BACK   NEXT   TOP


『030 人形繰り 02』

「追えっ! カオル!」
 守り刀(自分の体)を持ち去られ、カナタは鼻息荒く俺をけしかける。
 だが夕方のショッピングモールは人で溢れ返り、見失わないように追い掛けるので精一杯だ。
 苦労しているのはクマも同じ。俺との距離を一定に保ちつつ、人ごみを掻き分けて走り続けている。
 追えば逃げ、止まれば振り返る。どうやらクマの挙動を見る限り、俺をどこかへ案内したいらしい。
 それがどういう場所で、どういう展開が待っているか想像に難くない。
 だが俺はまだツイている。最悪の展開は、堤さんと共に『追われる』事だったからだ。
 不思議なことにクマはそのカードを切ってこなかった。それは何故か――。
 目的はまた別にあり、そのためにカードを切ることが出来なかった。そう考えると納得がいく。
「カオル、美咲達に連絡した方が良いのではないか?」
 カナタが肩に下りて耳打ちする。
 助言してくれるのはありがたいが、それはかなり難しい。
「――残念ながら電話番号を覚えていない。携帯が無いと連絡をつけられない」
 携帯電話に登録した番号を暗記する者など、今時どのくらいいるのだろう。
 番号を指で押しているならいざしらず、最近は親指一つで呼び出して電話を掛ける。
 それに公衆電話自体あまり見掛けなくなったし、この状況で電話を掛けるのは至難の業だ。
「嘆かわしいのう……。数字の一つや二つ覚えられんものか」
「言い訳はしない。これに懲りて、次からは手帳を持ち歩くように心掛ける」
 あの携帯には人に知られたくない情報が詰まっている。
 例えば彼女らの連絡先、メール履歴、乃江さんの技を記録したプロモーションビデオ。数え出したら切りが無い。
 人の手に渡るのはなんとしても阻止せねばならない。クマが敵だとすれば尚更だ。
 一応パスワードロックしているが、数字四桁のパスワードなど気休め程度のもの。現代の技術ならば、ものの数秒で解読されてしまう。
「携帯と守り刀。なんとしても取り返さないとな……」
「守り刀、ついでに携帯を……じゃろ?」
 カナタは顔を引き攣らせ、笑いながら俺の頬を抓り上げる。
 俺は返す言葉も無く、頬の痛みに耐えクマの着ぐるみを追った。
「しっかし、アイツ……速いな。あのビー玉みたいな目で見えてんのか?」
 買い物客の挙動はアトランダム。人通りの多い往来を縫って走るのとでは訳が違う。
 そんな中でクマは機敏に動き回っている。満足に周りを見渡せないはずの、着ぐるみのままでだ。
 まるで人がどう動くか、先を読んで動いているように思える。
「何かコツでもあんのか?」
「なにを呑気に観察しておる。早くとっ捕まえんか!」
 カナタが耳元で吠え立てるが、その声は遠くに感じ、耳に入ってこない。
 相手の立場に立って考えるとどうなるか……。試してみるか。
 俺に一発入れたクマは、俺の存在をさほど脅威に感じていないだろう。その上目的地もハッキリしている。
 人とぶつかって転んだり、袋小路に入り込まなければ大丈夫だ。てことは、割と余裕を持って行動しているな。
 視点を間近に切り替え、目の前を歩く客に意識を集中する。
 客の風体、荷物、連れの有無。ここに来た目的を予想して、挙動と目の動きに着目する。
 遠くを見ている者は動きに一貫性があり、頭を頻繁に振っている者は、時折トリッキーな動きをする。
 子供は親の顔を見て安心し、遠くを見て好奇心を膨らませる。
 ビジネスマンは興味なさげに歩き、女子学生は何にでも興味を示す。
 固有の歩幅、動きの緩急を見極めて、客の動きを先読みする。
 子がおもちゃに気を取られて、親の手を離れた。その親子の間をすり抜け、地を蹴って再加速する。
 携帯に気を取られて歩速を緩めるビジネスマンを避け、横並びに歩く女子学生の隙間を掻い潜った。
「シューティングゲームと同じだ」
 ボスキャラに気を取られていたら、迫る弾幕に撃ち抜かれる。
 攻略のコツは弾幕を掻い潜りながら耐え、隙を見つけて何発叩き込めるか見極めなくてはならない。
 クマの着ぐるみがさっきより大きく見える。奴も俺の気配を間近に感じ、焦りだしているはずだ。
 だがクマは俺の予想に反し、足を止めて振り返った。
 俺は一瞬戸惑い、足を止めるタイミングを見失った。
 目の前には敵の姿。クマの着ぐるみがやけに大きく見える。
 奴は引き絞った右手で俺を打ち据えようとする。飛び込んでくる勢いを利用した交差法(カウンター)だ。
 だが頭で命令を下す前に、染みついた技が俺の体を突き動かす。
 螺旋を描いた腕は拳を跳ね上げ、右肘は槍となって着ぐるみの懐深くに突き刺さる。
 紅色の霊気が着ぐるみを伝わり、奴の背中を突き抜けた。だが霊気の伝播と裏腹に、ゾッとするほど手応えが無かった。
 しかし状況判断を試みる余裕は無かった。風切り音が耳に入り、次に来る脅威を知らしめている。
 反射的に受け身も考えず飛び退く。床を転がり見据えた先には、拳を振り下ろし終えたクマの姿があった。
「あの手応え……」
 一瞬の攻防が止み、悲鳴に似たどよめきがその場を支配する。どうやら客が異変に気付いたようだ。
 その悲鳴に混じり、聞き覚えのある声が俺の名を呼ぶ。
「三室くん!」
 俺はその声に退くもままならず、地を蹴ってクマに突進を試みる。
 二手、三手と手合わせし、クマは『信頼出来る奴』だと確信を持った。攻撃が的確すぎて、狙い所がよく分かるのだ。
 最初は俺の顎、さっきはこめかみを狙って来た。次も確実に急所を狙って来る。
 俺は左手を下げて攻撃を誘う。
 案の定クマは、ここしかないというタイミングで、俺の眉間目掛けて拳を打ち込んで来た。
 いくら俺がアマチュアでも、狙い所さえ分かれば払い除けるのは容易い。
 迫り来る拳を手で払い除け、弾き足りない分は首を捻って回避する。
 狙いはクマの左手に握られた守り刀。クマの手に鞘を預けたまま、刀を引き抜いて下腹に突き立てる。
「三室くん――」
 堤さんの叫びは周囲の悲鳴にかき消された。
 だが俺は予想通りの手応えを感じ、刃を走らせて着ぐるみを切断した。
「やっぱり……」
 クマの着ぐるみが音もなく崩れ、頭はコロコロと足元に転がった。まるで糸の切れた操り人形のようだ。
 ――息を呑む客達。
 堤さんは俺の腕にしがみつき、恐る恐る中身のない着ぐるみを見下ろした。
「中に人が……。どうして?」
「さあ……。プリンセステンコーのイリュージョンじゃないことは確かだ」
 タネのない奇術。観客から拍手喝采が巻き起こることは無かった。
「――なんだ、手品なの?」
「つまんねぇ。アトラクションか何か?」
 客はしばしその様子に見入っていたが、興味が薄れたのか踵を返して歩き去る。
 俺はしゃがんで抜け殻から鞘を奪い取り、すぐさま納刀して腰に差す。
 クマの頭を通路脇に蹴り飛ばし、着ぐるみを四つ折りに畳んでごみ箱へ放り込んだ。
 足下に転がる携帯を見下ろし、その無残な亡骸を拾い上げて涙ぐんだ。
 液晶部分が砕け、ヒンジの部分があらぬ方向に曲がっている。ダメ元で電源ボタンを押してみるが、なんの操作音も返さない。
「やられた……」
 携帯を折り畳んでポケットに仕舞い、周囲に気を配り状況把握に努める。
 クマの着ぐるみ。アレは中の人が消えた訳じゃない。端っから人など入っていなかったのだ。
 俺が肘打ちを入れた時、まるで布団に打ち込んだような手応えを感じた。
 霊気は元々肉体との親和性が高い。その最高の伝導体に流れ込まず、着ぐるみを伝わって抜けていった時にピンと来た。
 恐らく敵は何らかの能力を用い、クマの着ぐるみを操っていたのだろう。
 人や物を自由に操りたいというのは、誰しもが考える願望の一つだ。そういう特殊能力があっても不思議ではない。
「――三室くん」
 次に、敵は俺をどこへ案内しようとしていたのか……。
 壁に掲げられたフロア案内図を見つめる。食料品、婦人服、紳士服、日用雑貨、インポート家具、レストラン街。どれもピンと来ない。
 強いてそれらしい場所を挙げるとするなら、屋上展望フロアくらいだろうか。
「三室くん!」
 次に、俺はどういった行動に出るべきか。
 タクシーを拾って堤さんを送り届け、ついでに俺も家に帰る。
 それだと敵に所在を教えてしまうことになる。
 敵は俺を監視していたと言っていた。恐らく俺の家は所在が知られていると考えていい。
 だが堤さんの家を知られるのは不味い。能力者に付け狙われたら、一般人では抗うことが出来ないからな。
「三室カオル!」
 耳を劈かんばかりの大声に、俺の意識は現実に引き戻された。
 目の前には堤さんの顔が迫り、鬼のような形相で睨み付けている。
「は、はい? 何か?」
「何かじゃないでしょ! 何度も呼んでいるのに、難しい顔してブツブツと!」
 うむ……。難題を後回しにしたいが為、精神逃避を行ってしまったようだ。
 今俺に直面する一番の問題は、堤さんにどう説明して現状を理解してもらうか……だ。これが一番厄介かもしれない。
「私には何がなんだか理解できないけど、三室くんは違うみたいね」
「……まあ、程ほどに」
「説明してくれる? クマさんの着ぐるみのことと、三室くんが銃刀法違反していることについて」
 銃砲刀剣類登録証はいつも持ち歩いているが、鞄と共にコインロッカーに入れてしまった。
 まあ、アレは所持を許可する物であって、抜き身の刀を振り回す許可を貰っている訳でもない……。
「あ、あれはバネ仕掛けで、刃が引っ込む奇術ナイフだ」
 堤さんはジト目で俺を睨み、組んだ腕をほどいて手を差し伸べる。
「へぇ~、面白そうね。三室くんのお腹で試してもいい?」
「ごめんなさい……。私が悪うございました」
 長いものには巻かれろ精神。それほどジト目の堤さんには威圧感が漂っていた。
 もし手渡したら三割の確率で刺される。そんなバッドエンドがチラリと見えた。
「えっと、堤さんって……超能力とか信じる方?」
「スプーン曲げとか透視能力とか? 残念ながらノーね」
 俺は制服のポケットから飴玉を一つ取りだして、手の上に乗せた。
 堤さんから貰った練乳飴だ。彼女は見覚えのある飴をジッと凝視している。
 手のひらの上で飴がふわりと浮き、くるくると回り出した。
 ぶっちゃけカナタが飴を持ち上げて、喜びのあまり小躍りしているだけだ。
 だが見鬼の才が無い者から見れば、俺が宙に浮かせているように見えるだろう。
 俺は飴にもう一つの手を翳す。すると包み紙が解けて、飴が剥き出しになった。
 さすがの堤さんも目を丸くして驚きを隠せない。俺はしてやったりとばかりにほくそ笑む。
 フッと飴が目の前から消えて無くなる。……説明はもう不要だろう、カナタが大口を開けて食ったのだ。
 俺は手に残った包み紙を小さく丸め、近くのゴミ箱へ放り投げた。
「人に言えないことが多いんだけど、こういう事が出来る人間って他にもいるんだ。俺はそいつらに命を狙われている」
 そう言いながら良心の呵責に苛まれる。いや……俺は嘘は言ってない。言ってないよな?
 霊だ、妖怪だ、退魔士だと非科学的な物を並べ立てるより、超能力とばっさり言い切った方が良い。
 堤さんは真剣な面持ちで俺を見つめ、鞄の中に手を入れて引き抜く。
 手には山ほどの練乳飴。それを俺に握らせて、コクコクと頷いて見せる。
「これは?」
「もう一回やって」
 堤さんが納得するまでの間、俺は……、もといカナタは練乳飴を食い続けた。
 スイーツに目がない、食いしん坊の神で良かった。
 人混み溢れるショッピングモールのメイン通路。その雑踏の中で二人は、しばしの間消えていく飴を見つめ続けた。



BACK   NEXT   TOP
ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.