BACK   NEXT   TOP


『044 魂喰い 02』

 割れ窓から夕日が差し、薄暗い闇を照らしている。
 その微かな灯りを頼りに、一階付近の状況を把握する。
 壁材が腐って剥がれ、壁や床はコンクリートが剥き出しになっている。
 コンクリートで良かった。これが木造建築ならば、足の踏み場を探りながら進まなくてはならなかった。
 二匹のケルベロスが霧散したことにより、一階付近の瘴気が薄れ、気配を感じ取りやすくなった。
「カオル、不注意に前へ行くんじゃない」
 乃江さんが低く鋭い声を上げ、俺の腕を掴んで勇み足を窘めた。
 俺はピタリと足を止め、振り返って乃江さんと向き合う。
 いつもと変わらぬポーカーフェイス。怪我のことなどおくびにも出さない。
 いつもなら軽く流せる頑なな態度だが、今日ばかりは見過ごすわけにはいかない。
 試すようなことはしたくないが、これも仕方ないと踏ん切りをつけた。
「乃江さん、ごめん」
 ペコリと頭を下げ、二の腕を掴んで軽く力を込めた。
「――っ!」
 乃江さんは苦悶の表情を浮かべ、反射的に俺の手を振り解く。
 そしてハッと目を見開くと、しまったとばかりに舌打ちし、腕を庇いながら睨みつけた。
 ほんの少し力を入れただけなのに、平静を保つことさえ出来ない状況。やはり腕の怪我は深刻だった。
 俺は乃江さんの手をそっと掴み、出来る限り優しく袖を捲り上げた。
 テーピングを巻いて可動部を制限し、右腕を動かせないように縛っている。
 白い肌の上に赤黒い内出血が点在し、触れなくても熱を持っているのが分かる。
 とりわけ屈筋の状況は酷く、健常な部分を探すのが難しい。
 そういえばいつもシャワーを浴びた後、体が乾くまで半袖のシャツを着て動き回る。
 だが今日に限っては、濡れ髪もまだ乾いていないのに、長袖のシャツを着ていた。
 心配を掛けないよう気を使ったのだろうが、そんな気使いは戦いの場で命取りになる。
「――痛いですか?」
 そう問い掛けると、乃江さんはしばしの間黙考し、諦めたようにコクリと頭を下げた。
 握られただけで激痛を感じるくらいなら、バイクの運転なんて出来たものじゃない。
 ここに来るまでの間も、かなり無理をしていたに違いない。
「こんな状況でも俺より強いって分かってますけど……。もうちょっと信頼してくれてもいいと思う」
「……そんなつもりじゃなかった。気を悪くしたか?」
 俺は乃江さんの右側に立ち、再び前を向き直って歩き出す。
「力不足かも知れませんが、せめて右側は守らせてください」
「…………」
「分かりましたか! 返事がないですよ!」
「うむ……、分かったから怒鳴るな」
 渋々だが乃江さんを頷かせた。
 辺りの気配を感じ、ゆっくりと二階を見上げる。
 頭上から感じる重苦しい倦怠感。どうやら敵は階上で待ち構えているようだ。
 指で上の階を指し示すと、乃江さんはコクリと頷いた。
 階段の前に立ち、上を見上げる。
 瘴気が霜のように降り注いでくる。常人なら卒倒するほどの瘴気だ。胃液が食道まで込み上げてくる。
 一歩、一歩と慎重に階段を上がる。
 吐き気をもよおすような瘴気だけじゃない、ここまで来ると明確に感じる。
 俺は過去にこの感覚を味わっている。
 死神と対峙し、大鎌を振り上げられた時、薄皮一枚ほど近くに死を感じた。――圧倒的な脅威。
「ビンゴのようだな」
 前方には四足の動物を従えた二輪車に乗る剣士。濃密な質感を感じさせる瘴気の塊だ。
 波打つ剣を肩に掛け、ジッと佇んだままこちらを威圧している
「戦車……」
 乃江さんがボソリとつぶやく。
「幻獣召喚の能力は、トートタロットの絵柄を具現化して戦わせる」
 正面の敵を目で追いながら、乃江さんはボソリと呟いた。
 タロット、大アルカナの絵柄は二十一種類。能力が続く限り、具現化出来るとしたら厄介だ。
 幻獣を戦況に応じて具現化し、戦略を組み立てるタイプか。
 こういう持久戦はこちらが不利だ。一発で仕留めないと次が来る。
 守り刀の柄に手を掛けようとしたその時、背後にゾッとするような強い瘴気を感じた。
 反射的に振り返る。
 瘴気が一箇所に集まり、巨大なライオンを従えた女神に形を成していく。
 乃江さんと背中合わせになる。挟撃を受け逃げ道を失った形だ。
「右手は大丈夫だ。目の前の敵に集中しろ」
「うっす!」
「一発で仕留める。カオルは下手に踏み込まず、後ろの敵に睨みを効かしていろ」
 乃江さんはそう言い残し、敵の懐へと踏み込んだ。
 戦車に繋がれた四足の獣は、大口を上げて乃江さんを噛み砕こうと待ち構える。
 踏み込んだ脚を急停止。トンと足を踏み、敵に背を向けて体を捻る。
 ねじれたバネが弾けるように、クルリと体を捻って回し蹴りを放った。
 風切る音が聞こえるほどの鋭い蹴り。踵が四足の獣の顎を捉え、その巨体を壁に吹き飛ばした。
 だが優勢と劣勢は背中合わせ。
 控えていた剣士が身を乗り出し、波打つ剣を振り下ろして乃江さんを両断しようとする。
 乃江さんは左手の手のひらを剣に添え、振り下ろされる軌道をほんの少し変えて、右足を後ろへ踏み換えて身を捩った。
 床のコンクリートを砕く切っ先は、乃江さんの足下で跳ね上がる。
 返す刀で斬り上がる剣先。乃江さんは咄嗟にバックステップするが、太刀筋は思ったよりも鋭い。
 ――逃げ切れない。
 そう思った瞬間、上体を仰け反らし、寸でのところで切っ先をやり過ごす。
 敵の力量が劣っていても、素手と剣では油断できない。
 それに乃江さんは左手一本で戦っている。加勢しなければ――。
 一瞬、瞬き一回分だが、乃江さんの戦いに気を取られた。それは戦いの場では致命的な隙となった。
 視界の端に躍動する瘴気の塊が見えた。巨大なライオンと女神。「Lust」のアルカナ。
 ネコ科独特のしなやかな体躯は、音もなく俺のすぐ側まで忍び寄っていた。
 顔より大きな前脚、鋭い爪が振り下ろされる。
「――っ!」
 手を添えて待ち構えていたはずの守り刀だが、抜刀して斬る間に二度死ねる。
 そう咄嗟に判断し、床を蹴って前に踏み込む。
 ライオンの懐に入り込み、爪の一撃を紙一重で避ける。
 だが油断するのはまだ早い。
 目の前には巨大なライオンの顔。俺を噛み砕こうと大口を開いている。
 それに回避した爪は動きを変え、俺の体を切り裂こうと動きを変えたに違いない。
 歩法を変化させ、ライオンに背を向ける。そして膝が腹に食い込むほど身を屈め、同時に守り刀を抜刀した。
「ちゃっきーん」
 予想通り目の前にはライオンの爪が迫っていた。
 守り刀で前脚を受け止める。斬ることは叶わないが、十分な手応えを感じた。
 押し返される勢いを利用して、後ろ足でライオンの腹に蹴りを入れ、同時に霊気を集中させて中和を促進させる。
 敵に近づき離れないってのが、教わった太極拳の極意だ。
 そして太極拳は攻撃を受け流すだけではない。敵の体勢を崩して攻撃を無力化し、力をそのまま返して相手を倒すのだ。
 今、俺の蹴りにはライオンの攻撃が上乗せされている。自分の腹を目一杯殴りつけているようなものだ。
「カナタ。食っちまえ」
「いひゃれんでも、くっておりゅわ」
 カナタは前脚にかじり付いて、目の前の脅威を霧散させる。
 その刹那、フッと後ろ足から力が抜ける。肩越しに背後を見やると、ライオンは一足飛びに距離を取っていた。
 咄嗟に体が動いて難を逃れたが、膝が笑って立ち上がることさえ出来ない。
 手を付いて這い回り、向き直って守り刀を構える。敵に向けた守り刀が、みっともないまでに震えている。
 ――落ち着かないと。
 ここで俺があっさりやられたら、乃江さんは挟み撃ちにあう。左手一本で二匹の魔物、今の乃江さんだとヤバイ。
「ふぅ〜」
 この期におよんで深呼吸する余裕があるとは思わなかった。
 覚悟を決めたのか、あきらめの境地に達したか、構える守り刀の震えが止まった。
 だが敵はそれ以上の猶予を与えてくれなかった。
 ライオンはドンと一足飛びで踏み込み、目の前へ瞬時に移動してきた。
 犬のように噛み付いて攻撃してくるのかと、口にばかり気を取られ過ぎた。
 ライオンが上半身を立ち上げ、再び右斜め上からの爪を振り下ろす。
 死の恐怖が背中を押し、感覚が加速していく。
 一瞬だがライオンの前脚がハッキリと見えた。
 ――長考。臨死の視覚加速だ。
 ゆっくりスケッチ出来るほど、ライオンの前脚がハッキリ見える。このまま守り刀を添えるだけで、前脚を斬り落とせる。
 だが本能が警鐘を鳴らした。それでは不十分だと肌で感じた。
 反射的にバックステップを踏む。前脚の攻撃を回避し、ライオンから距離を取った。
 右の攻撃が空を切り、ほぼ同時に左からの爪が振り下ろされた。
 時間差攻撃か、待ち構えていたら吹き飛ばされていた。
「うむ、懸命な判断じゃったの。斬り落とす前に首を折られておったじゃろう」
「奴が大きな猫だってのを忘れてた」
 目の前に立ち塞がる難敵。あえてライオンを猫に見立て、虚勢を張った。
「敵をよく見るんじゃな。さすれば道は開かれん」
 敵を見る。ライオンの動きに眼を取られてしまうが、横に寄り添って立っているだけの女神。……あれは何だ?
 攻撃を繰り出すでもなく、かといって指示を出しているわけでもない。ただ横に寄り添うように立っている。
 それがかえって不気味さを醸し出している。
 ――試すか。
「後の先じゃ。それを忘れるでない!」
 先手を仕掛けて様子を見ようとしたが、カナタの一言で踏みとどまる。
「後の先?」
 敵から視線を反らさず、呟くように訪ねる。
 カナタは守り刀にしがみついたまま、振り返りもせず答えた。
「敵の動きを読んで、受け流して攻撃を仕掛ける。カオルが習っておった武術は、そういう類のものじゃろ?」
 カナタの言う通りだ。先手を仕掛けては、修行で培った技を捨てるようなものだ。
 前に構えた手をゆっくりと下ろす。そして凝り固まった肩を、首を鳴らしてほぐした。
 無防備で立ち、ライオンを見据える。
 先ほどの見た乃江さんの動き。それを模倣してみよう。
 乃江さんは隙を見せて、そこに敵を誘導して待ち構えた。
 一歩、二歩と無防備に歩き、敵の射程ギリギリのところで足を止める。
 筋肉を固めれば力を振り絞れるが、凝り固まった筋肉では素早く動けない。
 力を捨て、スピード重視。あらゆる動きに対応出来るように構えを捨てたのだ。
 防御の構えは反撃を遅くする。逆に攻撃の構えは守りを遅くする。今はニュートラルの状態だ。
「カナタ、頼んだぞ」
「頼まれんでも食ってやるわい。唾液が大量分泌して仕方がないわ」
 射程内につま先を忍び込ませる。すかさずライオンは前脚を振り、俺を横薙ぎにしようとした。
 前脚が鼻先を掠める。
 その脚を見送り、守り刀を突き出す。
 切っ先はライオンの左肩に食い込む。そしてほんの少し力を込めただけで、突進してくる相手の力を利用して斬れた。
 カナタが手を離れ、大口を開けて吸収を始める。
「いっただきま〜す」
 だが体全体を消すほど吸収出来ない。ダメージが不足しているのか、即座に霧散させることが出来ない。
 手負いのライオンは残った脚で地面を蹴ると、その大きな口を開いて首筋を狙ってきた。
 踏み込んで震脚、勢いをそのままに肘を打ち込む。霊気を込めた肘打ちは、瘴気を分解してライオンを仰け反らせる。
 再び守り刀を振るい、左手を添えて深く突き刺した。
 そして肩から背中へ、刃を滑らしながらライオンの横を駆け抜けた。
「大量吸収~!」
 カナタの吸収が加速し、ライオンを霧散させる。
 俺は切っ先をさらに走らせ、目の前の女神に突き刺して手首を捻りこむ。
 背後でライオンの気配が消え、目の前の女神も霧散する。
「――くっ!」
 体から力が抜けていく。守り刀を使いすぎて、霊気が弱まっているのだ。
 薄れていく力を振り絞り、守り刀を鞘に戻した。
 振り返って乃江さんを助勢しようとしたが、彼女の背中を見て足を止める。
 戦いは一触即発の均衡状態。下手に踏み込めば機を逸してしまう。そんな雰囲気を感じさせた。
 乃江さんは戦車と向かい合い、振り回される剣を左手一本で受け流している。
 霊気で肉体を強化しているとはいえ、敵の剣は本物と変わらない切れ味だ。
 受け流した手のひらからは血が噴き出し、飛び散る滴は床を赤く染めている。
 それでも乃江さんはジリジリと前に踏み込み、敵の間合いを突き崩し、自分の間合いに持ち込もうとしている。
 焦っている――。
 だがそうではないことを、体を纏う霊気が教えてくれた。
 身に纏う霊気が弱い。通常の人と変わらないほどの微弱な霊力しか発していない。
 昨夜の戦闘、怪我の自己治癒、そして俺の治療に霊気を使い、彼女の霊気は限りなく弱まっている。
 長引く戦闘は不利と判断したのだろう。霊力が尽きる前に仕留める、そういった覚悟を感じさせる戦い方だった。
 トンとつま先を伸ばして飛び、一気に間合いを縮める。足下にひれ伏した四つ足の獣を踏み付け、反動を利用して飛ぶ。
 戦車はダマスカス剣を脇に引き戻し、槍のように突き出した。
 剣先は寸分の狂いもなく、乃江さんの胸元を捉えている。飛翔した乃江さんに回避は出来ない。
 だが乃江さんは迷いもなく、右の拳を引き絞る。
 体に纏う霊気を右手に集中、その拳を躊躇いなく前に突き出した。
 拳以外の霊気は常人以下だ。一発で仕留めないと乃江さんがやられる。
 俺は膝に拳を叩き込み、活を入れて無理矢理動かした。
 剣先と拳を交差する。一瞬の均衡状態。
 だが乃江さんは体全体を捻じり、その螺旋の力を拳に伝えていく。
 光と闇が混ざり合い、中和されて紫電の火花が散る。
 戦車は剣先から溶けるように霧散していく。
 乃江さんは膝から地面に着地し、そのまま力尽きて前のめりに倒れ込んだ。
 俺は乃江さんを抱え上げ、霧散して消えた瘴気が薄まるのを見つめた。
「乃江さん、大丈夫ですか?」
「カオルに心配されるとは……、ショックだ」
 そう言って力なく苦笑する。
 瘴気の濃度が暗示しているように、この場所にもう敵はいない。
 残念ながら人の気配も感じられない。霊気の強い葵ならば、気配より先に霊気を感じるはず。
「ここも、ハズレですね」
 そう言って辺りを見回し、無人の二階から一階へ。
「あらかじめそれらしい場所をピックアップしておき、駒を配置して時間を稼ごうとした。そんなところだろう」
 乃江さんはそれ以上何も言わず、何か考えているのか表情を硬くした。
 建物を出てバイクを停めた場所まで辿り着くと、膝から力が抜けてアスファルトに突っ伏した。
 薄暗い空を見上げ呼吸を整える。頬を撫でる冷たい風が心地良い。
 同じように空を見上げていた乃江さんが、クスクスと笑い額をピシャリと叩く。
「もういいかい? まーだだよだったな。かくれんぼって……」
 乃江さんはそう言った後、堰を切ったように笑い出した。
 あまりに唐突な行動、壊れたのかとギョっとさせられた。
「ふふふ……、馬鹿だな」
 大声で笑い出す乃江さん。
 本格的に心配になり、起き上がって乃江さんの顔を覗き見る。
「いや、大丈夫だ。あまりに迂闊だったので、失笑してしまったのだ」
 そう言って乃江さんは身を起こした。
「もう一箇所チェックすべき場所があった」
 そういうと左手を握りしめ、力一杯地面を叩く。
「かくれんぼにはな、目を閉じているうちに隠れるというルールがあるんだよ」
「もういいかい、まだだよと呼び合い、隠れるルールだったっけ」
「制服の中学生が、授業のある時間帯にいても違和感のない場所――」
 俺は遅ればせながらその答えに行き着いた。
 俺と乃江さんは口を揃え、その答えを口にする。
「――学校だ」



BACK   NEXT   TOP
ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.