BACK   NEXT   TOP


『036 異邦人 00』

「いやぁ! おにいちゃん! 助けて!」
 葵の悲痛な叫びが店の中まで響き渡る。
 塩を見つけ出し、店の外へと飛び出したが遅かった。
 判断の遅れが命取りとなり、どういう結末をもたらすのか痛感させられた。
 無数の蚊が寄り集まり、葵の体を包み込み、紫電の火花を散らして、彼女の霊気を中和していた。
 葵は激痛のあまりもがき苦しみ、呻き声を上げながら地面を転げ回る。
 俺はありったけの塩をぶちまけ、蚊柱が怯んだ隙に、葵を引き摺るように店の中へ逃げ込んだ。
 ぐったりとした葵を抱き、祈る思いで頬を何度も叩く。
 だが彼女は反応を返さない。筋収縮して手足は石のように硬く、体は痙攣して小刻みに震えている。
 口のまわりを汚していた吐瀉物を拭い、手を翳して呼吸の有無を確認する。
 だが呼吸は停止し、手のひらに吐息は感じられない。
 顎を引き上げて気道の確保。唇を重ねて息を吹き込むものの、顔色は見る見るうちに青白くなっていく。
 彼女の霊気は絶望的なまでに希薄、自発呼吸を取り戻すほど力を残していなかった。
「葵っ!」
 俺の声が聞こえたのだろうか。最後に大きく体を震わせ、そして力尽きた。



「葵、死ぬなっ!」
「私を勝手に殺すな!」
 腹部に物凄い衝撃を感じ、痛みのあまり目を見開く。
 葵の膝が腹部にめり込み、俺の体はくの字になってソファーへめり込んでいた。
「葵、葵って……もう! 恥ずかしいっ!」
 そっぽを向く葵の姿。いつも通りの姿を見つめながら、不覚にも涙が出そうになった。
 身を起こしてソファーに座り直し、葵の手を握り抱き寄せた。
「良かった……」
 細い体を抱きしめ、その温かみを感じる。
 生きていると確信を持てても、まだ動悸が収まらない。現実に起こったことのように生々しく感じる夢だった。
「こら、兄者! ご乱心召されたか!」
 じたばたともがき、手の中から逃れようとする葵。
 だが害意が無いことに気付いたのか、観念したかのように動きを止めた。
「今、何時?」
「七時ちょっと前だよ……」
 そうか……、どうやらうたた寝してしまったようだ。
 最近朝の修行が厳しくなり、疲労が蓄積していたのだろう。
 家に帰って部屋着に着替え、夕食を待つ間に眠くなって、ソファーで横になってしまったのだ。
「母さんは?」
「おにいちゃんの後ろ。拳骨握りしめてる」
 そう葵がそう口にした瞬間、頭の上に拳骨が振り下ろされた。
 ゴツンと頭蓋骨を揺らす鈍い音。痛みのおかげで完全に目が覚めた。
 首を反らして見上げれば、般若のような母の顔。額に血管を浮かせて、口元をわななかせていた。
「顔……怖っ!」
「うちはいきなり妹を抱きしめる、あんたの方が怖いわ」
「これはハグというコミュニケーション手段だ」
「いきなりハグしあう兄妹が、どこにおるねん!」
 葵は俺の手から逃れ、飛び退いた場所に正座して床にのの字を書く。
 やましいことは何一つ無いが、そんなリアクションをされると困ってしまう。
「……まあいいや、今日の晩御飯は?」
 とりあえずハグは無かったことにして、即座に話題を切り替える。
 スパイシーな香りが部屋中に充満している。献立を聞かなくても分かるのだが……。
「手羽先煮込みチキンカレー」
 葵は目を輝かせ、陶酔しきった顔でそう答える。
 圧力釜で手羽先をとろとろに煮込み、鶏の旨みを余すことなくぶち込んだカレーだ。
 スプーンをそっとあてがうだけで、苦もなく肉と骨が離れる手羽先。
 骨髄から染み出たエキスが、市販のカレールーを別次元に昇華させる。手羽先カレーは葵の大好物なのだ。
 葵はだらしなく顔を緩め、手を羽ばたかせながらキッチンへと向かう。
「カオル……、ほんまにあんた大丈夫か?」
 殴った頭頂部を撫でつつ、母は俺の顔を覗き込む。
 心配そうな瞳が揺れる。どうやら本当に心配かけてしまっているようだ。
「大丈夫、ちょっと怖い夢を見ただけ」
 母はその言葉に、安堵した表情を見せる。
 そして俺の首に両手を回し、ギュっと力一杯抱きしめてきた。
「こ……こら、ご乱心――」
「ハグっていうコミュニケーション手段やねんやろ? どんな感じなんかな~と思ってな」
 母、三室静はこんな子供っぽい一面を持っている。
 普段、威厳のある態度を取っていたかと思えば、こちらが恥ずかしくなるくらい、子供っぽい振舞いをする時がある。
 その性格も手伝ってか、年より若く見られることが多い。
 牧野がお世辞で『お姉さん』なんて言っていたが、贔屓目無しで子持ちの主婦に見えないのは確かだ。
「カオルは昔っから変わらへんな。愚図って泣くことが多かったけど、大人しなるのも早かったもんな」
「言い返せない自分に腹が立つ」
 言われた通り、知らず知らずの内に身を委ねていた。
 母の匂いってのは不思議な魔力を持っている。いつのまにか動悸は収まり、不安感を拭い去ってくれた。
「よちよち、カオルちゃんはええ子でちゅね」
「むう……」
 母は苦笑しながら俺から離れ、葵の待つキッチンへと向かった。
 何気にハグが気に入ったのか、キッチンでも葵と抱き合い、母子の絆を深めている。
 そんな折、携帯がブルブルと震え、テーブルの上を音を立てて走り出す。
 人形繰り事件で携帯を壊されたが、新品を入手して事なきを得ていた。
 今度こそ銀色をと思ったが、家族に不審がられるのも問題だし、断腸の思いで百式カラーを買い直したのだ。
 手首の返して携帯を開き、ディスプレイに表示された名前を見る。
 そしてキッチンに背を向けつつ、声を殺して電話に出た。
「もしもし……」
「あっ、カオるん。美咲です、こんばんは~」
 のほほんとした口調に和まされ、思わず頭を下げてしまいそうになる。
 俺は背中を丸め、手で口元を押さえながら声を潜める。
「なんです? 電話を掛けてくるなんて……」
 ちょっとした連絡ならメールで事足りる。
 電話を掛けてくるってことは、口頭で伝えなくてはならない場合だけだ。
 少しばかり身構えつつ、伝えられる用件に耳を傾けた。
「マリー・ミヤノサカから連絡がありました。明日の便でこちらに向かうと……」
「マジっすか!」
 声を潜めていたなんて忘却の彼方。一瞬で頭の中から消え去っていた。
「昼過ぎの便で到着する予定です。カオるんには事前に知らせておこうかと思いまして」
 思いがけない一言を聞かされ、興奮のあまり立ち上がりガッポーズを作っていた。



 翌日、俺は美咲さんに付き添い、空港へとやって来た。
 付き添うというよりは自主的に、志願して同行させてもらったのだ。
 ちなみに山科さんと乃江さんはお留守番。昨晩二人は狩りに出掛けており、疲労回復に努めるよう配慮したらしい。
 入国審査場の外から中を窺うと、ちょうど英国航空の乗客らしき一団が見えた。
 乗客はベルトコンベアで運ばれた荷物を手に、検査員のチェックを受けようとしている。
「タイミング、ドンピシャですね」
「下調べしておいて良かったです」
 美咲さんは微笑みながらサムズアップを返す。
 俺は乗客が出てくるのを見計らい、即席で作ったプラカードを掲げた。
 Welcome to Japan. Ms. Marie Miyanosaka。
 擦り切れるほど読んだ本の著者だ。名前の間違いは無いはず。
 手続きを終え、ゲートから出て来る乗客を目で追い、巻末にあった彼女の顔を思い出す。
 だが待てど暮らせど彼女は姿を現さない。そしてとうとう乗客の波が途切れてしまった。
「何か問題が生じて検査員に捕まったとか」
「彼女はプロ中のプロです。検査員に捕まるようなヘマはしないと思います」
 いやいやそうだろうか。アメリカで起こったテロ事件以来、空港の対応はかなり厳しくなっている。
 X線検査機も格段の進歩を遂げているし、なにかしら不審物を持ち込んだ場合、ほぼ確実に足止めを食らうと思う。
 程なくして別便の乗客が審査場に現われ、美咲さんは意を決したように鼻息を荒くした。
「カオるんはここで待っていてください。私は航空会社のロビーで確認して来ます」
 美咲さんはそう言って足早に走り去る。
 再び出て来た乗客を確認するが、アロハシャツにマカダミアナッツの土産、どう見てもハワイ帰りの日本人ばかりだ。
 頭の上でツンツンと髪を引っ張る感触。カナタは腕に飛び降りて、何か言いたげな様子で俺を見上げる。
「どうした? 甘い物でも欲しくなったのか?」
「いやいや、そうではない。向こうから強い霊気を感じるのでな」
「霊気? そんなこと分かるのか?」
「美咲に匹敵する霊力の持ち主など、そう滅多におらんじゃろう」
 まるで霊力探知機だ。カナタにそんな才能があったなんて知らなかった。
 いやまてよ、霊気や瘴気を主食とするカナタだ。俺達が食物の匂いを嗅ぎ分けるのと同じで、何となく場所が分かるのかもしれない。
「この者達からは凡庸な霊気しか感じぬ。ここで待っていても無駄じゃろう」
「なるほど、……行ってみるか」
 念のためプラカードに『wait here !』と書き足し、ゲートから見える位置に置く。
 そしてカナタの指差した方角へ小走りに駆け出す。
 カナタの指差す方向は、どう見ても空港の外だ。もしかすると入れ違いになったのかもしれない。
 空港を出てバスターミナルを通り抜ける。その先にあるエアポートホテルの庭先へ、カナタは確信を持って案内する。
 ホテルのオープンカフェ。庭先に用意されたテーブルに着く女の子が一人。
 ただ座っているだけなのに、本能が警鐘を鳴らす。
 ここまで来ると俺にも分かる。こんなに特殊な霊気を見るのは初めてだ。
 彼女の霊気は二属性混合型。だが水と木のような親和性の高い組み合わせではない。
 水と火という相反する属性。
 本来なら打ち消しあうか、どちらか一方を弱めるはずの属性なのに、バランス良く調和し、彼女の体を包み込んでいる。
 手には文庫本が一冊。レトロな旅行鞄を足下に置いて、猫が一匹、彼女の膝上で目を閉じている。
 俺は早速携帯を取り出し、『エアポートホテル前で目標を発見』と打鍵する。
 携帯を二つ折りにしてポケットに突っ込み、軽く咳払いをして歩み寄る。
Thank you for coming all the way to Japan(遠路はるばる、日本へようこそ) Ms. Marie Miyanosaka(ミス マリー ミヤノサカ)
 いきなり声を掛けられて驚いたのか、鳶色の瞳を見開いて顔を見上げる。
 彼女は文庫本に栞を挟み、腕時計の針を数秒見つめ、驚いたように目を見開いた。
 時を忘れて本に夢中になっていた。どうやらそんな状況のようだ。
 鳶色の瞳に長い睫、白い肌に映えるさくらんぼのような唇。
 なにより印象的なのはその端正な顔立ち。あどけなさと大人の美しさが混在し、えもいえぬ色香を感じさせる。
 彼女は恐縮しぺコリと頭を下げると、ふわりと栗色の髪が揺れた。
「日本語……少しなら……話せます。ミスター……えっと……」
「初めまして、三室カオルです」
 蚊の鳴くような小さな声だったが、かなりネイティブな発音で日本語を話す。
「カオル……。宇治十帖の薫?」
「そう。薫の君と同じ漢字です。よろしく」
 そう言って名を説明すると、彼女は目を輝かせて見つめ返す。
 どうやら彼女は民俗学だけではなく、日本の文学にも深く通じているようだ。
 薫と聞いて源氏物語を思い出せるなんて、日本人でも中々出来ないことだ。
「えっとマリー……、あっ、いや、ミヤノサカさん……」
 いきなり名前を呼ぼうとして、ふと抵抗を感じた。
 向こうでは名を呼ぶのが当たり前かもしれないが、ここは日本、いきなりマリーさんと呼ぶのはどうかと思ってしまう。
「日本では宮之阪まりえで通しています。名を呼ぶのに抵抗があれば、ファミリーネームで呼んでいただければ……」
 名前の件は美咲さんからあらかじめ聞かされていた。
 彼女は英国と日本の二重国籍を持ち、日本での登録名は宮之阪まりえという。
 Marieはローマ字読みだとまりえだし、将来日本国籍を取得した場合、日本人らしい名前に聞こえるからという理由らしい。
「じゃあ宮之阪さん。あの、その、飛行機は?」
「この子のために、別の航空会社を使ってまいりました」
 彼女はそう言って膝の上で猫を撫でる。
 そういえばペットの飛行機搬送は、航空会社によってサービスが異なると聞いたことがある。
 さすがに客室に持ち込めるサービスは無いが、空調や防音設備の整った専用の部屋を用意している会社もある。
 気圧差や温度差で死に至ることもあるらしいし、飼い主としては死活問題なのだろう。
「へぇ……、三毛猫ですね。しかもオス」
「タマと言います」
 イギリス人なのに三毛猫、少し違和感を感じてしまう。
 だがよくよく考えれば彼女はクオーター、四分の三が日本人って事だから、三毛猫を飼っていても不思議は無いのか。
「タマさん、挨拶して……」
 宮之阪さんが合図を送ると、猫は眠そうに目を開けて俺を見上げる。
 そしてぺコリと頭を下げ、にゃんと一鳴きした。
「カオるん!」
 背後で美咲さんの声がした。
 振り返ると、通りの向こうで信号待ちをする美咲さんの姿。ホッとしたのか笑顔で手を振っている。
「アレが天野……」
 目を細めて美咲さんを見つめる宮之阪さん。心なしかさっきまでと声色が違う気がする。
 彼女は膝上のタマさんを椅子に座らせ、席を立って美咲さんを迎える。
 美咲さんは宮之阪さんを前にして、ポリポリと頬を掻く。そして咳払いを一つしてお決まりの台詞を口にした。
「Thank you for coming ――」
「ああっ、美咲さん」
 俺はその台詞を遮り、彼女が日常会話なら問題の無いこと、行き違いになった理由を説明した。
 英語で会話せねばと気を張っていたのだろう。胸を撫で下ろして表情を緩めた。
 美咲さんは気を取り直して手を差し伸べる。
「天野美咲です。よろしくお願いいたします」
 だが美咲さんの手を見つめるばかりで、宮之阪さんは手を差し伸べようとしない。
 それどころか一歩下がって俺の後ろへ隠れた。
「私……」
 彼女は蚊の鳴くような声で俺に耳打ちする。
 どうやら彼女は、美咲さんと直接話すことに抵抗を感じているようだ。
「えっと、なになに……、えっ……本気ですか?」
 宮之阪さんはコクリと頷いて、言えといわんばかりに背中を指でツンと押す。
 拡声器代わりに利用されているようで、少し複雑な気分にさせられる。
「申し難いのですが、ありのままお伝えします」
「――心の準備は整っています」
「天野さんは私の実力を知り、雇用したいと申し出てくれました」
 美咲さんは言葉の意味を探りながら、射殺すような目で俺を睨む。
「私も同様に貴女方の力量を判断する機会をいただきたい。力を貸すに値するかを見極め、それから……」
 ピクリと美咲さんの眉が吊り上る。
 胸倉を掴まれ平手打ちされてもおかしくない殺気。やり場のない怒りが俺に注がれる。
 だが二人で火花を散らさないだけマシかもしれない。そうなったらこの話はご破算になってしまう。
 背後に隠れる宮之阪さんに問い掛ける。
「何故俺に話し掛けるんです?」
 彼女は人差し指を唇に当て、しばし考え込む。そして二コリと微笑んで囁いた。
「身構える前に話し掛けられて、インプリンティングされました」
「産まれたてのヒヨコですか」
 そういったものの、恐らくそれは言い訳にすぎないだろう。
 俺は退魔士でもないし、美咲さん達の正規メンバーでもない。中立に近い立場の人間と知って、話し掛けているのだ。
 美咲さんは宮之阪さんの言い分を聞いて、静かに頷いた。
 恐らく彼女のプライドは傷ついたであろう。
 美咲さんは業界でも一目置かれている、新進気鋭の退魔士だ。
 そんな彼女に対し、「どこの馬の骨かわからぬ」と言っているようなものだから。
「で? どのように判断なさるおつもり?」
 何気に美咲さんの口調がキツイ。
 俺だったら泣いてしまいそうなほど刺のある口調だ。
 宮之阪さんは再び、俺の耳に囁きかける。
 ……キツイ、キツすぎる。歯に衣を着せないにも程がある。
 聞かされた言葉を口にして良いものか、俺はしばし思慮にふける。
 だが背中をグリグリと突っつく宮之阪さんに促され、やむ無しにその言葉を美咲さんに伝えた。
「戦って見れば分かります。一対一でも、一対三でも結構です…………」
「カオるん、続けて!」
「…………貴女方には負ける気がしませんから」
 どこかで堪忍袋の緒が切れる音がした。



BACK   NEXT   TOP
ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.