BACK   NEXT   TOP


『033 人形繰り 05』

 漆黒の空に輝く月が見え、気が付くとレンガ道を舐めていた。
 鉄臭い唾液を吐き捨て、グッと歯を噛みしめて立ち上がる。
 酷い蹴り飛ばされ方をした割に、口の中を切っただけのようだ。歯もしっかり残っている。
 背中を伝う冷たい汗が、身体の異常を教えてくれる。連続してダメージを食らったせいか、霊気がかなり希薄になっている。
 これ以上攻撃を食らうとヤバイ。攻撃手段を失うだけでなく、体が言うことを聞かなくなってしまう。
 目の前には命を持たぬ人形のように、静かに佇む堤さんの姿。光のない目がこちらを見据えている。
 目を凝らしてみても、繰り糸は見えない。見鬼の力が弱まっているのか、それとも霊気を流して初めて見える代物なのか。
 どちらにしろ攻め手を失い、手をこまねいて見守ることしか出来ない。
「人形のように霊気を流してみてはどうじゃ?」
 カナタが耳元で囁く。その提案に首を振り、守り刀の鞘から手を離した。
「人に霊気を通すのは難しい。乃江さんがそう教えてくれた」
「霊気が流れにくいのか?」
「いや、その逆だ。流れすぎる。だから人に拳を当てる時には、細心の注意を払わねばならないって」
 そもそも霊気ってのは、生命活動を司る燃料みたいなものだ。
 ゆっくりと流し込めば弱った霊気を補助し、治癒のような特殊効果を生むらしいが、それはあくまで補助的なもの。
 人が纏える霊気の量は決まっている。拳を当てて流せば、その分本人の霊気は希薄になる。
 本人の霊気が薄れるってことは、生命活動にとって害になってしまう場合がある。
 乃江さんは霊気の理を、こう例えてくれた。
 水を飲んで腹を満たすことが出来るが、空腹を癒すことは出来ないのだと。
 もし俺が堤さんに霊気を流せば、彼女は霊気切れを起こすだろう。
 死神事件の時、瘴気で中和された肉体がどうなったか。マイナスかプラスかの差はあれど、肉体に対して同じ負荷が掛かるのだ。
「じゃが、このままにしておいても、あやつのために成らんと思うがの。足を見てみるがよい」
 カナタは堤さんの足を指差して、やれやれと言わんばかりに溜息を吐く。
 彼女は足首までの白い靴下、綺麗だった向こう脛は赤黒く染まっている。
 それはそうだ。俺の頭をサッカーボールでも蹴るように振り抜いたのだ。ポッキリ折れていてもおかしくない。
「やるしかない……か」
 ゆっくりと歩み寄ってくる彼女は、射程内に踏み込んだ瞬間にスイッチが入る。
 赤黒く染まった脚を軸に、左回し蹴りを放つ。
 俺は彼女の膝に手のひらを当て、若干ながら蹴りの勢いを殺す。
 そのまま脇に抱え込んで押さえ込もうとしたが、彼女は上体を捻り両手を地面に付く。そして捻った体をバネにして、軸足で頭を薙ぎに来た。
 アクロバティックな動き。まるでカポエラだ。
 抱えていた脚を突き放し、目の前に迫っていた足首を受け流し、かろうじて軌道を変える。
 目の前には両手両足で屈み込む、黒豹のような堤さんの姿。
 ひらりと舞い上がったスカートから、白い脚が伸び上がる。
 頬を掠めるつま先に、思わず舌打ちしか出て来ない。
 痛めた足を攻撃に使うなんて……。攻撃しづらい場所とわかっていて、わざとやってやがる。
 懐から護符を一枚取り出し、彼女の足に護符を貼り付ける。
「治癒の護符。一枚いくらすると……」
 護符は光を放ち、堤さんの足に吸い込まれるように消えた。
 俺はその足が着地する瞬間を見計らい、次の攻撃に転じる前に、彼女の体に馬乗りになった。
 抵抗する両手を手で制し、頭の上に重ねて片手で押さえつける。
 か弱い女の子を押さえつける、そんな背徳的行為に詫びの言葉しか出て来ない。
「すまない……」
 空いた手で握り拳を作り、彼女の胸元に拳を打ち込む。
 赤の霊気が堤さんの体に流れ込んだ瞬間、彼女の表情が和らいでいく。
「み……、三室……くん。ごめん……ね。痛く……なかった?」
 彼女にとっての致死量、そんな霊気を練ることが出来ない状況が幸いした。
 俺の精一杯の霊気は彼女の体を伝い、術者の繰り糸を露わにする。
 細い繰り糸はエレベータホールの方へと向かい、プツリと切れて見えなくなった。
「あの辺りか……」
 動けなくなった堤さんを抱え上げ、ゆっくりとベンチに寝かせる。
 申し訳なさそうにはにかむ顔。やつれ髪を指で整えて、胸の上に治癒の護符をそっと置いた。
「おかげで居場所がわかった。ぶん殴ってくる」
「……気をつけて……ね」
 彼女は涙を押し流すように目を閉じる。眦から伝う涙が、俺に力を与えてくれる。
 怒りに流されてはいけないとわかっていても、この気持ちを押し殺すことが出来ない。
 俺は限界まで息を吸い込み、夜空に向かって大声で吠え立てた。
「チキン野郎! 出て来やがれ! 満身創痍の素人が、そんなに怖いのか!」
 エレベータホールの中で、人影が揺れた。どうやらチキン野郎にもプライドってものがあったらしい。
 コツコツと靴底を鳴らして、扉の前に立つ影。磨りガラスで顔は見えないが、中肉中背の男のようだ。
 ゆっくりと扉が開かれ、男が一人屋上に降り立った。
 手に武器は携えていない。徒手で戦うタイプの異能者か。
 奴はゆっくりと手を上げ、懐に手を入れる。ニヤリと歪む口元が警鐘を鳴らす。
 ――銃?
 咄嗟に博打護符へと手を伸ばす。だが奴が掴みだしたのは一枚の紙切れだった。
 奴の手から瘴気が溢れ出す。おおよそ人間が発しているとは思えない、どす黒い瘴気だ。
 この瘴気の質……、知っている。死神の瘴気と同質のものだ。
 男の影が膨れあがり、影の中から煮えたマグマのように瘴気が膨れあがる。
 尖った鼻先に鋭い牙、四つ足で立つ猟犬が二体。歓喜の遠吠えを月に向かって吠えた。
 猟犬の双眸が俺の姿を捉える。そして猟犬達は地を這うように駆け出した。
「カナタ、やっと出番だ。例の奴、言ってやれ」
「ちゃっきーん」
 抜刀と同時にカナタが声を上げ、霊気を吸おうと大口を開ける。
 地を這う猟犬は遠間から飛び上がり、鋭い牙を俺に向ける。
 俺の仕事はこの瘴気に刃を走らせるだけ。後はカナタが喰ってくれる。
 飛び込んでくる猟犬、その一匹に守り刀を突き刺す。カナタは大きな口を開けて、瘴気を吸い込み始めた。
 だが人形とは違う硬質な質感。二匹目に刃は届かず、カナタの吸収もそこそこに、横っ飛びして猟犬の攻撃を避けた。
「あうっ……」
 肩透かしを食らい、かわいい悲鳴を上げるカナタ。
 俺はレンガ道を転がって、跪いた姿勢で体勢を整えた。
 猟犬は勢いを殺せず、数メートルほど飛翔して着地する。そしてレンガ道を掻き毟るように反転して、再び俺をロックオンした。
「守り刀一本じゃ、二匹同時に受け止めることは出来ない……」
 もう一枚残された博打護符で受け止めるか?
 いやあの質量を受け止めるだけの結界、今の霊気では張れない。
 目の前に迫り来る猟犬を見据えて腹を決めた。
 左手で風弾を握り込み、飛びかかってきた猟犬の口に拳を叩き込む。
 喉に突き当たった拳から霊気が放出される。だが中和出来るほどの霊気を練り切れない。
 もう一方の猟犬が俺の袖に噛み付く。その背に守り刀を深く突き立てた。
「吹き飛ばせ」
 破裂の念を送り込んだ瞬間、猟犬の口の中で風弾が弾けた。
 八十神神社の神気が吹き出し、猟犬の体を何倍にも膨張させる。
 じたばたともがき苦しむ猟犬、その度に俺の手首は牙で切り刻まれる。
 だがそれも束の間の事。膨れあがった神気は瘴気を中和し、猟犬は形を失って虚ろになっていく。
 守り刀を突き刺した猟犬も同様。カナタに吸収され、霧散して消えていく。
 ズタボロになった手のひらだが、思っていたほど酷い状況になっていない。
 小粒の風弾で良かった。フルサイズの風弾だったら、手首から先が無くなっていてもおかしくない。
 守り刀を腰に差し、ゆっくりと男の元へ歩み寄る。
「今のが切り札か?」
 奴は図星を突かれたのか、動揺した様子を見せる。
 だが俺の姿を見て勝てると踏んだのか、拳を握り込みファイティングポーズを取った。
 ボクサースタイルの構え、俺の予想通りだ。
 牽制のジャブを額と顎に軽く当て、無防備に拳を受けるしか出来ない俺を見て、奴はニヤリと笑う。
 俺の頬にストレートを打ち込み、仰け反った瞬間、思い切って踏み込む。
 クマの着ぐるみの時に分かっていた。こいつの拳は避けられない。だから『打たせないとダメ』だと。
 迫り来る決定打を腕で弾き、一歩踏み込んで、奴の胸元に肘を捻り入れる。
 ありったけの霊気を肘から放出しつつ、全体重肘に預けた。
 そして離れ際に胸元を掴み、男の顔を引き寄せて、全身全霊の拳を叩き込んだ。
「乙女を泣かせた罪は償ってもらう」
 霊気切れの拳では、男に尻餅付かせることしか出来ない。だが男の怯えた表情を見下ろし、十分な手応えを感じ取った。
 男は尻餅を付いたまま、手を前後に動かして距離を取る。そして短い悲鳴を上げ、起き上がって建物内に逃げ込もうとした。
 だが男の前に長い髪の影が立ち塞がり、俺の顔を見て微笑み、サッと親指を立てた。
「美咲ちゃん参上!」
 美咲さんは瞬時に膝を曲げて、伸び上がる勢いそのままに、なんと…………男の股間を蹴り上げた。
 男は蹴り上げられた衝撃で離陸し、ナニがアレする不思議な効果音が響き渡る。
 梅干しを見て唾液が出るのと同じ、その光景を見て俺の一部が縮み上がった。
「二度と手を出したくなくなるように後悔させるんでしょ?」
「十分後悔すると思います」
 頬を冷や汗が伝う。
 拳を当てて気を良くしていた俺は小物だ。やるからにはとことんやらないといけないと理解させられた。
 遅れて駆け付けた二つの影は、山科さんと乃江さん。悶絶して転げ回る男を踏み付け、膝と拳を叩き込んでとどめを刺した。



 美咲さん達は男を連行する警察官に付き添い、ショッピングモールを後にした。
 堤さんに姿を見せないが良いという判断もあるが、男の所持していた紙切れが決定打となったのは間違いない。
 男が持っていたのは一枚のタロットカード。地獄の番犬が二匹いて、冥界の門を護っている「月」の絵柄だった。
 どうやらカードは霊気で具現化されたものらしく、美咲さんが手を触れた瞬間、霧散して消えて失せた。
 俺の命を狙い、タロットカードを所持していた。この二点を鑑みて、魂喰いとなんらかの関係のあると踏んだようだ。
 男は目隠しされ、後ろ手に捕縛されて連れて行かれた。
 男の特殊能力が手強かったとしても、あの三人に敵うはずもない。
 彼がこれからどうなるのか、それは後日、落ち着いてから彼女らに聞いてみたい。
 俺は仲間と別れて屋上に残り、堤さんが目を覚ますのを待ってベンチに腰掛けた。
 彼女の足は治癒の護符が効いたのか、ほとんど平時と見分けが付かないくらいに腫れが引いていた。
 拳を打ち込んだ胸元も気になったが、さすがに覗き見て確認出来る訳もなく……。
 まあ骨折紛いの傷を完治出来るのだから、俺のへなちょこパンチの傷など、跡形もなく治してしまっているだろう。
「う……」
 制服の胸元に指を掛けていた時、堤さんの瞼が揺れた。
 パッと指を離して手を膝の上に置く。堤さんは横たえていた体を起こし、軽く頭を振って額に手を当てた。
 そしてハタと気が付いたように立ち上がり、俺の顔を見下ろしてホッと胸を撫で下ろす。
「三室くん、ボロボロ……」
「そっ、そうか? かなり良い感じで勝ったんだけど」
 ベンチに座る俺の前で、堤さんは地面に膝を下ろし、腫れ上がった頬に手を当てた。
「この顔が良い感じ? ボッコボコにやられてるじゃない」
「一発いいのを貰ったからな」
 はにかんで目を細めた瞬間、ふわりとシャンプーの匂いが鼻をくすぐる。
 彼女は俺の首に手を回し、力一杯抱きしめたのだ。
 思わぬ不意打ちを食らい、なすがままされるままに硬直する。
 彼女は絡めた腕を解き、両の手のひらを頬に押し当てた。
 鼻と鼻が擦れ合うような距離に堤さんの顔がある。きっと頬の紅潮は、手のひらから彼女に伝わっているだろう。
「目……、閉じて欲しい」
 魔法の呪文。その言葉に魅了され、瞼は意志に関係なく閉じられていく。
 甘い息が鼻先をくすぐったかと思ったその時、ほんの一瞬柔らかい唇が俺に触れ、余韻を与えること無く離れていった。
「私ね、これでも将来は医者を志しているの」
「ほえっ……」
「傷の手当てしてあげる」
「はひっ」
「今日ね、両親……家にいないから……」
 彼女は再び最強の呪文を唱えた。
 俺は抗うことも出来ず、コクコクと首を縦に振ることしか出来なかった。



BACK   NEXT   TOP
ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.