を現したと思ったら、そのまま音もなく教室の扉をすり抜けたのだ。
 大抵の少女ならその奇異に震え上がり、声も出せずに腰砕けになるだろう。
 だが彼女は退魔士。それも業界では一目置かれる凄腕だ。恐怖を感じるはずもない。
 むしろ爛々と目を輝かせ、口元を吊り上げた。
 教室の壁に背を預け、相棒のグラビティに囁きかけた。 「霊体は教室内を動き回っとる。この様子やったら再び廊下に出てきよる……」
 その瞬間を待ち構え、指の間に護符を二枚挟み込んだ。
 燐光が扉を突き抜けて姿を現した瞬間、山科は神速の踏み込みを見せ、護符を霊体の額に貼り付けた。
「あうっ!」
 霊体は素っ頓狂な叫び声をあげ、その場にひれ伏す。燐光を放っていたその体は、徐々に光を失って受肉していく。
 四つん這いになり、涙目で山科を見上げたのは宮之阪まりえだった。
 彼女は額に貼り付けられた護符を剥がし、忌々しそうに脇に放った。
「なんや、マリリンやないの」
「気が逸れて術が解除されてしまいました……です」
「マリリンの担当箇所は文化棟――」  山科がそう口にして、ふとなにかに思い当たったような表情をする。
「もしかして、学校のこと知らんかったとか?」
「案内していただいた方は、ブンカトーという場所を案内してくれませんでしたの」
 山科はポリポリと頬を掻く。
 それもそのはず、美咲の指示を熟考すれば、自ずと文化棟の位置が分かるはずなのだ。
「あんな、カオルは北の実習棟、うちは西館、美咲は南館と言ったやろ? 校舎の構造は見たら分かるし、残りはどの方角や?」
「あうう……」
「才女やと聞いてたけど、意外とうっかりさんやってんな。かわいらしいところあるやん」
 山科は宮之阪の頭にポンと手を置き、手を貸して立ち上がらせた。
「さっきの技はアレか。仙術か?」
 宮之阪はキョトンとした表情をして、唇を人差し指でもてあそぶ。
 そしてポンと手を叩き、何か納得したような笑みを見せた。
「センドーの術ではありません。魔術の一つで物質透過(TRANSFERO)といいます
物質透過(TRANSFERO)。ラテン語やな」
 宮之阪はキョロキョロと周りを窺い、眉を顰めて山科の顔を覗き込む。
「あの……。アレは? ぶよぶよした風の精霊」
 彼女はどうやら風の精霊グラビティが苦手のようだ。
 グラビティの性癖を許容出来ない。そういった性的な事柄に潔癖であると思われる。
「あぁ……、アレね」
 山科は苦虫をかみ潰したような顔をして、ちょいちょいと足下をそっと指差す。
 宮之阪はその方向にゆっくりと首を動かし、ギョッとした顔をして、スカートを手で押さえた。
 それもそのはず、グラビティが足下に貼り付き、スカートの中を見上げていたからだ。
「白のサテン地。アクセントのリボンがかわいらしいなぁ。眼福、眼福――」
 宮之阪は即座にグラビティを踏み潰し、容赦なく全体重をかけて圧死させる。
 そしてズタボロになったグラビティを、ロベルト・カルロス真っ青のアウトサイドキックで蹴り飛ばした。
 綺麗な放物線を描き、廊下の端に突き刺さるグラビティ。見事なドライブシュートだ。
 山科は滝のような汗を掻きつつ、何事も無かったかのようにポンと手を叩いた。
「あっ、ははは……。せやからマリリンは東の校舎や。ここと反対側やで?」
「あう……。このことは皆さんに内緒でお願いします……。本当にお願いします」
 宮之阪はしょんぼりとうなだれ、すごすごと歩き出した。
「ちゃうちゃう。そっちやないで!」
「ううっ……。じゃあ、こっち?」
「そっちは北」
 山科はポリポリと髪の毛を掻き毟る。そして深々と溜息を吐いた。
「あかん、マリリンが文化棟に辿り着く姿が想像でけへん」
 そういうや否、目の前に立つ迷い子の手を取り、地を蹴って走り出した。
 向かう先は階段。一足飛びに駆け上がり、二階の廊下に躍り出た。
「うちとマリリンがペア組めば、建物の一つや二つ制圧するのに時間は掛からん」
「――なるほど」
「まぁ、マリリンがうちの思うとる力量やったら……という前提やけどな」
「ご期待以上のものを見せる自信はあります」
 睨みつけるかのように鋭い目を見せる二人。だがそれも束の間のこと、山科は表情を緩めて宮之阪に背を向けた。
「行くで。相棒」
「はいっ!」
 二階の廊下を駆け出す二人。二人は突き当たりまで行き着くと、再び階段を駆け上がった。
 三階への廊下に差し掛かる寸前、急停止して身を屈める。
 宮之阪もそれに習い、息が掛かるほどの距離に跪き、山科の背中を見つめた。
「――おるな。なんか」
「ええ、もの凄い瘴気が溢れていますね」
 足下には、どす黒い霧状の瘴気。二人の霊気に触れ、パチン、パチンと紫電の火花を散らしている。
 二人は阿吽の呼吸で廊下に躍り出て、鋭い双眸で目の前の敵を睨みつける。
 瘴気で象られた二体の天使。その背後には闇の太陽が濃い瘴気をまき散らしている。
「お陽さんの札やな」
「――いえ、THE SUNです」
「いや……、太陽っていうのを、たまにお陽さんって言うねん」
 そう言って山科は後ろ手で下がれと指示する。
 だが宮之阪は山科の背に手を置き、首を振って拒絶の意志を露わにする。
「うちの力量、知りたいやろ? 対決もお流れになったしなぁ……」
 振り返りもせずに指を一本立て、ニヤリと口角を吊り上げて笑った。
「そやな……十数えといてや。その間に始末するわ」
 そう言うなり宮之阪の手を振り切って、地を蹴って走り出した。
「闇の太陽が瘴気を噴いて、眼を凝らしても暗く見えるわ」
 山科はそう呟き、指に二つ風弾を挟み、親指で弾いて前に転がす。
 風弾は硬質な音を立てて転がり、同時に圧縮された空気が噴き出した。
 だが敵も攻撃を甘んじて受けてくれるわけはない。ヒュンと音を立てて飛び、距離を縮めようとする。
 山科は胸元から扇を取り出し、花咲くように片手で広げた。
 手のひらを二度返して、優雅な動きで扇を舞わす。
 涼やかな動きとは裏腹に、ありえない突風が吹き、天使の行く手を阻んだ。
「――扇舞(おうぎまい)
 神事で巫女が舞う神楽舞だ。
 足の止まった二体の天使に向かい、再び扇を舞わす。己が体をクルリと回し、大きく風を扇ぐ。
 その動きにあわせ、手元から紙吹雪が飛翔する。
 先程とは違う激しい扇の動き。空を切り裂く紙吹雪が天使を穿ち、霧散させていく。
 山科は敵に背を向けてボソリと呟いた。
「――弾けろ、風弾」
 廊下の窓ガラスが音を立てて吹き飛ぶ。
 圧倒的な神気が膨れあがり、闇の太陽を飲み込み中和していく。
 山科は手のひらで扇を閉じ、宮之阪の顔にビッと扇を向けた。
「何秒や?」
「七秒……です」
 山科は満足げに微笑み、親指を立てて背後の惨状を指差した。
「もちっとスマートに済ますことも出来たんやけど。自己紹介も兼ねてるし、素のままの自分を出した方がいいやろと思てな」
 そういって扇を懐に差す。
 宮之阪は呆然と割れた窓ガラスを見つめ、カラカラと笑う相棒に苦笑いを浮かべた。
「ほな、文化棟に行こか」
 山科は廊下の端にある扉を開き、こちらだと言わんばかりに指で合図を送る。
 ここは西館と南館を繋ぐ渡り廊下。
 山科は一旦建物を出て文化棟に向かうのではなく、南館を通り抜けて文化棟に向かうルートを選択したのだ。
 夜風が二人の頬を撫でる。その風に乗って、どこからともなくギターを爪弾く音が流れてくる。
「うはっ、うちより派手な――」
「なっ、なんですか? あの音?」
 山科はそのの問いに苦笑して見せ、南館の扉をそっと開いて指を差す。
 扉を開けると、ギターの音はより鮮明に聞こえる。どうやら南館の校舎内から聞こえてきているようだ。
 二人が覗き込む先には、ギターをかき鳴らす美咲の背中。その奥には鎌を振るう死神の姿があった。
「私って死神と縁があるのかしら」
 美咲はそう独りごちて、死神の懐に滑り込んだ。
 軽く足払いを入れ、その足を空で弧を描き回し蹴り。インパクトの瞬間に紫電の火花が散る。
「いつも、あなたは、笑顔を――くれる――♪」
 美咲は歌を口ずさみながら、軽やかにギターをかき鳴らす。
 その歌声はインカムを通じて、手に持ったギター、フェルナンデス社製ZO-3のスピーカーで増幅される。
「声が……、いや歌が霊気を発している……」
 美咲の戦う姿を見て、宮之阪が感嘆の声を漏らす。
 山科は我がことのように胸を張り、自慢げに口を開いた。
「言葉には力がある。――言霊っちゅう概念やな。美咲は接近戦闘と共に、歌に霊気を乗せた中距離戦闘を得意としてるんや」
「ふむっ、さすが天野……」
 二人は扉の隙間から目だけを覗かせ、美咲の戦いに見入っていた。
「あなたの――大きな優しさに、わたしは応えたい――♪」
 ハイキックが死神の鎌を折る。その蹴りはそのまま空中で変化し、死神の肩へ打ち下ろされた。
 死神は形を留めることが出来ず、崩れて霧散して消えていった。
「脚しか使わへんのに、乃江と互角にやりおるからな。こんなヘボい敵やったら一発や」
「乃江さんと互角……ですか、蹴りだけで……」
「ジャイアンリサイタル並の破壊力や。正直うちは美咲と戦いとうない」
 その時美咲の耳がピクピクと動いた。
 そしてクルリと踵を返したかと思うと、つかつかと扉の前に歩み寄り、ドアノブを掴んで二人を見下ろした。
「だぁれの歌がぁ、ジャイアン……リサイタルですっ……てぇ」
「ギャー、見つかった!」
 バンと扉が開かれ、扉に身を預けていた二人は床に転がる。
 その後二人は廊下に正座させられ、上から見下ろす鬼――、もとい美咲にことの顛末を説明させられた。
「――かくかくしかじか。マリリンが方向音痴で――」
「言わないって約束――、いや、その――」
 美咲は額に血管を浮かべ、ピクピクと眉を震わせる。
 そして深い溜息を一つ吐き、ビッと文化棟を指差した。
「じゃあ、近道なんてしてないで、さっさと文化棟に回りなさい!」
 二人は正座をしたままビクリと体を震わせ、脱兎の如く走り出した。



 ――文化棟。文系の特別教室のある校舎だ。
 茶道作法室、音楽室、美術室などの教室があり、最上階はワンフロアをぶち抜いた図書室になっている。
 美咲に追い立てられた二人は近道を諦め、一旦一階まで下りて文化棟へ向かった。
「あのまますぼらして、近道を進んでいたらヤバかったで」
「――もし近道を選択してたら、どうなったんでしょう?」
「命令無視、独断専行で給料大幅カット、減俸されるやろな。美咲は隊長兼、経理担当やから……」
 二人は申し合わせたように、頬を押さえてムンクの叫びのような顔をした。
 法外な報酬を得る退魔士だが、その反面出費も馬鹿にならない。
 報酬の多寡は退魔士にとって、実力を発揮するための重要なファクターなのだ。
 一階の扉の前に立ち、宮之阪が扉の前に手を添えた。
物質透過(TRANSFERO)
 呪文に反応し、宮之阪の体はエーテル体に変化した。
 燐光を放つ腕が玄関の扉を通過し、扉の内側でキーシリンダーが音を立てた。
 すっと引き抜かれた腕は、徐々に光を失って受肉していく。
「ほぇぇ、便利やなぁ。ソレ」
「魔法学には、自分の肉体を捨て去って、魂を内側から見つめる秘法があります。物質透過はその応用です」
 宮之阪はそういってドアノブをそっと引き開けた。
「ミネルバ」
 宮之阪は校舎に入るなり、右手を高く上げて指先に念を込める。
 右手の指輪、ルビーの石が強く光を発する。その光は赤の光球となって、宮之阪の体にじゃれ付くように飛び回り始めた。
「メドゥーサ」
 左手の指輪、サファイヤの石が強く光を発する。その光は青の光球となり、赤の光球とは別の周回軌道を回り始める。
 宮之阪が即座に戦闘態勢に入った。その理由は他ならない、目の前に敵が待ち受けていたからだ。
 宮之阪に続いて校舎に入った山科が、懐に手を入れて身構える。
「気配消しとったんやな」
「――そのようです」
 廊下の端には瘴気の塊。赤のハゲワシ、青オオカミを引き連れた二つの顔を持つ錬金術師の姿がある。
 そして行く手を遮るように、無数の小人達が待ち構えている。
「Art――」
「技のカードやな」
 スッと横に並ぼうとした山科を、今度は宮之阪の手が制する。
 今度は私の番だ。そういわんばかりの笑みを浮かべる。
「そっか、見せて貰うで、相棒!」
 山科は一歩後ろに下がり、今入ってきた扉にもたれ掛かって腕を組む。
「私のは、由佳さんより荒っぽいですよ。ガードしてくださいね」
 そう山科に囁きかけ、宮之阪は地を蹴って飛翔した。
「イグニス!」
 詠唱と共に、彼女の体から炎が噴き出す。
 その炎は意志を持ったようにうねり、空気中の酸素を求めて爆発的に疾走した。
 ――ガードをしろ。そう宮之阪が告げた通り、炎は目の前の敵だけではなく、山科さえも飲み込もうとしていた。
 だが山科は顔色一つ変えず、腕を突き出して手のひらを握りしめる。
 その途端、炎は勢いを弱め、山科の目の前で力尽きた。
「炎は空気がないとアカン。こういった閉じた空間の炎は、空気を抜いたらええねん」
 そういって山科は手のひらから、たった今硬質化させたばかりの風弾を手放した。
 炎は宮之阪の体を中心に広がり、足下の小人達を瞬時に焼き尽くす。
 炎で浄化された小人を踏みつけ疾走する。ターゲットは不気味な錬金術師だ。
 その刹那、錬金術師に従えられた、ハゲワシとオオカミが大口を開けた。
 赤のハゲワシは炎を吐き、青のオオカミは冷気を吹き付けた。
 赤と青の波が宮之阪を襲う。だが彼女は慌てることもなく、指を重ね合わせパチンと弾いた。
 同時にミネルバとメドゥサの光が重ね合わさり、彼女の前に雲母状の盾を形成した。
「イージス。あらゆる邪悪・災厄を払う能力を持つ最強の盾」
 熱波と冷気がイージスの盾で弾かれる。
 その様子を見て、ハゲワシが羽ばたきをし、オオカミは喉を鳴らして威嚇した。
 炎と冷気の攻撃が止んだ瞬間、再び宮之阪は距離を詰める。
 だが不用意に近づきすぎた。
 廊下を蹴る靴音が変化を始める。宮之阪がそれに気が付いたときには、靴底が凍り付いた後だった。
 霜の降りた廊下、冷気で白く変色した靴。それが罠だと気が付き、足を止めた瞬間に宮之阪の両足は氷に包まれた。
 口元を吊り上げる錬金術師。オオカミはここぞとばかりに、動けなくなった宮之阪に冷気を吹き付けた。
「ちょっとだけピンチ……」
 宮之阪はそう呟くと、冷気を吹き付けているオオカミに左手を向けた。
「グラキエス」
 そう詠唱を終えると、敵の攻撃を凌駕する冷気が発生した。
 宮之阪が指先に力を込めると、体を包み込む霊気が力を増した。
 廊下から突き出た氷柱が、オオカミの立つ場所へ疾走する。そしてオオカミを氷柱の中に閉じ込めてしまった。
「本当の冷気というのは、こういう感じで撃つの」
 再び指をパチンと弾くと、氷がひび割れて崩れ、オオカミは形を失って霧散して消えた。
 今度はキッとハゲワシを睨み、力強く右手を前に翳した。
「イグニス」
 業炎が右手から発せられた。
 炎はハゲワシを包み込み、奇声を上げて羽をばたつかせる。
 炎の熱で足下の氷が溶けていく。
 宮之阪は床を強く踏みつけて、靴を覆っていた氷を砕いた。
 一歩、一歩と錬金術師に歩み寄る宮之阪。クスクスと笑いながら口元を手で押さえている。
「炎と氷……、どっちがお好み?」
 そう言うや否、返答を待たずに右手を突き出して炎を発した。
 浄化の炎に包まれる錬金術師。宮之阪はクルリと踵を返して山科の元へ歩み寄る。
「何秒でした?」
「残念、一分二十秒でした」
 その言葉を聞き、宮之阪は床に手を付いて突っ伏す。
「何気にうちと張り合うてたんか。かわいいやっちゃな」
「負けた……」
 脱力する宮之阪の背後を飛ぶグラビティ。
 スカートの裾をピラリと捲り、山科に親指を立ててサムズアップする。
 山科はその有様を見て見ぬふりをして、窓の外に見える実習棟を見上げた。



BACK   NEXT   TOP
ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.