BACK   NEXT   TOP


『043 魂喰い 01』

 俺と乃江さんは別行動を取り、事態の収拾を図るべく動き出していた。
 まず妹の担任へ、妹は気分が悪くなったので家に帰したと連絡する。
 引き続き自分の担任へ、病院に付き添うので早退すると伝えた。
「いえ、決して学校の管理能力がなんて……。本人が無理して気分が悪くなっただけです」
 チクリと脅し文句と付け加えておく。
 これは乃江さんからの助言に基づいた行動だった。
 連絡を入れずに行動すれば、不審に思った学校側から家に連絡が入るだろう。そうなれば事態は露見して、騒ぎが大きくなる。
 母が不審に思い警察に連絡すれば、魂喰いは約束を反故したと判断するかも知れない。
 だがこうして連絡しておけば、少なくとも夕頃までは時間が稼げる。
 親が心配するであろう時刻になれば、俺から連絡を入れて第二の延命措置を施す。
 葵は友達の家に勉強をしに行った、携帯が不調なので伝言を頼まれたと伝える。
 連絡先は乃江さんの電話番号を知らせ、万が一親が確認しても口裏を合わせる作戦だ。
「さすが美咲さんの懐刀だ。頭の回転が早いし、機転が効く」
 学校の正門を一歩出た所で、守り刀を腰に差し直す。
 漆塗りの鞘を腰の後ろへ、抜きやすい角度を考えて調整する。そして上着の裾で見えない事を確認した。
「戦を前にした若武者の様じゃな。緊張と怒りで体が堅くなっておるぞ」
 カナタが頭の上から話しかけて来た。
「この状況で怒れないなら、人間辞めたほうがいいかもな」
 早足で駅への帰路を足早に駆ける。
「いやいや、怒りではなく闘志を持って戦うのじゃ。さすれば自然と体が動くぞ」
 そう言ってアドバイスをしてくれる。
 だが葵が敵の手に落ち、今こうしている間にも、何をされているか分からない。
 そう考えただけで怒りが満ち、頭に血が上って目の前が真っ赤に染まる。
「怒りを持って戦えば視野を狭め、冷静な判断を失わせるのじゃ」
「冷静になれってことだな。――無理だ」
 カナタは呆れたように溜息を吐き、俺の髪の毛を掻き毟った。
 猛る気持ちを抑えてくれようとしているのだろう。それは以心伝心、不思議と気持ちが伝わってくる。
「いまのそなたは、怒りのあまり霊力を制御出来ておらぬ。人と変わらぬほど弱いかと思えば、天井知らずに強く感じもする」
「ああ……。頭の中がぐちゃぐちゃで、どうしようもなく急き立てられている」
 俺は足を止め、スッと大きく息を吸い込む。
 腹の中に溜まる不安感、自然と大きく早くなっていく鼓動を抑えて。
「そうじゃ、その調子じゃ。怒りや不安は心に留め、戦おうとする気持ちだけを前面に押し出すのじゃ」
 カナタは肩に飛び降りると、俺の頬をそっと撫でた。
 小さな女の子に気を使われて、気恥ずかしい気分で一杯になる。だが不思議と心が落ち着いて、その感触に身を任せてしまう。
「己が能力に限界を感じず、何でも出来ると自信を持てば……、我が力を貸す限り、そなたは敵なしじゃ」
 カナタはそう言って俺に勇気をくれた。
 俺は意を決し、乃江さんのマンションへと走り出した。



 いつものマンションの七階、乃江さんの部屋に到着する。
 呼び鈴を押すと、一息置いて乃江さんがドアから顔を覗かせた。
「予想より早かったな。まあいい。入れ」
 そう言って招き入れてくれる。
 直前までシャワーを浴びていたのか、風呂上りのいい匂いがする。
 だぶついた長袖のTシャツを着て、そこから細い脚がすらりと伸びている。
 眼を凝らしてみると、白のシャツからピンクの下着が透けて見える。
「最低限は着用しているようだな……」
 ちょっとホッとした。
 ――――ってぇ。イカン、イカンですよ!
 乃江さんって人は、こういう一般的な常識が欠如している。
 修行の時、俺の体に胸が当たっても気にしないし、手取り足取り教わる時には、近すぎるほど密着する。
 その度に照れ臭い思いをするのだが、彼女はなんら気にした様子はない。
 修行後にシャワーを借りる時もそうだ。下着は脱衣籠に入ったままになっているし、タオルを巻いたまま脱衣場を出て来ることもある。
 俺の胆力を試しているのかと思ったが、どうやらそういった概念が薄いだけのようである。
「ちょっと、乃江さん! 風呂上りだっての知らなくて……」
 慌てて回れ右して後ろを向く。
 乃江さんは俺の様子を見て、ふと自分の姿を思い当たったのか、さもどうでもいいといった口調で言い放つ。
「ああ、気にするな。まあ上がれ」
 あっけらかんとした態度で、スリッパを用意する。
 気にするなって言われても、絶対無理っすから……。
「まあ座ってくれ、ちょっと作戦会議を開こう」
 彼女はいつものガラステーブルに案内し、椅子に座って向かいを指差す。
 俺は向かいに座り、ガラス越しに見えてしまうパンツを見つめる。
 見てはいけないと分かりつつ、つい視線が釘付けになってしまう。
 ワザとじゃないよな? このままパンツを見ていたら、きっと殺されるんだよな。そういう死亡フラグなんだよなきっと。
 乃江さんは無言で俺の顔を睨み、手刀を頭に叩き込んだ。
「カオル。パンツパンツとブツブツうるさい」
「あう、ちょっと常軌を逸してしまいました」
 乃江さんはジト目で睨み溜息を吐く。だがさして気にした様子もなく、テーブルの上に大きな住宅地図を広げた。
 不動産屋とかコンビニが持っていそうな、家一軒一軒まで記載されている詳細な地図。
 これで探すというのか……。この近郊だけでも何ページあるか分からないってのに……。
 ふと、地図の表紙に何か書かれていることに気が付く。
「――駅前派出所」
 極太の油性ペンで大きく書かれている。
「警ら中で誰も居なかったのでな。必要だし、借りてきた」
 乃江さんは舌をぺろりと出して苦笑する。
 俺は軽い目眩が襲ってきたが、その笑顔を見て何も言えなくなってしまった。
「まず、私の考えを聞いてもらいたい」
 そう言うと乃江さんは、ズイっと身を乗り出して目を見つめる。
「彼はカオルを直接殺したい。でないと『魂が食えない』から」
「奴は俺に何か能力があるって言っていました。人を使いちょっかい出してきたのは、無理矢理その能力を引き出そうとしたのだと思います」
「それと、私達の追跡を遊びに喩え、「鬼ごっこ」と言い、今回は「かくれんぼ」と言ってる」
 なるほど……。俺の能力を喰うってことは、簡単に見つかりにくく、邪魔の入らない場所へ誘導したいと思っている。そういうことか。
 だがかくれんぼの意味がよく分からない。どういう意味なのだろうか。
「かくれんぼって、どういう意味だと思います?」
 乃江さんは肯きながら、その疑問に答えれくれた。
「鬼ごっこは、隠れなくてもなくてもいい。鬼に触られなければ発見されてもいい。でも、かくれんぼというのは、隠れる場所を選ぶ遊びなのだと思う」
「隠れる場所に意味があるってことですか」
「そうだな。予想しえない場所を選ぶことで、見つかった時に驚きを与えるだろう?」
「逆にいえば見つかる楽しみがあるってことか……」
 子供の頃を思い出すにつれ、かくれんぼの姿が明確なる。
 鬼の裏をかいて隠れ、見つかるまでのスリルを感じる遊び。逆にいつまでも見つからないと、途端につまらなくなった。意外と複雑な心理状況だ。
 乃江さんはコクリと肯き、その推論が正しいと示唆した。
 足跡を追われるような失策はしない。その上意外性のある場所。
 とすると昼に中学生がうろうろして目立たぬルート、目につかない場所へと移動したはずだ。
 俺も校門を抜けここまで来る間に、帰宅路の住人達に訝しげな目で見られた。
『学校をサボっているのか、まったく最近の若い者は……』みたいな視線だ。
「俺に見つかるかどうかのギリギリのラインなら、そんなに広範囲じゃないですね」 「その中で中学生の姿のまま潜伏出来る場所は意外と少ない。特定するのはそう難しい作業ではない」
 そう言うと乃江さんは、おもむろに地図を広げ始めた。
 そして目に止まらぬ速度で、手に持った赤ペンを走らせる。
 まるでコンピュータ制御のペンプロッター。絶え間なく動く目、手は地図を一枚一枚捲りながら、正確に、そして高速に印をつけていく。
 時間にして五分ほど。あっという間に場所の特定が完了した。
「乃江さんと一緒で本当に心強い」
 近接戦闘のスペシャリストであり、冷静沈着な判断力を持つ。敵に回したらこんなに厄介な人はいないだろう。



 アプリリア RS250SP。
 スズキのRGVガンマに搭載されていたV型エンジンを供給され、イタリアのバイクメーカーであるアプリリア社が独自の味付けをしたバイク。
 ノーマルのカタログスペックは七十馬力、SPチューンされた『アタリ』は八十馬力を超える性能を発揮する。
 俺のRVFが400CCで五十馬力ほどだから、こいつがいかに凶悪か分かるだろう。
 SPモデルを含む初期型は、後期型の改良されたマイルド・扱いやすさなど一切の妥協をゆるさない仕様。
 五千回転以下ではトルクが無く走らない。渋滞だとプラグがカブリ失火してしまう。
 だが、パワーバンドである7千回転以上だとミサイルのような加速を見せるジギルとハイド。
 軽いキックでエンジンが始動する。
 アイドリング音を聞けば一目瞭然、かなり手入れが行き届いている。
「相変わらず凄い排気音っすね」
 綺麗なレーサレプリカを見て感心する。
 タイヤの端まで使い切っているってことは、限界近くまでバイクを倒せるってこと。かなり乗り込んでいると見た。
 乃江さんがヘルメットを一つ手渡してくれる。
「私の予備だ。カオルだったら入るだろう?」
 俺はヘルメットを着用しつつ、乃江さんを見つめ直した。
 白いTシャツの上に、上から革のライダージャケットを着込んでいる。
 洗いざらしのクラッシュジーンズ、ショートのブーツを履いている。
 さっき地図で確認したチェックポイントは、徒歩では回りきれないほど広範囲だった。
 俺もバイクを用意して二手に分かれたいが、バイクを取りに行って母親に怪しまれるのは避けたかった。
 バイクの後ろに乗せて貰い、二人でチェックポイントを回る事になったのだ。
「顔が小さくて良かった。ちょっときついかも知れないけど、我慢してくれ」
 乃江さんの残り香りが鼻をくすぐる。
 女の子の匂いっていうのは男の匂いと違う。とても良い匂いだ。
「乃江さん、免許取ったのっていつですか?」
 乃江さん、ふと考え込む。
「私の誕生日でキッチリ検定受けたから、四月の初めの頃か。――断っておくが去年のだぞ?」
 意図する意味が途中で判ったのか、去年である事を付け足した。
 一般道の二人乗りは、免許取得後一年経過しないと法に触れる。
「準備は出来た。行こうか」
 アプリリアのアイドリングは安定し、幾分穏やかな排気音にトーンダウンしている。
 乃江さんは無骨なバイクにまたがり、後ろに乗るように動作で促す。
 タンデムシートに跨がると、遠慮がちに乃江さんの上着を掴む。
「………」
 乃江さんはバイザーを上げて振り返る。
「カオルのバイクとは性質が違うから、油断していると死ぬ事になるぞ」
 不吉な事を言い放った。
 遠慮がちに細い腰へと腕を回す。
 乃江さんは掴んだ感触に納得したのか、地を蹴りアプリリアを駐車場から出す。
 交通量の多い街中はいたって安全運転。
 少し気が緩んでしまいそうになる。だが郊外に出るバイパスに入った所で、死ぬと言われた意味を理解した。
 スガヤのチャンバーが奏でる排気音が、突如として半音跳ね上がった。
 たるい加速を見せていたアプリリアが、別人格に切り替わって荒れ狂う。
 パワーバンドに入った瞬間、前輪がフワリと浮き上がった。
「おわっ!」
 だが乃江さんは慌てず騒がず、力ずくでアプリリアを押さえ込む。
 ちゃんと腰に手を回していなかったら、今ので吹っ飛ばされていただろう。
 俺のRVFは高回転型で扱いにくいが、アプリリアはそれと別の難しさがある。まるで別の乗り物のようだ。
 RS250は第一の候補地へ加速を続ける。
 
 
 
 一箇所、二箇所とチェックポイントが候補から外れ、焦る気持ちだけが高まってくる。
 乃江さんも表情を変えずにいるが、やはり心の中では焦りがあるようだ。
 焦りを募らせるだけのツーリングは、最後のチェックポイントに向う。
 学校の北にそびえる山の中腹にある寂れた廃病院。学校から徒歩で辿り着ける距離だ
 静養所を兼ねた病院施設だったらしいが、経営元が破綻したとかで廃屋となっている。
 ポツンと薄気味悪く白い建物が見え、ちまたでは幽霊病院と呼ばれている。
 山道のワインディングロード、乃江さんは加速、減速、体重移動と繰り返しキビキビと走る。
 最初は後ろに乗るお荷物だったが、次第に体重移動にあわせて動けるようになった。
 駐車場の鎖を蹴り飛ばし、乃江さんはバイクを乗り入れる。
 薄気味悪い雰囲気だけではない、ここまで瘴気が漏れているのが肌で感じられる。
「アタリかな。瘴気がここまで来てる」
 体が重くなりそうな、肩が凝りそうな濃い瘴気だ。これはただ事ではない。
 腰に挿していた守り刀の位置を確認する。
 バイクを停車してヘルメットを脱ぐ。そしてゆっくりと建物を一周した。
 外から見た建物の様子は酷いものだった。
 ほとんどの窓ガラスは割れ、ベニヤ板で目張りがなされている。
 玄関はチェーンと南京錠で封鎖してあったが、ほとんど意味の無い状態だった。
 錆びたチェーンを引っ張ると、音を立てて地面に落ちた。
「鍵の意味ないっすね。というか……、鍵がかかっていない」
 鍵が掛かっているように見せかけてある。恐らく誰かが侵入して、ワイヤーカッターで切ったようだ。
 俺は手に付いた錆を掃い、ゆっくりと扉を開く。
 病院内に一歩踏み込むと、そこは壁材や床材が外され、内装のほとんどが腐り落ちていた。
 病院って面影はほとんどない。コンクリートと鉄筋の塊になっている。
 黒い霧のように見える瘴気の中、剥き出しの敵意を感じる。俺は守り刀に手を添え、乃江さんは拳を固めた。
 ゆらりと瘴気が揺れた。
 前方には見覚えのある黒い犬。今まさに飛び掛からんと身を屈め、喉を鳴らして威嚇している。
 月のカードで召喚されたケルベロス。それも一匹だけではなく、もう一匹奥に潜んでいる。
「ちゃっき~ん」
 守り刀を抜刀すると、待ってましたとばかりにカナタが叫んだ。
 緊張感もあったもんじゃない。雰囲気ぶち壊しだ。
 ケルベロスは地を這うように駆けだし、俺は腰を落として切っ先を向けた。
 乃江さんはスッと一歩前に出て、構えもせず敵を見据える。
「の、乃江さん!」
 敵が見えていないのかと思うくらい無防備だ。全く構えもしない。
 乃江さんは前方から飛び掛る犬に対し、窓の曇りを手の甲で払うように手を動かした。
 その手はゆっくりと、ここしかないタイミングで犬の顎に触れる。受け流しの技法、化勁だ。
 飛び掛る力をいなされ、黒犬は突進力を失い横腹を晒す。
 乃江さんはもう一方の手を突き出し、トンと軽く腹に掌底を打ち込む。
 ケルベロスはギャンと一鳴きし、身を捩って壁に激突した。
 狂ったように身を起こし、再び襲い掛からんとするが、そのまま為す術もなく中和され霧散して消える。
 乃江さんはその様子を見ようともしない。表情を変えず前方を睨み、もう一匹のケルベロスに対峙していた。
 迫るケルベロスの顎を膝で蹴り上げ、無防備になった胸板へ双手で掌底を振り下ろす。
 鈍い打突音が響き、ケルベロスは一瞬にして消滅した。
「双把や虎撲と呼ばれる技だ。踏み込むタイミングが重要。理解したか?」
 乃江さんの腕前は知っていたが、俺の想像するより遙かに上を行っている。洗練された、無駄のない動きだった。
 敵と戦う姿を見せることで、型ではなく技を教えようとしてくれている。
 目を閉じて今の動きを思い描いた。
「今の私は霊力が乏しく貧弱だ。だが打撃と霊気を流すタイミングさえ合わせれば、微弱な霊気でも祓うことが出来る」
 乃江さんはそう言って苦笑し、そっと右の拳を上着のポケットに突っ込んだ。
 その不自然な動きを見て、彼女の右手はまだ完治はしていないと覚った。
 拳での打撃を極力避け、掌打を多用しているのだ。彼女の拳は使えない状態だと考えていい。
 まだ瘴気は晴れぬまま色濃く、次なる敵の存在を暗示している。
 これ以上負担を掛け続けるわけにはいかない。そう覚悟を決め、乃江さんの前を歩き出した。



BACK   NEXT   TOP
ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.