BACK   NEXT   TOP


『034 人形繰り 06』

 堤さんに案内されて 早蕨町(さわらびちょう)へと向かい、彼女が足を止めた家を見上げて仰け反った。
 この辺りはいわゆる高級住宅地、この不況下で億単位の家が建ち並ぶ、ちょっと敷居の高い場所なのだ。
 そして堤さんの家も御多分に漏れず、かなり厳つい門構えをしていた。
 門の前に立って、家の屋根すら窺えない。プライバシーを守るには理想的な建築様式といえる。
 自然石を積み重ねた植え込みに、人目を避けるべく植えられた常緑樹。
 家の風格を損なわぬよう配慮され、門から離れた場所にある車庫の入り口。
 一般的なサラリーマンならば夢に描くことすらない豪邸だ。想像の範疇を超えてしまっている。
 堤さんは門の前に立ち、斜め前から見下ろすカメラに顔を向ける。
 短いモーター音が門の中から聞こえたかと思うと、鍵が解き放たれる音が二つ鳴り響いた。
「誰もいないのでは?」
「両親はいないと言ったはずだけど……」
 おっかなびっくり門をくぐり抜ける。
 抜き足差し足忍び足で歩く姿を見て、なにか言いたげな表情で見守る彼女。
「侵入者を即、消し炭に変える高出力レーザービーム」
「そんなもの、無い」
「家の者以外を噛み殺すよう、訓練されたドーベルマン」
「アニメの見すぎ」
「左胸を膨らませた屈強のガードマン」
「法治国家、日本」
 堤さんの言う通り、ビームに焼かれることもなく、ドーベルマンやガードマンにしてやられることも無かった。
 堤さんの両親って何者だろうか。ふとそんな疑問が頭を過ぎる。だが玄関へと案内された時、問い掛けずともその疑問は氷解した。
 玄関の下駄箱の上、力強い筆捌きで書かれた書道の額縁。朱印を押されたサインには、見慣れた名前が書き記されていた。
「あっ……、もしかして三室くんって、私の父のこと知らなかった?」
「今、知った」
 地元から擁立されている代議士と同じ名だ。
 リベラリズム派に属し、政界のニュースには必ず名前が挙げられる大物政治家だ。
 都心から離れた地方の小都市にも関わらず、我が街は過分なほどにインフラが整備されている。
 それは政権における代議士の力そのものと言えるのではないだろうか。
「結構、お年を召された方じゃなかったっけ?」
「私が生まれた頃には四十半ばを過ぎてたらしいけど、政治家としてはまだまだ若造らしいわよ」
 てことは還暦過ぎた頃だろうか。それを若造って……、政治の世界は妖怪の巣窟だな。
 堤さんは靴を脱ぎ、玄関先に両膝を付いてスリッパを揃えてくれる。
 その立ち居振舞いを見ただけで、どう育てられたのか察することが出来る。
 蝶よ花よと甘やかされた令嬢ではなく、きちんした淑女に育てられたに違いない。
 廊下の先から衣擦れの音。和装姿の老婆が静々とやって来て、毅然とした態度で頭を下げる。
 総白髪の小柄な老婆だが、足元もしっかりしていて年より若く感じられる。
「沙耶香お嬢様、お客人でございますか?」
 老婆はチラリと俺を一瞥し、憚られるかのように声を細めた。
 まるでいけないことをしているかのような態度だ。ちょっと涙が出てしまいそうになる。
「ええ、駅前で悪漢にからまれた時、偶然通りがかって助けていただいたの。少し怪我をなされた様子ですので、手当てをと……」
「まあ、それは……」
 老婆が俺を見る目が一変し、不審者からいきなり恩人に格上げされた。
 それにしても堤さん曲者っぷりには恐れ入る。伝えていない事は多々あるものの、嘘は一つも吐いていない。
 平然と当り障りの無い話を並べ、この状況をさも正当な行いであると言い切った。
「私の級友ですから、このまま自室に通そうと思います。ばあやは救急箱とお茶の用意をお願い」
「かしこまりました」
 老婆はぺコリと頭を下げ、廊下を滑るように歩き去る。
 堤さんに促され、スリッパを履いて家の中にお邪魔する。
 彼女は廊下を先に歩き、ちょいちょいと手を振ってかわいらしく手招いた。
 扉を開き壁のスイッチに手を掛ける。瞬いた照明が部屋の中を明るく照らし出す。
 フローリングの部屋にラグを敷き、小さなテーブルとフロアソファーが二つ並べられ、部屋の片隅には書棚と勉強机がある。
 ちょっとした書斎兼リビング風の部屋だが、学生の部屋にしては違和感を感じる。
 その違和感の元を辿ると、部屋の奥にはもう一つ扉が目に付く。この部屋にベッドが見当たらないし、恐らく寝室へ繋がる扉なのだろう。
「――ってか、広っ!」
 思わず感嘆の声が漏れる。
 この部屋だけでも、ちょっとしたお座敷くらいの広さがある。
 ベッドルームが別にあることを考えると、美咲さん達のマンションに匹敵する広さじゃないか。
「両親は東京住まいだし、ここにはたまにしか顔を出さないの。ばあやと私だけじゃ、部屋が勿体無いでしょ?」
「そっか……国会か。お母さんも向こうに住んでるの?」
「父って身の回りの事、なんにも出来ない人なの。母が居なければ失脚してしまうんじゃないかしら」
「んな馬鹿な……」
「東京のど真ん中で遭難しかけたことある……、と言ったら信じてくれる?」
 なんとなく堤さんの父親像が浮き彫りになった。
 靴下の置き場所さえわからない、亭主関白然とした団塊の世代って感じだろうか。
 堤さんに促され、ソファーに背中を預けて人心地つく。
 丁度その時、扉の向こうで衣擦れの音が聞こえ、まもなくしてノックする音が扉から聞こえた。
「いいわよ、入って」
 堤さんが一声掛けると、ばあやさんは一呼吸置いて扉を開き、救急箱を携えて部屋に入って来た。
 ノックするまでの間とか、扉を開くまでの間が微妙に気になる。気を使っているのだろうが、大きなお世話だと声を大にして言いたい。
 ばあやさんは救急箱を堤さんに手渡し、お盆に乗せたお茶をテーブルに置き、何も言わずに部屋を後にする。
 堤さんは救急箱を開け、ピンセットでガーゼを摘んで消毒薬に浸す。
 そして俺の側ににじり寄り、身を乗り出してガーゼを近づける。
「ちょっと沁みるかも……」
「我慢します」
 冷たい感触が頬を撫で、消毒薬の匂いが鼻を突く。
 ガーゼは顔中の傷という傷を拭い、口角の手前でピタリと止まる。
 そして堤さんは額に深い皺を作り、目を細めて患部をマジマジと見ている。
「血が固まって、見た目は酷かったけど、傷はほとんど治りかけているわ……」
「気功のパワーだ」
 そう誤魔化してみたが、そう言い切るのが手っ取り早い。
 霊気は生命を司るエネルギーの源。その量や質に長けている者は、総じて傷の治りが早いとされている。
「なんだ……、傷の手当て……必要無かった?」
「そんなことはない……」
 堤さんはフーンと鼻を鳴らし、ジト目で俺を見つめる。
「もしかして三室くんを家に呼ぶ、都合のいい口実だと思ってた?」
「……いや、そんなことは……ない……ぞ」
 堤さんはガーゼをごみ箱に捨て、ピンセットを救急箱に仕舞う。
 そして俺の前に座り直し、三つ指付いて頭を下げたかと思ったら、首に手を回して俺を押し倒した。
「私ね。消毒薬の匂い、好きなの」
 俺の顔に鼻先を擦り付け、耳元でそう呟く。
 だがそれは口実だろう。紅潮した頬から彼女の高ぶった気持ちが伝わり、甘い吐息は野生の本性を呼び覚まそうとする。
「ごめん、嘘。本当は三室くんのことが好き……」
 首元にあった唇は軽いキスを繰り返し、頬を伝って口元へと近づいていく。
「私、変かな?」
 堤さんは顔を伏せながら、俺の耳元でそっと囁く。
 彼女がこういったことに慣れていないのは、震える手で感じ取れた。
 だが彼女は明らかに背伸びをしている。痛々しいまでに無理をして、何か躍起になっているように思える。
 だがそうまで彼女を急き立てる、心の葛藤は俺には理解できない。一時の感情に流されているようにしか感じられない。
 どちらにしろ抱きしめてあげられるほど、心を通わせた仲ではない。どうにもその気にはなれない。
「私ね、一年の時……いじめにあっていたの。知ってる?」
 そのことはチラリと耳にした事がある。
 特に堤さんは端正な顔をして、誰にも負けない知性をも兼ね備えていた。良くも悪く目立つ存在だったのだ。
 そして芯の強い性格が災いし、かなり酷いいじめを受けていたと聞いた。
「三室くんって、一年の時も千船と同じクラスだったでしょ?」
 弓道部の千船ともえさんだ。俺の中ではコバルトブルーの女の子というイメージが強い。
 彼女は部活に命を燃やす体育会系少女だ。いじめには関与していなかったはずだが、なぜ彼女の名前が出てくる?
「彼女ね。そんな私とも仲よくしてくれたの」
「……そっか、千船さんらしい。ちょっと安心した」
「その一年の時、千船のクラスのみんなが、聞くに耐えない悪口言い出したらしいの」
「千船さんがそう言っていた?」
「ええ、父のことだけはなく、私を侮蔑するような酷い悪口だったって、我が事のように泣いてくれた」
 何を言っていたかなんてどうでもいい。人の本質を見て知って、人を好きになったり、嫌いになるのは当人の自由だと思う。
 だが噂や人に意見に付和雷同し、根拠もなく人を蔑むのは生理的に受け付けない。
 それは俺が小学生の頃に思っていた心の叫びそのものだから。本当の自分を見て欲しい、本当の俺を知って欲しいと思っているはずなのだから。
「気にするな。本質を知りもしないで、人に流されてるだけ。本当の堤さんを知ればきっと好きになる」
 堤さんは顔を上げて俺の目をジッと見つめる。驚いたような、少し恥ずかしそうな複雑な表情だ。
「そう……その言葉……私は半年前、千船から聞かされたの」
「ほえっ?」
「普段大人しい三室くんが、もの凄い勢いで机を蹴り飛ばして、その子達を怒鳴りつけた……って」
 そう言われてみれば、そんなことを言ったような気がする。
 俺自身霊障事件があってから、酷く人間不信に陥っていた。
 その時の自分と重ね合わせ、耐え難かったかったのかもしれない。
「私ね。千船からそのことを聞かされた時、正直……三室くんがどういう子か知らなかった」
「面識無かったし、目立たないように生きてるからな。石の下に隠れ住むダンゴムシが俺の目標だ」
「……嘘だと思わないで。……私ね、そんな見も知りもしない男の子のこと、好きになったの」
 紅潮した頬、潤んだ瞳、わなないた口元が本心だと伝えてくれる。
 手は俺の意志を離れ、彼女の髪をかき上げた。そして紅潮した頬に指を走らせる。頬が、耳元が熱いほどの気持ちを伝えてくる。
「二年になって隣の席になった時、神様っているんだと思った」
「そんな風には全然見えなかった」
「今日も神様に感謝してる。前よりもっと三室くんのこと――」
「ちょっ! ちょっと待った!」
 彼女の唇に指を当てて言葉を制した。これ以上聞いてしまうと、本当に後戻り出来なくなる。
 びっくり眼で見つめる目、視線を反らすことなく見つめ返した。
「堤さんは勘違いしているだけ。明日になって冷静になれば、きっと後悔する」
「私……、後悔なんて……」
「今日は非日常に踏み込んでしまった。思いもしない時間を過ごして、スリルと恋心を混同しているだけだ」
 そっと彼女の体を押し返す。
 揺れる瞳を見つめ返すのが、こんなに辛いものだとは思わなかった。
「ごめん!」
 俺は心の底から彼女に謝罪して、胸のポケットから護符を取り出した。
 堤さんは目をパチクリと瞬かせる。そんな彼女の額に護符をぺタリと貼り付け、回復したばかりの霊気を注ぎ込んだ。
 見開いた目から力が失われる。まどろむようにまぶたが落ち、薄く開けた目が遠くを見つめる。
「堤さんは学校の帰り、おばあちゃんを助けたよね?」
「――私……は、おばあちゃん……を……助けた」
「制服が少し汚れたのは、男に頬を叩かれて転んだものだ」
「――制服……汚れ……た。頬……叩かれ……」
「堤さんは家に帰り、そのままベッドに横たわった」
「私……、ベッド……」
「クマと追いかけっこをする夢。小さな人形が一杯追って来る」
「――夢……を見る」
「少し眠って」
「――はい」
 堤さんはそう返事をして、カクンと首を前に折った。
 博打護符に願ったのは『暗示』
 堤さんをどうすべきかを話し合った際、山科さんから教えてもらった護符の使い方だ。
 俺は堤さんを抱え上げ、ベッドルームの扉を開く。そして彼女をベッドに横たえて、乱れた衣服を整える。
 彼女のポケットから携帯を取り、最後の通話記録を消去する。
 SIMカードを彼女の物に戻し、扉をそっと閉めて心の中で謝罪した。
「女子に言い寄られて、返事もせずに袖にするか。全く罪作りな男よの」
 姿を消していたカナタが顕現して、餅でもこねるかのように頬を引っ張る。
「俺……、今、酷く落ち込んでるんだけど……」
 好きという気持ちをぶつけてくれて、正直言って本当に嬉しかった。
 だが大切に思えばこそ、普段通りの堤さんに戻って欲しいと願ってしまう。
 今日は無事に済んだものの、次も大丈夫だという保証は何もない。
 大切なものだから手を触れない。そんな考え方があってもいいじゃないかと思う。
 彼女に言ったスリルと恋慕の錯覚、あれは俺自身に言い聞かせた言葉なのだ。
 流されていないか、本心なのか。彼女を受け入れていいのだろうか。彼女を汚してしまっていいのだろうか。そう自問自答した。
 テーブルのお茶を盆に乗せ、救急箱の蓋を閉める。
 ごみ箱に捨てられたガーゼをポケットに放り込み、部屋の電気を消して扉を閉めた。
 廊下の先には俺を見つめるばあやさんの姿があった。
「すいません、お茶に口もつけず」
 手に持った盆を手渡し、薬箱をそっと足元に置く。
 ばあやさんは何も問い掛けない。そう教育されているか、それとも全て承知の上か。
「堤さんは疲れて眠ってしまいました」
「そう……でございますか」
「きっと目が覚めると、今日の出来事は忘れてしまっていると思います」
「それはそれは……」
「なにも説明出来なくて申し訳ないですが、口裏を合わせていただけませんか?」
 ばあやさんはその曖昧な願いに対し、ゆっくりと瞼を閉じる。
 そしてしばし熟考した後、静かに目を見開いた。
「それがお嬢様のためになるのであれば……」
 俺は頭を下げて踵を返し、玄関先に腰掛けて靴を履く。
 そしてばあやさんに軽く会釈をして、堤さんの家を後にした。



BACK   NEXT   TOP
ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.