BACK   NEXT   TOP


『041 異邦人 05』

 いつもの通り朝の修行を終え、乃江さんの部屋で食卓を囲んでいた。
 今日の献立は、炊きたてご飯になめこと豆腐の味噌汁。
 そして副惣菜は、柔らかめに焼き上げられた卵焼き、小松菜と油揚げの煮びたし、水菜のサラダだった。
 朝の修行に付き合いながら、どうしてこれだけの朝食を作れるのだろう。いつかその謎を究明してみたい。
「おはようございます、――山科です。お座りください。ありがとう」
 遅れてやって来た山科さんが、喜劇役者のモノマネをしながらテーブルに着いた。
 髪はボサボサで、着崩れたパジャマを気にする様子もない。日頃の姿からは想像出来ないだらしなさだ。
 山科さんは猫のように目を細め、大きな欠伸をかみ殺した。そして微睡みながらゆっくり目を開け、ふと訝しげに目を細めた。
 それもそのはず、目の前には宮之阪さんが座り、持ち慣れない箸と格闘していたからだ。
 彼女は外国生活が長く、箸など使い慣れていない。
 だが、持て余している理由は他にあり、山科さんもそのことを気に掛けている様子だった。
 宮之阪さんは利き腕を三角巾で吊り、難渋しながらもう一方の手で箸を扱っている。
 説明が欲しいと山科さんが首を傾げたが、俺と美咲さんは苦笑しつつ目を逸らした。
 話せば長くなるというより、再び同じ疑問を抱くのが目に見えていたからだ。
 台所に立っていた乃江さんが、山科さんのために食器を用意して現れた。
「なっ……、なな!」
 乃江さんの姿を見て、山科さんの唇が戦慄いた。
 彼女も右手を三角巾で吊り、不自由そうに食器を手渡す。
 呆然としながらその皿を受け取り、山科さんが再びアイコンタクトを求めてきた。
 俺と美咲さんはコクコクと頷き、察して欲しいと目を瞑る。
 そうなのだ。二人は昨夜の戦闘で、かなりの傷を負っていたのだ。
 宮之阪さんは乃江さんの拳を腕で受け、その際、盾とした右腕は骨折し、支えとしていた左腕にはヒビが入っていた。
 反射的に衝撃を緩和してこの状況だ。タイミングを外していたらどうなっていたか、考えただけでも恐ろしい。
 それでも勝負を投げずに戦い続けたのは、彼女なりの意地だったのだろう。俺ならその場で悶絶して、ギブアップを宣言していたと思う。
 一方乃江さんの方は、ティラノサウルスをぶっ飛ばした際、衝撃に耐えきれず拳を痛め、腕に酷い肉離れを起こしていた。
 だが二人は相手に弱みを見せることなく、またお互いの容態を口にしなかった。
 そして美咲さんの提案通りラーメン屋に行き、脂汗を額に浮かべラーメンを啜っていたのだ。
 美咲さんはそんな心情を知りつつ、どちらが先に音を上げるのか見守っていたらしい。――全く底意地が悪い人だ。
 霊気を使い切った彼女らに、治癒を促進させる余力は無い。
 結局の所、宮之阪さんをマンションに連れ帰り、美咲さんが二人を治癒したのだった。
 折れた腕を引っ張り元の位置に戻すのは、見ていて気持ちの良いものではない。
 だが美咲さんはあっという間に整復して見せた。退魔士ってのは骨接ぎまで出来るのだと感心してしまった。
 そして夜も遅いということで、宮之阪さんを部屋に泊めたのだそうだ。
「うちの出る幕、無いやんか……」
 山科さんは二人を見て唇を尖らせた。
 即座にその結論に辿り着けたのは、頭が切れる証拠だと思う。
 このまま山科さんと宮之阪さんが戦うなんてありえない。そう気が付いてしまったのだ。
 人手不足と嘆いていた役割を担う二人を、共に戦わせてリタイヤさせる訳にはいかないからだ。
 現に二人は完治まで数日掛かる。その間は満足に戦えない状況だし、戦力ダウンは計り知れないものがある。
 もうこれ以上戦力ダウンするわけにはいかない。美咲さんは何も言わずに笑っているが、そんな気持ちでいると思う。
「せっかく昨日、がんばってネタを仕込んだのに……」
 山科さんは食事もそっちのけで、膝を抱えて拗ね始めた。
 さすがにちょっとかわいそうになってきた。そんな同情心にかき立てられ、慰めの言葉が口から漏れる。
「仕込みって? どうせお蔵入りするんだし、教えて?」
「その言葉待ってたで。このまま知らんぷりされたら、どうしようかと思ててん」
 山科さんはすっくと立ち上がり、音速で部屋へ向かい取って返した。
 ガラス瓶に詰められた小粒の風弾と、手に持った二丁のエアガン。何を考えていたのか一目瞭然だった。
 テーブルに置かれたベレッタM92。市販されているエアガンも、彼女にかかると殺傷能力のある武器になる。
 宮之阪さんは瓶を朝日に翳し、そのキラキラとした結晶に目を輝かせている。
「由佳さんは風の巫女と聞いていますが、これはもしかして……」
「そや、凝縮された空気の粒やねん。六ミリに仕上げるのが難しかったんよ。重さも結構あってな、通常のガス圧やと飛ばへんのやけど……」
 代替フロンの代わりに、空気を圧縮させて飛ばす訳だ。
 だけど玩具と変わらぬ耐久性だ。圧力に耐えきれず暴発すると思うんだけど……。
「自分はアレや? 水と火の精霊と契約しとるやろ? そない変わった霊気帯びとる人間初めて見たわ」
「そうです。サラマンダーとウンディーネ。由佳さんはシルフと契約されてるんですか?」
 バックアップ同士、ツーカーな会話が二人の間で交わされる。
 宮之阪さんが口にしたのは西洋の四大精霊の名だ。火のサラマンダー、水のウンディーネ、風のシルフ。ちなみにもう一つは地のノームだ。
 西洋的な元素概念はこの四つ、東洋の五行思想と少し違う。
 山科さんは照れくさそうに頬を掻く。そして空に目を彷徨わせて、指で虚空をムンズと掴んだ。
 指に摘まれ何かが手の中で具現化する。白いフォルムの大福餅。風の精霊グラビティだった。
 見えもせず、気配さえ感じ取れなかったけど、いつも山科さんの側にいるんだな。
「そない大層なもんやない。自称、風の神様の端くれらしいけど、実物はこんなやで」
 山科さんの手の中で、じたばたともがくグラビティ。
 姿を見るのは初めてだけど、うーん……どこかで見たような姿だな。

 ⊂二二二( ^ω^)二⊃

 ネットでたまに見かけるアスキーアートが、頭の中に浮かんで消えた。
 グラビティを目の前に突き出され、宮之阪さんは露骨に嫌そうな表情をした。
 まるで生ゴミを見つめるように、目を細めて拒絶の色を濃くしている。
「こっ……、これがシルフ……?」
「契約ちゅう大層なもんはしてへん。勝手に付きまとっとるねん。神様ちゃうかったらストーカーやで……」
「ストーカー……」
 美咲さんは味噌汁の椀を音を立てて置き、呆れ口調でぼやき始めた。
「たまにタンスの中に侵入して、下着を物色しますよね。いい迷惑です」
「私の部屋にもたまに忍んで来る。その度に駆除しているが、ゴキブリ並にしつこい」
 美咲さんにあわせ、乃江さんも愚痴をこぼす。
 スカート捲りをしたのは知っていたが、グラビティにそんな性癖があったなんて。
「な? (おとこ)やったらわかるやろ? カオルはん!」
 いや分からん。俺は着衣には興味がない。中身にはかなり興味があるが、この年代にしては枯れている方だと思う。
 四人はジト目で俺を見つめる。俺は奴と同類に思われないように、目を逸らしてご飯を掻き込んだ。
 宮之阪さんは大福餅のような体を鷲掴みし、ベランダの窓を開けて二歩下がった。
 そして村田兆治ばりに足を上げ、グラビティを窓の外に放り投げた。
 宮之阪さんは忌々しそうに手を見つめ、そのまま洗面所に向かって行く。
 三人は額を付き合わせ、ヒソヒソと話し出す。
「かなりの潔癖症みたいやな」
「お星様になる勢いで飛んで行きましたね。グラビティさんは大丈夫でしょうか?」
「左で投げたのに凄い球威だった。バックアップにしておくのは勿体ない腕力だ」
 三者三様の思いを口にする。
 これだけまとまりの無い会話も珍しい。だが噛み合わない会話を正そうとはせず、何事も無かったかのように椅子に座り直した。
 宮之阪さんがハンカチで手を拭い、席に戻ってきたからである。
 気難しそうに指先を見つめる宮之阪さんを、三人は苦笑しつつ見つめている。
 そんな折、美咲さんが突然手をポンと叩き、明るい声を上げた。
「――マリリン!」
「は?」
 宮之阪さんを除く面々は、『またか』と言いたげに、投げやりな返事をする。
 だが当事者である彼女は小首を傾げ、己が身に起こった不幸に気付いていない様子だった。
「昨日から宮之阪さんの愛称を考えていたんです。彼女らしい、いい呼び名を……」
「えっ、あ、ちょっと……、その……」
 そこで初めて彼女は慌てふためく。
 だが時既に遅し。
 旧知の間柄である二人と、犠牲者の俺は、美咲さんの輝いた目と表情を見て、これは絶対不可避であると確信した。
「マリリン……。いい愛称ですよね!」
 有無を言わせぬ口調。恫喝に近いイントネーションだ。
 美咲さんはジト目で睨み、不協和音を黙らせる。文句あるなら掛かってこいと言わんばかりだ。
「あうっ……」
 乃江さんは宮之阪さんの肩をポンと叩き、ゆっくりと首を振って憐れみの目を向けた。
「もう……、無理だ」
「ええっ!」
 嘘、と問いかけるように山科さんと俺を交互に見る。
 だが俺達は申し合わせたように首を横に振り、絶対不可避のイベントと伝えるしか出来なかった。
「俺なんてカオるんっすから……」
 そう告げられ、宮之阪さんの表情には諦めの色が窺えた。
 だがそれも束の間。美咲さんの一声で停滞した雰囲気が一掃される。
「マリリンは今日、学校を見学するのよね」
「予備の制服を用意しておいた。着てみるといい」
 乃江さんはそう言って宮之阪さんを手招く。
 熱にうかされたような表情をして、宮之阪さんはフラフラとそれに付き従う。かなり嬉しそうな表情だ。
 美咲さんはその様子を眺めながら、ポツリと耳元で囁いた。
「彼女の場合単位取得を目的ではないし、サイン一つで編入したように見せ掛けることが出来るんです」
「――マジっすか?」
「面倒なことが起きても大丈夫なように、寄付金という形で多額の賄賂を納めていますからね。多少の無理は押し通せますよ」
 美咲さんはそう言い、自信満々に胸を叩く。
 賄賂って……。あまり褒められた行為ではないと思うのですが……。
 そうこうしているうちに、乃江さんの部屋の扉が開かれ、照れくさそうに宮之阪さんが顔を出した。
 見慣れた制服も着る人次第。特に宮之阪さんのようなクオーターだと、その違和感が逆に隠し味となるようだ。
「おー、モデルさんが制服着てるみたいやなぁ。めんこい、めんこい」
 山科さんは手を叩いて大喜びし、美咲さんも納得の表情で見つめている。
 美咲さんは急に真剣な表情になり、そっと耳元でこう囁いた。
「彼女を連れて登校してみませんか?」
「俺が? 宮之阪さんと?」
「彼女はまだ面が割れていない可能性があります。こないだの事件のように、何か動きがあるかも知れません」
「わざと隙を見せるってことか……」
「一回しか使えない手だけど、こちらが油断しているって思わせることが出来ると思うんです」
「そのために制服を着て欲しいって頼んだら、彼女やる気満々で……」
 宮之阪さんは短めのスカートの裾を手で摘み、クルリと回って大はしゃぎしている。
 どうも俺は異性だと思われていないらしい。年頃の男には少々目の毒な光景なのだが……。
「出来るだけ自然に振る舞っていれば良いんですね?」
「そんな顔していたら、一発で罠だとバレちゃいますよ」
 そう囁くと、ふっと気の抜けた表情をして微笑んだ。



 マンションを出て、自然と高鳴る胸を手で押さえる。
 身に纏う霊気も自然と臨戦態勢になり、いつもより強い気を発してしまっている。
「す~、は~、す~、は~」
 深呼吸をして気を落ち着かせ、横に立って見守っている宮之阪さんに目で合図を送る。
 さすがに宮之阪さんは一流のハンターだ。霊気を完全にコントロールしており、一般人と見紛うほどの霊気しか感じられない。
「さ、行きましょう。このマンションから駅へ行くには……」
 勝手知ったるなんとやら。このマンションからどういう道を通れば、信号に足止めを食らわないか熟知している。
 だが不意打ちを食らわないために、見通しの悪い四つ角を迂回したり、細く狭い道を通らないように気を使ってきた。
 危険を回避する癖が付いてしまって、逆に隙だらけの行動が難しい。
「カオル。顔が強張ってますよ」
 宮之阪さんはニッと笑い、大丈夫と目で伝えてくれた。
「そういえば、ホテルに猫を置いてきたままですね。大丈夫ですかね?」
 ふと彼女の顔を見て、猫のタマニャンを思い出した。
 水と餌を多めに置いてきたが、寂しい思いをしているんじゃないだろうか。
「タマなら大丈夫ですよ。あの子も私達と同じ能力者……もとい、能力猫ですから……」
「能力猫……って! 語呂が悪いっすよ。それ!」
「じゃあ、能力……ニャンコ?」
「そっちの方が良いかも!」
 宮之阪さんの会話に和まされ、自然と気が緩んできた。これが彼女の計算なのだとしたら、感謝しないといけない。
 そんな会話をしつつ、気が付くと駅まで辿り着いていた。
 駅へのエスカレータを上がり、発券機で学校までの区間を教えて切符を買う。
 さすがに駅の中は人も多く、これだけの人混みの中襲ってこないだろう……。
 そう油断していた瞬間、首筋を冷たいものが走った。カミソリで身を切られたような、痛みに似た冷たさを感じた。
 反射的に振り返って目を細め、行き交う人の波の中で、不自然な動きをする者を探す。
 宮之阪さんもそれに気が付き振り返っている。どうやら俺の勘違いでは無さそうだ。
「今……、感じましたか?」
「ええ、殺気……ですね」
 殺気の主は発見出来なかったが、不審な動きをする人間を見つけた。
 コンコースの柱に隠れ、チラリと俺達を見つめ、サッと隠れる姿。あれは間違いない、俺の妹……葵だ。
 俺は宮之阪さんを手招き、死角になるよう柱を回り込み、覗き見る彼女の背後に回り込んだ。
「コラッ!」
「わぁ!」
 後ろから一喝すると、葵はピョンと飛び上がり、猫のように背を丸めて屈み込んだ。
 俺は葵の襟首を掴んで立たせ、舌打ちしながら宮之阪さんに紹介した。
「うちの愚妹っす。葵っていう生き物です」
「妹……さん?」
 宮之阪さんは怪訝そうな表情をしていたが、ふと表情を緩めて頭を下げた。
 物言いたげな葵の表情。何を考えているか、聞かずとも分かる。
「勘違いするな。お前が思っているような人じゃないからな」
「うむうむ、皆まで言うな。一緒に学校行きながら、じっくり事情聴取させてもらうからね」
 葵は俺の背をポンポンと叩き、改札口に颯爽と歩き出す。
 俺は宮之阪さんに苦笑して見せ、仕方なく葵の後を追い掛けた。



BACK   NEXT   TOP
ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.