BACK   NEXT   TOP


『037 異邦人 01』

 空港から地元に戻る電車の中で、どっちつかずの蝙蝠を思い出していた。
 美咲さんと宮之阪さんの間に座り、クッションのような役割を担う。
 右を向いて微笑み、左を向いては汗を掻く。間を取り持つのは辛いと痛感する。
 宮之阪さんは先程の諍いなど、どこ吹く風。おすまし顔でエンジェリックスマイル。
 一方、美咲さんは大人の対応を心掛け、会話を絶やさぬように気を使っているように思えた。
 そして美咲さんのターン。左を向いて美咲さんの話に耳を傾ける。
「今夜、時間を取っていただけますか? 共に食事して、親睦を深めたいと思いまして」
 ナイスです、美咲さん。
 一緒に食事をして楽しい時間を過ごせば、争わなくてもわかりあえることは多い。
 拳で分かり合うなんて昭和の熱血ドラマ、そんな暑苦しいのは平成の世には流行らない。
 今度は宮之阪さんのターンだ。その問い掛けに対し、またしても直接返答せずに耳打ちする。
 あくまでも美咲さんとの会話を拒み続けるつもりのようだ。
 握手を拒絶した理由と同じ。仲間と認めるまで、この姿勢を貫き通すつもりなのだろう。
「えっと、行き先は私が決めてよろしいでしょうか。行ってみたいお店がありまして……」
 宮之阪さんはそう耳打ちして、鞄の中からホームページを印刷した紙を取り出す。
 その紙には創業明治二十年、炭火焼き鳥『みつとり』の情報が印字されていた。
 見れば三串四百円からの品揃え。老舗の割に良心的な価格ではないだろうか。
「……もしかして宮之阪さん、焼き鳥が大好物……とか?」
 宮之阪さんはコクコクと首を振り、陶酔した顔で瞳を潤ませている。
 口元からよだれが垂れているが、この際見て見ぬふりをしておく。いちいちツッコんでいたらキリがない。
 俺は美咲さんにその紙を見せ、断る理由もないと首を縦に振る。
「ねぎま、こころ、せせり、つくね……。ウィットに富んだネーミングセンスです」
 熱病に冒されたが如く、うわ言のように焼き鳥のメニューを口にする。
 とうとう地元の駅に着くまで、彼女の熱病はおさまることはなかった。
 電車を降り、駅を出た頃にはまだ午後三時過ぎ。まだ日も高く、晩餐を催すには早い時間だった。
 ここで美咲さんが動き出す。
 俺の首根っこを掴み、宮之阪さんから数歩離れて耳打ちを始める。どうやら作戦会議のようだ。
「カオるん、頼みましたよ」
「は?」
 いきなり主語抜きの指令が下った。何を言いたいのかさっぱり分からない。
「彼女、カオるんに心を許しているみたいだから、宿泊先のホテルの手配とか、色々と面倒を見てやって欲しいのです」
「な、なるほど」
「ついでに私達って『いい人!』、とか『凄く頼りになる!』なんて、こっそりと吹き込んで欲しいのです」
「あえて情報を与えることにより、いざこざを回避する作戦ですね」
「有体にいうとそういうことです。負ける気はさらっさら無いですが、仲間で優劣を競うなんて不毛だと思うのです」
 うーむ、さらっさら無い……か。美咲さんもかなり負けん気が強いな。
 まあ不毛ってのは同意見だ。
 チェスでクイーンの駒を揃えても、絶対に勝てるという保証は無い。局面によっては不利になる場合もあるくらいだ。
 サッカーでいくらフォワードを揃えても勝てないのと同じ。色々な個性や特色があるから強いチームが作れるのだ。
 山科さんと一緒に戦って痛感したが、お互いの相乗効果が大切なのだと思う。
「了解しました。十八時頃、例の店に集合ってことで」
「私は一旦マンションに帰って、仲間に状況を説明しておきます。売り言葉に買い言葉、なんて状況は避けたいですから」
 すぐに買ってしまいそうな人といえば、山科さんを思い出してしまう。
 彼女は穏やかで明るい性格をしているが、そういう人ほど怒らせると怖いのだ。
 あんた、ちょっと表に出っ! なんて口論になり、焼き鳥屋の店先がいきなり戦場と化すに違いない。
 乃江さんも冷静に見えて、熱い拳で語りあう世界とか好きそうだし、要注意人物の一人かもしれない。
 話が纏まったところで、かくかくしかじか。宮之阪さんに『仲間を連れて来ます』と告げ、美咲さんは足早に走り去った。
 すると、今まで何事も無かったはずの宮之阪さんに変化が表れた。
 美咲さんの姿が見えなくなると同時に、へなへなと腰砕けになって、その場に座り込んでしまったのだ。
「怖かった……」
 拍子抜けする一言。思わず俺まで腰砕けになりそうだった。
 安堵と不安の入り混じった表情、これが彼女の本当の素顔なのかもしれない。
「もしかして直接話さないのは、敵対視しているわけじゃなく?」
「人と話すのが、苦手なのです……」
 だめだ、腰が砕けた。
 俺は宮之阪さんの横に突っ伏した。
 この台詞を聞いて、色々な事柄が符合した。
 焼き鳥屋をリサーチするマメな性格なのに、彼女達のことを調べていない訳はない。
 それに俺が何者なのか、彼女はあらかじめ知っている節があった。どれもこれも調査済みだったのだと思う。
 彼女は全てを知っていて、あえてあのような態度を取ったのだ。 それは――。
「宮之阪さん、ここは目立ちますから場所変えましょう」
「はい……」
 人通りの多い駅前の一等地、そこにへたり込む俺達は衆人環視の的だった。



 とりあえず宮之阪さんは日本に到着したばかり。
 大きな荷物を抱えてあちこち移動するより、ホテルにチェックインして身軽になった方がいい。
 駅前から程近い場所に、割と評判のホテルがある。
 一つ星を取るほどのホテルだから、長期滞在する宮之阪さんにはピッタリだと思えた。
 ホテルに到着し、チェックインの手続きをすべくフロントへと向う。
 フロントのカウンターは高級感に溢れる大理石、凛とした雰囲気の女性が応対してくれた。
 さすが一つ星ホテル。フロントスタッフも隙が無い。
 宮之阪さんは俺の背中に隠れ、ツンツンと合図を送る。どうやらフロントに話をつけて欲しいらしい。
 どうでもいいが宮之阪さん、かなり重度の対人恐怖症のようだ。こんな調子で、この先大丈夫なのだろうか。
「あらかじめ予約をしてないのですが、シングル一室お願い出来ますか?」
 フロント係は俺の話を聞きつつ、チラリと宮之阪さんを一瞥する。
 そしてフッと鼻で笑ったかと思うと、勝ち誇ったかのようにニヤリと口元を歪める。
「お二人でシングルはちょっと……。ツイン、もしくはダブルのお部屋ならばご用意させていただきますが……」
 そこで大きな誤解を招いていることに気が付いた。
 どうやら宮之阪さんと二人で……と勘違いされているらしい。かなり下衆の勘ぐりを入れられている気がする。
「あ、いや……。部屋が必要なのは彼女だけで、俺は付き添いみたいなものです」
「付き添い……みたいな?」
「いや……みたいな、じゃない。本当に付き添い」
 誤解を解こうとして、バッサリ斬り捨てられた。
 このフロント係はかなりの使い手だ。うかつな言動には即ツッコミが入る。
「でしたらエグゼクティブシングルなどいかがでしょう。ベッドも浴室も広く、お二人でも不自由なくお過ごしいただけます」
「いや……だから、一人だけですってば」
「ベッドはクイーンサイズですので、縦、横、斜めどういった方向からでも……」
「そんなアクロバティックなことしませんって」
「お風呂もゆったり……」
「……ジロリ」
 ジト目で睨みつける眼力に負けたのか、饒舌な接客口調がトーンダウンしていく。
 フロント係は不満そうに軽く舌打ちし、手元の端末を操作して空き部屋を探す。
 そしてカウンターの上に紙を置き、宿泊者の情報提示を求めてきた。
「お名前、ご住所、連絡先など、こちらにご記入お願いいたします」
 宮之阪さんは背中からひょっこり顔を出し、紙を手に取り名前と住所を記入する。
 全て英語表記だったが、なんとか読める。書かれた住所はロンドン郊外の街、宮之阪さんは結構都会育ちのようだ。
 フロント係はその紙をチラリと見て、急に憐れみの目を俺に向けてきた。そして宮之阪さんに聞こえない小声で、そっと俺に囁きかける。
「遠距離って大変ですよね。私にも経験がありますので、その気持ちよくわかります……」
「勝手に物語作ってるし!」
「でも遠ければ遠いほど……燃え上がるんですよね?」
「なんで同意を求めるかな。てか、その目で見るな!」
 これが一つ星ホテルの接客マニュアルなのだろうか。経営者の顔が見てみたいものだ。
 結局鍵を手渡してもらうまで、ずっとこの調子で応対されてしまった。



 部屋に着くなりソファに座り、向かいの席に宮之阪さんを座らせた。
 どういう話か薄々気が付いているようだ。彼女は背中を丸めて小さくなり、上目遣いで見つめ返している。
「宮之阪さん……」
「は、はいっ!」
 涙を溜め、零れ落ちる寸前で踏みとどまっている。返事は威勢が良いが、自分を奮い立たせるためのカラ元気だろう。
 ていうか、この人本当に凄腕のハンターなのか? ただならぬ気配は感じさせるが、いかんせん気が弱すぎる。
 これはちょっと手ごわい。絡んだ糸を解すように、優しく根気良く話し合わねばならないな。
「宮之阪さんは美咲さんのことが嫌い?」
 親が子を諭すように問い掛ける。
 こういう話は頭ごなしに言っては駄目。冷静さを失わせてしまい、話を聞けなくなってしまう。
 宮之阪さんはフルフルと首を振り、違うとばかりに眉を寄せる。
「じゃあ、なんであんな態度を? 三人掛かりでも負けなんて言ったら、波風を立てるばかりだ」
「ううっ……。あれは自分の実力をアピールしようとして、少し言い過ぎたというか……」
「そういう所は欧米気質なんだ」
「自分を最大限に評価してもらうため、努力するのは美徳ですから……」
 この辺りは日本の美徳と少し違うな。
 脳ある鷹は――なんて、日本人は割と奥ゆかしい部分があるからな。
 才能を磨いても、それが評価されなければ意味が無いと思うか、評価されるために才能を磨くのではない、己の為に磨くのかの違いだ。
 双方の考えは似ているようでかなり違う。けれど真逆ではない。国民性の違いだと思う。
「それに……、いつもみたいにしていたら、イジメられるんじゃないかと……」
「んで、初対面なのをいい事に、目一杯虚勢を張った。そういうこと?」
 宮之阪さんはコクコクと頷いて見せる。
 気弱な奴が一念発起して、高校生デビューするようなものか。
「同年代の人と話すなんて経験が無いので、嬉しさ半分見栄半分でついつい……」
「……なるほどね」
 そういや彼女は飛び級していて、同年代と一緒に学ぶ機会が少なかったのだ。
 本来ならその時期に親兄弟以外の他人と触れ合い、喜びや悲しみを経験して成長するはずだった。
 だけど彼女は特別。同級生からは子供に見られ、同年代からは敬遠されて育ったのだろう。
「ちなみに宮之阪さん。大学に入学した時って、何歳の時?」
「一二歳です」
 くうっ……、俺には到底想像出来ない世界だ。
 コミュニケーション能力が著しく低いのは、予想通り飛び級の弊害だろうな。
「じゃあさ、さっきのことは無かったことにして、よろしくお願いしますと言える?」
「……イジメられませんか?」
 うーん、乃江さんは仁義に厚い人だから、仲間をイジメたりはしないだろう。
 問題は山科さんと美咲さんだな。
 山科さんの関西弁は、慣れていないとキツく聞こえるし、美咲さんはアレでおっかないところがある。
 二人ともイジメはしないと思うけど、結果的にどう受け止めるかは、本人の心持ち次第だからな。
「……多分、大丈夫」
「本当ですか? 返答に窮しているように思えましたが……」
 宮之阪さんは半信半疑って表情をしている。
 こういう小動物っぽいところ、俺と良く似ている。考えすぎて前に進めなくなるタイプだ。
 もしかして俺に気を許しているのは、似たような性格だと薄々感じ、親近感を持ったからだろうか。
 だけどこんな内気な性格をしていては、我の強い面々と付き合っていけるとは思えない。
 いい作戦を思いついても言い出せない。結局みんなの言うがまま動いてしまいそうな予感がする。
 俺の場合は魍魎事件以降、積極的に意見を求めてくれるようになった。俺にしては割と上手く付き合えていると思う。
 出来れば宮之阪さんもそれ以上、出来れば対等に付き合って欲しいと思う。
 彼女にも、ああいうキッカケみたいなものがあればいいのに。
「うーん、どうしようかな」
「何をどうするんでしょうか?」
「いや、結局戦ってみるのが一番なのかな、なんて思って」
「誰が……誰と? ……もしかして、私が?」
「宮之阪さんが言い出したんでしょ? お互いの力量を知っておいた方がいいし、勝敗をつけなきゃ良いんだから」
「本当に戦うのですか? どうしよう……」
 宮之阪さんは口を三角形にして、おろおろと落ち着かない様子。
 退魔士って職業はガテン系だ。学歴がどうの、見てくれがどうので人を判断しない。
 いかに才能があるか、そしてそれを使いこなせているかだと思う。
 結局は腕っぷしの世界で、使えるか使えないかで優劣が決まる。
「学芸会の発表だと思えばいいんじゃないかな」
「……学芸会。初等教育の一環、劇や学習結果を発表し、個の自主性を育む……」
 寂しげな表情と他人行儀な口調。恐らく彼女は学芸会なんてやったことないのだろう。
 学芸会は文化祭の代替イベントみたいなものだ。
 大抵は小学生の頃に経験するものだが、彼女はその時期をすっ飛ばしているんだろう。
「カオルは学芸会で何をしましたか?」
「え、ああ。国語の教科書を丸暗記して朗読した。覚えるのだけは得意だったからな」
 宮之阪さんはその様子を思い描いて、少しはにかんだような笑顔を見せた。
 自分に足りない経験を、想像の中で補完しているのだろう。彼女はそうやって孤独を埋めて生きてきた。そんな気がする。
「そういや、仲間になったら同じ学校に通うの?」
「あっ、いや、そこまで考えていませんでした」
「まだ学校のイベントは盛り沢山残ってるよ。学園祭や修学旅行とかね」
「はぅ……、夢みたいです。でも私なんかが学校に行ったりして、大丈夫なのでしょうか」
 宮之阪さんは嬉しさ半分、不安半分で戸惑いを見せた。
 学力の観点からいえば、今更彼女が高校に通う意味は無い。
 だけど学校って奴は、なにも勉強だけをしに来る場所じゃない。
 人とのコミュニケーション能力を欠いた彼女にとって、同い年と学ぶ機会はきっとプラスに作用すると思うのだ。
 だけどここからが肝心。対人恐怖症のまま学校生活を送っても、溶け込むのに時間が掛かってしまう。
 彼女に必要なのは自信、そしていざという時に頼れる仲間だと思うのだ。
「これを見てくれるかな」
 俺は腰に差した守り刀を鞘ごと抜き取り、テーブルの上に置く。
「俺はこの退魔刀と徒手で戦う近接タイプ。修行中だから腕はまだまだ未熟だけどね」
 個々の能力を知られるということは、それなりのリスクを背負うことを意味する。
 最近、危険に晒されることが多くなって、余計にそう思うようになった。
 人形繰りの時もそう。能力や装備を完全に把握されていたら、今頃俺は無事でいられなかっただろう。
 相手の能力を知る以上、こちらも手の内を晒さないとならない。それが最低限の礼儀だと思ったのだ。
「頭の上に乗っかっているのは、守り刀の神カナタ。刀神というらしいけど、結構頼りになる奴だ」
「カタナカミ……。カオルの守護霊みたい……」
「手助けをするには、宮之阪さんのことをもっと良く知る必要がある。先に手の内を明かしたのは、フェアーでありたいと思ったから」
 彼女もその言葉の意味を理解したようで、恐縮したように何度も頭を下げている。
 そして踏ん切りをつけてくれたのか、自分の能力を俺に伝えてくれた。
「私の能力は――ごにょごにょ」
 彼女から驚くべき内容が告げられる。
 それは俺の想像を遥かに越えるものだった。



BACK   NEXT   TOP
ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.