BACK   NEXT   TOP


『040 異邦人 04』

 ティラノサウルス。
 白亜紀後期に生息していた肉食恐竜で、その時代、食物連鎖の頂点に位置していたといわれている生物。
 体長十メートル、体重五トン。その巨大な体を二本の脚で支え、大きく鋭い歯でターゲットを捕食する。
 地上最大といわれるアフリカ象を凌駕し、肉食獣としては最強、最大だったと考えられている。
 そう……、スーツケースに入れて持ち込んだのは、ティラノサウルスの化石の一部だ。
 宮之阪さんが得意とするのは口寄せ。一般的にネクロマンシーと呼ばれる技法である。
 ただ通常のネクロマンシーと大きく違うのは、触媒となる物は古ければ古いほど相性が良いこと。
 そして残留思念のこもった物ならば、生物でなくとも具現化出来ることにある。
 彼女が最初に見せた『イージス』は、指輪の宝石に意志を与えたものである。
「あれが彼女の能力……。凄い能力ね」
「骨董に命を与える。彼女はそう言っていました」
 だが彼女の能力にも限界はある。触媒が具現化率を左右する。完全な形が望ましいのだ。
 持ち込んだ化石は爪と歯のみ。頭と両足の再現率は高いが、それ以外は質感の再現率がいまいちだ。
 だが彼女はそれで十分と考えたのだろう。ティラノサウルスは尻尾でバランスを取り、後ろ足で立つ二足歩行だ。
 主な攻撃方法は鋭い歯、そして八トンを超える噛み合わせの力。そう考えると戦力的には問題ない。
 だが美咲さんは浮かない顔で、乃江さんの動向を見つめている。
 ふと俺の視線に気付き、溜息混じりに口を開いた。
「この勝負、乃江の負けかも知れませんね」
 まさか……。そう思いながら視線を乃江さんに移す。
 美咲さんの言った通り彼女は顔面蒼白。口元をヒクつかせて、足をガタガタと震わせている。
「どうしたんです! 乃江さん!」
 乃江さんはティラノサウルスを指差し、泣きそうな表情でこう呟いた。
「ト……トカゲ。大きなトカゲ……」
「トカゲじゃありません。……ってか、余裕あるのか無いのか分からないセリフっすよ!」
「う、うわぁぁん。ダメなモノはダメなんだもん!」
 そう叫び、目元を両手で拭って大泣きした。
 乃江さんが『だもん』なんて言葉を口にするなんて……。しかも本気で泣いてるし、相当取り乱しているな。
 美咲さんはやはりとばかりに肩を落とし、呆れた口調で呟いた。
「乃江はトカゲや昆虫が苦手なのです。トラウマがありまして……」
「トラウマ?」
 美咲さんは神妙な表情で頷く。
「小学生の頃……。その当時、私は料理が凄く苦手で、乃江に鞭打たれながら、料理の修行を強いられていたのです」
 今はそれを克服したような口振りだ。今もサッパリじゃないか。
 俺はそんな命懸けのツッコミを喉元で止め、固唾を飲んで話の続きを待った。
「ある時、乃江から理詰めで説教されてしまい、とうとう堪忍袋の緒が……」
「ふむ……」
「それでトカゲを一杯詰めた弁当を、『自信作』と言って乃江に差し出したのです」
「ぶはっ!」
「近所の子供達に一匹百円で捕まえさせた、溢れんばかりの……」
「あ、あんたのせいか!」
「乃江ったら、泡を吹いて失神したんですよ。うふふ……」
 うふふじゃねぇよ。思い出話を懐かしむような表情しているし……、まったく。
 そこまで聞いて先が読めてしまった。昆虫のトラウマも同じく、美咲さんが関与しているに違いない。
 同じ手に引っ掛かる乃江さんも素直すぎるが、それにしても悪質すぎる報復だ。美咲さんって子供の頃から怖い人だったんだ。
 俺は大泣きする乃江さんに、励ましの声援を送った。
「乃江さん、がんばれ。それはトカゲというより、鳥に近い生物っす!」
「と……鳥? トカゲじゃないの?」
「ティラノサウルスは鳥に近い生き物です。鶏やダチョウに近い生物ッス!」
「ローストチキン?」
「ネギマだし、手羽先です。昨日食べたでしょう?」
 そう耳にして、乃江さんの目に光が戻っていく。――全く素直な人だ。
「ティラノサウルスに勝てば、地上最強の生物は乃江さんっすよ!」
「鳥……、あれは鳥……。一グラム一円の特価品、胸肉三百グラム……、お一人様一品限り……」
 乃江さんの拳が固められた。
 毒気を抜かれていた宮之阪さんだったが、復活した乃江さんを見て我に返る。
 彼女はティラノサウルスの頭に飛び乗り、戦闘の合図とばかりに箒の柄でコツンと叩いた。
 その刹那、ティラノサウルスは凶暴な雄叫びを上げ、大口を開けて乃江さんに襲い掛かる。
 体躯の割に俊敏な動きだ。この巨体、受け流しの技法は通用しないと考えた方がいい。
 乃江さんはその鼻っ面に拳を叩き込み、ティラノサウルスを仰け反らせる。
 だが大質量を真正面から受け止め、乃江さんも無事ではいられなかった。
 彼女は弾かれるようにすっ飛び、地に転がりながら勢いを弱める。
 五トン対四十五キロ。埋められない体重差をまざまざと見せ付けられた。
「乃江の体重を知ってるなんて、……カオるんもなかなかやりますね」
「また知らずに喋ってましたか……。脱衣場に体重表が貼ってありましたからね。彼女も気にしているようです」
「そっか……、四十五キロか……」
 美咲さんはそう言ってお腹を摩り、脇腹をキュッと摘んで溜息を吐く。
 何気に美咲さんも体重を気にしているようだ。トホホ顔で涙ぐむ美咲さんを見て、思わず肩をポンポンと叩く。
「筋肉は脂肪より重いですからね。ドンマイです」
「そ、そうですよね!」
 この話題を続けるのは危険な気がする。
 俺はフォローもそこそこにして、乃江さんと宮之阪さんの戦闘を見守ることにした。
 ティラノサウルスは吹き飛んだ乃江さんを追い、一気に間合いを縮める。
 乃江さんは素早く立ち上がり、凶悪な顎を回避して懐へと潜り込む。
 攻撃目標は二本の足。巨木のような向こう脛に、渾身の拳を叩き込んだ。
 これにはさすがのティラノサウルスも、踏鞴を踏んで上体をグラつかせた。
 一瞬の好機を見逃す乃江さんではない。軸足になったもう一方の脚に、再び渾身の拳を叩き込む。
 だがティラノサウルスを倒せるほどではない。奴にとっては向こう脛を打った程度の衝撃でしかないのか。
 足下にいる外敵を押し潰そうと、懸命に巨大な足を踏み鳴らす。
 これには乃江さんもたまらず、飛び退いて地を転がる。
 乃江さんには荷が勝ちすぎたか。そう考え始めた時、美咲さんが一歩前に出て髪を靡かせた。
「乃江! 遊んでいないで、そろそろ本気を出しなさい!」
 月下に響き渡る叱責の声。いつものほほんとした彼女らしからぬ厳しい口調だった。
 乃江さんは目を見開いて美咲さんを見つめていたが、コクンと頷いて服の埃を払い立ち上がる。
 ティラノサウルスと乃江さんの距離は五メートル。これは相手に合わせたギリギリの間合いだろう。
 敵の攻撃を待ち、自分の間合いにして攻撃を返す。交差法での攻撃を仕掛けるつもりだ。
 だけどいくら交差法で攻撃を倍増させたとしても、ティラノサウルスを倒せるほどの力を絞り出せるとは思えない。
 乃江さんとティラノサウルスの戦力差は、それほどかけ離れていた。
 だが乃江さんはニヤリと笑い、敵を挑発する。
 そして腰をスッと落としたかと思うと、右手に霊気を集中し始めた。
 正直乃江さんの霊力は、美咲さんや山科さんに遠く及ばないものだと思っていた。
 いや、俺以下の霊力しか持ち合わせていないと侮っていた。
 だが今の彼女は、その誰よりも強い霊気を放っている。
 その眩いばかりの霊気が、拳一点に集中し、その爆発の瞬間を待っていた。
「アレが乃江さんの本気……」
「普段は霊気を体内に蓄積させ、肉体の強化を行っています。それが強さの秘密であり、同時に弱点でもある」
 美咲さんはそう呟いて、肝心な所で口を閉じた。
 だが同じ能力者として、その弱点は聞かなくても理解出来た。
 確かに物質に霊気を通せば、固く、しなやかに物体の性質に合わせて補助することが出来る。
 普通の人が時折見せる『火事場の馬鹿力』、あれと同じ原理だと思う。
 だが乃江さんの体が基盤になっている以上、それを基準に力を倍加させるしかない。ある一定の上限で天井にぶち当たるのだ。
「肉体の強化に霊気を使い、それが上限だと錯覚して、それ以上霊気を絞り出さなくなった……」
「そうする必要がなかったからでしょうね。一流のアスリートがクラブ活動レベルで満足しているようなものです」
 好敵手に恵まれないと嘆いていた理由はこれか。
 だけど今は違う。全力で打っても倒れない敵がいる。動機付けは十分だ。
 宮之阪さんはチラリとこちらを見て、ニコリと微笑む。もう十分と言いたげな満足した表情だった。
 箒の柄がティラノサウルスに攻撃の合図を与える。これが最後の攻撃になる。
 迫り来る大質量。乃江さんは全身の力を連動させ、ティラノサウルスの鼻先に拳を叩き込む。
 全身全霊の拳は、ティラノサウルスの頭部を変形させ、押し返す。その反動は乃江さんの両足を地にめり込ませる。
 青の霊気が稲妻のように突き抜け、その暴力的な衝撃はティラノサウルスを粉砕していく。
 たまらず宮之阪さんが飛び退き、辛くも地に着地する。そして箒を支えに立ち上がり、足を引きずりながら前に進む。
 見れば靴やスカートの裾がボロボロ。乃江さんが放った拳はそれほどの威力を持っていたのだ。
 対する乃江さんは立っているのがやっと。霊気は常人より乏しく、手は構えを取ることも出来ず、だらりと下がったままだった。
 宮之阪さんは乃江さんの前に立ち、大切なものでも抱えるように、優しく乃江さんを抱きしめる。
「よろしく……、乃江」
「ああ……、よろしく頼む」
 二人はそこで力尽き、膝を折って倒れ込んだ。
「全力を引き出すことは出来なかったようだな」
 乃江さんが悔しそうに呟く。
 宮之阪さんはクスクスと笑い、乃江さんの手に手を重ねた。
「前衛を護る時に全力を出すのがバックアップです。それに――」
 宮之阪さんはそこで言葉を止め、乃江さんの手を握りしめることで気持ちを伝えた。
 美咲さんは満足げに微笑み、首に下げた笛を吹き鳴らした。
「さぁ、みんな。撤収、撤収! お腹空いたし、ラーメン食べに行かない?」
 その空気を読まぬセリフに、俺の顔は引き攣り、倒れ込んだ二人は失笑した。



BACK   NEXT   TOP
ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.