BACK   NEXT   TOP


『031 人形繰り 03』

 手の上でカナタは頬を膨らませ、もうこれ以上無理だと首を振る。
 練乳飴は噛み砕くことも出来ないし、ケーキと違って早食いに向いていない。
 さすがのカナタも頬袋に溜め込むのが精一杯のようだ。
 グロッキー気味のカナタを頭の上に乗せ、余った飴をポケットに放り込む。
 そして堤さんを通路の端に引き寄せて、背の高いプランターの後ろに隠れた。
 どこかで俺達を見ているであろう敵に、会話の内容を覚られないためだ。
「信じがたい話だろうけど、例えば――」
 そう前置きをして、置かれた状況を話して聞かせる。
「堤さんは、人の才能を羨ましいと思ったこと……、ある?」
「思わないと言ったら嘘になるかな。ピアノで一度挫折してるから……」
「もしその人を殺すと、その人の才能が手に入るとして、ピアニストを殺したりする?」
「迷いもなく刺す。……なんて言うと思う? そんな方法で才能を得ても、なんの価値も無いと思うんだけど」
 まあそれが普通の考え方だ。
 人を殺めてまで才能を欲するなんて、かなり歪んだ欲望に支配されていると言える。
「だがそういう奴が世の中にいる。奴は人を羨み欲し、その特殊能力を身につけた」
「悲しい人……。自分には可能性があるって信じられなかったのね」
「俺はそいつが見ている場所で、才能の片鱗を見せてしまった。それがこの騒ぎの原因だと思う」
 片鱗と言えば語弊があるが、説明上そう言っておいた方が分かりやすい。
 俺にはそんな才能なんて芽生えていないから、可能性と言った方が正しいのかもしれない。
「俺には助けてくれる仲間が、いつも側に居てくれた。だから一人になる瞬間を狙っていたんだと思う」
 俺はそう言いながら、不意に自嘲してしまう。
 一人になる瞬間じゃない、奴は俺が油断するのを待っていたのだ。
 死神事件から今日まで手を出さなかったのは、奴が練りに練った伏線だったのだろう。
 堤さんは表情を強ばらせ辺りを見回す。敵の脅威を実感し始めたのだろう。
 俺はそんな彼女の前で深呼吸をして、笑顔を作った。
「そんな顔していたら敵の思う壺。奴は恐怖に戦く顔が見たいんだ」
 堤さんは目を丸くして俺の顔を凝視する。そして引き攣った口角を無理に吊り上げ、皺の寄った眉間を指で押さえる。
 無理に笑おうとする彼女に苦笑しつつ、俺は状況説明を再開した。
「奴はあの時こう言っていた。――どんな能力者かと警戒したが、拍子抜けした。全然大したことないな、ってね」
「私にも聞こえたわ。低い男の人の声だった」
 クマの着ぐるみから聞こえた男の声は、恐らく術者本人の声だと思う。
 声色から判断するに、俺達より年上の男性と推察される。
「奴はこう言っていたよね。どんな能力者かと警戒したが、拍子抜けしたって。心底落胆した口調で……」
 奴は警戒していたと言っていた。その口調を鑑みるに、監視していた努力に対する落胆が見え隠れする。
 今日一日監視していた程度の落胆度合いではない。何日も監視し続けたからこそ、思わず出てしまった本音なのだと思う。
 そしてその数日間の行動は、敵に掌握されていると考えて良いだろう。
 自宅、学校はもちろん、護身術を習っているマンションの所在も知られてしまっている。
「俺の身を案してくれる人達がいて、その人達と連絡を取らないように手を打ってきた」
「携帯のこと?」
「そう。奴は俺を孤立させ、抵抗されることを恐れて守り刀を奪った」
 奴は監視活動を終えようと考えたのだ。俺を殺すことによって終止符を打とうとしたのだと思う。
「おおよその状況は分かったけど、奪うのが目的なら、逃げる必要は無いと思う」
「そこは判断が難しいんだけど、クマと才能を喰う能力者は霊気の質が全然違うんだ。別の人間だと思う」
 クマはまがりなりにも人間らしい霊気を帯びていた。
 逆に魂喰いは悪想念の塊のような、魔物と見紛う程の瘴気を纏っていた。別人と判断した理由はそこにある。
「じゃあ、クマと命を狙っている敵は別?」
「別人だけど同じ目的で動いていると考えている。例えば仲間……」
 美咲さんから退魔士の中にも、そう言った能力者がいると聞いた。
 金になる事なら何でも請け負うなんでも屋。そんな奴らを雇ったなら、この状況にも合点がいく。
「そこは謎だけど、特殊能力を見たがっているんじゃないかと思う。そういう能力って土壇場で発現する能力だから」
「精神的に追い詰めたいと思っているってこと?」
「俺が特殊能力に目覚めていないってこと、奴は知らないんだと思う」
 ただ奪って殺すのが目的なら、堤さんを送って行く途中か、帰り道を狙うだろう。
 堤さんは腕を組み、深い溜息を吐く。平穏な生活をしていた人だし、こういう話を受け止めるのは抵抗があるだろう。
 堤さんは目を細めて、真顔で俺の目を見つめる。しばらくしてまた溜息を吐く。
「嘘を吐いている目じゃないわね。仕方ない……、信じるわ」
 堤さんはそう言って、俺の腕に手を絡める。まるで恋人同士のように身を寄せて、腕をグイッと引っ張った。
「ちょ、ちょっと!」
「うるさい! 私も恥ずかしいの! 作戦なんだから黙って従いなさい!」
 堤さんは頬を赤く染めてそっぽを向く。どうやら顔を見られたくないようで、腕に手を絡めたまま、前へ前へと歩いていく。
 俺は仕方なく彼女に付き従い、エスカレーターに乗って上の階へ向かった。
 レディースフロアにたどり着くと、堤さんはとんでもないコーナーへ足を向けた。
 女性下着の専門店だ。ここで腕を組んだ意図がハッキリした。
「なるほどね。さすが堤さんだ」
「男の子でも、彼女連れだと不自然じゃないでしょ? でもクマさんを操っていた人は、かなり目立っちゃうわよね」
 堤さんはこのフロアで篩いを掛けようとしているのだ。さすがはB組が誇る才媛、なかなか頭が切れる。
「三室くん、鞄持ってくれる?」
 堤さんは鞄を俺に手渡し、フィッテイング可と書かれたコーナーでブラジャーを一つ二つ見繕う。
 店員に一声掛けて試着室を借りると、靴を脱いでカーテンを閉めた。
 男が一人ここにいる不自然さを痛感する。誰も彼もが俺の顔を一瞥し、不快な表情を作る。
 これはかなり強固な結界だ。生半可な男なら、いたたまれなくなってしまうに違いない。
「三室くん、ちょっと」
 カーテンの隙間から堤さんが顔を出し、俺の胸元を掴んでカーテンの中に引き摺り込んだ。
 制服のまま仁王立ちする堤さんの姿。ブラジャーはハンガーに掛けられたまま、手を付けられていない。
「なに、その残念な表情」
「……残念がらない男はいないと思う」
「まあ、そんなことは良いとして……。三室くんの携帯を貸して!」
 俺は言われるがまま壊れた携帯をポケットから出す。堤さんはストラップを摘んで、納得の笑顔を見せた。
 そして用済みとばかりに掴んでいた胸元から手を離し、俺を試着室から放り出す。
 さっとカーテンが閉め直され、しばし放置された後、再びカーテンの中に引き摺り込まれた。
 見慣れぬ携帯を持つ堤さんの姿。足下には無残に分解された俺の携帯が転がっていた。
「最近の携帯はね、カードを入れ替えたらそのまま使えるのよ。三室くんのと同じ会社のだから、SIMロックは関係ないから」
「ほぉ……。それは知らなかった」
「カードに登録されていた住所録は、この携帯で呼び出せるわ。これで連絡付けられるでしょ?」
 そう言って俺に携帯を手渡す。
 使い慣れぬ携帯だが、基本はどの会社も同じようなもの。二度、三度指を動かして、天野美咲の名を見付け通話を開始した。
 呼び出し音が耳に届き、機械ノイズが入った後、聞き覚えのある声が聞こえて来た。
「カオルっす、ちょっと厄介な事になって――」
 美咲さんに事情を掻い摘んで話して聞かせる。
 そして救援を求めようとしたその時、堤さんは俺の口を手で押さえ、違うとばかりに首を横に振った。
「このまま敵の正体を掴まないで、闇雲に救援を待つなんて、ダメよ!」
「むぐぐ……」
「逃げられたら、また次の機会に襲われる。こういう時にはね……」
「むう……」
 電話の向こうで俺の名を呼ぶ声が聞こえる。
 堤さんは携帯を奪い取り、自分の耳に携帯を押し当てた。
「二度と手を出そうなんて思わないくらい、手痛い思いを味わわせないとダメだと思うの」
 そう言って口をギュッと噤む。堤さんの強い意志が込められているかのように硬く。
 しばしの沈黙。そして電話の向こうから美咲さんが囁いた。
「――そうね。私もそう思う」
 女って怖い。ニヤリと笑う堤さんを見て総毛立つ。
 電話の先で冷静に受け止める美咲さんも同じ。並大抵の男じゃ乗りこなせない、そんなイメージを抱いてしまう。
 二人の魔女は、俺をそっちのけで作戦を練りはじめる。
 俺は四つん這いになりながら試着室を抜けだし、サッとカーテンを閉めて聞き耳を立てた。



 堤さんが試着室に姿を消してから十分近く経ち、そろそろ店員達も違和感を感じ始めていた。
 もう限界だぞと囁こうとした時、サッとカーテンが引き開けられ、晴れ晴れとした表情で堤さんが顔を出した。
 察して近寄る店員に下着を預け、革靴の踵に指を通す。
 店員は営業スマイルを浮かべ、すっくと立ち上がる堤さんににじり寄る。
「いかがでしたか?」
 彼女は試着すらしていないくせに、舌をぺろっと出し、平然と受け答えをする。
「サイズは良い感じだったけど、彼の好みじゃなかったみたい。またの機会にするわ」
「ブッ!」
 いきなりネタを振られ、思わず噴いてしまう。
 しかもリアクション取りづらい女性の下着ネタだ。どうアドリブしていいのかテンパってしまう。
「では、また」
 堤さんはにこやかに会釈して、俺の腕に手を絡める。
 平静を装った顔が、見る見るうちに赤くなっていく。そんな表情を見て、俺の知る堤さんだとホッとさせられた。
「何っ?」
 堤さんは苦笑する俺を藪睨みで見て、唇をツンと尖らせた。
「ああいう事、言ってみたい時ってあるでしょ?」
「いや、さっぱり」
「あるのよ、そういう時が!」
 堤さんは真っ赤になった顔を伏せ、俺を引っ張りながら前へ歩く。
 そしてエレベータホールに辿り着き、上矢印を押してエレベーターを呼び寄せた。
「やっぱ、上に行くの?」
「カーテン越しに聞いてたでしょ? ここらではあそこが一番良いの」
 彼女が向かおうとしているのは屋上庭園。俺が鬼門だと予想した場所だ。
 独特のベル音を鳴らし、エレベーターの扉が開く。
 俺は背後を気にしながら中に乗り込み、他の客が乗り込まないのを確認して扉を閉めた。
「閉まる瞬間に、敵が飛び込んできたらどうしようと思った」
「なに、そのホラーな展開」
 プッと噴き出す堤さんではあったが、場を和ませる意味で口にした訳ではない。
 この密室で堤さんを守りつつ、敵の攻撃を凌ぐ自信は無かった。
 堤さんは階選択の文字盤を指差し、屋上への注意事項を確認する。
 再確認するというより、俺に見せたいのだろう。
「春期は18時30分まで開放いたしております。以降は閉鎖されますのでよろしくお願いいたします……か」
「夜景の見える穴場だから、カップルが居座って大変らしいわ」
「んで、春期? サカリのついた猫扱いか?」
 再び独特のベル音が鳴り響き、エレベーターの扉が開く。
 湿気の多い生ぬるい風が吹く。風に弄ばれる髪を手で押さえ、堤さんは目を細める。
 屋上庭園の名に恥じぬ風景だった。煉瓦敷きの遊歩道、植樹された木々と緑の葉。
 照明でライトアップされたそれらは、昼間見るより数段美しい姿を見せていた。
「なるほど、猫も集まって来そうだ」
「でしょ?」
 遊歩道に設置された時計塔は、18時20分の表示がなされていた。
 あと10分程でこの庭園は閉鎖されるらしく、警備員が巡回して遊歩道を歩く客に退出を促している。
「時間が来たらエレベーターは屋上に来なくなるし、登りのエスカレーターは止まる仕組みなの」
「徹底しているな」
「警備の巡回は一時間に一回。大抵のカップルは時間を潰しているだけだから、さっさと帰っちゃうわよ」
 なるほど、その一時間が勝負って訳か。
 堤さんが言う通り、一組、二組とカップルが姿を消していく。
 夜景で時間を潰せる時間はそれほど長くないって事か。
 そして時間が来て、照明が最小限にまで落とされると、俺達以外の客は姿を消した。



BACK   NEXT   TOP
ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.