BACK   NEXT   TOP


『038 異邦人 02』

 午後十八時、焼き鳥屋みつとり。
 さすが創業明治二十年を謳うだけあって、店構えに歴史を感じさせる。
 店に一歩足を踏み入れると、煙と焼きタレの匂いが鼻をくすぐる。思わず眠っていた腹の虫が目を覚ましてしまった。
 店内を見渡すと、早い時間にも関わらず客の入りは上々。空き席を探しつつ、予約を入れておくべきだったかと肝を冷やした。
「おーい、ここやで」
 聞き慣れた声が耳に入る。
 見れば子供のように屈託無く笑い、俺達に手を振る山科さんの姿があった。
 見れば美咲さん達は既に到着しており、六人掛けの席を陣取って待っていてくれたようだ。
「宮之阪さんはこの席ね」
 俺は宮之阪さんに、三人から見て向かいの席を勧める。
 いわゆる上座、主賓席だ。三人もそういう意図で、あえて下座に座っていたのだろうと思う。
 俺は宮之阪さんの横に座り、向かいに座る美咲さんとアイコンタクトを試みる。
『――どうですか?』
 美咲さんはそう言いたげな目で俺を見つめる。
 俺はニコリと笑って『大丈夫』とだけ告げた。
 隣に座る宮之阪さんを気に掛けると、彼女は感激のあまり涙を流している。これはもう号泣に近い涙だ。
 そんなに焼き鳥が好きなのか。そうツッコまずにはいられない。
 だがそれより先にツッコんでおくべき人達がいる。フライング気味にジョッキを手にする美咲さん達だ。
「うぉっほん!」
 咳払い一つで意図は伝わった。
 すぐさまジョッキをテーブルの下に隠す三人。この人達にも、まだ良心ってものが残っていたようだ。
「――えっと、それは?」
「炭酸グレープジュースや」
「生絞りレモン……ジュースです」
「わたしのはアップルちゅう……。りんごジュースだ」
 乃江さんが一瞬墓穴を掘りそうになったが、三人は申し合わせたように潔白を訴える。
 そこまで言い張るなら仕方ない。彼女達が口にしているのはジュース、そう思うことにする。
 宮之阪さんはその様子を見てクスクスと笑い、メニューを広げて私はコレとばかりに指差す。
 ――芋焼酎 せきとば。
 俺はメニューを畳み、無言で宮之阪さんの頭を叩く。
 彼女は頭を押さえ涙目になるが、飼い犬を躾るように、毅然とした態度で首を振って見せた。
「あう……、イギリス人は十六歳になれば飲酒出来ます」
「でも、いきなり焼酎は駄目。今日は親睦を兼ねた場なんだから……」
「はい……。じゃあ天野さんと同じものを」
 注文を取りにやって来た店員さんに、ジンジャエールと生絞りレモンを注文する。
 そして先に来ていた面々も、恐る恐る『同じもの』と追加注文した。
 店内を見回し、意外と女性客が多いことに気が付く。
 焼き鳥屋なんてものは、背中を丸めたサラリーマンが焼酎をすすり、人生の悲哀を吐き出す場所かと思っていた。
 昨今のヘルシー志向で鳥が見直されているのか、仕事帰りのOLさんが楽しげに串を摘んでいるのが印象的だ。
 確かに鳥は鉄分やコラーゲンを取るのに適している。その上焼いて油を飛ばしているから、お腹いっぱい食べても低カロリーで済む。
「お待たせいたしました」
 先に注文を通してくれていたのか、テーブルの上に焼き鳥の盛り合わせが並べられる。
 声には出さないものの、宮之阪さんは狂喜乱舞寸前。早く食べたくてウズウズしている。
 だが日本流の儀式がまだ済んでいない。宮之阪さんの手から串を叩き落とし、場を纏めるべく口を開く。
「じゃ、飲み物も揃った所で美咲さん、乾杯の音頭をお願いします」
 美咲さんはギョッとした顔で俺を見つめ返す。
 あのゴタゴタの後だからわからんでもないが、音頭は美咲さんでないと場が締まらない。
 ここはアイコンタクトで大丈夫だと安心させると、美咲さんは渋々立ち上がって笑顔を作る。
「それでは新しい仲間に、乾杯?」
 なんで疑問符やねん……。そうツッコミたくなる。だがみんなはさほど気にした様子もなく、杯を掲げて微笑んでいる。
 打ち鳴らされる杯に、照れくさそうにはにかむ宮之阪さん。
 このまますべて上手くいきそうな雰囲気だった。
 …………宮之阪さんが飲み物に口を付けるまでは。

 ゴクン……、ゴク、ゴク、ゴク、ゴク……、カラン。

 全員の目が点になり、あまりに豪快すぎる一気飲みに釘付けとなる。
 空になったジョッキを置き、プハァと息を継ぐ宮之阪さん。……目が据わってしまった。とても嫌な予感がする。
「宮之阪さん、一気飲みは体に良……」
「すいません! おかわり!」
「聞けよ!」
 宮之阪さんはスックと立ち上がり、大きな声で店員さんに注文をする。
 蚊の鳴く声でしか喋れない、対人恐怖症の女の子じゃなかったのか?
 これにはさすがの美咲さんも驚いて、口をポカーンと開けたまま(しばたた)かせている。
「あれあれ? なんかええノリやん。うちもペースアップするぅ」
 山科さんもクイッと炭酸グレープを飲み干し、空になったジョッキを高々と掲げる。
 その中で一人冷静なのは乃江さんだ。串を一種類づつ選り分けて、我関せずとばかりに焼き鳥を頬張る。
「……美味い」
 乃江さんは頬を押さえ、うっとりした表情で呟く。
 笑ってしまうほどの三文芝居だが、崩壊しかけた祝宴を立て直すには十分だった。
 美咲さんの眉がピクリと動き、山科さんの唇が戦慄く。そして宮之阪さんの目が煌々と光った。
 三人は目にも止まらぬ速さで串を取り、期待に満ちた表情で焼き鳥を頬張る。
 こんなに喜んでもらえたら鳥も本望。それくらい美味そうな表情をして、三人は頬を押さえた。
 さすが師匠。飲み気に走りそうな祝宴を、いきなり食い気に引き戻した。策士真倉乃江ここにあり、だな。
「宮之阪さん、どうです?」
「おいひーでふ」
 俺が気をつかうまでもなく、心待ちしていた焼き鳥の味に魅了されていた。
「どれ俺も一本……」
 塩焼きにした串を取り堪能する。
 素材の鳥も良い物を使っているし、旨みを引き出す塩加減も絶妙。これは中々美味い。
 食欲を搔き立てられてしまい、すぐさまもう一本串を取る。そして口に運ぼうかという時、テーブルの下で脚を蹴られた。
 見れば美咲さんが口をへの字にして、なにやら言いたげな表情で俺を見つめていた。
「あ、い、さ、つ。 し、ょ、う、か、い」
 美咲さんは口をパクパクさせて場の進行を促す。てか、なんで俺が司会進行役なんだ?
 串を名残惜しく見つめつつ、断腸の思いで皿に置く。
 自己紹介には少し早いと思うが、いつ場が荒れて収集がつかなくなるか分からない。
 みんながまともな内に紹介を済ませてしまおうという、美咲さんなりの考えなのだろう。
「皆さん、静粛に。食べながらで結構ですので、どうぞご拝聴ください」
「おかわりくださーい!」
「聞けよ!」
 再び宮之阪さんの頭にメニューを振り下ろす。
 シンと静まりかえった場を確認して、うやうやしく咳払いを入れる。
「紹介すべしと神の声が聞こえましたので、僭越ながら私めがみんなを紹介します」
 俺は最下座の席に座る乃江さんに手を伸ばし、宮之阪さんに紹介する相手を伝える。
「俺の体術の師匠で、チームのブレイン。真倉乃江さんです」
 乃江さんはペコリと頭を下げ、それに釣られるように宮之阪さんも頭を下げた。
「今までは、この山科由佳が後衛を一手に引き受けていた。一人で背後を守る負荷は大きいし、バックアップが増えるのは心強い」
 乃江さんは簡潔ながら歓迎の言葉を述べる。
 ふむ……、そういや山科さんって、いつも狩りのたびに出掛けている。
 前衛は二人体制だから、美咲さんと乃江さんは交代出来るけど、後衛は彼女一人。交代要員はいない。
 本人は笑って済ましているが、乃江さんの言うとおり働き詰めだったのだろう。ご苦労様です。
 俺はその流れに逆らわず、山科さんに手を伸ばす。
「次は山科由佳さん。霊気コントロールのノウハウを教えてもらった。いつも明るく朗らかで、ムードメーカー的な役割」
「よろしくな!」
 山科さんはニパッと笑い小さく手を振る。
 宮之阪さんは顔を真っ赤にして、何度も頭を下げている。
 宮之阪さんは既に彼女らの調査を済ませている。そこで得られる情報を、あえて口にする必要はない。
 彼女らの素顔を引き出せれば……、そう思って俺の目線で紹介をしたのだ。
「次は……」
 俺はチラリと美咲さんを見つめる。
 彼女は椅子に座り直し、やや緊張した面持ちで待ち受ける。美咲さんのこういうところ、普通の子みたいで面白い。
 だが大トリってのは、オチを担う宿命を背負っている。ゴメンね美咲さん。
「天野美咲さん。ちょっと腹黒いところがあって、怒らせると怖い人。お金の計算をしている時には、もの凄く不機嫌だから気をつけた方がいい」
「なっ! ななな!」
 賛辞が並べ立てられると思っていた美咲さんは、予想外の紹介に二の語が出ない。
 だが、爆笑する山科さんや、笑いを堪える乃江さんを見れば、いかに的確な紹介だったか分かるだろう。
「でも……、俺が生きるのを諦めかけた時、美咲さんに助けられた。彼女がいてくれたから、こうやって悪態をついていられる。感謝している」
 自分で口にしながら、呆れるほど歯の浮く台詞だと思う。
 だが美咲さんに助けられてから、いつか口にしようと思っていた感謝の言葉だった。
 頬を膨らませていた美咲さんだったが、許してくれたのだろう、優しい笑顔で俺を見つめている。
 俺はジンジャエールを口に含み、グラスを回して氷をかき混ぜる。照れくさくて所在ない。
 あと一人紹介すべき人がいるが、ここは彼女自身で紹介すべきだと思う。
 ちゃんと約束した通り、みんなに気持ちを伝えられるだろうか。
「宮之阪さん……、自分で言える?」
「はひっ! がんばります!」
 宮之阪さんは顔を真っ赤にしながら立ち上がる。
 平時の彼女にはありえない積極性。生搾りレモンの効果だろうか。たまにそういう勢いも必要だ。
 宮之阪さんは席を離れ、美咲さんの方へ歩み寄る。
「あっ、あの……」
 彼女の震える手が美咲さんに差し伸べられる。
「私……言葉で思っていること、伝えるのが下手で、だから……、本当の私、知って欲しいと思った……です。それで……」
 喉が引っ掛かって言葉が途切れる。言葉も拙く、意図することを伝え切れていない。
 だけど彼女を笑う者は誰一人いない。じっと彼女の顔を見つめて、次の言葉を待っている。
「さっきは……ごめんなさい」
 彼女は美咲さん達と戦うことで、言葉では伝えられない自分を知って欲しかった。そう伝えたのだ。
 世間に名の売れた一流のハンター、マリー・ミヤノサカは本当の自分ではない。彼女はそう感じていたのだ。
 あの時握手を受け入れていれば、これから先も嘘の自分を演技し続けなくてはならない。
 本当の彼女は内気で、人付き合いが苦手。そしてそんな自分にコンプレックスを抱く、ごく普通の女の子だ。
 俺は短い時間だけど、彼女と一緒にいてそう感じた。
 高校生デビューのような背伸びした気持ちはあっただろうが、自分の本質を見て欲しいという強い気持ちを感じ取れた。
 彼女の精一杯の気持ちを、美咲さんはどう受け止めるだろうか。
「本当の自分はもっと凄い。そう受け止めたけど大丈夫?」
 美咲さんは差し伸べられた手をガッチリ掴み、静かに宮之阪さんを見つめ返す。
 宮之阪さんは戸惑うように瞳を揺らしたが、キュッと唇を噛みしめて、力強く頷いた。
 俺は満を持して、乃江さんと山科さんに囁きかける。
「乃江さんは退魔士になったばかりで、経験値不足を嘆いてましたよね?」
「うむ、手応えのある敵と戦いたい。常々そう思っている」
「山科さんは持ち前の能力を全開で出せへん。ムズ痒いわぁって言ってましたよね」
「せやな。うちが全開で戦ったらヤバイやん。建造物破壊してしもて、億単位の借金背負うことになるもん」
 思惑通りの返事を貰い、思わず笑ってしまう。
 美咲さんが怪訝そうに見つめていたが、話の流れから俺の意図を読んだようだ。ニッと笑い次の言葉を待っている。
「手加減無しのバトル、やってみませんか? 宮之阪さんを相手に」
 これが宮之阪さんを知って貰う一番の方法だ。
 宮之阪さんとホテルで相談をして、少々荒っぽいけど昭和の熱血路線で行こう。そう決断したのだ。
「場所は彼女の持ち味が出しやすい所を選びます」
「なっ、カオルが後ろで糸引いてるんか?」
「ふむ、油断ならんな」
 ちょっと腰が引けてしまった二人の様子。
 これから仲間になる人と戦闘と言われても、二の足を踏んでしまうだろうな。
 だがこのリアクションは想定済み。ここからが手腕の見せどころだ。
「でも、乃江さんには地球上どこに行っても体験出来ない、未知の肉弾戦を保証しますよ。経験値アップは間違いないです」
「未知の……」
「一回きりのアトラクションです。この機会を逃せば、それもふいになってしまいますけれどね……」
 俺は山科さんに向き直る。
「山科さんは別。無理にとは言いません。大切なバックアップですから、怪我でもされたら大変です」
「ななっ、うちがボロ負けるとでも言うんか? それは聞き捨てならんで!」
 くくっ、チョロい。チョロすぎる。二人は既に術中に落ちた。
 バトルマニアの乃江さんは、機会を限定すれば落ちると思っていた。女性は限定って言葉に弱いからな。
 難敵は山科さんだ。本気を出してくれるか未知数なところがあるからな。
 だか彼女は人一倍プライドが高い。こういう言い方すれば逃げ道を塞げると思っていた。
「最後にもう一度聞きます。やりますか、やめておきますか?」
「やる!」
 二人は身を乗り出して返事をした。



BACK   NEXT   TOP
ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.