BACK   NEXT   TOP


『042 魂喰い 00』

 四限目、古典の授業。
『今はむかし、道命阿闍梨とて傅殿の子にいろにふけりたる僧ありけり。和泉式部にかよひけり。經をめでたくよみけり――』
 古典の教諭が誘眠魔法の呪文を唱えた。
 窓から吹き込んでくる陽気を、目を閉じて肌に感じる。
 これが五限目に授業なら、春の陽気と満腹感で即死できる。それほどに今日の陽気は心地良い。
『それがいづみしきぶがりゆきてふしたりけるに、目さめて經を心をすましてよみける程に、八卷よみはてゝあかつきにまどろまんとするほどに……』
 古典が五限目に授業がないのは、やはり計算されたものなのだろうか。なかなか良く考えられている。
 とりあえず手を動かさないと呪文にやられそうだ。要点をチェックし、ノートに書き込んでいく。
 宮之阪さんの学校見学は終わったのだろうか。朝、事務課に送り届けてから姿を見ていない。
 情報に聡い男子の何人かが、まだ見ぬ転校生の話をして騒いでいたが、アレはやっぱり宮之阪さんのことだと思う。
 スタイルは良いし、顔立ちはモデル並。そんな娘が学校の制服着て、校内を歩いているのだ。目立たぬはずは無いだろう。
「ぐぅ……」
 やばい、今、一瞬落ちた。気が付くと目を閉じてしまっている。
 肘を机に立てて、考え事をしている風なポーズを取っているが、姿勢は崩れ、建て直し、そしてまた崩れる。それの繰り返しだ。
 まるで肘で机を拭いているようなものだ。
「ん?」
 ふと胸の辺りで違和感を感じた。あ、携帯が震動しているのだ。
 一回、二回と震動して停止。メールか……、誰だ。
 教師が黒板に向き直るタイミングで、胸から取り出しメールをチェック。
 [from:あおい]
 あおいってのは、今朝俺と宮之阪さんを覗き見ていた愚妹だ。
 俺の「薫」が花の火で、「葵」は花の癸なんだとか。自慢げに話していた両親の顔を思い出す。
 ちなみに、妹はうちの学校の中等部三年。
 しかし、俺にメールなんて珍しい。業務連絡以外であっただろうか。もしかして妹も眠くて仕方ないから、紛らそうとしているのかな。
 クリック。先生に見つからないようにメール本文を確認した。
「ちょっと話あり。お昼食べないで、大体育館横へ来るべし」
 ――って、なんだ?
 メールで内容を知らせないって事は、長い話か?
 昼食わずにって事は、母が弁当作ってくれたとか?
 うーん、ありえない。
 でもな、万が一って事もあるかな。いや、やっぱり無いな。
「――今日は以上ここまで……」
 覇気の無い声で古典教師がそう告げ、教室が安堵のため息で一杯になった。
 やはりみんなも眠かったようだ。
 古典教師が教室を出て行くと、お昼休み独特の和らいだ雰囲気に包まれた。
「よ、カオル。今日も購買のパンか?」
 一緒に行こうとばかりに、牧野が微笑みながら歩いてくる。
 呼び出しを食らった手前、牧野を待たせるのも悪い。ここは一言断りを入れておくか。
「なんか、妹に呼び出し食らってな、ちと時間掛かりそうなんで、先に行っててくれ」
「葵ちゃんか、相変わらずお兄ちゃん子か?」
 牧野はニヤニヤと笑い、からかってくる。葵と牧野はメル友、俺の知らない妹の本音を知っている。
 小さい頃ならば相談事があれば、いの一番に俺の部屋に駆け込んだものだった。今は見る影もないけどな。
 そう考えると少し寂しい気持ちになる。
 後ろ手で手を振り、牧野に合図を送る。
 教室を出て、西館の先の体育館を目指して歩き出した。
 
 
 
 お昼時の体育館は人影無く静まりかえっていた。
 林に囲まれているせいか、ひんやりした空気に包まれている。
 体育館横の大きめの木の下。葵は先に来て待っていたようだ。
 葵は俺の姿に気が付いたようで、木にもたれていたおしりを手で払い、明るい声で『おにいちゃん』と声を掛けた。
「どうした? まさかとは思うが、母が弁当作ってくれたとか?」
 そう聞いて見たものの、手には何も持っていない。どうやら母が弁当を――という読みは外れたようだ。
 葵も無言で首を振り、足下の石ころをコツンと蹴った。
「ん? どうした? 元気がないな」
 うちの妹のチャームポイントは元気印だ。
 贔屓目無しに、葵はかわいい部類の顔立ちをしている。だがそれは元気一杯の笑顔をしていてこそだ。
「うんとね。おにいちゃんと、ちょっとお話がしたかったの」
 葵はしおらしい台詞を口にして、モジモジと身を捩る。
「どうしたんだ? 改まりすぎて気持ち悪いぞ。性の悩みなら女性教諭に頼め。俺には無理だ」
 やや危険なボケを試みたが、葵らしいツッコミな無かった。
 普通ならここで、首相撲から膝蹴りをカマしてくるはずなのだが……。
「あのね……」
 葵は少しの間躊躇し、俯きながらゆっくり話しをし始めた。
「面白い能力を持っている奴がいるんだよね。理屈が分からなくて盗めない、変な能力なんだ」
 なにを言ってる?
「殺したいんだけどね。虐めたら、また能力を見せるかと思ってたんだけど、やっぱり分からなかった。どうしようかと思ってね」
「――ちっ!」
 俺は葵から距離を取り、腰に差した守り刀に手を添える。――声が、葵のものじゃない。
「お姫様達と鬼ごっこ、隙あらば彼女らの能力を――と思ってたんだけど。お前の能力、使えそうだから貰ってやろうかと思ってね」
 壊れたラジオのように葵の声は薄れ、完全に男の声に変わった。
 混乱した頭がクリアになっていく。堤さんを操った、――人形繰り。奴はその能力で葵を操っているのだ。
 そういえば葵は昨日、友達の所に泊まりに行っていた。もしかしてその時、奴と遭遇したのか。
「お前は、――魂喰いか」
 カラカラの咽喉からやっとの思いで言葉を搾り出す。
 こうやって対峙してみて理解した。今朝の殺気、アレは葵から発せられたものだったのだ。
 何の心得も無い堤さんに、あれほどの戦闘能力を持たせた技だ。――気を抜くとやられる。
「お前のかわいい妹だよ、お・に・い・ち・ゃ・ん」
 そういって、下卑た笑いを浮かべる。人質を取ってやったと、ニタリとムカツク笑い方だ。
「お前のかわいい妹は、心を閉じて眠っているよ。――ぐっすりとね」
「……」
 葵が一歩近寄り、俺はジリジリと後方に下がりながら間合いを確保する。
 人形繰りの技に操られてるのならば、守り刀は使えない。アレは操られているだけで、俺の妹なのだから。
「何黙ってんだよ! お前はぁ。お前のかわいい妹は俺が乗っ取ったんだよ。わかんねえか? なにかリアクションしろよ! 殺すぞ!」
 妹の姿とアンバランスな野太い男の声。本性剥き出の台詞を浴びせかけ、奴は無造作に間合いを縮める。
 俺の背が木にぶち当たる。それを機に、奴は俺に殴りかかってきた。右ストレートの拳が俺に迫る。
 左手を前に構え、とっさに拳を外へ弾き逸らす。
 葵の姿をした奴は、トントンと踏鞴を踏んでその場に蹌踉ける。
 そして舌打ちをしたかと思うと、再び襲い掛かることなくゆっくりこちらを向き直った。
「なに避けてんだよ、てめえ……。判ってないな?」
 奴は妹の首に手を掛けて、頸椎に深く指を食い込ませる。いつでもこいつの首を折ってやる、そう言わんばかりに口角を吊り上げる。
 そしてもう一方の手をぶらぶらと揺らし、人差し指と中指を合わせ伸ばした。
 おもむろにそれを口に持ってきて丹念に舐めあげる。
 無垢な子供が指を舐める動作ではない、愛撫するようなネットリとした舐め方だ。
 唾液で濡れた指を俺に見せつける。
「どうなるか判ったか?」
 そう言うと、ゆっくりスカートをたくし上げる。ゆっくり、ゆっくりと、俺に見せ付けるように。
 太ももの付け根、その辺りまでたくしあげると、腰に手を回し下着の中へ指を滑り込ませた。
 妹のあられもない姿を見せ付けられ、たまらず俺は一歩踏み込もうとした。
「動くな! 小便臭い穴を腹まで引き裂くぞ!」
 鋭く恫喝する声、そして奴は鋭い目で俺を睨んだ。
「わかったか? お前のおかれている状況がよ? てめえにゃなんの選択権も無ぇ」
 そう言うや否、俺に渾身のボディブローを撃ち込む。
 体はくの字に折れ、跳ね上がって背中は木に打ち付けられる。
 そのまま前に倒れこみ、土を摘みながら胃液を吐いた。
 奴は髪の毛を乱暴に掴み、片手で楽々と俺を引き起こした。葵の体躯からは想像できない力だ。
「あんまり無理させんなよ。体はお前のかわいい妹なんだからよ。……殴った右手が痛いよ。お・に・い・ち・ゃ・ん」
 泣きまねをして、邪悪な笑みを隠す。
「ここで、お前を殺してもいいんだがよ。ラストチャンスをやろうかと思ってね。暇つぶしに付き合ってくれるかな?」
 優しげな表情、凶悪な素顔を隠した仮面。
「なにを……すればいい?」
 まだ、さっきの一撃で体に力が入らない。言葉を搾り出して従うのが精一杯だった。
「んー、かくれんぼしようか」
 そういうと俺の手首を優しく掴む。
「今晩一二時までに、おまえのかわいい妹を探し出せ。一人でだ。仲間に言えば妹は死ぬ。いや……」
 奴は少し考える素振りを見せ、くくくと嫌な笑いを浮かべた。
「罰として、見ず知らずの男に抱かせようか? 一回百円くらいでさ? お・に・い・ち・ゃ・ん♪」
 そう言って手のひらをむりやり広げさせ、葵の胸に押し当てた。
「なっ!」
 手を振り解こうと抗った瞬間、腹部に二度目の衝撃を感じた。
 捻り込まれた拳は、容赦なく内臓をかき回す。
「あの能力を使っていいよ。今度こそ盗んでみせるからさ」
 奴はそう俺に告げ、拳を腹部から引き抜いた。
 薄れゆく意識の中で葵の背を見つめ、最後の力を振り絞って目の前の土を掴んだ。



 フワリと柔らかい手が、俺の腹部を撫でた。
 冷たく小さな手。心安らぐいい匂いが俺を包み込んだ。
「あ……、くっ……」
 目を開けると、乃江さんが俺を見下ろしていた。
 身を起こそうとして、腹部に酷い痛みを感じる。そしてその痛みで、アレが夢じゃなかったって事に気が付いた。
 同時に気絶前の記憶が呼び覚まされ、本能が体を突き動かす。
「まっ、待て、カオル!」
 体が猛り狂い、起きようとするが、乃江さんは力いっぱい押さえつけた。
「落ち着け……、大丈夫だから」
 乃江さんは耳元で、優しく、子をあやす母のように、俺を落ち着かせようとする。
「私の霊力は残り少ない。ジッとしていないと治癒出来ない」
 乃江さんは背後から抱きしめ、ゆっくり抱え起こした。
「昼休み、柔剣道場で体を動かそうとして、近くで異様な気を感じた。駆けつけたらカオルが――」
 見下ろすと腹部には青白く光る手。霊気の波動が腹に染み込み、自己治癒能力を加速させている。
 腹部にはどす黒いこぶし大の痣2つ。
 一箇所はたいしたことが無いが、もう一箇所は肝臓付近。筋肉がビクビクと痙攣し、内から押し出されたように腫れ上がっていた。
「内臓が酷い損傷を起こしている。このままなら病院直行。全治三ヶ月」
 乃江さんはそう俺に伝えた。このまま手を離すと、言葉通り病院に直行せねばならない。
 そうなると葵はどうなるか。そう考えて、はやる気持ちを落ち着かせた。
 遠くで鳥が鳴き、昼休みの喧騒が嘘ように静まり返っている。
 そして他人事のように予鈴のチャイムが鳴り響いた。
「一つ謝っておかねばならない」
 乃江さんはそう呟いた。背後を振り向いて確かめられなかったが、悔いる気持ちがなぜか心に響いてくる。
「私の能力を知っているよな」
「つっ……、サトリの能力って、心を読む特殊スキルだと言ってましたよね」
「霊気を帯びた手で触れる。それが能力を発動させるスイッチだ」
 乃江さんの気持ちが心に響くのか、その理由に気が付いてしまった。
 霊気を込めて治癒をする。本人にその意志が無くとも心を読んでしまうこと。
 今俺の考えは彼女に読まれている。
「そういうことだ。表層の意識は抗っても流れ込んでくる」
 心の中に浮かんだ推論に対し、乃江さんは申し訳なさそうに返答した。
「ここで何が起こったのか、私は知ってしまった。その上で私の考えを聞いてくれないか」
 乃江さんはそう言って話を続けた。
 まず俺のこと――。
 乃江さんが発見した時、酷い内臓損傷があった。放っておくとそのまま病院直行な程だった。
 治癒を施したが、十分に回復出来るか微妙な状況らしい。
 次に葵。
 意識を押し込められ、生きた形代として操られている。
 妹を止めるには、堤さんの時と同じく、霊気を流し込むか、気絶させて、本体を狙うしかない。
 彼の行動から推測するに、おそらくではあるが、陵辱するなら俺の前で行うだろうと――。
 そこまで告げられて臍を噛む。やり場のない怒りを拳に込め、地を殴りつけるしか出来ない。
「葵は俺と同じく、見鬼の素養がある。俺が危険だと告げられた時、妹も同じくらい危険だと考えるべきだった」
「――今、それを悔いても仕方ない。妹を助け出し、カオルも無事に生き残る方法を論じるべきだ」
「妹を探さないと……。じゃじゃ馬だけど、俺にとって大切な妹なんだ」
 動けるところまで回復したのを確認し、吹っ切れた様に起き上がる。
「一人で行っても死ぬだけだぞ?」
 乃江さんはフラフラと立ち上がり、眉を顰めて俺に苦言を呈する。
 昨夜、そして今、彼女は霊気を使い果たして疲れ切っている。これ以上施しを受けたら、今度は彼女が倒れてしまう。
「だけど……奴が提言したルールは他言無用であること、そして一人で探し出すことだ」
「私はもう知ってしまった。一緒に連れて行かないと師弟の縁を切る」
 そう言うと乃江さんはスカートの汚れを手で払った。
「私は、魂食いが言うようなお姫様じゃない」
 俺を見つめる目には、魂喰いに対する怒りで満ちていた。



BACK   NEXT   TOP
ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.