BACK   NEXT   TOP


『029 人形繰り 01』

「堤……さん?」
「やっぱり三室くんだったの?」
 呆然と顔を見合わせ、互いの名を口にする。それほど予期せぬ出会いだった。
「あら、お知り合い? まあ……」
 老婆は堤さんを気遣い見守っていたが、顔見知りと分かってホッとしたのだろうか。
 一言二言礼の言葉を口にすると、最後に深く頭を下げて駅の方角へと歩いて行った。
 主役が舞台を降り、残された二人。だが観客は席を立たずに様子を見守っていた。
 善意の行動と思っていても、全ての人がそう受け止めるとは限らない。学校に連絡されでもしたら厄介なことになる。
「とりあえず、この場を離れよう」
「ええ、そうね」
 荷物を抱え、堤さんを連れて衆人環視の中を抜け出した。
 先ほどの奴らと鉢合わせしたら不味い。駅と真逆の方向へ走り、ショッピングモールを目指す。
 そして(てい)のいい喫茶店を見つけて飛び込んだ。
「アールグレイを二つ。ケーキセット」
 窓際の席に堤さんを座らせ、手早くオーダーを済ませて化粧室へ向かう。
 ハンカチを水で濡らして軽く絞り、席に戻って堤さんに差し出した。
「少し冷やした方がいい。口の中、切ってないか?」
 堤さんはハンカチを頬に当て、問い掛けに首を振って答える。心配掛けまいとする笑みが痛々しく感じる。
 シンと静まり返った店内に、ゆったりとしたイージーリスニングが流れる。
 会話のない時間が過ぎ行くが、会話してその場を取り繕う必要は無い。彼女が落ち着くまで待つべきだ。
「お待たせいたしました」
 ウエイトレスが歩み寄り、控え目な挨拶をして頭を下げる。
 ポットに入ったアールグレイをテーブルに置き、プレートに乗せられたケーキを差し出した。
 俺は黙ってイチゴの乗ったケーキを指差す。
 堤さんはその様子を黙って見つめていたが、目で促すとチーズケーキを指差して頭を下げた。
 ウエイトレスが立ち去った後、蒸し終えたタイミングを見計らって、紅茶をカップに注ぎ入れた。
 柑橘系独特の匂いが心を和ませる。湯気の立つカップを堤さんの前に差し出し、自分のカップを口元に運んで匂いを確かめた。
「母親がよく飲むんだ。香りが心を落ち着かせてくれるらしい。正直少し苦手だけど、薬だと思って飲んでいる」
 そう伝えると、堤さんはカップを口元に近づけ、目を閉じてスッと息を吸い込む。
 そしてゆっくりと目を開けて、目の覚めるような笑顔を見せた。
「本当ね……」
 そう言い終わると軽くカップに口付けて、苦み走った味に眉をひそめた。
 (つつみ)紗耶香(さやか)。ミディアムロングの黒髪、切り揃えた前髪から覗かせる、意志の強そうな眉と瞳が印象的な女の子。
 愛想のない口調と、異性を寄せ付けない雰囲気を持ち、取っ付きにくいと男子生徒の中で揶揄されている。
 だがそれは好意の裏返しにすぎない。才色兼備の誉れ高い女の子。そして俺が話を出来る数少ない同級生でもある。
「ハンカチ……」
 彼女は不意に口を開き、舌足らずな言葉で気持ちを伝えようとする。
 見つめる目だけで気持ちは伝わる。
 だが彼女はちゃんと伝えようと息を飲み込んだ。俺は彼女が伝えようとする言葉をゆっくりと待った。
「ハンカチありがとう。ちゃんと洗って返すから」
「ん……、もう一度水で濡らして来ようか?」
 彼女はゆっくりと首を振り、ハンカチをそっと頬から離した。
 まだ少し赤みが残っているが、目立った腫れは引いたようだ。これなら家族に心配を掛けないで済みそうだ。
「……酷い顔?」
「そうだな、福笑いのオタフクさんみたいになってる」
「うそっ!」
 慌てて両頬を隠すように手を当てる。
 だが俺の表情を見て、それが冗談だと気付いたようだ。
 ムッとした表情を作るものの、その顔は次第に笑顔へと変化していく。
「……気の強い女だと思った?」
「ん、いや……。勇気があると感心した」
「正直言って、普段はああいうのを相手にしないんだけど、今日はちょっと……」
「虫の居所が悪かった?」
 彼女はその問い掛けに、曖昧な笑みを浮かべて答える。
 再び会話の無い時間が訪れる。そんな間を埋めようと、ケーキ皿に手を伸ばそうとした。
 だが皿の上にケーキは無く、代わりに口元のクリームを拭うカナタの姿があった。
 さすが神、自分より大きなケーキを食って、まだ足りないといった顔をしている。
「こんのっ!」
 堤さんに分からぬようにカナタを睨み付ける。
 カナタはヒッと怯えた表情を作り、潤んだ瞳で俺を見つめ返す。
 コイツとは短い付き合いだが、これは演技だとハッキリ分かる。それもかなり臭い演技だ。
 良い行いをしたら褒め、悪いことをすれば叱るのは飼い主の役目。この所行には罰を与えねばなるまい。
 テーブルに添え付けられた食卓塩を掴み、カナタの上に振り掛ける。
 パチン、パチンと火花を散らし、皿の上で転げまわるカナタ。
 効果テキメンだ。塩は神魔を問わず、霊体全般に何かしらの効果があるらしい。
「あのね、三室くん」
「はっ、はい?」
 素早く食卓塩を元の場所に戻し、何食わぬ顔で向き直る。
 堤さんは目を泳がせて、おしぼりを玩び落ち着かない様子。伏し目がちにこちらを見つめる。
「今日のこと、誰にも言わないで」
「ああ、うん。俺も同じ。今日のことは他言して欲しくない」
「うん、……お願いね」
 強面の兄さん方と大立ち回りを演じたなんて、女の子ならば口にして欲しくないだろう。
 俺も(いさか)いを収めるためとはいえ、心得の無い相手に少々やり過ぎたと反省している。
「でも、いつもの三室くんじゃない感じがしたわ……。頼もしかったけど、少し怖かった」
「あっ、それは言いっこなし。あんまり特別な目で見られるの嫌だから」
「ふふっ、ごめんなさい。もう言わないわ」
 頬杖を付いて目を細め、肩を揺らして屈託無く笑う。
 彼女らしいいつもの微笑み。落ち着きを取り戻しつつあるようだ。
 その後何気ない話をして時間を潰し、ほとぼりが冷めた頃に喫茶店を出た。
 日が傾き始めた夕暮れ時、彼女とショッピングモールを歩きながら話をする。
「堤さんの家って、この辺り?」
「ええ、北に少し歩いた早蕨(さわらび)町」
「俺は電車で一駅行った所だ。ここでお別れだね」
 駅とショッピングモールの出口が交差した広場で、別れの挨拶をして踵を返す。
 歩幅を広げて歩きだそうとしたその瞬間、不意に後ろ髪引かれる思いがして振り返る。
 彼女はぎこちなく笑い、小さく手を振っている。だが酷く儚げで、今にも泣き出しそうに見える。
 彼女の心の傷は癒えてなどいなかった。心配掛けぬよう、気丈に振舞っていただけなのかもしれない。
「俺って不要なものが見えて、大切なものがまったく見えていないな」
 配慮が足りない己を恥じ、頭を掻きながら彼女の側に歩み寄る。
「やっぱ、家まで送っていくよ」
 堤さんは黙ったまま小さく頷いた。
 早蕨町と言えば徒歩数分の距離にある高級住宅地だ。送って行ったとしても日が暮れる前に家に帰れる。
 そんな計算を巡らせていた時、広場がにわかに騒がしくなる。
 見ればクマの着ぐるみが軽妙なダンスをし、風船を手に子供たちを手招いている。
 ふわふわと浮く風船を目当てに、目を輝かせた子供たちが駆け寄ってくる。
 クマは駆け寄ってきた子供に風船を手渡すと、一人一人の頭を撫でている。
 一通り配り終えたクマは、子供を探すような一人芝居をして、手を翳して辺りを窺う。
 そして俺達を見つけて意気揚揚と駆け寄り、風船を一つ堤さんに手渡した。
 クマは堤さんの顔をジッと見つめ、俺に何やら言いたげな芝居を始める。
 泣き真似をして、怒りながら俺を指差す。何度か同じ演技をして鼻先に指を突きつける。
「なっ、なんだ?」
「泣かしたのではないかと責めておるようじゃな」
 待て、待て、待て、ちょっと待て。
 状況的にはそう見えるかもしれないが、勘弁してくれ……、濡れ衣もいいところだ。
 クマは風船の束を堤さんに手渡し、軽いステップを踏んでボクシングの物真似を始める。
 グローブのような大きな手を、右、左に拳を振るう。とてもコミカルな動きだ。
「懲らしめてやる……とでも言いたいのかのう」
「――マジで?」
 ガチャピンがサーフィンするのは知っているが、クマがボクシングを嗜んでいるなんて初めて聞いた。
 誤解だと伝えようとした時、一瞬視界が真っ黒になり、同時に鼻腔から温かい液体が流れ出た。
 鉄のような独特の匂い。鼻先を手で拭い、真っ赤になった手のひらを見る。
 呆気に取られ見つめる先には、ブルース・リーが血を舐める演技をするクマ。どうやらクマのパンチが鼻先を捉えたようだ。
 油断もあっただろうが、普通の拳ならば、なにかしら反応が出来たはずだ。これはただ事ではない。
 咄嗟に身構えるも、時すでに遅し。クマのストレートが顎にヒットした。
 頭蓋骨に響く嫌な打撃音。ぐらりと視界が歪み、膝が体重を支えきれなくなる。
「な……」
 酷い吐き気がこみ上げて来て、口が上手く動かない。
 顎に一発貰い、脳しんとうを起こしてしまったようだ。
 思わず膝をついて、揺れる地面を手で支える。地面に赤い雫がポタポタと落ち、これが現実であると教えてくれた。
「三室くん!」
 俺を気遣う堤さんを払い除け、クマは俺の背に手を回しポンポンと叩く。
 クマは耳に顔を寄せ、くぐもった声を着ぐるみの中から響かせた。
「――どんな能力者かと警戒したが、拍子抜けしたよ。全然大したことないな」
 そう吐き捨てると堤さんから風船をひったくり、スキップしながら距離を取る。
 クマの手には守り刀と携帯電話。さっき近寄られた時に抜き取られたか。
 クマは少し離れた所で立ち止まり、振り返ると戯けた動きで俺を挑発している。
「カオル! 我が……、我が盗まれたぞ!」
「耳元でがなり立てるな……。ちょっとタンマ……」
 アイツは俺の事を『能力者』と呼んだ。そして警戒していると口にした。
 例の能力者かと思ったが、アイツはその言葉で魂喰いじゃないと公言したようなものだ。
 魂喰いの目的は能力を奪うことにある。奴ならこういう時どう思う? きっと奴ならこう言うに違いない。
 ――落胆した。どんな能力か期待していたのに、残念でならない……と。
 クマは足を止めて俺の様子を窺っている。まるで追って来いと言わんばかりに……。
 どうやらアイツは俺に用があるらしい。目的は定かではないが、追うならばそれ相応の覚悟が必要だろう。
「三室くん、大丈夫?」
「ああ、大丈夫だ。頭はいつも通り働いてくれている」
 そう口にしたものの、頭は一つの処理しか出来そうにない。今はアイツの思考を読むので精一杯。気遣いを見せる堤さんが、今は少々煩わしい。
 俺は彼女に微笑みを向け、再びアイツの行動に目を向けた。
 アイツの体には瘴気は纏っていない。むしろ一般人より希薄な霊気しか感じられない。
 堤さんや子供達が認知出来る以上、アイツは実体を持つ着ぐるみでしかない。やはり聞いていた魂喰いの特徴から外れる存在だ。
 手を見つめ、指先に力を込めてみる。ジットリと冷や汗を掻いているが、時間と共に力が戻ってきている。
 だが本調子まで戻るのにあと少し掛かりそうだ。アイツは俺を待っているのなら、焦らずじっくりと回復させた方がいい。
 ゆっくりと深呼吸をして、乱された心を落ち着かせる。
 静かに立ち上がってクマに背を向け、近くにあったコインロッカーに荷物を放り込んだ。
「カナタ、アイツはまだいるか?」
「あの位置のままじゃ。カオルの様子を窺っておるよ」
 コインロッカーの鍵をポケットに入れ、堤さんの横へ歩み寄る。
「送って行くって言ったのに、ちょっと無理っぽい。……ごめん」
 そう言い終わると、返事を待たずに走り出した。



BACK   NEXT   TOP
ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.