BACK   NEXT   TOP


『035 人形繰り 07』

「はぁ……」
 昨日の事を思い出し、思わず溜息が漏れてしまう。
 事件のことではない。堤さんの悲しげな顔が頭から離れてくれないのだ。
「なんや、朝からテンション低いなぁ」
 隣を歩く山科さんの口が尖る。
 ふと気を抜いとあの顔が頭に浮かんで、その都度悶々とさせらてしまうだ。この病気はしばらく治りそうにない。
「アンニュイっす」
「桃井な感じかいな。それじゃ『その後』の話は聞かん方がええな」
 その後と聞かされて耳がピクリと動く。
 そう言えば乃江さんも美咲さんも、その事を口にしようとしなかった。
 なぜだろうと思いつつ、こちらから切り出せない雰囲気を醸し出していた。これを逃すと一生聞けない気がする。
「聞きたい。むしろ聞かせろ。いや聞かせてくださいまし。もうこれ以上テンション下がんないから」
「底の底かいな……。せやったら落ち込まんでええかもな」
 山科さんは額を指で摘み、息を吐いて踏ん切りをつけた。
「アイツは退魔士ランクC、通称『人形繰り』と呼ばれとる奴っちゃねん」
「人形繰り……、そのまんまっすね」
「情報屋紛いな活動しつつ、イリーガルなことに手を染めとったみたいや」
 山科さんの顔がにわかに険しくなる。
 そのイリーガルって意味、なんとなく分かる気がする。恐らく殺傷行為を意味するのだろう。
「恐らくやけど、魂喰いが幻獣召喚ちゅう、あの死神やらを呼び出す能力を手に入れたんも、アイツが一丁噛んどったらしい」
「前は死神で、今回は二匹の猟犬でした」
「後は当局の捜査待ちや。人形繰りの住処を調べるちゅうとったし、なんか分かったら連絡くれるて」
 掴み所のない話を聞かされ、若干肩透かしを食らった気分になった。
 結局のところ、魂喰いの情報は手に入ってなかったってことか。事態は全然好転していない。
「根性無しの割に、黙秘を決め込んでるのか……」
「黙秘……、そう言われると完全黙秘やなぁ」
 山科さんはどこか遠回しな言い方をして、苦虫を噛み潰したような顔を見せた。
 こんな顔をした彼女を始めて見たような気がする。
 いつも笑顔で口をぽかーんと開けてるイメージしかない山科さんが、なんだか今日はシリアスムードだ。
 これは異常事態と考えて良い。それもかなり高レベルの危機だ。
「すいません、本当の話……聞いていいですか?」
 山科さんは横目でチラリと俺を見る。そして深く刻んだ額の皺を、指で揉みしだく。
「一般的な調書を取り、被疑者は素直に尋問に応じとったらしい」
「ふむ……」
「黙秘決めこんどったら、乃江が心を読む算段やってんけどな。うちらは控え室で茶しばいとってん」
「それがなんで?」
「人形繰りは尋問の合間。あろう事か警察官が席を外した瞬間を見計らい、自分の首を絞めて命を絶った」
「――――な!」
 山科さんの言葉だけを頼りに、その状況を想像する。
 席を立つ警官が扉を閉め、人形繰りは自分の首を掴んで――、っておかしくないか?
「いや、それはありえない。失血死、窒息死する前に気を失う。そんな方法で人が死ねるなら、留置場では必ず拘束服が必要になる」
「そやろか? カオルは大事な要素を一つ忘れとる。屋上のことを思い出してみ?」
 屋上、人形との格闘、堤さんが操られて格闘になった。
 操られた敵……、人形繰り。
「まさか……」
「人形繰りって、心的ストレスを抱えとるとかかりやすいんやて。逮捕、拘留、尋問と、まさにそんな心理状況やったんやろな」
「喰われた……。アイツが……」
「これで分かったことが二つ。一つは殺さんでも奪えるってことや」
「な、る……」
「もひとつ、うちらの包囲網は完全に破られたってことや。あいつは依頼に乗じて、この地区に術者を呼び寄せたらしい」
「そんな手使われたら、守りきれないじゃないですか!」
 言葉を失ってしまい、それ以上何を話していいか分からなくなる。
 足下がガラガラと音を立てて崩れ去った。当てにしていた方程式が、何の役にも立たないと分かったのだ。
「二つ分かって一つ分からんようになったことがある。カオルが狙われた理由や」
 山科さんはそう俺に告げて、ピシャリと額を叩いた。



 教室に入って席に着く。
 何食わぬ顔で隣の席を一瞥すると、いつもと変わらぬ堤さんの姿があった。
 彼女は鞄から教科書を取り出し、角を揃えて机の中に入れる。
 黒板を見つめ、背筋を伸ばして座る姿。紛れもなくいつもの堤さんだ。
「――術は効いておるようじゃの」
 耳元でカナタが囁きかける。
「――ああ、良かった」
 カナタは不満そうな顔をして、俺の頬を摘み上げる。
 それだけでは飽きたらずに、サンドバックの如くペチペチと頬を叩きまくった。
 カナタの奴、昨日からご機嫌斜めだ。事ある毎に当たり散らすようになった。
 反抗期? 生理不順? 神様だけにどれにも当てはまらない気がする。
「本当に良かったと思っておるのか。ああ……、あの時、飴の女を抱いておけば良かった……、などと不埒な事を考えておるじゃろ!」
「こら! おこちゃま体型の癖に『抱く』とかシレっと口にするな。違和感だらけで背筋が寒いわ!」
 小声でそんな言い争いをしていた時、隣の席でガタンと椅子を鳴らす音がした。
 恐る恐る首を動かすと、机の横に仁王立ちする堤さんの姿、しかも目を細めて見下ろしている。
 その眼力、ちょっと怖い……。
「なななななっ、なに?」
 ――術が効かなかったのか。咄嗟に最悪の事態が頭を過ぎる。
 同時に心臓は早鐘を打ち、脈拍は一気に二百近くまで跳ね上がった。
 堤さんはハンカチをスッと机の上に置く。
「借りていたハンカチ。ちゃんと洗ってアイロン掛けしてあるから」
 し……しまった! ハンカチを回収し忘れていた。
 暗示は所詮暗示にしかすぎない。記憶を消してしまう訳ではなく、思い出さぬようにバイパスさせるしか出来ない。
 暗示を掛けてすぐは特に危険。ちょっとしたことで記憶が呼び覚まされてしまうのだ。
 この小さな綻びは、彼女にどれほどの影響を与えたのか。考えただけで胃液が逆流してくる。
「あ、あはは……。昨日の今日でちゃんと返すなんて、堤さんらしいというか……」
 脈拍が上がりすぎて、吐き気がしてきた。
 脈打つこめかみの血管が、今にも切れてしまいそうだ。
「私らしいってどういうこと?」
 堤さんは腕組みをして、冷たい視線で俺を凍らせる。
 氷の女王様かとツッコミたくなるが、それも堤さんらしいのでスルーする。
 堤さんは何気なく教室を見回し、いつもと変わらぬ顔で耳打ちをした。
「あのことは内緒。約束よ?」
 何を秘密にしたらいいのか、思わず頭を抱えてしまった。



BACK   NEXT   TOP
ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.