BACK   NEXT   TOP


『032 人形繰り 04』

 俺たちはフェンスぎりぎりの位置まで下がり、敵の強襲に備えた。
 もとより動ける範囲の限られた屋上だ。この位置に立てば、下手をすると逃げ場を失う危険性がある。
 だが俺は今一人ではない。横には堤さんがいる。
 なんの訓練も受けていない彼女に、俺と同じように動き回れというのは酷だ。
 それならばとこの位置に立ってみたが、満更悪い場所でもないことに気付かされる。
 この位置ならば、背後から不意を突かれる心配も無く、扉一点に注意を払うことが出来る。
 敵は安全な場所に身を隠し、傀儡をけしかけるチキン野郎だ。今度もまた、意表を突いた攻撃を仕掛けてくるだろう。
 逃げ場を失うリスクを背負っても、敵の攻撃に備えた方が良いと思える。
 カナタは肩まで下りて頬を撫で、優しい声を耳元へ届けてくれる。
「カオル。そう緊張しておったら、いい働きは出来ぬぞ?」
「緊張……、そうだった」
 確かにカナタの言う通り、力が入りすぎて全身の筋肉が凝り固まっている。
 手のひらの汗を制服の裾で拭い、深く息を吸い込んで心を落ち着かせる。
 太極拳は自然体で、淀みなく円の動きを体現することが肝要だ。
 霊気もまたメンタリティに左右され、ちょっとした精神不安で霊気を弱めてしまう。
 指先まで力を抜いて、もう一度深呼吸を試み、思いっきり息を吐き出した。
 そしてポケットから飴を取り出して、カナタの小さい手に握らせる。
 さすが相棒……といったところか。普段は気に掛けていないようで、要所要所でありがたい助言をくれる。
 同じ状況に置かれ、さぞかし緊張しているであろう堤さんに目を移す。
 彼女は緊張した面持ちでいるものの、脅えて取り乱すようなことは無い。扉を見つめ、口を真一文字に結んでいる。
 彼女の人となりを熟知している訳ではないが、物事に動じないタイプだという印象を抱いていた。
 なにせ独り言を呟く隣人に、飴を配って黙らせる度量の持ち主だ。
 そんな輩が隣に座っていたら、大抵の奴は相手にしないか、小言でも聞かせて気分を晴らそうとする。
 変わっていると言ってしまえばそれまでだが、没個性の世の中では貴重なキャラクターだと思える。
 彼女は俺の視線に気付いたようで、なによと言わんばかりに口を尖らせる。そして溜息混じりに口を開く。
「人のいない場所へ行けって指示されたけど、ここしか思い付かなかったのよ」
 エレベータホールを見つめ、形の良い唇を動かし続け、彼女は不安げに天を仰ぐ。
 彼女は非難されていると勘違いしたようだ。これでも彼女のことを気づかっているつもりなのだが。
 なるほど、ここを選択したのは美咲さんの指示か。道理で玄人っぽい場所を選ぶと思っていた。
 非難どころか、中々考えたものだと感心していたのだ。
 人ごみの中で戦うのは不利だ。俺の攻撃手段の一つ、守り刀は衆人環視の下では使えないからな。
 となると徒手の格闘戦しか無くなるが、客や店に被害は及ばぬように動けるほど余裕は無い。
 ここならそういった不安は無いし、全力を出し切れるのはありがたいと思っていた。
 それに奴もここなら姿を隠すのは困難だし、不利な状況を逆転させられる、最良の場所と言えるのではないだろうか。
 だがクマの身のこなしから予想するに、術者の力量は相当高いレベルにあると思われる。
 美咲さん達が駆けつけるまで、堤さんを守りながら凌ぎ切れるだろうか。
「強敵が現れて、俺が一瞬でのされる。そういったシナリオは予想しなかった?」
「いえ、全然」
「俺の予想だと、ちょっとばっかり不利なんだけど」
「電話の相手は『がんばり屋さんだから、大丈夫』って言ってたわ」
「……やれやれ、『がんばれ』か」
 そういえば美咲さんは、護符と風弾を受け取ったのを見ている。俺の装備は計算済みって訳か。
 体術に守り刀、護符と風弾が少々。
 まあ、対人に破魔の護符は効かないし、戦いの最中で使えそうなのは、博打札二枚と風弾が三個だ。
 体術と守り刀だけでは心許ないが、これだけあれば形勢逆転の余地はある。
 敵は体術と守り刀しか攻撃手段が無いと思っている。そこに付け入る隙がある。
 美咲さんの含みを持たせた口ぶりは、時間を稼いでみせろという強いメッセージだ。
 懐に入れた護符に手を触れ、風弾をズボンのポケットに忍ばせた。
 空は逢魔が時を過ぎ、空には星が瞬いている。街灯の照らす影は色濃く、レンガの歩道に草木の影を映し出している。
 不意に生ぬるい風が吹き、屋上の雰囲気が一変した。刺すような殺気が満ちあふれ、俺は咄嗟に息を殺して身構えた。

 ギィ……。

 エレベータホールの扉が軋みをあげ、ゆっくりと開かれた。
 だが扉に人影らしき姿は無い。建物との気圧差で扉が押し開いたのだろうか。
「違う……」
 その予想は見事に打ち砕かれた。ただならぬ気配をそこかしこから感じる。
「三室くん……」
「後ろに下がって!」
 心得の無い堤さんにも感じる殺気、かなり濃密に練られた念って奴を、ビンビンと肌に感じる。
 街灯の灯りが光量不足で、視界は四分六で闇。
 その暗がりの中、不意に花壇の草木が音を立て、小さな影が物凄い速さで横切る。
 猫かと思えるほどの小ささと速さ。だが普通の猫はこんな場所に姿を現すはずもない。
 小さな影が辿った軌跡を目で追い、守り刀に手を携えて腰を落とす。
 再び茂みが音を立ててざわめき、小さな影が目の前に飛翔して、その姿を露わにした。
 影は小鬼と比較にならないほど、動きが鈍い。即座に守り刀を引き抜いて、その影に刃を走らせる。
 影は空で真っ二つに切断され、力を失って足元に落ちた。
 守り刀を鞘に戻し、足元に転がった物体を爪先で転がす。
 二頭身にデフォルメされた人形、その首と胴体だ。フェルトで作られたクレーンゲームの人形だ。
 二つに分かれて、なお動こうとする人形。手にはガラス片を握り、目を吊り上げて凶悪な表情を向けた。
「キュア・ベリーか!」
 紫のキャラに思い入れは無い。足で踏みつけてとどめを刺す。
 フレッシュ・キュアキュア。略称『F・キュア』。小さい女の子向けに放映されているアニメだ。
 何故か大きなお友達にウケが良く、特にこのシリーズは黄色(パイン)赤色(パッション)が大人気のようである。
「クレーンゲームの人形……、なんか嫌な予感がする」
 暗がりに慣れてきた目を細め、状況の把握に努める。
 闇の中には無数の人形。短い脚をヨチヨチと動かし、俺達の方へ歩み寄って来る。歴代のキュアキュアが勢揃いだ。
「この期に及んで、まだ姿を現さないとは……、かなり用心深い奴」
 たかが人形とはいえ、この物量だ。戦わせて消耗させる作戦だろうか。
 いや消耗させられるなら、まだマシかもしれない。一気に攻撃を仕掛けられたら、守り刀一本では凌ぎきれない。
 相手の嫌がる攻撃を仕掛けるのがセオリーだとすると、敵はかなり優秀な戦術観を持っていると言える。
 最悪の予想が的中し、人形達は群れを成して襲いかかって来た。
「こんな時、山科さんがいてくれたら……」
 バックアップの偉大さに、思わず愚痴が零れる。
 彼女の顔を思い出した瞬間、ふと閃きを感じて懐に手を入れる。
 博打札を一枚取り出し、頭に閃いた言葉を呪文に、護符に力を与えた。
「足止めを頼む!」
 護符は指先から霊気を容赦なく吸い、目の前に蜘蛛の巣状の結界を形成した。
 かすみ網にかかり一網打尽にされる鳥の如く、蜘蛛の巣に捕縛されていくキュアキュア達。
 動けなくなった人形を確認すると、素早く息を吸い込んで、蜘蛛の巣に向かって拳を打ち込む。
 紅の光が蜘蛛の巣を伝播し、人形達に浸透する。それを機に人形は力尽き、ポトポトと足下へ落ちた。
「見えたか? カオル」
「ああ、一瞬だけ……」
 伝播した霊気は人形に伝わり、その先に「あった」目に見えない糸へと伝わった。
 人形の繰り糸のようにか細く、それでいて意志を感じる霊気の糸。俺の霊気が流れた瞬間に形を失い、同時に人形から意志が消えたように見えた。
「霊気の糸で操ってんのか」
「そのようじゃな」
 俺の流した霊気が術者の霊気を遮った。操作はかなりデリケートなようだ。
 クマを守り刀で両断した時も、霊気を吸われて繰り糸が切れたのか。知らず知らずのうちに、守り刀の吸引力に助けられたようだ。
「霊気が通じると分かれば、恐るるに足らん」
 気を良くした俺は前に出て、ヨチヨチと歩み寄る人形達を蹴散らす。
 植え込みにぶつかって事切れる人形を見て、思わず本音が口から漏れる。
「弱っ!」
 とはいえ、ただ蹴るだけでは繰り糸は切れないようだ。人形達はムクリと起き上がり、再び歩みを始める。
 霊気を足に集中し、かわいい奴らを蹴たぐる。そしてグリグリと踏み付けた。
 息絶えた人形達を見下ろして、ホッと胸を撫で下ろす。
 霊気を込めて念入りに踏みつけると、さすがに復活しないようだ。
「――嫌っ! 三室くん!」
 背後で堤さんの悲鳴。振り返ると数匹のキュアキュアに囲まれる堤さんの姿があった。
 ポケットから風弾を取り出し、堤さんの足下に転がす。そして風弾に破裂のイメージを送り込んだ。
 風弾は勢い良く破裂し、急激に膨張した空気はキュアキュア達を吹き飛ばす。
「――――あ」
 だが予想しえない事態が発生し、俺の目は瞬きするのを拒絶した。。
 捲くれ上がったスカートから伸びた足、地下鉄の風に翻弄されるマリリンモンローのグラビアを思い出させる堤さんの姿。
 見てはいけないと思いつつ、より一層見てしまうのが男だ。こればっかりは仕方がない。
 スカートを手で押さえ、堤さんはジト目で俺を睨み付ける。
「わざと?」
「いえ、不可抗力で……」
 背後に感じた気配に、守り刀を走らせる。今はキュアキュアより堤さんの方が怖い
 踵を返して彼女に背を向け、ドキドキする胸を手で押さえた。
 目の前にはキュアキュアが数体。八つ当たりするように人形達を蹴たぐった。
「終わった?」
「うむ、動いておる者はおらぬ」
 守り刀を鞘に戻し、頬を伝う汗を手で拭う。頬を撫でる夜風が気持ちいい。
「三室くん! やった!」
 堤さんの声は怒って無いようだ。
 ホッとした気分で振り返ると、伸びた腕が襟元を掴む。
「堤さん、ゴメン。不可抗力……」
 そう言い訳しつつ、戸惑う彼女の表情に言葉を失う。
 彼女は困惑した表情で見つめ、片手で俺を持ち上げている。その相反する挙動に言葉を失ったのだ。
「いや、あのね。私……怒って……なんか……あれ?」
 彼女は最後まで言葉を出せず、困惑していた顔は無表情に変化していく。
 襟首をギュッ締め上げられ、容赦なく気管を潰される。喉はヒューヒューと鳴らすが、空気を吸い込むことは叶わない。
 目の前が赤く染まり、ゆっくりと黒ずんでいく。
 落ちる寸前だと気付いた瞬間、彼女の腕に肘を打ち、手から逃れてレンガ道を転がった。
「オッ、グェ……」
 嘔吐感に耐えきれず、思わず地面を掻き毟る。
 頬をペチペチと叩く痛みを感じる。どこか遠い所でカナタの声が聞こえたような気がした。
「……なんか言ったか?」
「一瞬じゃが、気を失っておったぞ」
 喉への攻撃はヤバイ。酸欠になるより先に、脳に血が通わなくなって気を失う。
 目の前に堤さんの歩む足が見えるが、そうとわかっていても体が思うように動いてくれない。
「飴の女、操られておるぞ」
 堤さんは容赦なく、俯いたまま動けない俺を蹴り上げる。
 つま先は綺麗に顎を捉え、俺は受け身すらままならずに背中を打ち付けた。



BACK   NEXT   TOP
ご意見・ご感想はこちらから BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.