BACK   NEXT   TOP


『045 魂喰い 03』

 アプリリアのキーボックスに鍵を差し込み、キックペダルを踏み込んでエンジンを掛ける。
 スガヤのチャンバーが軽やかな排気音を奏で、タコメーターの針がゆっくりと降りてくる。
 RVFよりスパルタンなシートポジションだ。ハンドル位置のせいか、かなりの前傾姿勢を強いられる。
 シールド越しに見える乃江さんの目は、少し心配げに俺を見つめている。
 だが右手のジッと見つめ、渋々とタンデムシートに腰を下ろした。
「行きますよ。ちゃんと掴まっていてくださいね」
 乃江さんは俺の指示に従い、腰に手を回して体を預けた。
 普段なら、素直な乃江さん萌え――とか、背中に慎ましやかな膨らみが――なんて考えてしまうだろう。
 だが今は緊急事態。それに人の愛車を預かるのだ、そんな妄想は後回しにしなくてはならない。
 アプリリアはクラッチミートと共に、ゆっくりと前に進もうとする。トルクの無さに涙が出てしまいそうになる。
 だがここで慌ててアクセルを捻れば、途端に暴れ馬に変わってしまう。扱いにくいバイクだ。
 廃病院から下りの山道に出て、前照灯をハイビームに切り替える。
 辺りは日も暮れて薄暗闇。街灯の灯りも無い山道は、二輪乗りにとって鬼門だった。
 だが急ぐ気持ちは抑えられず、右へ、左へと走り続ける。
 コーナー手前に差し掛かり、左つま先を踏み込んでシフトダウンする。
 軽いブレーキで進入速度を整え、コーナーにあわせて体を倒しこむ。
 パワーバンドを外さずアクセルを開き、タイヤをアスファルトに食わせて起き上がる。
 最終目的地に向かって走り続けた。



 もうすぐ学校に到着――、という所でバイクをスローダウンさせる。
 キルスイッチでエンジンを切り、惰性に任せてバイクを路肩に寄せた。
 アプリリアの排気音を鳴り響かせ、あえて敵に存在を知らせる必要はない。
 スタンドを立ててバイクを停車させ、ヘルメットを脱いで学校への道に目を凝らす。
 前方には三人の人影。見慣れたシルエットが歩み寄ってくる。
「よっ、カオル。元気やったか? 心配したでぇ〜」
 山科さんが微笑みながら手を振る。その後ろには美咲さんと宮之阪さんが顔を覗かせた。
 乃江さんはヘルメットをバイクに引っ掛け、面食らって硬直したままの俺に耳打ちをした。
「推測が外れたときの保険だ。別行動で捜索してもらっていたのだ。大勢で動き回ると目立つからな」
 そういって申し訳なさそうに頭を下げた。
「しかし、敵は――」
 敵とのルールを口にしようとした時、美咲さんがその言葉を遮った。
 美咲さんは眉を顰め、人差し指を口元へ運ぶ。
「判っています。しかし魂喰いは葵さんを盾に、カオるんを殺そうとするでしょう。そうなれば葵さんは用済みです」
 そうなると魂喰いは何らかの能力を手に入れる可能性がある。
 美咲さん達は是が非でもそれを阻止したい立場だし、宮之阪さんが加わった今なら、力押しが可能になる。――そういうことか。
「幻獣召喚は強かったでしょう? あんな能力を持った退魔士でも、人質を取られ、抵抗出来ぬまま殺されたのですよ」
 葵を目の前にして、殴られるしか出来なかったことを思い出す。
 幻獣召喚の能力者も、俺と同じように……。そう考えると心が痛む。
「安心してください。表立って行動するのはカオるんだけ。私達は闇に紛れ、校舎内に侵入します」
 そう言って美咲さんは優しく微笑んだ。
「カオるんは、正門から入って北の実習棟へ。私は高等部の南館。由佳は中等部の西館。マリリンは文化棟を――」
 美咲さんは顔つきを変え、隊長然とした口調で仲間に指示を出す。
「お嬢様、私は?」
 乃江さんは不満げな表情をして、美咲さんに食い下がった。
 戦力外と判断されたと思ったのか、悲しげな表情で美咲さんを見上げる。
「乃江は先回りして実習棟へ。カオるんに付かず離れず、敵に覚られないように守る役目。私達より難しい仕事ですよ」
 美咲さんは厳しい口調で乃江さんに言い聞かせる。
 だが真面目な表情もそこまで。ニヤリと笑い見つめ返した。
「抜け駆けして男の子と一緒に行動するなんて、真倉のおばさまになんて言ったら良いのやら……」
 美咲さんはいつもの口調に戻り、肘で乃江さん脇腹をウリウリと突っつく。
 乃江さんは全力で否定するも、顔を真っ赤に染めて言葉を失う。
 美咲さんと乃江さんって本当に仲が良いな。羨ましい関係だと思う。
「乃江。手の怪我、悪化しとるやん」
 山科さんは懐から治癒の護符を取り出し、乃江さんの手の上で念を込める。
 護符は光を放ち、細かく千切れて力を失う。
 手のひらにあった傷が、瞬時に口を閉じて癒えていく。山科さんはオマケと口にして、もう一枚護符を破いた。
 乃江さんは腕を軽く動かし、やはり痛みを感じるのか顔を歪めた。
 だが先程と比べものにならないくらい、腕の可動範囲が広がっている。山科さんの護符って、高価だけど凄い効き目だ。
「この護符は当社比二割増し、特別製やから一枚五万円ナリやで」
 この一言がなければいい人なのに……。
 だが俺もここ一発、頼れる武器が欲しい。
「山科さん。風弾を分けて貰っていいですか? もちろんツケで――」
 幻獣召喚の魔物が出現しても、風弾一発で清められる。八十神神社の神気は、かなり有効な武器だ。
「ほいよ。扱い方を間違うたら、自分が吹っ飛ぶからな」
 そう忠告を受け手渡された風弾は、今まで手にしてきたものより大きなものだった。
 小さな水晶玉に見える風弾に、いったいどれだけの神気が込められているのだろうか。考えるだけで空恐ろしい。
 手の中の爆弾をギュッと握りしめ、ポケットの中にそっと入れた。
 携帯を手に時刻を確認する。二十時少し前――、タイムリミットまで四時間しかない。
 俺は学校の校舎を見つめ、焦燥感に苛まれる。もしも見当違いだったら、次の手を打つ時間が無い。
「大丈夫です。葵さんならちゃんと学校にいらっしゃいますから」
 表情を見て考えを読み取ったのか、美咲さんはポンと胸を叩き、自信満々にそう言って安心させてくれた。
「カオるんのお母様に聞いてきましたもの」
 そう言って俺の胸に手を翳し、ドスの効いた声でボソリと呟く。
「――見ますか?」
 そう言って俺の胸に手を添えた。
 白く光る手は、胸の中から無数の赤い糸を引きずり出す。
 あまりの異様な光景。全員が固唾を呑んでその様子を見入った。
 美咲さんの特殊能力――赤い糸。恐らくこれは霊力で具現化された糸に違いない。
 人と人、人と物の(えにし)を感じる能力と聞いていたが……。
「うちにも繋がっとる。なんか照れ臭いわぁ」
 山科さんは自分に繋がる糸を見つけて、大喜びではしゃぎまわる。
 もちろん赤い糸は美咲さんや宮之阪さん、乃江さんにも繋がっている。
 そしてもう一本……赤い糸は学校の校舎へと伸びている。恐らくこれは葵への赤い糸だろう。
「失せもの探しは私の得意分野です。お母様にお会いしまして、えいやっと……。私に言ってくだされば、お役に立ちましたのに……」
 美咲さんは人差し指を向かい合わせして、ゴニョゴニョと不満を口にする。
 そこで俺は重要なキーワードを耳にし、ゾッと総毛が立った。
「お母様って……。うちの母に会ったのか? まさか葵が――ってバレちゃった?」
 うちの母親は剛胆に見えて、意外に心配性なところがある。
 葵の件が知れたら、警察沙汰になるのは見えていたし、それがために綿密な作戦を練っていたのだ。
「――前に言いませんでした? 記憶を封印する術があるって。カオるんが堤さんに使ったような」
 ああっ……、母はブレインウォッシュされてしまったか。
「私の家にお泊りしますので、ご心配なくと暗示を掛けておきました。カオるんも一緒だから安心ですよね」
 そんな理不尽な条件も刷り込めるのか。美咲さんってば怖い人だ。



 四人が闇夜に消え、俺は作戦スタートまで校門前で待機していた。
 正門には妖しげな護符が二枚貼り付けられている。人払いの護符だと聞いていたが、その効き目はかなり強力なものだ。
 なにせ当事者である俺が、ふと何もかも投げ出して帰りたくなるくらいだから、一般人なら学校に入ろうとさえ思わないだろう。
 二十時十五分、作戦スタート。
 意を決して、校門に手を掛けてよじ登る。
 校庭に砂を踏みしめる足音だけが響き渡る。そんな微かな音さえ気になるほど、不気味なまでに静まりかえっている。
「敵が待ち構えていると思ったが……」
 ポケットの中で、握りしめた風弾から手を離す。
 カナタは肩の上に座り、ジッと遠くを見て、クンクンと鼻を鳴らした。
「校舎の中に奇っ怪な妖気を感じるのう。風に乗ってここまで漂って来ておるわ」
 それは肌を刺す刺激で分かる。死を与える脅威、瘴気で出来た魔物が潜んでいる。
「ああ……、キツイのがいるなぁ。さっきの敵より強そうだ」
 ポケットの中で携帯が暴れる。先に侵入した美咲さん達からの連絡だ。

 from:山科
 警備システム解除完了。

 何でそんな事できるのだ。小一時間問い正してやりたい。
 ツッコミ担当の俺としては、遠隔でボケられると手が出せない。相手がいないもどかしさに、グッと携帯を握りしめた。
 そこで再び携帯がメールの着信を知らせる。

 from:山科
 カードを通したら解除できるんや。って、なあ、カオル聞いて〜。
 肝心のセキュリティカードやけど、カードリーダーに紐付けてぶら下げてあったわ。
 せっかく工具持ってきたのに、ホンマ萎えるわぁ。

 俺のツッコミオーラを感じたのだろうか、山科さんが絶妙の合いの手を入れてきた。
 さすがお笑いの英才教育を受けた関西人だ。メールを送るタイミングを外さない。
 しかし我が校のセキュリティって……、ザルだな、ホント。
 突っ伏してしまいそうなほど脱力したが、気を取り直して実習棟に向った。
「用務員さんや、当直の先生にも「人払い」が効いてるのか。――人の気配が全く無い」
 周りを見渡すものの、人の気配を感じられない。夜の学校ってのは、人の温かみを感じない。
 実習棟の正面玄関に辿り着く。入り口には鍵が掛かっておらず、手で押すだけで開いた。
「乃江さんか。先回りして開けてくれたようだ」
 もし施錠されていたら、窓ガラスを割ってでも侵入せねばと覚悟していただけに、乃江さんのフォローがありがたかった。
 建物の中は薄暗闇。常夜灯が頼りない光で、廊下を照らし出している。
「暗いな……。肝試しにピッタリの雰囲気だ」
 そう言って目を凝らす。
「うつけもの! 視力に頼るでない。気配を感じてこそ一人前の退魔士じゃろうが」
 カナタが耳元で語りかける。
「そうは言ってもな。感じないものは仕方ない」
 カナタは出来の悪い子供に諭す様に語りだす。
「暗闇は闇の帳が下りておるだけじゃ。その闇だけを見ておるから、その先の物が見えぬ。そこに必ずあると思って見よ」
 暗闇という障害物。物は必ず有る。――確かにな。見鬼の目と同じ感覚、不可視の世界を見る要領か。
 目を閉じて辺りの気配を肌で感じた。
 カナタの言うとおり、感覚を研ぎ澄ませば、闇の中でも目が利くようになった。
 その目が捉えたのは、魔物の姿ではなく人影だった。
 颯爽と敵地に潜入したのは良いが、最初の敵は行く手を阻むように廊下に立っていた。
 見覚えのあるシルエット。青の霊気が体を包み込んでいる。
「――乃江さん?」
 廊下の端に佇む姿。こちらをジッと見つめる目だけが、常夜灯に照らされ猫科の獣ののように光っている。
 無防備でいてスキが無い。廃病院で見た乃江さんの戦闘態勢だ。
 呼びかけに応じようとせず、俺を射抜くように見つめ返している。
「もしかして人形繰りの能力で操られているのか? ――葵と同じように」
 最悪の展開だった。
 心得の無い葵でさえ、操られた状態では人外の力を発揮した。
 片手で俺を持ち上げ、一発貰っただけで内臓破裂寸前に追い込まれたのだ。
 それが乃江さんだったらどうなる。
 乃江さんは無造作に一歩、一歩と、音を立てて歩み寄る。
 俺は守り刀を抜き去り、切っ先を前に向けて腰を落とした。
 その刹那、地を蹴る音が廊下に響く。同時に乃江さんが床を滑るように飛翔した。
 ――速い!
 風切る拳が、すぐ目の前に迫っている。
 圧倒的な死の予感が、俺を再び長考状態に導いてくれる。
 鼓膜が震えるのを忘れ、空気が粘度を高める。高粘質の空気に絡め取られたように、拳のスピードが落ちていく。
 拳が発する風きり音も、床を踏みつけた靴音も聞こえない。
 すでに拳は目の前まで迫っている。受け流しの技法で弾くことさえ出来ないタイミングだ。
 咄嗟に首を捻って拳を避ける。
 だが捻って避けた拳が変化し、指を大きく広げて後頭部を掴む。そしてもの凄い力で前に引き倒された。
 脚を踏ん張って堪えようとした時、足下から膝が伸び上がってくるのが見えた。
 咄嗟に膝に手を添えたものの、その膝蹴りはガードを突き破って下顎に到達した。
 ゴツンと頭の中で音がした。自分の体内で鳴った音だと思えない破砕音だった。
 咄嗟に腕を突っ張って衝撃を緩和したものの、背後に吹っ飛ばされて廊下を転げた。
 守り刀が手から離れ、廊下を滑りながら金属音を発する。
 床を掴んで身を起こす。霞んで揺れる視界の中、突進する乃江さんの姿を捉えた。
 右手を前に突き出し、左手は腰に置く。そして腰を落として身構えた。
 打ち込まれた拳に手のひらを触れさせ、螺旋の動きで弾き飛ばす。
 だが乃江さんの突進は止まらない。弾かれた手を変化させ、胸に向かって肘を突き出した。
 右足を後ろに踏み換え、左手を添えて肘打ちを反らす。
 乃江さんはクルリと反転し、背を向けて震脚を踏んだ。
 ――体当たり。反転した捻りの力が体に衝突する。
 四十キロそこらの女の子にぶつかった衝撃じゃない。重い岩を素手で受け止めたような、抗えない絶対的な重さを感じた。
 靴底をすり減らし、床を滑る。手で床を叩いて身を起こし、地を蹴って前に出る。
 軽い蹴りを脛に打ち込み、同時に手を前に突き出す。
 乃江さんは足を上げて蹴りの衝撃を緩和し、手のひらを添えて拳を外に弾き飛ばす。
 俺は脚を深く踏み込み、乃江さんが上げた足の踏み場を消す。密着して右、左と短打を打ち、三度目の打ち込みで袖を掴んだ。
 これで乃江さんを押さえられる。そう確信した瞬間に油断が生じた。
 乃江さんは体を捻り、掴んだ手をあらぬ方向へと曲げる。――逆間接だ、このままでは折られる。
 俺は反射的に袖から手を離し、乃江さんの体に蹴りを入れて距離を取った。
「――痛っ、手首の関節が壊されるところだった」
 伸びた筋を手で押さえ、拳を何度も握り、痺れた指に活を入れる。
 人形繰りを解除するためには、意識を失わせるか、霊気を流し込んで繰り糸を切るしかない。
 拳の射程距離ギリギリの位置へ、ジリジリと歩を進める。
 あと半歩進めば拳と受けの応酬になる。紙一重の均衡状態だった。
 腰に落とした拳に力を込め、一歩踏み込むと同時に、ガードを恐れず思い切って振り抜いた。
 乃江さんは微動だにせず、目を閉じてその拳を待ち構える。
「――っ!」
 乃江さんの鼻先で拳を止めた。
 よく考えれば最初から分かったはずだ。彼女から一片の殺気さえ感じないことに。
「乃江さん……、もういい」
 そう言って目の前に立つ、意思を持つ繰り人形を抱きしめた。
「戦う相手はお前の妹だ。私如きを殴れず、大切な妹に拳を向けられるのか?」
 言葉には俺の甘さを窘める厳しさがあった。優しさを隠した厳しい声で、俺に語りかける。
「もし戦えないのなら、ここでカオルを止めようと思っていた。束の間のこととはいえ、私が初めて教えた弟子だものな」
 無表情を装う少女の瞼がきつく閉じられ、押し出されるように涙が一筋溢れ出た。
 抱きしめると折れてしまいそうな細い体。こんな華奢な体で俺を守ろうとしてくれたのだ。
「死なない。必ず妹を助け出し――」
 そう言いかけて言い淀む。
 もし魂喰いを倒せたとしたら、俺はその後どうするのだろうか。
 非日常から抜け出して、以前のように日常を生きるのか。
 拳法を教わらなくてもいい。もう早起きする必要もないし、遅刻ギリギリの時間まで寝ていられる。
 危険とほど遠い世界で生きる。ずっと望んでいたことじゃないか。
 だけど――。
 俺はこの生活を楽しんでいる。
 死ぬほどキツイ修行を無茶振りする乃江さん。
 こっそり内緒で身を守る技を教えてくれる山科さん。
 迷ったときには美咲さんが道を諭し、ついでに蹴り飛ばしてくれる。
 己が身に降り掛かった不幸を呪うだけはなく、抗いながら生きる道を与えてくれた。
 そんな仲間を持てた喜びは、なにものにも代え難いと思っている。
「――俺は」
 そして事件が解決しても、この生活をやめようとは思わない。
「――妹を取り戻して、生き延びる。そして……、みんなと同じ道を歩きたいと思っている」
 これから起こるであろう困難。
 それを乗り切る強い心を、乃江さんから貰ったような気がした。



BACK   NEXT   TOP
ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.