BACK   NEXT   TOP


『039 異邦人 03』

 翌日の朝、マンションの屋上に向かい、いつも通り体を動かしていた。
 今の修行メニューは打撃。力のモーメントコントロールとは真逆の、予備動作で生じた力を余すことなく打ち込む技法を教わっている。
 目の前の巻き藁に拳を添えて、脚を踏み込んで震脚を行う。その踏み込んだ勢いを腰に、腕に、拳へ伝えていく。
 体表に衝撃を与える打ち方では、霊気が上手く流れてくれない。内面に衝撃を伝える打ち方が良いらしい。
 人形繰り事件の時、二匹の犬に拳を打ち込んだが、霊気は上手く流れてくれなかった。
 あの時は迫り来る犬を目にして、思いっきり打ち込んでやるといった気迫が足りなかった。
 ほんの少し足止め出来れば、そう考えて腰の引けた拳を放ったのだと思う。
 霊気戦闘で最も重要なのは、気持ちで負けないこと。そうつくづく痛感させられた。
「きゅーじゅー、はち……」
 もう踏み込む脚の感覚もない。捻る腰もビキビキ言っている。手は棒のようになり、巻き藁に手を添えるのがやっとだった。
 この修行……、一見簡単なように見えるが、逃げ場の無い力を殺すために、結構な体力を使わされる。
 大体百本打ち込めば、脚や背、腕の筋肉がパンパンになって悲鳴を上げてしまう。
 朝のメニューはインターバルを入れて、片手百、両手で二百の打ち込み。それを黙々とこなす俺は、ドMの素質十分だと思う。
「きゅーじゅーきゅう……、ひゃー…………くっ」
 やり切った充足感と共に全身の力が抜け、そのまま倒れ込むように芝生に寝転がった。
「この間より三分ほど早くなっている。その調子だぞ」
 乃江さんは俺なんかと比較にならないメニューをこなし、ケロッとした表情でクールダウンを済ませている。
「しばらく起き上がれねえ……っす」
「それはそうだろう。カオルの限界にあわせてメニューを組んでいるからな。楽な運動では、何も身につかんよ」
 乃江さんはそう言って笑う。
 こうして見るといつも通りの彼女だが、全身から溢れ出る気迫はいつも以上におっかない。
 今夜予定している宮之阪さんとの戦いを前にして、気持ちが高ぶっているのだろう。
「聞かないんですね。宮之阪さんの能力」
 俺は自分の能力を彼女に教え、その代償に彼女の能力を聞いた。
 乃江さんもそのことを重々承知のはず、当然彼女の能力のことを聞かれると思っていた。
「勿体ない……、そう思っただけだ」
 そう言って口元を吊り上げる。
 ――バトルマニア。
 乃江さんをそう言って揶揄することがあるが、今の彼女はまさしく戦闘狂だ。そういっても過言ではない。
「俺も楽しみにしてますよ。全力で戦う乃江さんの姿を見てみたい」
 その言葉に偽りはない。
 同じ近接戦闘型の能力者として、広範囲型の能力者にどう立ち向かうのか、純粋にその戦闘方法は見所だと思っている。
 今回は宮之阪さんと乃江さん、両方にがんばって欲しいんだけど、その部分だけはどうしても譲れない。
「ああ……、がんばるよ」
 乃江さんは俺のタオルを投げて寄越し、背を向けてエレベータホールへ歩いて行く。
「あれはかなり嬉しい時の表情じゃな……」
 乃江さんを見送りながら、頭の上でカナタが独りごちた。
 カナタは乃江さんの表情を見て、何かを察知したのだろう。得心いったようにウンウンと頷くばかり。
 一人で納得するのはいいが、何のことか説明してくれたらいいのに……。
 この神様はたまにこういう素っ気ない態度を取るのだ。
 
 
 
 学校に向かい、教室へ辿り着く。
 席に座ると同時にバイク用のロードマップを広げ、近隣地区のページを捲った。
 今夜の戦いの舞台をどこにするか、これがまだ決まっていないのだ。
 なにせ広範囲型の戦闘なんて初めてだ。どれくらいの広さが必要か分からなかったのだ。
 美咲さんにこっそり聞いたら、運動場の四倍は必要ですね、なんて軽く言ってくれちゃったし。
 狭い日本にそんな好条件の場所があるのだろうか。実は昨日の晩から頭を悩ませていた難題だったのだ。
「カオル、朝から何見てんだよ」
 朝っぱらから無駄に元気な声。牧野が前の席を陣取り、椅子の背もたれに肩肘付いてこちらを眺めている。
「あ? 今、ちょっと忙しいんだけど……」
「ツーリングの計画でもしてんのか? 一人で走ってもつまんねぇぞ。俺も仲間に加えろ」
 ロードマップからツーリングを連想したらしい。単純な奴だ。
「運動場の四倍ほどの更地で、人目を避けられるいい場所を探している」
「ん……、親父さん、土地でも買うのか?」
 牧野はそう言って、ジッと考え込む。
 考えること数十秒。ふと目を開けて、ロードマップのページを捲る。
 指差す場所は県境の山。緑で塗られたゴルフ場の敷地だった。
「このゴルフ場ってさ、建設途中で破綻したんだ。完成していれば、日本一広いフェアウエイになると噂されてたんだけどね」
「ふむ……、なるほど」
 その時、隣に座っていた堤さんが興味無さそうに呟いた。
「なんでも緑化を謳う市民団体に反対されて、建設まで漕ぎ着けられなかったらしいわ」
 さすが代議士の娘、高校生らしからぬ知識を持っている。
 ゴルフ場……か。帰りに宮之阪さんと合流して、下見をしに行ってみるか。
 始業開始のチャイムが鳴り響き、牧野は前の席を明け渡して戻っていく。
 自分の席なのに、牧野のおかげで座れなかった御影さんだが、どこか幸せそうな顔をしているのはなぜだろう。
「三室くん」
 堤さんはそう一声掛けて、俺の机に可愛らしい弁当箱を置く。
 ヒヨコの描かれた弁当包み。手にチョンと乗るほどの小さな弁当だったが、二段重ねで十分な容積がある。
 ――って、これ何?
 混乱のあまり、思考回路が正常に働かない。どうしていいのか分からず、涙目になり堤さんを見つめる。
 彼女はツンとそっぽを向きながら、チラリと横目で俺を見た。
「この間のお礼。三室くんって、いつも購買のパンでしょ?」
「あうう……」
「ちゃんとしたものを食べないと駄目よ」
「あわわ……」
 受け取っていいものか手が震えてしまう。
 だが机に置きっぱなしにする訳にもいかない。なにより作ってくれた堤さんに悪い気がする。
「ありがたくいただきます」
「味は保証しないわよ」
 机の上に置いた彼女の指に絆創膏が二つ。
 ってことは、これは婆やさんが作ったものでは無く、堤さんの手作りなのか……。
 弁当箱を机の中に仕舞い、堤さんに何度も頭を下げた。



 放課後、俺は護衛してくれた美咲さんと別れ、マンション下に停めたRVFのエンジンを掛けた。
 エンジンが暖まるのを待ちながら、ポケットから携帯を取り出して電話を掛ける。
 いわゆる海外通話サービスって奴だ。調べたところでは三十秒百円ほどで、通話出来るらしい。
 長い無音の後、コールする電子音が耳に届く。
「ミヤノサカ スピーキング」
 電話の向こうでミヤノサカさんの声。緊張しているのか、どこかぎこちない口調に聞こえる。
「カオルです。場所の件ですけど、めぼしい場所を見つけました。緯度と経度を伝えますね」
 俺はロードマップを広げ、ミヤノサカさんに座標を伝える。
 土地勘の無い彼女にXX山の奥、XXゴルフ場なんて言っても混乱するだけだ。
 こういう時は世界共通の緯度、経度で場所を知らせるのが一番だと思ったのだ。
「はい、分かりました。現地で落ち合いましょう」
 宮之阪さんはそう言うと、あっさりと電話を切ってしまった。
 うーむ、この辺りも外国人っぽい。無駄な話をする余裕を与えてくれない。
 タクシーで移動すると料金がかさんでしまうし、相乗りして割り勘って手段もアリだったのだが……。
 携帯をポケットに入れ、踏ん切りを付ける。タンデムシートに鞄を固定し、ヘルメットを被ってバイザーを開ける。
「日没まで、かなり時間がありそうだ。何とかなるだろう」
 単独行動をすれば、ろくな目に遭わない。それがここ最近の教訓だった。
 今日の行動は美咲さんに伝えてあるし、人形繰り事件の時みたいに説教食らうこともあるまい。
 RVFを路上に運び、ゆっくりと走り出した。
 目的のゴルフ場予定地は、住む街から南西の方角にある。
 都市高速で二十キロ、インターから山道を六キロ走った所にある。温泉リゾートを売りにしたゴルフ場になる予定だったようだ。
 正直言って高速をバイクで走っても、なにも面白いことはない。
 だが高速を降りてからの山道は中々心地よい。リーンイン、リーンアウト、教習所で習った技術が役に立つ。
 マンションから一時間以内に到着。かなりゆっくり流して来たから、乃江さんあたりは三十分程で着けるだろう。
 ポケットから再び携帯を取り出す。
 電波の受信感度は二本。山奥なのに中々条件が良い。
 指でボタンを操作し、リダイアルして宮之阪さんを呼び出す。
「…………もしもし、カオルです。現地に到着しました。そちらはどうですか?」
「はい、カオルさんの道案内がありましたから、迷わずに済みましたよ」
 言っている意味が全く理解出来ない。
 それでもあたりを見回して、人影など無いのを確認するなんて……。俺ってなんて出来た人間なのだろう。
「あっ、ごめんなさい。上です、上!」
 クスクスと笑う声が頭上から聞こえる。
 見上げると箒に乗って上空を旋回している人影。手を振ろうとしてバランスを崩し、必死に立て直そうとしている。
「空飛ぶ箒……?」
 ゆっくりと目の前に着陸する姿を見つめ、俺は馬鹿みたいに口を開いたままだった。
 黒のゴシックドレスにとんがり帽子。どこからどう見ても絵本に出てくる魔法使いの姿だ。
 宮之阪さんの能力のことを聞いていなければ、コスプレ好きなのかと勘違いしてしまったと思う。
 手には重そうなスーツケース。どうやら今回の肝となるアイテムを手に入れたようだ。
「例の物、手に入ったみたいだね」
「大学の姉妹校が日本にありまして、そこの考古学研究室から借りてきました」
「昨日の今日で、良く貸してくれたね。大見得切ったものの、借りれないかと内心ヒヤヒヤしてたんだ」
 これは今日のメインイベントを飾るアイテム。乃江さんを驚かすためのびっくり箱だった。
「上から見てみましたけど、十分な広さがありました。カオルさんも見てみますか?」
 宮之阪さんはそう言って、手に持った箒を指差す。
 乗ってみたいのは山々だけど、他のみんなが侵入出来るか確かめておく必要がある。
「そ、それはまたの機会に……」
 そう言いながら辺りを見回す。
 堅牢な門は車の進入を許さない為のもの。高さは二メートルちょいってところだろうか。
 バイクのエンジンを切り、一段高くなった植え込みを利用してよじ登る。
 宮之阪さんも俺の後を追い、門をよじ登って軽やかに着地した。
 アスファルトで出来た道。木々の隙間から整地されたフェアウエイがチラリと見える。
 まだ芝は植えられておらず、一見採石場か棚田の休耕田に見える。
「えっと、鞄の中の奴ってどれくらいの大きさになるんでしたっけ」
「体長十メートル、体重五トン、時速三十キロ……」
 宮之阪さんは平然とそう告げる。
 クラブハウスらしき場所に到着し、グリーンの案内図に目を通す。
 幅広いショートコースだけど、七番ホールが条件にぴったり合う。
「宮之阪さん、ここなんかどうかな? 一番奥まった場所にありますし、ここなら近隣のご迷惑にならないと思う」
 宮之阪さんはコクリと頷き、重そうなスーツケースを地に下ろした。



 数時間後、日は沈み辺りは漆黒の闇に包まれる。
 だが幸運なことに今日は満月。月明かりがこんなにありがたいと思ったことはない。
 目の前にはスーツケースを携えた宮之阪さん。そして距離を置いて乃江さんの立つ姿がある。
 俺は美咲さんと並んで立ち、遠巻きからそれを眺めている。
 ちなみに山科さんはこの場に来ていない。今日はマンションでお留守番をしている。
 彼女曰く、先に手の内見たらズッコイやん、だそうだ。彼女も戦闘を楽しみにしているクチなのだろう。
 ちなみにズッコイとは、地方特有の方言で『ずるい』という意味だ。まあ、どうでもいい知識だが……。
 二人は戦闘準備が整い、美咲さんの合図を待っている。
 美咲さんは首に下げた笛を指で摘み、息を思いっきり吸い込んで口元へ運ぶ。
「ピィー」
 意気込んだ割には間の抜けた笛の音だった。というか、なんで笛なんだろう。
 だが二人はそんなことお構いなし。一気に距離を詰め、間合いに入る寸前でピタリと止まる。
 宮之阪さんは箒を棍のように扱い、クルクルと回して脇で挟み込む。
 その流麗な動きと隙の無さ、なにより全身から放たれる裂帛の気迫で分かる。彼女は棒術に長けているのだ。
 対する乃江さんは両拳に黒いグローブのみ。その他は普段着と変わらぬ長袖シャツとジーンズ姿だ。
 先に動いたのは宮之阪さん。箒の柄で喉元を鋭く穿つ、それも一度ではなく二度、三度と、鋭い突きを見せた。
 だが乃江さんも手慣れたモノ。手のひらや甲で軽く払い除け、必殺の突きを難なく回避する。
 今度は乃江さんのターンだ。四度目の突きを避け、頭を薙ぎ払おうとする箒の先を、身を屈めてやり過ごす。
 そして箒が軸線上から外れた瞬間、地を蹴って懐へ潜り込む。
 乃江さんの手のひらが宮之阪さんの胸元に触れた瞬間、地を揺るがすような地鳴りが響いた。
 猛烈な震脚。踏み込んだ足が踝まで埋まっている。
 その反動が腰に伝わり、腕へと伝えられた。
「……やりすぎ……って、アレ?」
 目の前の光景を見て、間の抜けた言葉しか出てこない。
 それもそのはず、乃江さんの渾身の拳を受け、宮之阪さんは身じろぎもしなかったからだ。
 それどころか、乃江さんの肩口に箒を叩き込み、攻撃に転じて乃江さんにダメージを与えている。
「イージスの盾を素手で攻撃して、その程度で済むなんてね」
 宮之阪さんは余裕の笑みでそう呟く。
 逆に乃江さんは顔を顰め、手首を動かしてダメージを測っている。
「あれが……イージス」
 宮之阪さんの周りに、蛍の光の如き赤と青の光点が舞う。
 その儚い光は役目を終えたのを知ってか、両手にはめられた指輪にスッと消えた。
 指輪の石は恐らくルビーとサファイヤ。彼女の能力の一端が垣間見えた。
「乃江、大丈夫? まだやれますか?」
 美咲さんは、のほほんとした口調で乃江さんを気づかう。
 彼女はレフリーのような気分でいるのだろうか。跪いたままの乃江さんにテンカウントをコールし始める。
「ふぁーいぶ! しっくす! せ……」
 乃江さんはセブンカウントを待たずに立ち上がる。
 そして俺の方をジッと見つめ、親指を立ててサムズアップした。
「な、なんの合図ですか! あれ!」
 美咲さんは俺の頬をびよーんと引っ張る。
「見へろ、いいもの見へてやるって……」
 そう受け止めるしかないほど自信に満ちた表情だった。
 そのやり取りを見て面白くないのは宮之阪さんだ。ムッとした表情で箒を突き出し、再び攻撃を始めた。
 だが突き込んだ箒の柄は、乃江さんの手のひらに触れ、音もなく外に弾き出される。
 太極拳の化勁。力のモーメントコントロールも、極めればここまで出来るのだ。乃江さんはそう言っているように思える。
 箒の柄がマシンガンのように突き込まれる。だが乃江さんはジリッ、ジリと受け流しながら間合いを詰めていく。
 逆に後退を余儀なくされたのは宮之阪さんだ。ジリジリと下がり、表情には焦りの色が窺える。
 そして乃江さんの間合い。穿つ箒の柄を手で掴んで制すると、再び懐に潜り込んでインファイトに転じる。
「イージス!」
 たまらず宮之阪さんがイージスを具現化する。
 赤と青の光点が宮之阪さんの体を守ろうと動きを速めた。
 だが乃江さんの動きは止まらない。このままではさっきの二の舞になってしまう。
 そう思った瞬間、乃江さんの拳が変化した。
 なんと二つの光を手で掴み、力技でその動きをねじ伏せたのだ。
 重い城門を両手でこじ開けるように、手をゆっくりと広げていく。その様子を見ながら、宮之阪さんは呆然と反撃に出るのも忘れていた。
 乃江さんは手を離すと同時に、再び強烈な踏み込みを見せた。
 突き入れられた肘を両腕で受けたものの、その勢いは殺せずに宮之阪さんは後方へ吹き飛んだ。
 美咲さんが笛を手にストップを掛けようとしたが、宮之阪さんの様子を見て手が止まる。
 彼女はゆっくりと立ち上がり、服の汚れを掃うほどの余裕を見せている。
「ノーダメージ?」
「いや、打ち込むのと同時に、自分で後方に飛んだのだ」
 乃江さんはそう俺に告げ、再び拳を固めた。
 後方に飛んだとしても、あの腕は無傷ではいられないだろう。長い袖で隠れているが、恐らくあの両腕はもう使えない。
 それでも笑っているのは、余裕ではなくハンターとしての意地だろうか。
 宮之阪さんは足下に置かれたスーツケースに目をやる。
 そしてスーツケースに両手を翳し、霊気を放出し始めた。
「――美咲さん、ヤバイ。下がりましょう」
 戦況を見つめたままの美咲さんを引き摺り、二人から距離を取った。スーツケースの中身はそれほどヤバイものなのだ。
 アルミで出来たスーツケースが外側に向け、力強く押し広げられていく。まるで中で何かが暴れているかのように。
 鍵が膨張に耐えきれず音を立てて壊れ、中から膨大な霊気が噴き出した。
 霊気に押し出されるように、スーツケースの中にあった触媒が天高く持ち上がる。
 そしてその触媒を中心に、霊気が形を成していく。
「なっ、なんだ」
 さすがの乃江さんもそう呟き、呆然と見上げることしか出来ない。
 それもそのはず、乃江さんの前には、霊気で象られた恐竜が姿を現したのだから。
「なにって、あれはジュラシックパークに出演していた――」
「T-レックスか!」
 振り下ろされた前足を掻い潜り、涙目で乃江さんが絶叫した。
「ちなみに体長十メートル、体重五トン、時速三十キロで移動出来るそうです」
「モノには限度ってものがあるだろ!」
 ティラノサウルスは乃江さんを認識したようで、姿勢を低くして大きな瞳を細めた。



BACK   NEXT   TOP
ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.